東京島

September 05 [Sun], 2010, 17:51

桐野夏生さんの同名小説の映画化になります。
無人島に漂着した一組の夫婦。
そこに16人の若い男たちと、6人の中国人男性が、相次いで漂着して来ます。
夫が謎の死を遂げた後、唯一の女性である清子は、女王のように君臨し始めます。

面白かったけど、見る前と見た後では、イメージのギャップが激しいです。
もっと、ドロドロとしたサバイバルストーリーかと思ってました。
でも実際は、笑いどころ満載の、ゆる〜い映画になってます。

清子は、生き残るために、男たちの間を行ったり来たりはするんだけど
悲しいかな・・・所詮オバサン。見てて、滑稽でした。
若いフリーターの日本人の男たちは、情けなくって笑えるしね〜
清子の天敵だったワタナベは、あっけなくいなくなっちゃうし・・・
清子のハッピーエンドからの10年後も描いてはくれてるけど、現実味はなく・・・
反対に東京島の様子は笑うしかなく、まさに卑弥呼の時代・・・

ユルユルの空気感で、生き残りゲームのような緊張感はありません。
でも、笑えて、楽しいですヨ!見て後悔はしなかったです。
娯楽映画と思って、ご覧下さいませ。        (75点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね
  • URL:http://yaplog.jp/saraeiga/archive/885
Trackback
Trackback URL
 一見して判るように、東京島とは現代日本の縮図である。
 だったら日本島という呼び名でも良さそうだが、日本はもともと島国であるし、す...
映画のブログ  September 09 [Thu], 2010, 2:06
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
サラ
亮さんへ>>>

男性から見ても 情けないんだぁ〜と笑ってしまいました。

コメディ映画っぽかったですよね。
September 08 [Wed], 2010, 23:02
こんにちは。
自分は、もっと、ドロドロな感じかと思ってたんです。
でも、なんか、さっぱりしてましたね。
無人島でのサバイバルって感じはなくて・・・
それにしても、日本男児の情けなさ。
なさけないなぁ。
September 08 [Wed], 2010, 6:32
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: 愛猫 レオン
読者になる
 
  

管理人サラ

平日はフツーの会社員やってます
趣味:映画・猫・アート・仕事
好物:抹茶豆乳・ブルーベリー
音楽:  BUMP・1D
動物占い:天然ボケで平和主義
       癒し系のたぬき
血液型: おおらかなO型

90点〜   ホームラン!
80点〜   クリーンヒット!
70点〜   まあまあ
60点〜   サービスデー用
50点〜   う〜ん・・・
50点未満  むむむ・・・・・
最新トラックバック
アイコン画像テラフォーマーズ (2016年08月05日)
アイコン画像殿、利息でござる! (2016年08月05日)
アイコン画像スノーホワイト/氷の王国 (2016年08月05日)
アイコン画像クリーピー 偽りの隣人 (2016年08月05日)
アイコン画像フィフス・ウェイブ (2016年08月05日)
アイコン画像セトウツミ (2016年08月05日)
2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ