長い5日。 

April 05 [Wed], 2006, 9:25
あー深い眠りだった…。
今何時だ?
10時15分。飛行機に乗ってまだ45分しかたってなかった。
もしかして、ジュースもらいそこねたかも。のど渇いた。

今朝は8時くらいに空港でスープとパンを食べたのに
11時にまた機内食を食べる。
一応次はいつ食べれるかわからないから食べておく。
お客さんは3割くらいしかいない…。

11時30分(日本時間12時30分)台北の空港に到着。
ただの乗り換えなので、免税店などしかみられない。
30(単位不明、ドル?元?)は4倍すれば日本円と同じ。
等倍だと思っていたくらいだから、高くて買えない。

ロレックスは漢字で書くと”労力士”。らしい。


14時05分(日本時間15時05分)乗換機出港。
また食事?
16時ごろまた出て来た。

となりのおじさん(台湾人?)と片言英語で少し会話。
英語で話そうとすると、どわぁ〜と頭の中に韓国語が出てくる。
リセットしてから出て来る英語のレベルの低さといったら…。

バンクーバーに友達がいるのか聞かれて
なぜかメイヨウと答えていた。
なぜ中国語に?どうして英語出てこない!?

そのおじさんはカナダでホテルを経営しているようです。
入国の書類の添削もしてもらいました♪
好きな歌は、なんとかの春(タイトル忘れた)。
しっかり日本語で歌っていただきました。

そして眠れないまま
午前11時(日本時間午前3時)にまたも機内食登場。
食べた。




二回目の5日。 

April 05 [Wed], 2006, 10:39
バンクーバーの空港に降り立ったのは午前9時半。
また新しい日を始めないといけない。

空港は木の彫刻に滝を流すカナダらしい演出。
入国ではいろいろ聞かれた。
最後の方は何を言っているのかわからなくなって、
適当に言ったら、求めている答えとは違ったようだ。

前方の特別室みたいなとこを指差して、そこへいくよう指示された。
わし、どうなるんやろ?

行ってみると、やさしそうなおじさんが先に荷物をとってくるように言われた。
しかし荷物を回している機械がよく止まる。
5個流して止まって、係員が4個出して、えらい待たされるのの繰り返し。
荷物を取ったのは10時半。

こわごわ特別室へ。
通路が3つに分かれていて、真ん中を行くようにと言われる。

私の前の中華系の人が質問攻めに合っていて、終わりそうにない。
わしもこうなるのか??
しかしぜんぜん呼ばれない。眠いのをこらえて待ち続ける。

呼ばれてたくさん質問を受けるが、なんとか答えた。
やっとのことでパスポートにスタンプをもらうことができた。


11時30分。
やっとのことで空港を出る。

しかしわからんことだらけ。
アジア系の女の人が日本語が出来たので助けてもらう。
シティーバスがおつりがでないため、両替を教えてもらい
その後、遠いバス停まで案内してくれた。

バス停にいる人には
これは何ドルですか??とコインの種類を確認した。(意外と難しい)

バスの運転手さんにはどうするのかいろいろきいた。
乗り換えのエアポートステーションでは、着いた事をおしえてもらったのに
私が荷物を広げていて、”何をしてるんだ!着いたよ!!”と(笑)
乗り換えのバスの場所も丁寧におしえてくれた。

しかし、乗り換えバスを見つけるもドアがあいていない。
おもいっきり窓を殴るが気づいてもらえなかった。
そのまま私を置いて出発…。
30分ごとしか来ないってきいたばかりなのにー!!

二回目の5日A。 

April 05 [Wed], 2006, 11:01
でも意外と次のバスは早く来た。
バスの中では隣の人に降りる駅を尋ねた。
わからないから前の席の人にまで聞いてくれた。でもわからず。
実は自分は調べてて確認したかったのでそこまで困らなかった。

が、降りるバス停を運転手が無視!
他の降りたかった乗客と共に次のバス停まで連れて行かれる。

街ではかなり歩かされたが、迷わずYHに到着。
えらい汚い。廊下が臭い。
私のベッドがくしゃくしゃで文句つけたら、直してくれた。
しばらく休憩。


午後3時半、街にでかける。
YHで出会った日本人の教えてくれたアブロードでオーロラツアーの質問。
電話で問い合わせるが12万くらいかかるらしい。
別の会社にも問い合わせたが、もうツアーは終わったとのこと。
あきらめモード。

そのまま自分のエージェントへ行く。
明日のオリエンテーションの時間を聞いて
後はこのようにネット三昧…。

あとはねるだけ。


バンクーバーって
みなさんが想像するカナダらしい都市と同じ風景だとおもう。
高層ビルの隙間から、ハイジが出てきそうな雪をかぶった山々が覗く
アメリカのように大きいところ。

まだ5日…。 

April 05 [Wed], 2006, 23:59
まだ明るいから夕方だと思っていたら、午後8時。
日没は8:30位なんて知らなかった。

YHでパンの夕食。

シャワーはバランス悪く出て、水量も少ない。

部屋に戻ると、韓国人の女の子がいた。
これまでのストレスを吐き出すように韓国語ではなした。
彼女の韓国語も分からない単語がいくつかあるくらいで苦労しなかった。

相変わらず、英語がでない。

夜、日本人も含め3人で英語&韓国語&日本語で話して
結局寝たのが0:30。

午前3時からも眠れなかった。

到着オリエンテーション 

April 06 [Thu], 2006, 4:11
朝8時から9時は朝食の時間。
やっと寝かけたのに無理やり起きた。

1階の食堂?みたいな所に行くと
いかにも甘そうなイチゴの菓子パンとレーズンパン。
飲み物はミルク、コーヒー、紅茶があり、各自好きなだけとって食べる。
後で使った皿などは洗っておく。

私、この国の食事合わない…(多分)
パンばかりで苦しい。
早くも3ヶ月間の生きがいを失う…。


10:30からエージェントでオリエンテーションがあり
そこでkuさんと知り合いました。
彼女はメークアップアーティスト?とてもかっこいい。

私やkuさんら5人は案内の方に連れられて街に出ました。
テレホンカードの店、ウォーターフロント駅、
日本語OKの銀行、美術館、お得な両替商…
それぞれに生活に役立つ説明も受けました。

2時半からは、エージェントの社長さんとのカウンセリングを受けました。
オーロラに行きたいけど自分ではわからないとうことで相談したら
オーロラの見えるベルト地帯にあるすごい北の町で3週間過ごして
それからホワイトホースで1ヶ月ホームステイしながら学校に通うのはどうか?
という提案がありました。

私、再び極寒の地??
すごい北の町はグリーンランドやアラスカと同じような緯度だよ!?
どうしよう…。
とりあえず現地の方に聞いてみるから、明日また来るように言われました。


スラム街?へ迷い込む。 

April 06 [Thu], 2006, 4:34
午後4時ごろから
自分が極寒の地に行くかもしれないから
疲れているのに、無理やり市内観光を始めた。

バンクーバーの開き始めからある街並みを見にたくさん歩いた。
蒸気で動く時計が名所みたいで、写真を撮る人もいました。

それから近くにチャイナタウンがあり
そこら辺はいわゆるスラム街で絶対近づかないように言われている。

なのに私はチャイナタウンの入り口にある門を見たくて
それだけのために近づく事にした。

近づくころに地図から現在地を見失った。
しかし地図を広げる姿をあまり見せるのがこわくてよく見れなかった。

合ってると思う道だったが、
顔色の悪い人が2人とすれ違う事になって恐る恐る歩く。

そこらじゅうに変な人がいる。

交差点にはアジア系のお風呂に入っていなさそうなひとたちが
ぼーっと椅子に座っていて不気味だった。

なんか次の道の左側に門があるはずだったのに、右側にある!!
私、絶対危険地帯に入っていた!!

その門を出ても、変な人現る現る。
この縮み上がるおもい。
お化け屋敷のリアル版。何かあったら誰も助けてくれない。

恐怖の余り小走り。
背の高い西洋人も迷い込んだみたいで、逃げるような小走り。

松葉杖で両足変でふらふら歩いている顔色の悪い人をかわす…。




頼もしいカナダの先輩たち。 

April 06 [Thu], 2006, 4:51
泣く泣くエージェントに戻ると
yuさんという方がバンクーバーに詳しくて
一緒に帰りながら、スーパーなど、いくつか場所を教えてくれました。

今までパンばかりで辛かったので、スーパーで
サラダバーでサラダだけをてんこ盛りにして買いました。
$426。
誕生日と同じ数字だ。ちょっとうれしい。


YHでは、歩きすぎて疲れたので
シャワーをして休んだけど
夜が寝付けない。

1階の集まれる場所に行ってみた。

日本人のSINさんという方が、
オーロラの現地ツアーの仕事をしていて、
終わったから戻ってきたとおっしゃるので、びっくり。
私、間に合わないかも。

そのほかにもカナダ人の友達も多いそうですし
カナダにも詳しいので、お話が聞けてよかった。

だけど結局、部屋に戻っても朝まで眠れなかった。

車に乗る。 

April 07 [Fri], 2006, 5:02
朝、パンを取りに食堂に行く。
後で食べるつもりで。

9時半ごろ、同じ部屋のキムさんが韓国に帰国するので
少し荷物を手伝って見送りに行く。
タクシーが着たので抱き合って別れる…。

その後、同じ部屋のmstが両替まで
別の部屋の人のレンタカーに乗せてもらうからどう?と
急いで準備して便乗。

車まで4ブロックぐらい歩いたけど
初めての車の体験。

後部座席の人もシートベルトをしないと罰金。
右側通行。

運転するのはSIDさん。
日本人の男性で、アメリカの大学に通っている。
今日ビクトリアに行くので、一緒に乗る人を探していた。
しかし私たちは用があるので行けなかった。

両替では、スティーブンさんを指名。
特別レートにてがっつんと両替。

次はエージェントだ。

オーロラ旅行の相談。 

April 07 [Fri], 2006, 11:27
昨日の相談の続きをするためにエージェントへ。

極寒の地で数週間過ごして
さらに学校1ヶ月は予算的にも時間的にもどうかと思っていた。

今日は相談者が多くて、担当の方も超忙しそう。
私も数時間待たされていた。

そんなときふと現れた旅帰りのakiさん。
聞いてみたら、4月中旬にオーロラ旅行を計画中だった。

どんなのかというと
グレイハウンド(グレハン)というバスで
1日と8時間かけてヘイリバー(イエローナイフの湖の向かい側)へ行き
B&Bに泊まりながらオーロラを待つというもの。


めんどくさいのもあり、比較的安いのも有り
その案をまるまるごっつ頂いて
エージェントに頼んで予約してもらった。

ヘイリバーなんてどんなとこか、全く知らない。
でもいい。

日曜日から金曜日までの一人旅。
いってきます。

ここまで来るのに、一日かかり、エージェントにはびこり続けた。

公園でバスケットボール。 

April 08 [Sat], 2006, 6:33
今日はエージェントが主催する月イチの交流会のある日。
このためにオーロラ旅行の出発日を日曜に遅らせたのである。

11:30にエージェントに集合。
新しい人はみんな集まりがいいとほめられる。
まだカナダ時間じゃないねって。

軽くお昼をとった後、ミスターの引率で市バスに乗る。
橋を渡る時のバンクーバーの景色もいい。
30分くらいして郊外の公園に到着。

芝生に満開の桜がいくつかある。
みんな日本で桜の見納めをわざわざしてきたのに…とつぶやく。
くやしいな、日本で見た7部咲きのよりきれいじゃんか…。

曇っていて肌寒いけど、バスケコートに到着。
経験者と初心者に分かれてそれぞれゲームを楽しむ。
初心者のコーチは日系カナダ人5世の大きな男の方。
さすが、バイリンガルです。

とりあえずチームに分かれて試合だということで始まったが
数十分後、運動不足のご老体に無理がたたりやってる振り状態。
でも楽しみました。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像koji
» スラム街?へ迷い込む。 (2007年02月14日)
アイコン画像さら
» スラム街?へ迷い込む。 (2007年01月28日)
アイコン画像koji
» スラム街?へ迷い込む。 (2007年01月27日)
アイコン画像さら
» スラム街?へ迷い込む。 (2007年01月26日)
アイコン画像koji
» スラム街?へ迷い込む。 (2007年01月26日)
アイコン画像にぼし
» オリンピック公園。 (2006年06月01日)
アイコン画像敏正
» バンフ (2006年05月30日)
アイコン画像さら
» Cumberland (2006年05月23日)
アイコン画像敏正
» Cumberland (2006年05月21日)
アイコン画像ROA
» ハッピーバースデー 2 (2006年04月29日)
Yapme!一覧
読者になる