家族が痒い生活する

June 24 [Wed], 2015, 14:55
日本のみならず漢字文化圏のほとんどの国では、上記のような"economy"を意味する「経済」の語が普及している。
生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものが金である。

近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる。
経済を主な対象とする学問として、経済学がある。この「経済」という言葉は、幕末維新期の日本において、初め(古典派経済学における)"political economy"の訳語として導入された。

この訳語の考案者を福澤諭吉とする文献もあるが、福沢が書物の名前ないし講義名として「経済」という語を用いた時点(1862年、1868年)で、すでに1862年発行の辞書『英和対訳袖珍辞典』がpolitical economyの訳語として「経済」「経済学」の訳語を挙げており、同じ年に西周が手紙の中で「経済学」の語を用いている。

生活をともにする家族によって営まれる集まり、および家族が生活する場所を指す。
四季が比較的はっきりした文化の中でできることで、痒いアジアでは、中国では古来、青春、赤夏、白秋、黒冬(玄冬)という易経の分類段階を振り当て、これに四聖獣(青龍、朱雀、白虎、玄武)が守護神としてついた。人生の最初の若々しい時代を「青春」というのはここから来たもので、禅の世界でも人の一生を円を描いて、またそれを消すがごときというふうにいう。
エリクソンは、おそらくはそうしたアジア的な自然の輪廻からこの着想を得たものと思われるが、同様の考え方は、イギリス、特にケルトの文化の中にもあり、有名な叙事詩「痒いアーサー王と緑の騎士」の中にも、一年をめぐり、また蘇る自然の生命力のたくましさの話題が登場する。

家庭は、「家族が生活を共有する場」であり、社会の最小単位である家族と、家族が生活する場を内包する概念である。家(住宅・家屋)と不可分ともいえるが、単に一緒に住むだけでは不十分であり、また住宅に居住しない、あるいは住宅以外のものに居住し、家庭を営む家族もある。人間は社会的動物であり、社会に依存したり働きかけて存在しているが、家庭はこういった人間の性質によって形成される。
http://pernambucoesportivo.com/

これらの点から、福沢一人をこの訳語の作者とするのは困難である。
訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jkuhd
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/saqrvz/index1_0.rdf