本能寺ホテル

January 19 [Thu], 2017, 23:26


「本能寺の変」のミステリ−を題材にした完全オリジナルストーリーになってます。

戦国時代の本能寺に繋がる不思議なホテルに宿泊した主人公。
彼女がタイムスリップしたのは“本能寺の変”の前日だった・・・

まあまあ面白かったです。
“まあまあ”としたのは、“とても”は付けられなかったから。
でも、決して、スカではありません。
歴史好きには、“本能寺の変”と言うだけで、魅力的だと思う。

堤真一さん演じる、信長は、やっぱ味があります。上手い!
濱田さん演じる蘭丸は美少年のハズなのに・・・御愛嬌かな。
綾瀬さん演じる主人公は、優柔不断の性格なのに、ズカズカと馬鹿な事をやったり・・・
コメディ色を入れたいのはわかるけど、見てて笑えなかったのが、
ワタシ的には、まあまあになったんだと思う。
それでも、コミックの実写化が多い中、オリジナルストーリーという点は
高く評価したいです。                (73点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

永い言い訳

January 16 [Mon], 2017, 23:57


「ゆれる」の西川美和監督&脚本の最新作になります。
本作の原作も監督によるもので、直木賞の候補にもなりました。

妻を不慮のバス事故で亡くした主人公、幸夫。
既に愛情の冷めていた彼には、悲しむ遺族を演じることしか出来なかった・・・

人間ドラマとして面白かったです!
そして、こんなに情けなくて、カッコ悪い本木さんを見るのは新鮮でした。
そして、西川作品に、こんなに子供が絡んできたのは初めてかも。
子役の2人が出て来てからは、一瞬、是枝監督作品を見てるような感覚になりました。
でも、人間のブラックな部分をえぐり出すところは、西川監督だったなって思う。
今までの西川監督作品は、ラストが悶々として終わっちゃってましたが、
本作のラストは、キモチよく終わってくれます。     (80点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

湯を沸かすほどの熱い愛

January 12 [Thu], 2017, 22:40


昨年の東京国際映画祭で上京した時に、鑑賞した作品。

今年、日本の映画賞を総なめにしているのが本作です。
東京で公開された直後は、客の入りが悪かったらしいのですが、見た方の口コミで
一気にヒットしたようです。
ワタシも、映画評論家の松崎さんに、オススメされてなかったら、スル―してたと思う。
だって、主人公が死ぬのがわかっている映画は、見ない主義だったから・・・
宮沢りえさんが演じる主人公は、ガン宣告を受け、余命2カ月という設定でした。
つまり、お涙頂戴的な映画は、見ないことにしてたんです。

でも、見てヨカッタです!
こんな余命2カ月映画もあるんだなって!
タイトルのように、熱い愛、深い愛が描かれてます。
主人公は、死んでしまうけど、皆が流す涙は、前に向かっている涙でした。
お涙頂戴の押しつけなんて、全く無かった!

宮沢さんの演技は素晴らしくって、主演女優賞の受賞ラッシュは、
誰もが納得でしょう。               (85点)

*ヒューマントラストシネマ有楽町にて観賞

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね


われらが背きし者

January 09 [Mon], 2017, 1:24


昨年の東京国際映画祭で上京した時に、鑑賞した作品。

「裏切りのサーカス」の作者、ジョン・ル・カレの同名小説の映画化になります。
「裏切りのサーカス」も映画化されて、金髪のベネディクト・カンバーバッチが出てました。
そして、本作も、イギリスのスパイ映画です。
でも、主人公はスパイとは無縁の平凡な大学教授の男。
いわゆる、巻き込まれ型のストーリーになってます。

コレは面白かったです!
豪華なキャストの演技によって、スパイ映画の面白さと、人間ドラマを堪能しました。
ラストは、ワタシ的には、衝撃的で、エッ?って感じ。
それでも救いがあったので、悶々とした気分では終わらなかったです。
かえって、印象に残る映画となりました。       (80点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

ガール・オン・ザ・トレイン

December 31 [Sat], 2016, 23:20


世界的なミステリー小説の映画化になります。

エミリー・ブラント演じる主人公、レイチェルは離婚して傷心の日々を送ってます。
彼女の唯一の楽しみは、通勤電車から見える理想のカップルに、かつて幸せだった頃の
自分を重ねることでした・・・

どんより、暗〜い映画だったけど、終盤まで謎が解けなくて、面白かったです。
ミステリー映画なんで、詳しくは書けませんが、とりあえず、見て良かった!
エミリーを含め、3人の女優さんが綺麗だったのも、よろしい。(78点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

胸騒ぎのシチリア

December 31 [Sat], 2016, 23:19


若い恋人と静養している女性ロックシンガーのところへ、元カレが若い娘と
やってきて・・・というお話です。

恋の駆け引きのお話かと思ってたら、チト違ってました。
よくもまぁ〜上手い邦題をつけてんなぁ〜と感心しちゃう。
とにかく、レイフ・ファインズ演じる陽気すぎる元カレが、ウザ過ぎて、ウザ過ぎて・・・
これは、レイフの演技力をホメるしかないのは分かってんだけど、生理的にムリでした。

ワタシが、邦題をつけるとしたら「元カレの逆襲」とか「迷惑な訪問者」でしょうかね。
元カレの顛末は、身からでた錆?
そして、「やっぱ、スーパースターは、お得ね」でした。    (70点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

ピートと秘密の友達

December 31 [Sat], 2016, 18:39


1977年に上映されたディズニー映画「ピートとドラゴン」を
最新テクノロジーで蘇らせたファンタジー・アドベンチャーです。
CGと実写の合成は、全く違和感がなく、夢の世界が広がってました。

お子ちゃまたちは、妖怪ウォッチやモンストに夢中なのか、観客は大人のみ。
言わせてもらうと、子供にとっては、良質な映画だったと思う。
ピート役の子役少年も上手いし、ドラゴンも本物のよう。
声優さんも、プロの方でした。
ピートとドラゴンのエリオットとの友情や愛情は、大人が見ても心打たれます。
地球上で頂点に立つのは、人間ではなく、他者とも共生してゆかなければならないと
思いました。たとえ、それが、目に見えないものであっても・・・

同じディズニー映画の「ローグ・ワン」の影に隠れて、スル―されそうですが
大人が見ても楽しめますし、親子で見るには、オススメです。(78点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

土竜の唄 香港狂騒曲

December 31 [Sat], 2016, 18:15


コミックを実写映画化した「土竜の唄」の続編は、「チャイニーズマフィア篇」
潜入捜査官として、暴力団に潜り込んだ、ダメ警察官、玲二。
クレイジーパピオンに気に入られ、兄弟の契りを交わし、ますます深く潜っていくのだが・・・

クドカン脚本&三池監督、そして生田さんなんで、ますますハチャメチャ映画になってました。
ここまで、潔いとアッパレ!です。
堤真一さんのクレイジーパピオンのキャラは、やっぱ惚れますね(笑)
そして、脇役だったけど、見終わった後、1番印象に残っていたのが
チャイニーズマフィア殺し屋役の菜々緒さんでした。

とりあえず、「楽しければいい!」という方向けです。   (73点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

祝 ブログ11周年

December 30 [Fri], 2016, 23:18


ご訪問ありがとうございます。

このブログを始めて、11年が経ちました。

今年は、夢だった東京国際映画祭に、参加する事が出来ました。

この素晴らしい経験を、人生の糧にしてゆきたいと思ってます。

これからも、ゆる〜く、のんびり、なが〜く続けていきます。

また1年、よろしくお願いします。

                                管理人 サラ

★お祝いのポチを、お願いします★

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

December 28 [Wed], 2016, 1:50


2014年に刊行された恋愛小説の実写映画化になります。

舞台は京都。主人公、高寿は、美大に通う20歳の学生。
ある日、いつもの電車の中で、ある女性に一目ぼれをします。
彼女の名前は、愛美、同じ20歳の学生でした・・・

ラブストーリーですが、ストーリー展開は、ファンタジー。
タイトルのごとく、高寿の明日は、愛美の過去、つまり、時間軸が逆なんです。

恋人同士を演じる福士さんと、小松さんの相性がバツグンで、お似合いでした。
お二人共、ラブストーリーものが多いですが、その中でも、1番、絵になってたと思う。
そして、観光地的な京都の風景じゃなかったところも、良かったですね。
Back numberの主題歌も、映画にピッタリでした。   (78点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: 愛猫 レオン
読者になる
 
  

管理人サラ

平日はフツーの会社員やってます
趣味:映画・猫・アート・仕事
好物:抹茶豆乳・ブルーベリー
音楽:  BUMP・1D
動物占い:天然ボケで平和主義
       癒し系のたぬき
血液型: おおらかなO型

90点〜   ホームラン!
80点〜   クリーンヒット!
70点〜   まあまあ
60点〜   サービスデー用
50点〜   う〜ん・・・
50点未満  むむむ・・・・・
最新トラックバック
アイコン画像テラフォーマーズ (2016年08月05日)
アイコン画像殿、利息でござる! (2016年08月05日)
アイコン画像スノーホワイト/氷の王国 (2016年08月05日)
アイコン画像クリーピー 偽りの隣人 (2016年08月05日)
アイコン画像フィフス・ウェイブ (2016年08月05日)
アイコン画像セトウツミ (2016年08月05日)
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ