彼に、今思うこと。 

2006年06月23日(金) 14時41分
1コ前の日記『どうしようもない』の続きです。

---------------------------------------------

彼は自分がツライと思うこと、グチとかを人に話すことがあまり得意じゃないんだ。
ためちゃう人だから、あたしが聞きだして、話させてたんだ。

吐き出すと、少しはラクになるじゃん?

そしたら彼は最後には、

グチってごめん。でも話してるうちに整理がついてきた。
ありがとう。


って言うんだよ…。

だけどね、あたしは、彼のこと好きだから、聞いてたんだよ。
友達だからじゃ、ないんだよ。

友達としてしか、彼のそばにいられないなら、あたしは無理。
彼が他の誰かと恋愛して、結婚して、幸せになっていく姿をみるのは、無理。


うちら、共通の夢もあったのにね・・・。


彼に送ったメールの返事は、ない。
たぶんずっとない。


さよなら、くらい言って欲しかったけどね…。
でも何も言えないんだろうな。
もう正面からあたしと向き合ってはくれないんだろう。


そうやって、逃げていれば、いいさ。


あたしは前に忠告したんだから。
『ちゃんと別れの言葉を言えるようになれないと、
この先まともの恋愛できないよ』ってね。





彼にメールを送った次の日、
表ブログの年下クンに告白されました。


どんなタイミングだよ、とも思ったけど。
年下クン、あたしが彼にあんなメール送ったことなんか、何も知らないけどね。



思い切って、付き合うことにしました。とさ。

どうしようもない 

2006年06月22日(木) 12時29分
『恋人のような友達でいたい』っていう彼の答えに対するあたしの返事。

以下、メール全文。

結局あたしは恋人にはなれないってことだよね。
友達なら確かに楽だよね。
メールだって電話だってメッセだってしなくていいしね。
たまに気が向いたときに話して、会って、エッチして。
風俗やセフレと何が違うの?

自分から別れの言葉も言えない男は嫌い。
いつまでも覚悟の出来ない男も嫌い。
連絡の取れない男も嫌い。

もう付き合い切れない。
さよなら。

疲れたよ。
あたしを見てくれないなら、あたしは嫌だよ。

中途半端に期待させる男は、もっと嫌いだ。


このメール送る前に、彼に何度か電話したんだ。
終わるにしても、最後に声聞いて『ありがとう』って言いたかった。

でも彼は電話には出なかったんだよ。
明らかに出られるタイミングだったのに。かけ直してもこない。

だから↑のメール送った。

あたしは多分間違ってるんだと思う。自分勝手だし。
でも『恋人のような友達』って答えはすごくショックで悲しかった。

都合いいだけじゃん。そんなの。

あなたに結婚を前提に付き合える人が現れるまでの、つなぎじゃん。
そういう人が現れたら、あたしはいらなくなるんでしょ?
そんなの絶対無理!!!!!
だったら自分から幕引きさせてもらう。

あなたが今、すごく大変な状況にいることは知ってるよ。
仕事も忙しいし、家族のことだって…。
だからまともに恋愛する余裕がないってことも、あたしが1番わかってる。

でもさ、あたしが前に『あたしと恋愛する気、あるの?』って聞いたとき、
『あるよ』って答えたよね?

恋愛する気があるのに『恋人のような友達』?????

やっぱ意味わかんない!
それが中途半端なんだってば…。
いつか恋人なれるのかなって思うじゃん。

期待させておいて、落とす。そりゃ疲れるよ。

中途半端はキライ 

2006年06月21日(水) 14時00分
あたしは彼にメールをだした。

『グダグダと前置きはいらない。
今後あたしとどうして行きたいのか、答えだけ今すぐだして』

本当は知ってた。
答えなんて、すぐにでるものじゃないってことぐらい。
きっと長い年月をだして、2人で探しながら出していくものだって。
それはまるで夫婦のように。

でも、うちらは夫婦じゃないよ。
いつまでも中途半端な関係でいられるはずがないんだ。

恋人なら恋人に。友達なら完璧な友達に。
ちゃんと区切りつけておかないと、
結局は娘さんに迷惑がかかるんだ。

遅かれ早かれ答えを出さなきゃいけないなら、
今だしてやる。


だいぶ時間がたって、あたしが電話もしてみたり、でも出なかったりで。
やっと返事が来た。

全文をのせられないので、要約して、答えのみ。


『これからも恋人のような友達として大事にしていきたい。
恋人のような友達って何?ってつっこまれそうだけど』




つっこむよ!!!
意味わかんねーし!!!!!!




このメールもらって、なんか目が覚めた。
彼を好きだと思っていたのが嘘のようにさめた。

憎くなった。
あぁ、やっぱりあたしは彼が好きだったんだ。
だから憎むんだ。



だからあたしは…。

彼への想い 

2006年06月20日(火) 22時00分
彼とは完全に終わった。

彼って表ブログの年下彼氏クンじゃなくて、
今までmixiに書いてきた『彼』のことね。

別れてからずっと友達以上恋人未満で。
5月末には箱根旅行までしてきたけど。

別に悪い関係じゃなかった。
たまにメールや電話だってしてたし。たま〜〜に会うこともあったし。

友達でいたほうがうまくいくなら、それでもいいかなとは思ってた。
でも満足していたわけじゃない。

あたしはやっぱりもう1度恋人としてやり直したかったし、
箱根旅行に娘さんを連れて行こうと行ったのは彼だったから、
ある程度将来を見据えて、付き合っていきたかった。

積極的に結婚したかったわけじゃない。
結婚はこりごりって気持ちは本当。


だけど、彼が、今後のあたしとの関係をどう思っているのか
彼に聞いてみたんだよ。

1回だけじゃないよ。
何回も聞いてきたんだ。

でもその度、はっきりした答えはもらえなくて。
迷ってるふうな言葉だけ。

いったい、彼が何を考えてるのか、わからなくなった。


あんなに信じあってた2人だったのに。

大好きだったのに。




気がつけば、彼への想いが過去形になってるのに、気づいた。

これは恋愛じゃない。

あたしは彼の態度に、いらついていたんだ。



だから、勝負にでた。

爆弾投下 

2006年06月19日(月) 11時20分
7月か8月に


娘さんは


パパのもとへ行きます。



あたしは、1人暮らしになります。



詳しい経緯は書けたら書きます。

とりあえず、結果報告だけで、ごめんなさい。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sara_sara-sara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる