ジャケ 

July 07 [Sat], 2007, 10:40
曲を発表する時に少々悩むのがジャケをどうするか?
って事があります。

今、作成中の曲に「TV Maniacs」という全編英詩の曲があるのですが

この曲中にクッキーモンスターが登場するのです。

それでジャケにクッキーモンスターの写真を使うと多分、プレ王の場合、著作権上NGになるので
中国の某遊園地みたいに似たような下手な絵をかいてオリジナルや!と
言って、もし審査通ったりしたら面白いですね^^
と言ってもこの絵をジャケとして使用する気はないです(笑)あくまでもネタです^^

それで、なんか面白い画像はないかなと探していたら、似たような事をしている人がいました(笑)

その方が描かれたクッキーモンスター?と巨大鳥(笑)の絵です↓↓↓

あはは 超笑ってしまいました^^ いいセンスされていると思います。




この絵にインスパイアされて管理人も中国的セサミでジャケを描いてみました↓↓↓

ちょっと画質が悪いのが残念ですが・・・
エルモじゃなくてモエルです!!とか言い張るのです(笑)



前回ペットントンの髪の毛が大好物な妖怪がいると書きましたが、その妖怪の画像を発見しました!!
ちなみにペットントンは髪の毛を抜くと魔法が使えるのですが、髪の毛が全部なくなると死んでしまうそうです(笑)面白すぎです^^

こいつがペットントンの髪の毛を食いまくるペットントンの天敵だ!!(笑)↑↑↑

ジャモラーとかいうそうです。
でも、これも良く見てみるとエルモに似ているような、似てないようなw(笑)
石ノ森先生〜〜〜^^


落ちがついたところで今日はこのへんで〜(笑)






ロボット110番 

July 05 [Thu], 2007, 23:28

こないだ、実家の押入れを整理していたらお宝出てきましたぜ!

懐かしいロボット110番のガンちゃんです(笑) タカラのミクロマンさんも^^


あれれミクロさん、久しぶりの登場に我慢が出来ないようです(笑)


ミクロさんオンステージ


    Y字バランスをきめるミクロさん
    ガンバ!flyhighの貴公子バランスを目指すそうです




すごい柔軟性を我々に見せつけるミクロさん



あれれミクロさん、もう飽きて本を読み出しましたよ(笑)



ガンちゃんと談笑するミクロさん




小学生の時、ペットントンていう特撮物のシュールな(笑)番組あったんですけど
どんな話だったかまた見てみたいこの頃です^^
確か、ペットントンの髪の毛が大好物な妖怪がいて、ペットントンの頭に噛み付いたり(笑)マヨネーズとかケチャップを噴射しまくるスゴイ番組だった記憶があります(笑)

日本の車窓から 

June 28 [Thu], 2007, 1:09

日本の車窓から今日は鹿島臨海鉄道です。

チャラッチャチャ〜〜チャ〜チャチャッ、チャッ〜チャ〜

プリゼントバイ富士痛〜〜

去年フェリーで北海道に行った時に、水戸から大洗に行くときに乗ったディーゼル車です。
あまりに懐かしい雰囲気だったので思わず撮った一枚です。

東京の上野駅からフレッシュ常陸に乗って、まず水戸までまず行きました。

そして、水戸からこの鹿島臨海鉄道に乗り換えるのですが、扉とか自分で閉めたりするような記憶が(笑)記憶違いかもしれませんが^^
フレッシュ常陸とは、上手く連絡してるみたいで20〜30分位待って乗り換えれました。


でも、この鉄道の通過する場所の景色がホント素晴らしい!

ホントに田園の真ん中を通過していきます(笑)
しかも大洗まで高架線の区間が多く、見晴らしもいい!


うわ〜めっちゃ懐かしい!!そんな気持ちになれます。

途中の駅で降りていった、予備校生ぽい二人連れの娘(コ)もかわいかったなぁ^^

なぜか、すごく自分の心に残った場所と時間でした。

いいとこだったな〜また、行ってみたいな^^















続・AW4416 

June 10 [Sun], 2007, 20:57
おひさしブリッ子です(笑)

前回から結構あいちゃったけど、マイペースにやってますぜ!

プレ王が全国ネットのTV番組だとしたら、こっちはローカル番組とか深夜番組的に気楽にやってるのでこのユルイ感じが最高アルよ(笑)

今回は、前々回に紹介したAW4416について、またまた紹介します。


ちょっと見にくいけど、ボタンがたくさん並んでて、下の方にMIXING LAYERと書かれた部分があります。
ここでミキサーとモニターの切り替えを行います。INPUT1-16を押すとミキサーの1-16チャンネルにモードが変わって、フェーダーも一気にギュインと動きます(笑)
一番右で光ってるのがモニターチャンネルです。ここでは、最終的な音をチェックし、必要に応じて最終的なエフェクトやコンプなんかを掛けます。 
つまり、ミキサーで一回音を作ってから、さらにその音をモニター部で加工することができるのです(笑)
便利ですね^^でも難しいので自分はあまりミキサーでは音をいじりません。

これはレコーダの部分ですね。下の赤いボタンで録音したいトラックを選択します。
有難いのはボリュームやEQやコンプ、PANの振り具合を最大99回まで保存できるので、これはミックスの時や、曲をチェンジした時にメチャクチャ助かっています。
最初、この機能を知らなくて、違う曲を呼び出す時は、いちいち設定をノートとかにメモってましたが(笑)そんな事はしなくてよかったのです(笑)
あとは、UNDO,REDOボタンを押してやると、誤ってデータを消してしまっても元に戻す事ができます。


これはメイン画面のコンプを呼び出してみたところです。
コンプもまずまずの性能だと思いますが、たぶんDAWとか外付けのコンプのほうが性能いいのでは?と思います。あんまり掛けすぎると、ピーク音のところで、車のワイパーの音みたいにビャッとか鳴ります(笑)綺麗に音圧を稼ぐには、他のパートとかピーク音や、人間の耳には聴こえない様な音域で不要に鳴りすぎている部分なんかも考える必要があり、AW4416でもプロのように上手く音圧を稼ぐのは難しいところです(笑)
EQもまずまずといったところですが、これも下手にいじるよりかは、フラットにしておいたほうがいいかなって感じです(笑)でも、ボーカルなんかは低域を削ると結構抜けのいい音になったりします。
EQはまだまだ勉強って感じで、全然使いこなせてないと思いますね(笑)
殆ど、プリセットの設定で済ましています(笑)


弘法の川流れ 

May 11 [Fri], 2007, 19:49

弘法の川流れ、カッパも筆の誤り

どんな、その道の達人やカリスマにも失敗はあるという事です。

むしろ、そのような失敗や困難を乗り越えた人が、達人やカリスマと呼ばれるのかもしれません。

少しぐらいの失敗やミスで落ち込んでいるうちは、まだまだ青い。

謙虚に、でも図太くいきたいものですね(笑)


弘法の川流れ↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=ejyfaUwpCK8

カリスマだってミスることもあります。失敗乗り越えるからカッコイイ。

札幌プロデュース 

May 07 [Mon], 2007, 21:24

YAMAHAのAW4416です。とにかくデカイ(笑)

これで札幌Loveは、勝手にプロデューサー気分で録音しているのです。

「おっ!いいの使ってるじゃん。高いんでしょ?」と思われるかもしれませんが、中古で格安にて手に入れました。

新品のミドルクラスのMTRより、断然安く手に入りますよ(笑)

このAW4416についても、今後インプレ等紹介していきたいと思います。

けど、機能とかありすぎて一回では書ききれないし、自分でも解ってない部分もあったりであんまり参考にはならないかもしれません。

とりあえず、このMTRのセールスポイントは、ミキサーがO2Rの血統という点と、オートミックスが可能であるというところだと思います。

オートミックスはかなり便利で、フェーダーが勝手に動いたり、PANやEQの設定等が自動に変わってくれたりしてすごく助かります。

ただ、このAW4416は、ミキサー部とレコーダー部とモニター部がそれぞれ独立しているので、信号の流れを自分でパッチしてやらなけれならないのです。

それまで、ZOOMのMRS-4という入門的なMTRを使っていた自分には、電源さえいれれば、すぐ録音出来ると思ってたので、初め何がなんだかさっぱりわかりませんでした。

慣れてしまえば、それほどややこしくはないのですが、ミキサーとか触ったことが無い人は、最初苦労するかもしれません(笑)

自分ものんびりやってたので、録音からマスタリングまで出来るようになるのに、半年ぐらいかかってしまいました。(笑)今でも完全には使いきれてませんし^^

次回以降また、詳細や設定等についても言及していきたいと思います。






ブログアイドル 

May 01 [Tue], 2007, 20:44
みなさん、ブログペットのアホネン君をご存知ですか?

アホネン君をクリックするといい事あるかもYo?

明日は父ちゃん満塁ホームランかもYo?

好きな彼女彼氏に告白されるかもYo? Hey!ョ〜ョ〜

ちなみに、このアホネンという名前は、フィンランドのジャンプ選手からとったものです(笑)

決して、ゴロゴロしてトンチンカンだからではありませんYo?

他に、マラソン選手のメコネンも候補でしたが、やめました。

アホネン君も毎日日記をつけているので、読んであげてくださいね(笑)

わくわく珍獣ランド 

May 01 [Tue], 2007, 20:17
カッコいい奴紹介するぜ〜

クレイジープランクトン ギガントキプロス・アガッシィ〜!!!

ギャァ〜〜

これは、しょこたん画伯の描かれた、ギガントキプロス・アガッシィ君です。↑↑
しょこたんもお気に入りのようです。

プランクトンの一種らしいのですが、こんなヒゲ坊や(笑)みたいな生き物がいるんですね。ナイスですね〜


続きまして西方より、スカシカシパン選手の入場です!


ギャァ〜〜

なにこのアンパンみたいな物体は。こんな生き物いるの?

そして、これがスカシカシパンの実物写真です。

ギャァ〜〜〜〜ギャァ〜〜
ギャァ〜〜〜〜

なんだこの生き物?は!!

なんでも深海に住むウニの一種らしいです。

ムツゴロウさんもびっくりであります。サマーランドもびっくりみたいですね〜






ボヘミアン・ラプソディ 

April 23 [Mon], 2007, 21:07


2年ぐらい前のサウンド・デザイナーに興味深い記事があったので紹介します。

クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」をご存知ですか?

この曲の聴き所は合唱団のような多重コーラスが収録されている点です。

ブログでこの曲を紹介するのは、なかなかこの曲のレコーディングが興味深く、宅録の参考にもなると思ったからです。


というのは、この楽曲がレコーディングされたのは、今から30年以上前でアナログの24トラックレコーダーを使用していたからです!

当時世界のトップクラスでも24トラックレコーダーを使用して、歴史的名盤を生み出していた事には驚きです。今の時代なら素人でもデジタルレコーディングできるので、いかに機材の使い方や工夫が大事かという事ですね(笑)


前置きが長くなりました。

で、この多重コーラスなのですが、実質3人しか歌ってないとの事です。


「クイーン」の多重コーラスの録音法

@トラックA,B,Cの3トラック用意する。

A各トラックに3人が同時に歌をいれる(合計9人分のコーラスが完成)

BトラックA,B,CをトラックDにピンポンする。

CトラックA,B,Cの録音を消去する。

DトラックA,B,CにAとは違うハモリもしくは発声で歌入れする(9人分のコーラスが完成)

EトラックA,B,CをトラックEにピンポン(トラックDとEで18人分のコーラス完成)

FトラックA,B,Cを消去

以下同じ手順で9人分のコーラスを1トラックにピンポンしてそれを10トラックほど作れば、実質使用するトラックは10トラックで90人分の大合唱団のようなコーラスが完成します。こういうやり方で、あのコーラスは作られていたのですね(笑)ちなみに、1トラックにピンポンするのは9人分ぐらいが一番マシに聴こえるからみたいです。いや〜ほんま凄いですね!

なぜ、この記事をとりあげたかと言うと実は、自分が投稿してみたいと思っている、KATZEの「LOVE IS HERE」と言う曲があるんですけど、この曲に合唱団のようなコーラスがあるからなんですね(笑)

投稿はいつの日になるか分かりませんが、楽しみにしていてください。

玩具 

April 17 [Tue], 2007, 20:04

これは、コンパクトエフェクト群です。

PODを購入する前に音作りに使ってた機材です。

製造中止になった物とかもあるので、持ってたら価値があがるかも(笑)

右上のピッチシフター・ディレイは面白い。

オリジナル曲をUPする時には、密かに使ってみたいと思っているのです(笑)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:札幌Love
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1974年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
音楽サイト・MY SOUNDというところで樂曲を公開しています。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる