サラ金への支払い延滞、その際に状況を良くする行動とは?

February 27 [Fri], 2015, 16:15
サラ金への支払いが用意できずに延滞ということになる。
その際に取る行動によって、状況を悪くすることもあれば、
それほど嫌な思いをすることなく済む場合、といったぐあいに
両者あるのではないかと思います。
同じ延滞でもどういった行動を取るかで変わってくる、
といったことも考えられないわけでもないのです。

状況を悪くする場合。
これは支払い延滞したままサラ金に連絡もせず、また電話連絡にも
応じずに、ということになってくるでしょう。
次の支払日がまわってくるまで、ずっとしつこい催促の電話されっぱなし
なんてことになる場合もあるでしょう。
そのおかげで余計にサラ金から電話があってもなんだか出にくいなあ、
なんてことにもなるでしょうから、そのまま要注意の客としてマークされ
といったわけです。
おかげで後の支払いも1日遅れたぐらいできっついことを言われたり、
なんてことにも。

じゃあ逆に、それほど嫌な思いをすることなく済む場合。
支払い遅れることがわかっていて、それを前もってサラ金に相談の連絡を
入れている場合に、ということになってくるでしょう。
サラ金でも払えないものをいくら払えと言っても無理なことは充分に
承知していますから、
事情に合わせて都合をつけてくれるという場合がでてくるわけです。
例えば、今回は支払期限を1週間延ばしましょうとか、
今回は利息分だけの支払いで来月2か月分払ってくれればいいですよ、
てな感じで調整してくれる場合があるわけです。

確かに支払いできないなんてのは言い難いことではありますから、
そういった連絡をしにくいといったことがあるかもしれません。
しかし、それを敢えてすることでしつこい督促をされずに済む場合も
出てくるわけです。

子供がサラ金に手を出した、消費者金融利用危惧するかは本人次第

February 18 [Wed], 2015, 17:47
子供がサラ金に手を出した、ということでそれが深刻なことになるか
ならないかは結局はその子供さん本人次第ということになってくる
でしょう。
サラ金、というかあちらさんでは消費者金融なんて呼んで欲しい
ようですが、そこからお金を借りたことで自動的に家族も請求される
ということにはなりません。
連帯保証人になっていない限りは。

子供本人が責任もって返済をしている限りは、別に問題とはならない
でしょう。
本人が信用を得てお金を用意してもらい、それを借り入れしている
わけですから、何か悪いことをして、というわけではないわけです。
サラ金のほうでも返せない者にお金を貸すということはしませんし。
本人がきちんと借金を自分で返している限りは、それを家族が不安に
思う必要はないわけです。

逆に、お金を借りてきた子供さんが自分で返済賄えないというのであれば
深刻になる場合もあります。
自分で借金返せないということで、家族に肩代わりしてもらう場合
などです。
こういった場合、ヘンな癖がついてしまい、といったことが
よくあるようです。

たとえ借金返せなくともまわりがなんとかしてくれる、ということで
ホイホイ借金に頼る、なんてこともするわけです。
そのおかげで、サラ金から借金してきたはいいが、結局自分で返せず
肩代わりしてもらうといったことを何度も繰り返す、といった次第です。

子供がサラ金にてを出したということで、それだけで危惧する必要は
ありません。
ただし、それは子ども自身が責任もってそれに応じている場合に、
ということにはなるでしょう。

サラ金への支払い延滞恐れ、他社借入など無茶な金策で余計苦しく

January 31 [Sat], 2015, 3:44
サラ金への支払い延滞になりそうだ、ということでどうにかお金を
工面しようとする、といったことには普通はなるでしょう。
一応は支払い延滞することでは契約違反ということにはなりますし。

ただ、返済のお金を工面するにも、無茶なやり方をして、というのは
やめたほうがいいです。
かえって状況を悪くするだけの場合が少なくはないですから。
どうしても無理という場合には事情を伝えてあえて待ってもらうのも
ひとつの選択肢にはなってくるかと思います。

無茶な金策、ということではたとえばギャンブルでお金を使い込んで、
なんて人の場合は大勝ちして大金を手に入れて、なんてことを本気で
考える人がいたりします。
で、その思い通りにコトが運ぶのかというと、むしろ逆で
何も残っていない、なんてことになるほうが多かったりします。

あと、これもよくある話ですが、金策のために他社借入を考える。
これもあまり効果的な方法とは言えません。
以前でも住宅ローンの支払いのお金が用意できなくてサラ金からお金を
借りる、なんて人がいましたが、そのやり方で破綻せずに無事乗り切れた
なんて人は少ないんじゃあないでしょうか。

今月分の支払いができなくて他社借入を必要としているということでは、
今度は来月の支払いもまたお金に困るということになりやすいからです。
返済できるにしても金額は大きくなっているでしょうから余計に厳しく、
ということにもなるかもしれません。
結局はその場しのぎで誤魔化しても、その分余計な負担となって
返ってくることがあるわけで、結果的に自分で自分の首を
どんどん絞めていく、なんてことにもつながってしまうわけです。

昔はサラ金延滞も怖いもの、今では怒鳴り声の脅しも通用せず

January 25 [Sun], 2015, 7:29
サラ金の取り立て。
貸金業法の改正により、といったこともありますが、
はるかに昔に比べれば穏やかなものになったのではないでしょうか。

むしろ、取立てする側がやたらと気を遣う、ということにも
なっているとも言えなくもありません。
督促係の人が頭ごなしに怒鳴り声で脅したとして、それだけで
よろしくないといった判断になる場合もないわけでありませんし。

その点を考えれば、延滞することは怖いことではない、といったことが
言えるのかもしれません。
もちろん個人信用情報機関に履歴が登録されてしまうほどの
長期の支払い延滞というのはやはりマズいですが、月をまたぐほどで
なければどうしてもやむをえず待ってもらう、という判断も
出来ないわけでもありません。

特に支払いの振込み遅れそうだからと他社からお金借りてきて、
なんて人もいますが、無駄に借入件数を増やして余計に返済の負担を
増やすくらいならば、といった考え方も出来ないわけでもないわけです。

単純な話、昔のサラ金の取立てに比べれば、お金がないので今日の支払い
は無理、といった話も通りやすいということはあるのかもしれません。
ある意味、貸金業者の担当者は支払い無理と言われても言い返せない、
なんて具合でもあるわけですし。

もちろん支払いが遅れることになればその分の遅延金課されますから、
いくら延滞することが怖くないといっても、その必要がないのに
するべきではないことは、言うまでもありません。

サラ金への返済額足りず、追加融資や増枠を見送られないためには

January 21 [Wed], 2015, 1:49
サラ金への返済額に用意できるお金が足りず、なんてこともあるかも
しれません。
特に多重債務者で借り入れ件数も多いということになれば、そういった
ことは起こりやすいと言えるかもしれません。

例えば、5件のサラ金から借り入れをしていて、それぞれの返済額が
1万で毎回合わせて5万だとして。
ところが今回用意できたのは5000円だけだったとして。
とても返済額には足りないわけですからそのままでは延滞を免れない、
ということにはなってきます。

こうなると、特にうるさいところ1社にその5000円を入金して、
といったことをするかもしれません。
ただ、この場合、入金したのは1社だけで他は振り込みゼロということに
なってきます。

振り込みゼロということではサラ金にとっては支払う意思なしと
判断する場合もあります。
そのおかげで以後の追加融資とか増枠とかそんなものは認めないと
いうことになってくるかもしれません。
サラ金に支払うつもりなしと判断されるのは得策ではない、
とは言えるのかもしれません。

どうせお金が足りずに借り入れしているどのサラ金にも延滞すると
いうことになるのであれば、それぞれに少しでも支払いをしていたほうが
まだマシかもしれません。
1社だけ支払って体裁を繕うよりかは、少しでもそれぞれに振込み
していたほうが見放されずに済む、ということにはなるかもしれない
わけです。

半分しか支払い用意できず、入金飛ばされたサラ金は態度冷たく

January 11 [Sun], 2015, 20:12
サラ金への支払いに必要なお金が半分ほどしか用意できないとして。
借入しているサラ金が1件しかないのであれば、それで足りないながらも
支払いをする、ということにはなるかと思います。

しかし、借入してるサラ金が数件あり、といったような場合だと、
たとえ半分しかお金が用意できないにしても、やりようによっては一部の
ところは不足分なく払える、といった具合にはなってくるかと思います。
他の支払いを今回飛ばした分、そっちの支払いにお金をまわして、
といったわけです。
つまりは、他を犠牲にして、きちんと支払いを済ませようとするところを
出す、といったわけです。

さて、このような支払いするところ、支払いをしないところと
いったような偏りを出したとして。
そういった支払いの仕方だと不利が生じる場合もまったくないとは
言えないかもしれません。

きちんと支払いを済ませたところはいいですが、今回支払いを
すっ飛ばされたところにしてみればおもしろくはないわけです。
いくらかでも入金されているのならばそんなこともないでしょうが、
まったく入金がないわけですから、態度を冷たくするしかない、
といった具合になる場合もあるわけです。

支払いに偏りをもたせるということは、場合によってはサラ金との関係を
悪くする場合もある、ということはきに留めておいたほうがいいかも
しれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サラ金マン
読者になる
サラ金マニアの管理人です。サラリーローンと呼ばれていた時代から、消費者金融とは長い付き合いです。
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる