あっ゛ 

2006年09月27日(水) 23時12分
せっかく書いた日記を保存し忘れてしまった。
かなり長文書いたのに、ちょっとやる気失うわぁ〜(-_-;)


ダーリンとはあれから連絡をとっていない。
きっと出張にいった頃だと思う。


出張に行ったばかりの時は あまり連絡を取らないようにしている。

やっぱり彼は仕事に対してハンパない責任感もあるだろうし 不安も抱えているのも知ってる。

仕事に関して「俺の仕事は毎日爆弾抱えてるような不安がある。」と言った事を言ってて

「そんな大げさなぁ〜」なんて思ってた。

だけど 私は今から思えば想像力が足りなかったと思う。

私には刺青は入ってないけれど もし入れるとしたら 刺青師に何を望むだろうか?

人が一生背負っていく体に、自分が刺青を入れると言うのはどんな気持ちだろうか?

想像して行くだけで かなりの重みを感じてしまう事に気が付いた。

それなのに いつも笑って 落ち着いている彼を心から尊敬している。

だから出張行ってるときは いつも落ち着いて連絡くるまで待っている。

明日か明後日には連絡来そうだけどなぁ〜(o^-^o)



ダーリンが東京に いないと 私自身やっぱりプライベートでも仕事が中心になりすぎる部分がある。

だから やっぱり遊ばナイト〜♪って事で社長と六本木へ。

まぁ 本当は毎日のように遊んでますが… (-_-;)

鉄板焼きごちそうになってめっちゃ美味しかった♪♪

本当色んな人にかわいがってもらって幸せだぁ♪♪

さて明日もがんばるぞぉ☆

一人よがり 

2006年09月22日(金) 6時00分
嘘をつく事は嫌いだ。
とても胸が痛い。

だけど正直に生きていくことだけが全てではないと思う。

だけど自分に都合のよいように嘘をついたりするのは良くないとは思う。

だけど本当にそこが自分にとって大事な場所であったりすれば そこを傷つけたくなく、全てが丸く収まるように なるのならばと嘘をつく自分がいたりする。

矛盾という言葉はまさに自分を考えさせるけれど、何だって簡単に考えれば動機はみんなと自分が大事だから仕方ないか。と思うこのごろ。

話変わって、今日はダーリンとプチバトル。
あたしの機嫌が悪かったのもあるけど、あたしの友達の事をダーリンが悪く言ったからだ。

それに加えて後ろで女の声がキャーキャー聞こえてたので(ほぉ〜仕事大変と言うわりには遊んでんじゃん!)って感じで 電話をすぐ切った。

それから数時間後に電話がかかって出るかどうしようか悩んだ。


出たらとりあえず謝ってくれたから心は穏やかになったけどなにかにつけて あたしは絡んでしまった。


「怒るボーダーラインはお前が勝手に引いてんだよ?それが俺には分からね〜とこもあるからさぁ。だからそうやってカリカリしたらよくね〜よ、そんなとこ直して行こうね。お前の小ささは顔にでちゃうから、お前は大きい人であって欲しいし。」

素直に反省。

今日は明らかにあたしがダダッコだった。

「あたしのいいとこなに?」
急に聞きたくなった。
自分が情けなく思えたからなのか ダーリンからの口からいいところを聞きかったのかは分からない。てか両方だと思ぅ。

「外面も内面もかわいいし 優しいし 癒してくれるし、 他にも一杯あるよ。」って言ってくれた。

凄く満たされた気持ちになった。

元々は自信なんかない性格なのに経験から自信を持って生きれるようにはなっている。

だけどふと 自分にはこの人は勿体無いし まだまだ自分を成長させなきゃいけないと思う。

それももちろん大事だけど 素直に、いい事を言ってくれてるなら 自分でも自分を誉めたい って思えた。

自分を愛する事
人を愛する事

怖くて臆病だから真っ直ぐに見れない時がある。弱くて脆い心を少しでも 成長させることが出来たらいいな。
悲しみ痛みに鈍感になるんではなく それを愛のパワーや 優しさに変えていける力にしたい。

本当に彼はあたしに色んな事を教えてくれるかけがえのない人なんだなぁと思った1日でした。

癒し 

2006年09月18日(月) 5時48分
さっきダーリンからのTel。


「何してたぁ?」

「陶芸の作品作ってたぁ」

「そかそか なんか癒されて〜と思って」

「はは なんで?絵はできたの?」

「おぅ〜もちろんね〜!ばっちりだよ」


ほっとしたo(^-^)o
安心した〜


「よかったじゃん、何でもできんだもんね!」

「う〜ん、面白い話してぇ〜面白い事あったぁ?」って言うから

「面白い事は沢山あるけど そう言われたらすぐ思いつかないしぃ〜」って言った。


「なぁんだよ、それ〜」

「だって会えたときや話してるときが一番おもしろいし」

「俺は面白いっていうよりときめいてんだしぃ」

ドキッとさせる事を言ってくれる。

「そりゃもちろんだよ」

飽きずにそんな事ばかり言ってる。

付き合ったらそんなのもなくなるかも知れないとも思ってたけど、最近はもし付き合っても こういう雰囲気は崩さない努力をしようと思った。

ダーリンは出会ったころからそうゆう嬉しいことを沢山言ってくれた。

だけど半年くらい前からパッタリ‘すき’なんて言わなくなった。
あたしが気持ちを聞いても はぐらかしたり 喧嘩もしょっちゅうだった。

4ヶ月まえに ひどい喧嘩をした。

きっかけはダーリンの友達が、あたしには彼の悪口を言ってきて、彼には私の事について あることないことを言った事だった。

彼は1ヶ月半、私の電話には出なかった。


ようやくかかってきた電話で、その事を告げられ、私は訳も分からず、とりあえず誤解だと言っても信じてくれないダーリンに「もう 連絡もしないから、さよなら」と告げた。まぁ私たちは今まで、何回こんな事を言っていたのか分からないけど 今回は本当に最後だと思った。だって、初めて彼の口から‘嫌い’って言葉がでたからだった。

一ヶ月して 彼からの着信。迷わず出た、

「何か気持ち変わった?」

「残念ながら、私の気持ちは なにも変わってない。好きなもんは好きだし。さよならを言っても気持ち的にさよならはしてなかったよ。」

誤解が解けたのか彼は優しくなって 前あんなに怒って私に言ったことを恥じてる様子だった。

それからやっとまたいまみたいな状況に回復した。

今までだって沢山の壁乗り越えてきた。これからだって 乗り越えていけると思う。

今日だって癒されたから寝るって言ったけど、私が癒されてるんだよ!(o^-^o)

リラーックス 

2006年09月17日(日) 4時07分
今日は社長と新しいお店の打ち合わせをして、
瀬田温泉に行ってその後、焼肉を食べてマッサージにつれて行ってもらった。

最近、仕事のことで少し頭を使っていたのでちょいとリラックスって事で。

せっかちなので、色々なことの先の先まで考えて、不安になったりすることもある。

「本当にうまくいくんだろうか?」

「いやこうやれば絶対うまくいくだろう。」なんて、すぐ思い直すようにはしているんだけど。


何かを新しくやるというのは、期待や夢が沢山で 楽しい反面、
やるべきことが多すぎて大変なのと、不安も抱えるものだ。


小心者の自分に任されたことを大きく受け止めすぎてつぶれそうにもなる。

でも みんな頑張ってるし、私にも絶対できる。

期待に答えたいし、それ以上にやれたらいいなんていつも思うけど、それが自分によくも悪くもプレッシャーになっている。

でも 楽しんでやることが1番だと思っている。

だけど、最近はなんとなく うまく楽しめてなかったような気もする。

それで 今日リラックスの旅。


社長は本当にでかい人であたしが弱音をはいてる感じだと、分かった上でしかってくれる。

そこで私の悪いとこもいいとこも自己反省できる。



27歳。

まだまだのくせに、生意気なことを言っている自分に気づかせてくれるのは、そういう大人がいるからだとも思う。


無理しない。

考えすぎない。

色んなひとを見てると私の自分の中を覗いてるようでよく分かる。

また リフレッシュして 仕事に精をだそう。


みんなとうまくやれるように、自分を成長させてがんばろう。


最近 

2006年09月16日(土) 3時50分
体が妙に疲れる・・眠気がすごい

夕方ダーリンからTELあり。

夕方なんてめずらしぃ〜〜〜〜〜。。

この前 あのあともう1回電話かかって すぐ切れてかかってこなかった。

その後しばらくしてかけ直したらでなくて伝言になったので

「あの〜なんでちゃんとかけ直せない訳〜〜〜??」って冗談で入れてた。

それについて「怒ってる〜〜??」だなんて。なんてかわいい。

「そんなことでいちいち怒ってたら、あなたを好きでなんていれないでしょ!」

なぁんて言いながら 色々と話していたら、

「絵かかなきゃいけね〜のにかけね〜んだ。
お前にも会いたいのにここで会うわけにはいかね〜し。。
だけど絵がかけねぇんだよ」

なんて珍しく弱気な発言。

「絵がかけてね〜から 未だに東京にいるし、出張全部ずれてるしぃ〜」なんて。


「なんで絵 かけない?」 そんなこと彼にわかる訳ないとおもいつつ聞いてみた。

「色々あんだろ、ほらお前のこと考えちゃったりとか・・・俺だってそれに集中できないときだってあんだよ、それに東京にわざわざ戻ってきたのはお前に会えるかな〜と思ったり・・・」

う〜〜〜ん、本当にそんな時あんのか? なんて多少の疑問も持ちつつ

「なにやってもだめな時はあるべ〜〜〜、そんなときは寝て次の日ひらめいたり上手くやれたりするときがあるでしょ〜。あんま無理すんなぁ〜」 と 言った。

「さおり、いいこと言うなぁ〜、でもそんな簡単じゃないんだよ〜」

まぁそうだろう

彼が絵が描けないって言ったのは初めてだった。

前に一度HIPHOPのイベントのデザインを受けてたときに「アイデアがおもいつかね〜」とは聞いたことはあったけど、あたしがひらめいたものを彼は気に入ってデザインしたみたいで その時はすぐ解決した。

いつも「絵を描かなきゃ」というのは聞いた事があったけど、今回は本当に深刻だと思った。

おそらく東京に帰ってきたとき(2週間前から )やり始めているのに出来てないみたいだった。

あたしの胸も痛くなったけど後からメールで

「ダメなときもあるよ!いい時もあんだから仕方ない。悪いときこそ、色々考えたり今まで事を見直したりできて 超よいものが出来たりすることもあるし。あたしは応援してるし上手くいきように祈ってるし、大丈夫だよ!」



「大丈夫」なんて無責任な言葉の気がして 打つか打たないか 考えた。

だけど、私はこの根拠のない言葉にどれだけ励まされたり、助けられたか分からない。

それに、私は彼を大丈夫だと信じているこどには変わりはない。

だから「大丈夫」と言ってみた。


上手く伝わりますように・・・・・。

さらに素晴らしい絵が描けますように・・・。

祈るしかできないけど精一杯の気持ちよ!届け!









映画 

2006年09月14日(木) 3時57分
「誰も知らない」と 「マザーテレサ」を借りた。

「誰も知らない」は足立区で本当にあった事件らしく 子供を置いて母がいなくなるという 実話のもとに作られた映画らしい。


この子供たちは 私と同じ位の年頃だろう。
社会から隔離され 親からも見捨てられ 生きていくということは想像を絶する生活だと思う。

映画では母親は愛らしい人に描かれてたが、それはあくまで子供の親であって、そんな親でも子供からみれば愛すべき親だという視点から配慮されたのではないかと思った。


子供たちがまっすぐ生きて行こうとする姿、 正しい教育がされてないために 起こる事件。

この映画は賛否両論かも知れないが 事実を 知ることやそこから感じて 考えさせられることが備わっていた。

そして「マザーテレサ」

この人の事は名前しか知らなかった。映画が全てを物語っている訳ではないと思うけど、衝撃を受けた。


本当に美しい人だと思った。人の為、町の為だけに生きる。


熱心なキリスト教信者な上にイエスの声を聞いた、だから彼女は立ち上がった。

本当に神の声を聞いたんだろうとも思うし、彼女の信念がそうさせたものもあるかも知れないけれど、ここまで奉仕の道を生きて行くと言う事は、世界に何人いるだろうか…。

過去の英雄たちも、やはり自分の信念の強い人たちが歴史を変えてきたんだと思う。

よくも悪くも。


2つの映画とも知識とは計算ができることも必要だけど 色んな事件や歴史を知っていくことだと思わされた。


そして 今の自分にできること。


誰も知らない の様な生活を送る訳でもなく マザーテレサのように今の生活を捨てて 奉仕活動もできる訳でもなく そんな信念ももてない。

残念ながら欲もたくさんあり 自分のやりたい事もまだまだだと思ってる。

けれど 先ずは みじかな人の健康や幸せを心より祈ることならできると思う。


ひとりひとりのそういう思いがつながっていけば凄く大きな愛になって、色んな問題も解決するんじゃないかなと思う。


ファミリー ダーリン フレンズ いつも助けてくれる人びと。
みんな愛してます。

このブログに訪れてきてくれた方も何かの縁だと思います。だからみなさんの 幸せも祈ります。 きっと良いことありますよ…☆

朝方に‥ 

2006年09月13日(水) 6時22分
ダーリンから電話。

「何してんの?」って明らかに酔っ払い電話。

ダーツバーに居ると説明した。

何か今日は様子が違った。

男の子たちと遊んでると思ったらしく プチジェラシーなのか

「さおりはもてるもんね、付き合ったら心配だよぉ〜」なんて言っている。

ちょっと嬉しいような気分だけど 正直言って 心配なのはこっちだ。

彼は本当にモテる人で、一緒に遊びに行ってても 色んな女の子から 話しかけられたりしてるのを見て 何度 さみしい気持ちになった事か‥(>_<)

「自分だって女の子にキャーキャーいわれていつも嬉しそうじゃん」

「まぁね〜!」だって(>_<)


彼が魅力的な人だからと精一杯なぐさめて テンションあげてるのに‥

「別にいーよ、あなたが他の人と仲良くしようが何をしようが 私は言う権利もないし。」

「最後は自分のとこに戻って来るって思ってるんでしょ?」

「う〜ん、勝手にそう思ってる 所はあるけど 実際は分からないし 好きにすればいいよ。」

これは本当に正直な気持ちだった。
よく私達の関係をみて周りは‘絶対、男は遊んでるよ’って言う。
それが本当か嘘かは分からないが 彼は

「おめぇしかいるわけね〜だろっ」って言う。

それは やっぱりあたしにそう思わせたいという気持ちから 言うのだろうし 愛情を感じるから あたしは嘘でも信じてあげたいと思う。

そして今回も

「俺はおめぇがいいんだよ!だけど おめぇの気持ちが分からないから… そのうち付き合いたいとは思ってんだよ!」


う〜ん、とても嬉しい。付き合うと言うことが 私達にとっては 何も意味をなさない気もするし、そんなに良い変化もあるのか あたしには 分からない。
だけどダーリンの中でそれは大きなことと捉えてて、何かの変化になるのかも知れないと思ったら 凄い嬉しかった。

だけど 最近 あたしはダーリンの前で 彼の友達(地位や名誉財産があるのにホントに素朴な人)をほめまくっていた。

ダーリンはそれで寂しい思いをしたらしい〜。あたしの気持ちがよく分からないと思ったみたい。

なんとなく気がついたから

「何言ってんの、あたしにはダーリンしかいないしぃ〜」

この一言で彼は安心して おやすみになりました。

ホントにややこしい人だけど めっちゃかわいい☆もっと男心を分かってあげたいな☆

PRIDE 

2006年09月11日(月) 5時52分
今日はPRIDEのチケットをもらったから友達を誘って埼玉スーパーアリーナへ行った☆

あまりPRIDEのことは詳しくないのだけど ミルコがまぁまぁ好きだから楽しみにして行った。


近くでみるとやっぱり怖かったm(__)m血とか凄いし‥
だけど選手はやっぱりたくましくてかっこいい☆☆


バーベキュー 

2006年09月10日(日) 3時40分
今日は友達と朝からたまがわでバーベキューをした。暑かった〜!!



テントも張らず かんかんでりの中 ちょいと日に焼けた‥。


てんこもりの肉 野菜‥ 買い込みすぎたなぁ〜(>_<)


でもすんごい美味しかったし、キャッチボールもやったしめちゃめちゃ楽しかった〜☆☆

バーベキューを終えてから 渋谷へ移動。


友達の友達のライブを見に行った。

なかなか楽しかった‥m(__)m(笑)


そして三茶でご飯食べて中目でカラオケ〜うどんを食べに行ってさっき帰宅。


超楽しかったけどすんごい疲れた!今日はよく眠れそう(-.-)Zzz

ヘアモデル 

2006年09月07日(木) 4時00分
今日は代々木に友達の美容師のところにカットモデルで行った。


今までエクステを付けていたのでそれを外して カットとカラーをやってもらった。


かなりすっきりして22〜23歳 くらいの時の髪型に似ている(笑)

なんか懐かしい‥



皆びっくりするだろうなぁ〜〜!



美容院終わって餃子やへ。

いつもご飯食べ終わって簡単なゲームをやって 支払いを決めるんだけど 案の定 負け(笑)

だけど 明日ロトあてるぞぉ〜♪♪
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像saori
» 冷静と情熱の間 (2006年08月31日)
アイコン画像kao
» 冷静と情熱の間 (2006年08月31日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saori1108
読者になる
Yapme!一覧
読者になる