ボーン・アルティメイタム

November 21 [Wed], 2007, 1:46

「ジェイソン・ボーン」シリーズの最終章、完結編です。
ボーンの最期を見届けたいと思う反面、もう、このシリーズともお別れなんだわと、
チョット複雑な気分でした。

CIAの暗殺者養成プロジェクトが生んだ最高傑作だったボーンが記憶をなくした時から
始まった「自分さがしの旅」
今までのヒーローと違って、ハイテクを駆使しないし、ただ自分を殺そうとする者を倒してゆくだけ・・・
別に正義感が強いわけでもなくて、世界の為に・・・
なんていうキレイ事なんて存在しない。
ただ旅を続けるうちに、愛する人を見つけ、その人を守ろうとするだけ・・・

でも彼に共感してしまう。
「自分は誰?」という真実を探し求める孤独な姿に惹かれてしまう。
自分に対して、不安定な人は多いと思うのだ。

目障りになったら、抹殺してしまう。
役に立たなくなったら、それで終わり。
人間を戦闘ロボット化して、思い通りにする組織。
闇の中で葬られるはずだった主人公が、組織の思い通りにならずに、スゴイ身体能力を使って、
相手をバッタ、バッタと倒していくのは快感!
彼は正義の為には戦わないから、社会的なモラルの重圧からも精神を開放してくれる。
ただ、殺されそうになるから殺す。本能的なヒーローだと思う。

ジェイソン・ボーンを演じる時のマッド・デイモンは、なんでこんなにカッコイイんだろう?
他の作品では、猿顔にしか見えない事が多いのにね〜
とにかく、ボーンシリーズのマッドは最高です!
言葉少なく寡黙で、ふと見せる表情の変化にクラッとなりそうになります(笑)
2002年の「ボーン・アイデンティティ」で、アクションをする彼を初めて見た時、
こんなに、身体能力が高かったんだ〜とスゴクオドロキました。
2004年の「ボーン・スプレマシー」では、それ以上のアクションだったし、
今回も劣ろえてなかったです。

あっ肝心の映画の感想は、まだでしたね。
見る前から期待大だと思うんですけど・・・
期待通りだと思いますヨ!面白かったです!
今回も世界の都市を飛び回るので、風景もめまぐるしく変わるし、CGなんて使わない
オールロケですから、臨場感に溢れてました。
アクションも途切れないで、スピード感もあります。
すごいなぁ〜と思ったのは、スピードがある格闘シーンでも、人の動きがよくわかった事。
殴り合いのシーンでも、どんな体制でやってるのかが、よくわかるんですよね。

イマイチだったのは、音響くらいです。
追いかけられるシーンとかの音が、やたら大きいし、音楽で盛り上げすぎかな〜と
思いました。
もっと、押さえてくれた方が、よかったと思う。

監督は、2作目と同じポール・グリーングラス。
ジャーナリスト出身の監督さんです。
前作は、話題となった「ユナイテッド93」です。

面白さは、「ボーン・スプレマシー」の方が、正直言って、上だったけど、
今回は完結する為のストーリーだから、これは、これで十分すぎる位の作品です。
謎が多い程、引っ張られますから・・・
完結編を飾る最後のワンショットは、見た方でしたら、誰もが、彼女のように、ニンマリすると思う。
ワタシも「上手いなぁ〜」と、ニンマリしてしまった(笑)
そして「あっやられた!」と、思っちゃいました。
ボーンには、非業の死なんて似合わない。
世界の何処で、しぶとく生きているハズ。
彼は、ワタシにとっては本能のヒーローだもの・・・

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね
  • URL:http://yaplog.jp/saraeiga/archive/435
Trackback
Trackback URL


3部作完結編です。時間軸的には、前作である「ボーン・スプレマシー」の直後で、冒頭からモスクワを手負いで逃げるボーンのシーンから始まります。
CIAの暗殺兵器が誕生した経緯を知る旅は、ロンドン・スペイン・パリ・モロッコ・ニューヨークと飛び回る。身の回りのものを武器にするのは変わらずで、無駄なものを全て削ぎ落したかの様なシャープな印象が全編にありました。
自分の本名と出身がわかったことで、よりハードな立場へと追い込まれていくボーン。犯してしまった数え切れないほどの償いきれない罪と罪悪感を抱え、よりストイックに寡黙にと変貌していますが、その知的戦闘能力の高さはやはり見事というしかない。刻々と変化する状況の中で瞬時に下す判断力が素晴らしい。
緊張感を高めつつもテンポが良いのもそのまま。前作に引き続きジュリア・スタイルズさんが登場しているのもまた嬉しいところです。苦悩する元暗殺者ボーンを演じるマット・デイモンは相変わらず良く、かっこよくも見えてくるという不思議。モロッコでの殺し屋との死闘が良かったよね。
また、カメラアングルも面白い部分(窓から窓へと飛び移るシーンかな)もあり、新しい試み...
いやいやえん  March 03 [Sun], 2013, 11:14
ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

「ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum -」 感想



ジェイソン・ボーン誕生秘話...
むーびーふぁんたすてぃっく  April 11 [Sun], 2010, 11:31
ここ数日、体調がすぐれなくて寝込んでました。合間合間にネットサーフィンはしてたんだけれど、映画やDVDを観る気力もなく、基本は寝ていたので数日ぶりのブログ更新。。。

今日観たのは、劇場公開を見逃してしまったマット・デイモン主演の『ボーン・アルティメイタ...
 今回はボーン・アルティメイタムを観てきました。
よしなしごと  December 24 [Mon], 2007, 2:37
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。
その2本目。
いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。
シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
ひらりん的映画ブログ  December 07 [Fri], 2007, 4:08
自分を見つけました。
生まれ変わります。

Akira's VOICE  December 04 [Tue], 2007, 10:37
「ボーン・アルティメイタム」★★★★☆大満足・オススメ!
マット・デイモン主演
ポール・グリーングラス 監督、2007年、115分、アメリカ



無表情で疾走する、名も無き男、
彼を行動に駆り立てるのは
自分探し

CIAの極秘プロジェクトにより
ボーンは暗殺...
soramove  November 26 [Mon], 2007, 23:35
原題:The Bourne Ultimatum
まるで海兵隊の狙撃兵のように・・!?・・完結編といわれているけど、このまま終わってしまうとはもったいない、是非とも物語の続きを書き上げて欲しい・・



なぜなら、非情な殺戮マシーン、そして思い悩むボーンの真実が、その背景が、あ...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: 愛猫 レオン
読者になる
 
  

管理人サラ

平日はフツーの会社員やってます
趣味:映画・猫・アート・仕事
好物:抹茶豆乳・ブルーベリー
音楽:  BUMP・1D
動物占い:天然ボケで平和主義
       癒し系のたぬき
血液型: おおらかなO型

90点〜   ホームラン!
80点〜   クリーンヒット!
70点〜   まあまあ
60点〜   サービスデー用
50点〜   う〜ん・・・
50点未満  むむむ・・・・・
最新トラックバック
アイコン画像テラフォーマーズ (2016年08月05日)
アイコン画像殿、利息でござる! (2016年08月05日)
アイコン画像スノーホワイト/氷の王国 (2016年08月05日)
アイコン画像クリーピー 偽りの隣人 (2016年08月05日)
アイコン画像フィフス・ウェイブ (2016年08月05日)
アイコン画像セトウツミ (2016年08月05日)
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ