読書と腱鞘炎。

May 05 [Sat], 2018, 21:55
他の人より日数も時間も短いのに。

利き腕が、腱鞘炎です。なんでやねん(´;ω;`)

…明後日仕事なんだけどいいのかな。行くしかないけど。
月50時間ちょっとなんだからお給料もそれ相応なのよ!
当たり前だけど、自分の必要な分まかなえるくらいは一応あるんだけど
1,2日減ると結構でっけぇのよ!(必死)
…ちょっと、大人じゃない言葉遣い(笑)

病気だなんだと言われても、大富豪みたいに余裕ある家でもないし、
ずっと両親に世話になり続けるのもなんだかだし、
なにより少しくらいなら出かけられるのに仕事だけしてないって
なんだかすっごい屈辱的だったの。義務果たさずして権利を得てるような。

それが、ガソリン代やら生命保険やらスマホ代から、自分の必要な分を
今はちゃんとまかなえるっていう至って「普通」なことが、
私にとってはそれがギリギリでも、維持できてるのがとても嬉しいことなのよ。

維持できれば少しずつ増やせる。
家にいる時間は短く、まぁ、普通に過ごしてる同年代と肩揃えられるくらいには戻ったことになる。

…それが、ケガにしても病気の悪化にしてもなんにしても、
自分の意志じゃなかったとしても、維持できないってのは…なんだろう。

ものすごく、悲しいことのように思う。
…うまく言えない。

普通が、こんなに難しいことだと思わなかった。
…腱鞘炎とかって慢性化するらしいじゃない。

なんでこんなんなったのかなぁ。

いろんな本読んできたよ。ケアストレスカウンセラーの本まで買ったよ。
自分の不安障害から適応障害からHSPから、幼少期の頃からすべて疑ってかかって、
いろんな本読んだ。両親に申し訳なく思うこともあったけど。
一時、こうして考えてるのも良くないって思って離れた。
すると途端に思考が整理されてくのね。情報過多を押さえられたみたいになって。

最近またちょっと、革命的な本を見つけた。

だから、私がこうなったのも納得いった。

やっぱり、あの3年は、私にとってすべての「原因」にしてよかった。
幼少期も少し関わってたかもしれないけど、
今まで築き上げてきたものを崩すには十分だった。

ヘラヘラ笑ってたけどね、なに言われても。

でもふっと思い出した時に、今でも涙出る。

「なに、それ?仕事してるフリ?」
「わっ、目つき悪っ!」
「えっ、断るっ」
「だってあなた歪んでるもん!だから独断と偏見で処理するんでしょ?」
「なんでこんな人寄越したんだって専門学校の先生に怒らないとね!」
相談した支店長にも
「あいつは言葉がキツいけど、言いづらいことでも言ってくれるからキツく言えないんだよ」
本社に転勤させてよって別の上司が役員さんに冗談めいて言ったときの役員も、
「あいつを本社に?やめてよ、面倒くさいでしょ」

絶望したね。トップまでそんなこと言うなんて。

上司や同僚のいざこざは、異動でもしないと解決しないんです。
でも小さな会社。異動は転勤することと同義だけど、他支店の事務員は満席。
辞めるしかないんだけど、誰も、最後まで、私が悲鳴を上げるまで取り合ってくれなかった。

ちゃんと伝えてたわけじゃないから、気づいてない人も多かったと思うけど。

最後は出社拒否ですよ。そのまま退職です。役員の前で情けなく号泣して。
1ヶ月猶予つけて賞与もらって。給与も1か月分もらって。
退職金ももらって。積み立ててた分も全部返してもらって。

一時まとまったお金が手元にきたとき、
最後の手続きであった新しい支店長には「旅行でも行くんでしょ?」って言われた。

A4用紙4枚。日記に書きなぐってたことをまとめて役員に提出して。
それがあったから、出社拒否から1ヶ月、在籍してたことにしてくれたのかな。
親もまた、法務局かなんかの人権相談とかに行くって言ってたし。
それをこぼしたのもあったのかな。親が黙ってないわ、みたいな。
今となっては、役員の考えはわからないけど。

パワハラだって気づいたのは、正直、だいぶ後だった。
感情のままに、なにかに書きなぐれるくらいはまだいいのかも。
私、勤めてた後半はなにも書かなくなってた。
我慢し続けてると、気づかなくなる。自分の感情に。


だめだ。悲しくなってきた。

辛いこともある

April 30 [Mon], 2018, 20:41
体調のいい時悪い時。
特徴やきっかけとなったことをできるだけ覚えておく。

最近は、ドーパミンだのセロトニンだのをいろいろ勉強してる。
波を読めるようになれば、備えることもできると思って。
今は、症状が出始めてもパニックにならないように落ち着けるようにしたり、
少し気持ちを抑え込むようなことができるようになってるけど。

前もって予兆がわかるようになれば、対策もできそうな気がして。


まぁー、無駄かもしれんけどねぇ。


…この間、先輩が職場に来たーと思ったら、
その数日後はちょっとお世話になった上司を見かけた。

昔のこと、いろいろ思い出してしまう。

ずっと過去引きずってるなぁと思う。
思い出すこともそうだし、前のようになりたくないって昔あったことを掘り返したり。
だから、考えるのも対策するのもやらない方がいいんじゃないかって思うときがある。

…どうしたらいいんだろう。

このままでいいのか。

…もっと言うとね、やっぱりレジやってるのって辛いんだ。
これも引きずっててね。
会社員としてやってきたのに、結婚したわけでもないのにパートだからさ。

これでいい。というか、今はこれしかできないんだって認めなきゃいけないのに。

ここ数日はモヤモヤしてる。しばらく落ち着いてたのに。


昔の自分とは違う、今の自分を認めたいんだけど。


…うーん、眠くなってきた。今日は考えるのやめよう。

再会。

April 24 [Tue], 2018, 20:23
もう上がりの時間だってころに、
前の会社の他の支店に勤めてた人が買い物に来た。

…身内に不幸があったみたいで地元戻ってきてて。
私は、今日はたまたま別の人の代わりで勤務してて。

なんだか、なるべくしてなったのか、ちょっと怖くなったけど。

普通に接することはできただろうか。

前の会社の近く通るだけでも具合悪くなるし、
いつも、もし誰か来たらちゃんと最後まで作業こなせるだろうかとか、
不安で不安で仕方なかったくらいなんだけど。

普通に、めちゃくちゃニコニコしてた気がする。
実際、心では「嬉しいな。久しぶりだな。元気そうだな。」とか思ってた。

嫌な気持ちはなかったかも。体は別だったけど。

領収書書くことになったんだけど、手が震えて文字が書けない。
書こうとするとぶるぶる震える。離すと少し落ち着く。
先輩も見かねて「お客さん来てないから。頼む、落ち着け。落ち着け。」って言ってくれたけど。

思わず「久しぶりに会って緊張して震え止まらないです(;´∀`)」って流した。

会社辞めるとき本当に突然で、なんも挨拶もしなくて、
「人事発令」を見て急に知った人ばかりだったと思う。
そしてその日から私は自宅療養になったけど。

私になにがあったとかはほとんど漏れてないこともわかった。

それでいい。

日々勉強。日々修行。日々治療。

久しぶりの3連勤最終日です。お店もいいように使ってくれるぜ(´∀`)

鬼忙しかった。

April 20 [Fri], 2018, 21:19
鬼忙しかった。4時間だけなのに。過去最高記録した。(いろいろと)
途中記憶なくなった。世界がふわ〜っとした。自分がなにしてたのかわかんなくなった。

レジって大変。

普通の動作もそうだけどお客さんは平等にしないといけないのに
聞き忘れちゃったり、億劫になって聞き損ねたり。

…あーぁ(-_-;)

接客は初めてです。
全く初めてではないけど初めてみたいなもんです。もう忘れとるがな。

決まったお客さんや取引先とだけ話してりゃよかった事務員時代と全然違う。
もう完璧にこなすのは無理。この仕事で完璧目指したら本当にもたない。
70%とかでキープしておかないといけない。

だから、聞き損ねたくらいでうだうだしてても仕方ないのです。結論でたね。
なにかいるんだったら聞かれるし。うんうん。

このレジ、すごく忙しい種類のレジだけど、
現金を直接触らなくていいので、ここだけは気が楽。
慣れた人にはやりづらく思うらしいんだけど、私はこれがいい。

…明日も仕事。明日も忙しいのかな。早めに休みましょう。

衝撃的、でもないか…。

April 19 [Thu], 2018, 21:10
2年近くしてきた、自分の「診断名」の勉強。
あと、2年くらい前に会った十勝のお医者さんとの記憶。

今までつらつら書いてきたことの集大成みたいなものがつい最近できた。

…実は今すっごく眠たいからうまく書けないかもしれないんだけど…。
普通の時に書こうよ!って言われそう。自分でもそう思う。

精神系の病名とかでは扱われてなくて、実は先生の間でも知ってる人は少ないらしい、というものがあって。
それが「HSP」と言われるやつ。
十勝に今これですごく有名な先生がいる。道新にも載ったね。勝毎にも何度も載ってる。
2年くらい前にこの先生に直接診てもらえた。
GW直後で、遠いとこから来てなかなか来れないからって、ものすごい長時間診てくれた。

そのときに高確率で「HSP」だと思う、と聞かされた。

その受診したときと今の体の調子は違うから「ん?」って思うこともあるけど、
あのときは「おかしくなってた時期」だと自分も家族もそう思ってるので
今が元にもどりつつある自分だと思う。
とりあえず、あのとき、様々な角度から総合的にいろいろ診てくれた結果がこうだった。
通知表全部見せたり。先生の「所見」とある教科の「評定」が必要だったみたい。
ペーパーテストをいくつも受けたり。
小さいころからの周りの証言をまとめたものを見てもらったり。

そんなこんなで、HSPの本がたくさん出てる中の「19の処方箋」をつい最近読んでみて。

5人に1人だから生きづらいとか、なんかいろいろ苦労するとか、
でもちっとも周りに気付いてもらえないとか、
けどウダウダ言うのも周りにとっては嫌だろうしなとか、
気付いたらめちゃくちゃ頑張っててぐったりすることが多いとか、
…眠いからうまく言えないんだけど、納得することが多くて。

自分にとっての環境を整えること。
「疲れ」をしっかり感じること。(疲れ果てても動いてしまう)
1人になれる空間を見つけること。
理解者を見つけること。

あれやこれやと自分を責めない事。

自分責めないでってのも難しいときあるけど。
相応のことを、ここ数年で私はかなりしてしまいましたよ。
なにもかも嫌になっていた時期ではあるけど
そんなの相手にゃ関係ないからね。
された方の気持ちになると責めることしかできません。

…それは今少し置いといて。

不安障害、適応障害、HSP、表裏になるところもあれば、
病的な部分もあったりして、専門家でないと難しいところはあるけど。

「感受性の強さ(HSP)」ってのは、本当に。本当に。

理解しないままだったら本当につらかったと思う。これからもずっと。
わけもわからないまま、周りに合わせたりして。
もしかしたら別物かもしれない、って思っちゃうことはあるけど、
それでも気づいただけいい。こういうものがあるんだと。

今はまだ月に50〜60時間くらいしか働いてないから、この間にどうするかだよね。
「19の処方箋」にあるように、仕事中できることがあれば。
プライベートでもできることがあれば実践していきたいなと。

とにもかくにも
人生の、なにかしらの転換期だったとか、今はなんかそういう時期なのかな。


……思ったことをちゃんと書けてる気がしない。眠い。


明日仕事でした。早めに寝ます。

つらつら。

April 05 [Thu], 2018, 20:26
昔に書いた記事を整理しました。
たくさん書いてた。すっごい懐かしかった(笑)
こんなの好きだったな〜、こんなことあったなぁ、辛そうだなぁ、楽しそうだわぁって振り返りながら。

文章の書き方もたぶんそんなに変わらない。
ふざけてるとこは、年相応になったと思いたいけど(;´∀`)


いきなりだけどこの1年くらいの振り返り。
私の症状の致命的なところは、人目につくのが苦手だというところ。
…少し、人も怖いかな。

文章書くのも怖いときがある。見て欲しくて書いてたはずなんだけど消しちゃう。
周りの反応が怖くなって。
LINEも一応ある。なくても困らない位だけどね。
タイムラインにいろいろ書いてきたけど、あとで怖くなって消しちゃう。

これで一番つらかったのは、面接のとき。

練習だったり一人でいるときは持論を持ってるのに
本番になると一切なにもしゃべれなくなること。怖くて。

質問されても、えっと…あの…って真っ白になる。

作った履歴書や職務経歴書は、送った会社全部が認めてくれた。
書類選考通って何度も面接まで行った。たぶん、期待してくれてた面接官もいたと思う。

それが本番ではほとんどなにもしゃべれない。

前職のこととか、持ってる資格についていろいろ聞かれる。
「なんで取ったの?」って聞かれても「勉強したら取れた」ってしか答えられなかった。
そうじゃないのに。自分でもわかってるのに、言葉が全然出てこない。
愛想笑いするしかなかった。部屋の空気は「何しに来たの?」って感じに変わってった。

何度か面接を重ねていったころ、そろそろ貯金がなくなることに気付いて、
パートでも行った方がいいって思って応募しようとした。

ある程度、なんでもできるだろうって妙な自信だけはあったんだけど。

求人サイトの「応募する」ボタンが押せない。
手が動かない。怖くてたまらない。汗が止まらない。震えだす手。
またあんな風になったら。

「なんにもできなくなってる」ってそのとき初めて気づいた。

それでもなにもしないでいるってことはできなくて、
別の場所のハローワークへ行ったとき、市の支援があるのを知って駆け込んだ。

福祉協議会が市の委託で設けてる窓口なんだけど、
年齢不詳のお兄さんに話をいろいろ聞いてもらって、しばらくしたころ、
今のスーパーを紹介してもらった。

直接人事の偉い人と会ってから、そのあと勤務地の店長と3人で面接して。

一番行きたくなかった。スーパーのレジなんて(;´∀`)
人に見られるでしょ、話しかけなきゃいけないでしょ、もう怖くてたまらなかった。

でも久しぶりに「仕事」ってなって、どこか嬉しく感じてた。

自分ひとりで仕事かかえこまなくていい、周りを頼っていい(頼らないといけない)
失敗しても大丈夫、できなくてもいい。

こんな「仕事」があるのかって、こんな「職場」があるのかって
以前の記事にもあるように「カルチャーショック」だらけだった。

ここまで来れたけど、まだまだ時間かかる。
治るものだと聞いてるけど、年月かかるらしいので。

一人暮らしとか自立するのは先になるだろうけど、
結婚願望も特にないので(笑)
自分が必要な分だけでも稼いで親に迷惑かけないようにできたら
とりあえずは、よしとしようと思います。


本当はいつも、いろいろ納得して進まなきゃいけないって思うんだけど、
なかなか、うまく行かない。
何度も何度もあちこちに吐き出して、時間かかってやっと、落ち着いてくる。

同じこと、あちこちに書くんだよ。

とりあえず今は吐き出したいと思うんだから、素直に書こうかなぁと。
タイムラインは怖いから、ここに。

思えばさー…

April 02 [Mon], 2018, 21:45
このブログ、中学校のときからあるんだよね。
もう11年くらい経ってんだよね。
最初が2004年だよ。あれ、14年か。まぁいいや…(;´∀`)

…中身、変わんないね。(涙)

ドクターストップ的なやつで、月50時間勤務です。症状は一進一退です。
もう小学校の不登校も、高校の転籍も、私の人生は一体なんなんだ。
どんだけ試練あるの。いい加減にしてほしい。本当に…切実にそう思う。

とりあえず今回おかしくしたのは適応障害からの不安障害だと思ってます。
時間だけはたくさんあるからこの1年でえらい調べた。
会社勤めのときでた診断名を基にいろいろ勉強した。
最初は適応障害くらいのものだったと思う。
だけど我慢しすぎたのか無理しすぎたのかで不安障害まで進んじゃった。
それで突然出社拒否的な状況にまでなっちゃった。こんな感じ。
我慢強いんだな。意外と。気づかない位に。…バカなの?

働き方もね、よくよく考えたらとんでもなかったの。

仕事をするために毎日があったの。おかしくない?
毎日生きるために仕事するんじゃないの?お金もらってさ。
それが逆なんだよ。
遊ぶにしても次の日の事考えて無理しないようにしてた。
幸か不幸か、下っ端平社員でも頑張れば頑張るほど評価される会社だった。
とにかくすごく工夫してたらしくて、役員さんからも意見聞かれるくらいだった。(自慢か)
2年少々で後輩のちょっとした教育係になったり、なんかいろいろやってた。

その一方で高校の転籍したころから人付き合いが希薄になってて、
休みでも1人でどこか行ったりすることが多かった。人に会わないのが普通。
だから余計、充実感やらを求めて「仕事」を中心に置いちゃったんだろうね。
一点集中でエネルギー注ぎ込んでいった感じ。

そんなだから、退職直後は抜け殻みたいになってた。普段なにしてたっけって。

人の顔色伺って、人の評価気にして、いつの間にか本当の自分がわからなくなって、
自分のやりたいことも自分の気持ちも、なんにもわからなくなった。
わかるのは喪失感と絶望感。何にもない空っぽながらんどうな感覚。

ここでダメなら他の会社行ってもダメだわって上司の言葉を真に受けて、
その会社で1番の事務になってやる〜くらいに頑張ってたかも。


その結果がこれだーい\(^o^)/


いい経験しました。

…疲れてるからなんかおかしいわ。変にハイテンションだわ。
文章も少し浅はかかもしれない。や、本当に疲れた。


ふざけてないと、やってらんないときもあるよね。
なんでもいいからこぼしておかないと、やってらんないときあるよね。

…これくらいの弱音許して。

思い出したように。

December 09 [Sat], 2017, 20:48
ふらふら〜っと来て「なんか書いてみよっかな〜」と思うようになりました。
せっかくあるんだから(笑)

パート始めて数か月です。
時給制で働くのに慣れなくて、出退勤管理を忘れそうになります。
前職じゃタイムカード押すことなかったから。
始業時間までに居ればOKだし、帰りも終業時間までいればOKだし。
お昼で早退とか遅刻とかも半日単位で記録されるだけで時間は細かくなかったので。

入社して「会社員ってタイムカード押さなくていいんだ〜」って思ってたんです。
「月給制だし、関係ないのか〜」って。…そんなことないのに(;´∀`)

仕事を持ち帰ってすることもないんです。
そこまでしようとすると「今度でいいよ」って言われてカルチャーショックを受けました。
推奨されてたわけじゃないけど、会社のホームページを任せてもらったときは
大変なぐらい時間がなくて持ち帰ってやってました。
コンプライアンス的にあかんヤツですが、問題ないものだけ持ち帰って。

いろんな職場回ってみると、全然違うよね。

最初の会社は、お金はすごくありました。薬品関係だったから。
給料も良くて休みもあって、旅行もあって。海外旅行もありました。(行けてないけど)
ボーナスも、退職金も、3年勤めただけなのにたくさん出してもらえて、今じゃ夢のようです。
勤続10年20年は当たり前で、超のつくホワイト企業だったと今も思います。
事情あって問題が起きて、メンタルおかしくして自分追い込んで働けなくなりましたが。
私が退職した後は「本社が対応」してくれたようなので、もうそれでいいと思うことにしたけど、もっと早く上の人に打ち明けていれば…そして何事もなければ…まだずっと働きたかったな〜って思う職場です。
商品について勉強するのも楽しかったから。

二回目は短期で商品の検品の仕事へ。
前職の影響で倉庫作業も好きになってたから、商品をピッキングして端末で検品していく仕事です。
力仕事多かったせいか首がヘルニアになって1カ月で辞めちゃったけど
人間関係がよくてたくさん働いても全然しんどくならない職場でした(´∀`)
だけど、そのとき付いてたハローワークの担当の人に1カ月ぶりに会った時、
「こんな仕事行ってたけど辞めちゃった」っていうと、
「ほら見なさい!あなたは力仕事向いてないのよ!」って怒られた。

そのあとは就職活動だったりまた悪化したりで半年以上無職だったけど、
今のスーパーは少し楽しい。

まだ慣れてないせいか忙しい時は息を整えられない位忙しいから、
辛いときは辛い(-_-;)
人に見られながらする仕事なので…焦るときもあるし…。

ただ、いろいろ悩んでもすぐに聞ける人達はたくさんいるし、
自立支援の担当もついてくれてるので打ち明けられる人がいるのはすごく助かる。
前職のショックが大きすぎて、SNSはとことん消してしまったので
すぐ話せる人もいないから(;´∀`)

人生いろいろあるけど、「焦らない」「諦めない」でどうにかなるもんだって思った。
焦ってもダメだし、諦めて投げ出してもダメだし。

のほほんとがんばります。

半年後。

September 28 [Thu], 2017, 22:04
お久しぶりです。
いつも同じ事言うけど、本当に何年越し?

とりあえず、治ったと思ったら治りきってなくて再発してしまい、また治療に。
途中で貯金も尽き、仕事しなきゃーと思うのに働けない状態で益々悪化してしまいましたが、今は市の自立支援サポートを受けて、2か月前かな。パートにこぎつけました。

事情を知った上で雇ってくれてるので、安心感半端ないんです。
無理しなくて良いし。
助かります。勤務日時わがまま言いたい放題で申し訳ないけど、本当に助かってます。

働くって楽しいって久しぶりに思えた。

地元のスーパーのレジやってます。
なんとか成り立ってます。
というか、営業事務の経験と商品検品の経験がものすごく役に立って嬉しい。

まだまだこれからだけど
少しずつ社会復帰してるよっていう近況でした。

残ってるものだなぁ…

March 30 [Thu], 2017, 9:54
もう2017年ですよ〜
このブログもずっと残ってるものだなぁ(笑)

現在無職であります。
仕事楽しくて仕方ない!っていう、まさに「これからなのに」というタイミングです。
営業事務を3年と少し勤めましたが退職して、体調治すことに半年かけて、
昨年末から再就職目指して頑張ってます。

同時応募も何度も考えたけど器用にできなくて、
1社ずつ探して応募してというスタンスです。

仕事から離れた期間が長くなって、物事を前向きに語れなくなっててことごとく、です。
10社応募当たり前!と聞いていても「お祈り」頂くのは辛い…。
アルバイトやパートでリハビリ勤務した方がいいのかなぁ…と思い始めました。

前と同じように働いてはいけませんが、
前と同じように楽しく、自主的にバリバリ仕事がしたいです(*´ω`*)

貯金が尽きるので、どちらにしても働かねば。

お仕事探してきますヽ(´∀`)ノ
ヤプログ!PR
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウントダウン☆






ウチがよく行くブログ«リンク集»
殆ど無断リンクなので、外して欲しい方はコメント欄にお願いします。
Other


RSS feed meter for http://yaplog.jp/sapphire_star/

ブログパーツ