便秘

February 25 [Wed], 2009, 20:31
便秘には機能性便秘、消火器に病気があって医者による治療が必要な器質性便秘があります。
機能性便秘は、大腸の蠕動(ぜんどう)運動がよわくなっている弛緩(しかん)性便秘その反対の蠕動(ぜんどう)運動が活発すぎるけいれん性便秘など、大腸の働きが異常になるためにおこるものです。

★けいれん性便秘に
ごま
けいれん性便秘はストレスなどで町が緊張し、蠕動が活発すぎて起きるぺんぴです。
便秘が何日か続いた後、コロコロの便が出ます。

このような便秘の場合は、腸内で潤滑油的な働きをする、潤滑作用のある食べ物を積極的にとるようにしましょう。

ゴマはリノール酸などの不飽和脂肪酸やビタミンEを含んでおり、胃腸を潤してけいれん性便秘を治すのに役立ちます。

★コロコロ便秘に
バナナ
バナナには熱を冷ます作用と腸を潤す作用があります。けいれん性便秘でコロコロの便が出る時に効果があります。
毎日1本食べるようにします。
便秘の人には痔のある人も多いのですが、バナナはそんな人にも、効果があります。
朝と夕の食前にバナナ1~2本を食べるといいでしょう。


★弛緩性便秘に
ごぼう
食物繊維(セルロース)を多く含む食品を毎日とるといいでしょう。
ごぼうの繊維は、肉や米などの水分をよく吸収して、便通をよくし、腸内の細菌の発生をうながし、コレステロールを除く作用もあります。

ごぼう、にんじん、セロリなど食物繊維の多い野菜、こんにゃくなどをあわせたきんぴらや白和えなどが効果的です。

その他、レタス、たまねぎ、トマト、りんごなどの果物にも食物繊維は多く含まれます。






結婚情報NAVI
家庭教師情報NAVI
ドロップシッピング比較サイト


P R
最新記事