ホッと(^ ^) 

October 27 [Thu], 2011, 0:11


里芋さんが笑ってます。

わかるかな?

こんな幸せが好き

日記 

March 16 [Mon], 2009, 17:55


読み返してました。

こんなに書いてなかったんだ。【凛として】

なんかねぇ、いっつも思うんよ。
不器用だなって。
手先は器用なんだけど、生きるの不器用です。

でもさ、バカはバカなりに色々考えるわけです。

それで十分だね!

なによりも大事なのは守らないといけないと思うことを貫くことだよ。

私は泣き虫で強気な私も嫌いじゃない。

GO 

September 26 [Fri], 2008, 0:10
『GO』
やっぱり好きだわ、この映画。


映画の中の好きなシーンのひとつで言ってた。

“拳を前に突き出して自分の拳がひいた円の大きさが、自分という人間の大きさ” なんだって。
その中にいれば安全だし、傷つかなくて生きていける。外には手強い奴がいっぱいいるけど、その円を己の拳で突き破って外から何かを奪いとってくるんだって。


ほんとそうなんよね。

拳で引いた円より外に人がいても怖くないけど、中に入ったとたん圧迫感を覚えるんよ。

逆にこの中に入れるということは、心を許すってことでもあって愛情を覚える。

自分のテリトリー、人と人との距離なんだろうね。

そう思うとめちゃくちゃ怖いし、めちゃくちゃ大事な事よねぇ。



強く生きるって難しい。



なんて思いながら窪塚くんに見とれてた(笑)


また見ようっと。

ガネーシャ 

September 21 [Sun], 2008, 2:58

私の周りにもガネーシャがいてたんかもしれやん。
遅ればせながら読んでみました。

読みながら私の周りにいるガネーシャたちがいっぱい浮かび上がってきました。

期待してへんかったけどおもしろかったわ、この本。



そういえば、ちょうどやろうと動きだしていたことがあるのです。

私が口癖のように言っていたこと。

食べたいものは食べたい時に。
やりたいことはやりたい時に。

だってそん時にしか一番の美味しさは感じられないし、そん時にしか一番楽しむことは出来やんやん?!

今しか出来ないことより今やりたいことなんよねぇ。

というわけでやっちゃいます!

夏の終わり 

September 17 [Wed], 2008, 1:16


    人は恋をすると
 
    弱くなる

    そしてまた強くもなる

しょうもないこと 

September 12 [Fri], 2008, 0:24
しょうもないことで悲しくなったり

しょうもないことで寂しくなったり

しょうもないことで怒ったり

しょうもないことで嬉しくなったり

しょうもないことではにかんだり

しょうもないことで泣いたり

しょうもないことで笑ったり




きっとそれがシアワセということなんだろう

デジタル社会の中で 

August 30 [Sat], 2008, 1:35
パソコンや携帯が普及した現代。
それでも根強く残っているものがある。

【手紙】

筆をとり、自分の文字で書かれる手紙だからこそ伝わるものがある。


【文字に残すという大切さ=@= この世に手紙という手段が残っている理由=z

【人のセックスを笑うな】 

June 04 [Wed], 2008, 23:15


職場にやってくるお魚屋さんでお魚買いました。

鯛の切り身。
なのでクッキングです。

ごはん作りますよって話するとね、「えらいねぇ〜」
お魚買おうとするとね、「お母さんに聞かんでいいの?」
って言われるねん。

いやいや、もう27歳よ、私。
ちょっとくらい出来るよ。

沖縄ひとり旅でひとりごはんはこうすればいいのね≠ニちょっと学んだみぃこです。
ひとり生活出来る気がした。
沖縄向いてるって言われた。
ひとり暮らし′いてると思うって言われた。
うれしいような・・・悲しいような・・・。


今日は沖縄生活の中で感じたたくさんのことをちょっとだけ。

なーんにも飾らなくていいんだ≠チてこと。
別に今まで飾ってきたつもりはなかったけど、誰しもいろんな自分がいると思うねん。
弱い部分も強い部分も。真逆な自分もいて当たり前のことやと思うねん。
全部自分自身。このままでいいんやわ≠チて再確認した。
そしたらすっごいスッキリしたんよね。
もっと自分のことが好きになった。

なーんにも飾らなくていいんよ。そのままでいいんよ



もうひとつ人と人の関わりは魂と魂≠ネんだって。
変な宗教とかちゃうよ。
さっきの話とも繋がっていくんやけど、帰りの飛行機の中で考えてました。
もっと話したい人がいたし、もっと知りたいことがあったし、もっと知りたい人がいたし・・・それは恋とかそんなもんじゃなくて、男の人とか女の人とか年齢とかそんなもの関係なくて、その人、ひとりの人間を知りたいと思ったんよ。
じっくり、ゆっくりと魂と魂の関係を築いていかなあかんね。



活字嫌いの私が最近本を読んでいます。

沖縄行く飛行機の中で読んだ本。

【人のセックスを笑うな】

恋愛小説ってやつ?私は違うようにとったんだけど。

沖縄でいろんな人と出会って、いろんなことを感じる中で、この本の意味がよく分かった気がします。

旅日記読んだら私の旅はこの本で始まり、この本で終わってました。
恋とかじゃなくてさ、人と人なんよね!

27 

May 22 [Thu], 2008, 21:57
ほんっと今も昔も人生不器用。
でも25歳の一年より26歳の一年のほうがちっとは素直になれたかと・・・。
引き続き豊富は一緒でいきたいと思います。



とあるドミトリーの太陽の光が降り注ぐ場所で本を読みました。
この時間がたまらなく好きでした。



とある場所にあった とある本より・・・



とりまく環境に不満があったら、周りの他人を変えようとせず、まず自分を変えること



まさに。
他人を変えるのは難しいからね。
自分を変えるほうがずっと簡単。

視点を変える≠チてこと。
なんにでも当てはまると思うんよ。

思ってたことがタイムリーでそのまま文になってたもんだから、とっても気になった言葉でした。

人に優しくなれればいいね

それは 

May 16 [Fri], 2008, 22:48

どれだけ短くとも

迷いがあれども

愛しく思う気持ちに嘘はなくて

どんな形であろうとも

どんなに小さくとも

恋は恋