あたらしく 

July 04 [Mon], 2016, 12:00


こんにちは。

夏が近づいてきましたね。
お久しぶりです。お元気ですか?

わたしはいろいろなことがありました。
大事な人たちの死と、旅先での再会。
いろいろを通過して、気づいたことがあります。

いろいろな人がいて、いろいろな考えがあって。
当たり前なことなんて、ない。

自由でいいんだ。

だれかの、じゃなくて、自分の人生を生きればいい。


1ヶ月くらい前に、久しぶりに旅に出たんです。

空港の、いろんな人がいる感じ、やっぱり好きです。
みんな違って、みんないい。

どこかに出発する「いってきます」、帰ってくる「ただいま」、
飛行機って、思いも乗せてるなって思いました。すてきだ。


いまの、自由な気持ちを忘れたくなくて、
新しくブログというか、メモのようなものはじめました。

https://saorix.tumblr.com/

これからは、こちらに↑なにか書いていきたいと思います★

今まで、読んでくれてありがとうございました。
またお付き合いいただけると、幸いです。

では、また。
Be Free,Be Happy!

2016.7.4 Mon 今村沙緒里










出逢えてよかった。 

May 28 [Sat], 2016, 8:45


おはようございます。

昨日は雨でしたが、気持ちのいい季節ですね。

5月ってすきなんです。

新緑のカーテン。心地いい風。やさしい光。
鳥の声。樹々たち。陽射し。空。月。

自然の生命力を、一番感じる季節な気がします。

新年度の疲れがでたり、ちょっと切なかったり、落ち込むこともありますが、生きることを実感できて、大きな自然に、元気をもらってます。

写真は、朝の月。朝の月って神秘的で、素敵です。
はじまりの感じがあって、未来を楽しもうって思いました。




演劇の恩師である蜷川幸雄さんが逝ってしまいました。

わたしにとってはじめての演出家であり、最高にかっこいい人でした。

蜷川さんとの出逢いで、演劇をはじめて、わたしの人生は変わりました。

9年前、舞台『コリオレイナス』を観て、俳優さんの演技はもちろん、
舞台美術、照明、音楽、衣装、殺陣、すべての美しさ、スケールの大きさに圧倒されました。魂が揺さぶられました。しばらく客席から立てなかった。

蜷川幸雄さんって、どんな人なんだろう?会ってみたい。

その衝動で、ちらしに入っていた二ナガワスタジオのオーディションを受けました。自分がまさか、女優になるなんて思わなかった。

出会った頃のこと、たくさんの言葉たち、精神、情熱、美しさ、怒り、孤独、欲望、勇気、厳しさと優しさ、そして大きな愛情を教わりました。思い出します。

つねに演劇と、社会と、世界と、真剣に向き合う姿、心から尊敬してました。いっぱい怒られたけど、喧嘩したりもしたけれど、大好きでした。

お前の血液は透明か!
バカ!死んじゃえ!
つまらない女になるな!
スケールのでかい女優になれ!
かっこいい女になれ!

ニナガワスタジオに入ってからの日々は、毎日が勉強でした。

演技のことはもちろん、蜷川さんがどうやって闘ってきたか?生き抜いてきたか?自分とはなにか?稽古を通して、稽古場にいるみんなに、投げかけていた気がします。

魂を揺さぶる、圧倒的な演劇をつくるための、クリエイティブな稽古場。
俳優やスタッフ、職人さんたちの実験の場のような、緊張感と遊びのある、真剣勝負のあの稽古場が、大好きでした。

今は失き、ベニサンスタジオのことも思い出します。
本当に、すべて、大好きでした。
いろいろなことを、思い出します。いろいろなこと。

はじめて蜷川さんの稽古場に入った瞬間、あまりの緊張感と、蜷川さんの鬼気迫る気迫に、「組長みたい」って思った記憶があります。(本当の組長は知りませんが。笑)その時、蜷川さん、裸足でセットに駆け上ったりしてて、かっこよかったんです。

彩の国さいたま芸術劇場の稽古場は、わたしの実家から自転車でがんばれば通える距離でした。わたしは毎日、稽古場に通いました。
第一線で活躍されてる俳優さんたちが役をつくりあげる過程を、時には苦しみながら、時には狂人のような奇跡の瞬間を、見学させてもらったこと、宝物です。

雨の日は、バスで通いました。帰り道を歩いていると、後ろから蜷川さんがベンツを運転しながら「乗ってくか?」っておっしゃるんです。最初はびっくりしましたが、「はい」って言って助手席に座ると、車を止めるんです。

「どんな映画が好きなんだ?」とか「なにに影響を受けたんだ?」とか、いろいろな話をしました。蜷川さんは稽古の後、よく映画をみていて、つねに勉強していました。その姿勢、すごいなって思いました。そして、若者がなにを考えているのか?とか、関わろうとしてくれているのが、うれしかった記憶があります。

稽古場ではこわかったけど、話しかけるなオーラ満載だったけど、普段の蜷川さんは、やさしくて、勉強家で、スーパー照れ屋な方でした。そんな方が、あの大人数の人たちと毎日向き合っていたのはすごいことだなって思います。蜷川幸雄を演じていたのかなって思います。

だから、消えてしまいたくなるようなひどい罵倒を受けても、辛いことがあっても、その根っこには愛情があるから、大丈夫でした。

わたしは演技の経験がなかったので、とにかく舞台に立ちたい、現場で仕事がしたい、と思いました。でも当時は、他の舞台に出ると、クビになってしまいました。

どうしよう?でもやるしかない!って思って、蜷川さんが稽古場に入る前に、朝から入り待ちをして伝えた気がします。ひと言「わかった」。勇気や誠実であることを教えてもらった気がします。

よく、稽古場も見学させてもらいました。
自分がその時向き合ってる仕事のこと、悩んでることへのヒントや、いつも変わらず愛情のある稽古場に、うれしくなって、わたしは元気をもらっていた気がします。

蜷川さんの体調が崩れた時は、だれかが連絡をくれたり、時々稽古場でお会いしたので、状況は知っていましたが、覚悟はしてたつもりですが、やっぱり、ショックでした。さみしかった。

ニナガワスタジオの先輩でもある松重豊さんにメールをしたら、かえってきたメールが、よくわからないけど、すごくわかる内容で、えーん、えーん泣きました。子供みたいに。

わたしがこんな気持ちなのだから、多くの俳優さんや、先輩たち、関わってきた方々は、もっと辛いと思います。心配して連絡をくれたり、飲みに連れていってくれたり、ありがとうございました*
教えてもらったこと、関われたことを、大切に、宝ものとして、生きていきます。

傷ついたこともいっぱいあるけど、笑っちゃうおもしろいエピソードの方がたくさんあって、楽しかったな、しあわせだったなって思います。


お通夜とお葬式に参列し、最期にご挨拶してきました。

蜷川組の俳優さん、先輩たち、スタッフさん、仲間たちにたくさんお会いしました。
会った瞬間、目が合った瞬間に思いがわかったり、共有したり、抱き合ったり、握手したり。なんだか、すごい、つながりを感じました。やっぱりこの方達、大好きだなって思いました。

蜷川さんを中心に、みんな、つながってる。すごいね。
蜷川さんのおかげで、たくさんの方とも出逢うことができました。
みんな、蜷川さんのことが大好きでした。

失ってはじめて、大きさに気づくんだなって思います。

人生って思い通りにはいかないけど、なにかに挑戦したり、やってみたら、必要なものが見えてくる気がします。

遠回りだなって思うけど、その時こそ、成長できるタイミングです。


関わることを恐れるな。

かっこいい女になれ。忘れないよ。

同じ時代に生きることができて、出逢えて、よかったなって思います。
ただただ、感謝です。また、いつか、出逢いましょう。

たくさん、ありがとうございました。今村沙緒里



きっと、みてますね。かっこいい人間になれるように、がんばります!















人間が、いい。 

April 21 [Thu], 2016, 11:38


おはようございます。

今日は、ちょっとお天気悪いみたいですね。

さくらが美しく散って、新緑が、ぐんぐん芽をだしてきてます。
自然っていいな、無限だなぁって思います。

そんな中、熊本や九州で起こってしまった大地震、本当に、心配です。
今もたくさんの余震が続く中で、不安な毎日だと思います。
これ以上、亡くなる方や、被害が大きくなりませんように。

少しでも早く、安心して、ゆっくり、眠れる日がきますように。
お風呂に入れますように。あたたかいご飯が食べれますように。

大切な人と、一緒にいられますように。

亡くなってしまった方、ご家族、被害にあわれた方々に、
心よりお悔やみ申し上げます。


人生って、本当に、いろいろなことがあります。

前のブログにも書いたけど、素敵だなって思っている方が亡くなったり、東日本大震災からは、5年の月日が経ちました。
今は、熊本や九州で大地震が起こって、とても大変な状況で・・。

いつ、なにが起こるかなんて、本当に分からない。
だからこそ、大切な人たちとは一緒にいたいし、伝えたいし、
大切にしたいなって思います。


最近は、決めなきゃいけないこと、考えなきゃいけないことが多すぎて、くらくらしてたけど、一段落してきました。
あたらしい、いろいろに向けて、今は楽しみです*

くらくらしながらも、休みの日は時間を合わせて、大切な人たちと会ったりしてました。




映画『橙と群青』で、姉妹役を演じた中村朝佳と久しぶりに会いました。

はじめて会った時から、お互い自然で、本当に姉妹みたいで。
いろいろが似てるのかな。好きなものや考え方とか、顔も。笑 

久々に会った瞬間からあたたかくて、いろんな話をしてくれて。
「やっぱりつながってる〜!」ってケラケラ笑いながら。アサカのお気に入りの喫茶店での時間が、空気が、とっても居心地よかった。

笑顔がすごく、かわいい。ほっとする。

アサカには田植えにも連れて行ってもらいました。楽しかったな〜。お互い昔からあるものや、自然や田んぼが大好きで、今年も行きたいねって。撮影でお世話になった新潟や長岡も、懐かしいです。長岡の花火大会も行きたいな。お世話になった方々にも、会いたいです。

彼女は、いつも私を認めてくれて、可能性を信じてくれてて。
サオリならなんでもできるって言ってくれる。とってもありがたいんだ。
ぜーんぶを、肯定してくれる。そんな時、お姉ちゃんみたいって思う。

そして、わたしも同じくらい、アサカを信じてる。し、好き。
一緒にいる時も、お芝居も、感性も、弱さを見せてくれる時も、笑顔も。

いろいろ面白いこと一緒にしようね。
妹、時々姉よ。これからもよろしくね*




新潟の田んぼ。棚田。水面にうつる空がすき。また行きたいなー。



こんな写真もでてきました。『橙と群青』の撮影前。それぞれうける。笑
マネージャー森さん、助監督島田さん、うつむきアサカ、ユウキチ。

右端のもう1人の共演者、小林ユウキチにも会いました。

今は、春風亭きいち。落語家です。

ユウキチとは、撮影の休みが一緒で、よくいろんな話をしました。

まっすぐな目をしてて、いつも空気が澄んでる。
好き嫌いが激しいけど、正直だから信用できる。すごくシンプルな生き方をしてる男です。

彼は落語が好きで、家で落語会というのをやっていて、それに誘ってくれてから仲良くなりました。

毎回、ユウキチの友達やご両親も来たり、親戚みたいな集まりで。わいわい楽しかったけど、段々、彼が落語と真剣に向き合っていく姿をみて、将来楽しみだなって思いました。

ある夜、「落語家になる」って電話がかかってきて、わたしは外にいて、満月で、すごくいいなって思った記憶があります。「役者と両方やれば?」って言ったら、「いや、できない」って言ってて。そりゃ、そうだよね。
(でも、すごくいいお芝居するから、いつか両方やってほしい*)

今は、春風亭一之輔さんの一番弟子です。門前払いされたりしながらね。素敵なお師匠さんや先輩に囲まれて、なんだかとても成長してて、きらきらしてました。落語をききに行くのが、本当に楽しみです!

アサカとユウキチはどこか似てて。
まっすぐ。だから、傷つきやすい、けど純粋。ちょっと生意気、そこがかわいい。負けない。信頼できる。人見知りだけど、懐に入ると人をすごく大事にする。一生懸命絞り出すストイックさと、やさしさ、男気、2人が生み出す表現とか、アプローチの仕方が、すきなんです。

会った時は、ほとんどお芝居の話をしないし、家族の話とか、人生とか、いろいろな相談をします。お互いの背中を、ひょいって押します。できるぞって。
家族のような、同志のような、大切な存在です。

2人が、わたしのことを好きでいてくれる以上に、わたしも2人が好きなんです。と、伝えたい。なんだそれ。笑 これからもよろしくね★



新潟、長岡の空。無限のそら。橙と群青。




先日、お母さんの60歳の誕生日をお祝いしました。
あけみさん、誕生日おめでとう*還暦! 

わたしのお母さんは、とってもふわっとしてて。笑 ちょっと天然なのですが、時々、すごく的を得たことを言うので、心強いんです。そして、いつも、どんな時も、やさしい。本当に尊敬してます。元気でいてね。


コバさん夫婦のお店、OTTOで、お祝いランチをしました。
コバさんは、わたしがお芝居をはじめた頃に、アルバイトしていたワイアードキッチンのシェフでした。ぜーんぶ、おいしいかった!



ワイアードのみんなとも、OTTOで、久ーしぶりに再会しました*

お芝居でわたしがバイトにでれない時期があっても、店長のイガさんもみんな応援してくれて、すごくありがたい環境で働かせてもらってました。

今もワイアードで働いてたり、スタッフ同士で結婚して香川で農業してたり、赤ちゃん産んでたり、いろいろ。みんなはね、本当に、素直でやさしいんだ。仕事もできて、かわいくて、久しぶりに会っても変わらなくて、本当に元気でました!

モモがね、「みんな、それぞれの場所でがんばろう」って言ってて。それがすごくいいなって思いました。環境や状況、仕事は違うけど、がんばって、また元気にごはん食べようねって約束しました。


**ようこちゃんの家に、はじめて、泊まっちゃいました。

夜はゆっくりおいしいごはんを食べて、お酒飲んで、おしゃべりして。

ちょっと酔っぱらって、ベッドで寝る直前の時間が、すきです。
無防備で、リラックスして、安心する。気持ちいい瞬間。



朝、足の方から、そーっと布団に入ってきたケンシローをみて、ようこママに「彼氏か!」ってつっこまれたら、この顔。笑 かわいすぎるから。

ケンちゃんもサクラさんもスーパーかわいいんだ。2人の子供を自由に、礼儀正しく、明るく育ててるようこちゃんを、いつもすごいなって思う。

だって人間2人の根っこの部分を育ててるんでしょ。正解はないし、ママをみて育っていくんだよね。わたしも、いつだって応援してますから*


そんな人たちに支えられながら、まだ書ききれないけど、その時間の積み重ねが、元気の源で、わたしの"今"になっています。いつも、いつも、本当にありがとう。感謝してるし、これからもよろしくお願いしたいです★


それでね、当たり前のことなのかもしれないけど、
"人間がいい"って大切だなって思って。
年齢とか、国とか、どんな仕事をしてるか、とか関係なく。

人間性とか、雰囲気とか、思いやりとか、品とか、
男気とかひっくるめて、ぜんぶの、人間が、いい。

仲良しのご近所さんにその話をしたら、「それでしかないから!」って言われて。
「唐突すぎる」って今回も言われるかなって思ったら、包まれちゃいました。びっくりしたけど、更にすきになりました。笑 



春は、はじまりの季節ですね。リラックス、Tenko。

いろいろな変化は大変だし、ちょっと勇気がいるけど、
でも、それを乗りこえると、また新しい世界が広がる気がします。

さくらでご縁がはじまり、新緑でどんどん育っていく。

長い付き合いの方も、これからはじまっていく方も、一緒に楽しい時間を共有していきたいなって思います。あ、いいな、を大切に。
会った瞬間のうれしさとか、温度が上がる感じとか、信じる、とか。

また長くなっちゃった。笑 
最近思ったこと、感謝の気持ち、書いてみました。ブログ再開します☆

体調に気をつけて、良い1日を!






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:今村沙緒里
  • アイコン画像 誕生日:1月13日
読者になる
こんにちは。はじめまして。
今村沙緒里です。


オフィシャルホームページです★
SAORI IMAMURA
OFFICIAL WEBSITE

http://saorix.jimdo.com/


あたらしいブログ、MEMOです★
SAORI IMAMURA MEMO
https://saorix.tumblr.com/


【出演情報】

・言葉と音の実験室 Vol.5
言葉:今村沙緒里×音:内橋和久

ーキッチンー 作:吉本ばなな

2016年2月29日(月)
19:00開場 19:30開演
@ポスターハリスギャラリー(渋谷)
http://posterharis.com/
予約2500円/当日3000円

*公演終了しました!
4年に1度の閏年の日に、ありがとうございました★


・映画『犬に名前をつける日』

監督・脚本・プロデューサー:山田あかね
出演:小林聡美 渋谷昶子 ちばわん 犬猫みなしご救援隊 上川隆也ほか

HP:http://www.inu-namae.com/

10月31日シネスイッチ銀座ほか
全国ロードショー!

名前のない犬たちと、彼らを救い出す人々を描いた、感動のドキュメンタリードラマです。ぜひ、映画館で、ご覧ください*


・ 越のルビー音楽祭 
『ピアノと短歌(うた)でつづるコンサート』

第1部 短歌 × ピアノ × 映像
『季節のめぐり、福井のめぐり』

原作:俵万智 作曲:笠松泰洋
映像:須藤カンジ 朗読:今村沙緒里
ピアノ:徳永雄紀

第2部 ピアノ名曲ステージ
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
デュカス:魔法使いの弟子
ピアノ:川村文雄 大宅さおり

日時:2015年8月3日(月)
開場:18:00 開演:18:30
場所:美浜町 なびあすホール

日時:2015年8月2日(日)
開場:14:15 開演:15:00
場所:ハーモニーホールふくい
http://www.hhf.jp/www/hhf/index.jsp

公演、無事に終了しました!
沢山のお客様ありがとうございました*


・テレビ
WOWOW 日曜オリジナルドラマ

2015年4月19日(日)22:00〜

『連続ドラマW スケープゴート』第2話

http://www.wowow.co.jp/dramaw/scapegoat/

・テレビ 
NHK BSプレミアムドラマ

2015年3月15日(日)22:00〜23:00

『461個の"ありがとう"〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜』

http://www4.nhk.or.jp/P3435/x/2015-03-15/10/26863/

・映画『橙と群青』

上映日程:3月28日(土)19:00〜
上映会場:淀川文化創造館 シアターセブン
MOVIE LOVERS vol.12:http://www.artcomplex.net/ml/

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=mQjhWdX3Fck

・言葉と音の実験室 Vol.4
言葉:今村沙緒里×音:内橋和久

ー薬指の標本ー 作:小川洋子

2015年3月7日(土)
19:00開場 19:30開演
@ポスターハリスギャラリー
前売り:2500円 当日:3000円

http://posterharis.com

*公演終了しました。
ありがとうございました!

【掲載情報】

・写真家ハービー・山口さんのエッセイ集 『雲の上はいつも青空 Scene2』に掲載されています!

http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=7134

『雲の上はいつも青空 Scene2』
2014年10月31日発売 玄光社
価格:本体2,300円+税

【出演情報】

・MV『ねぇ、タクシー』が第六回下北沢映画祭にて上映されます!

http://www.youtube.com/watch?v=SrpolKOdBds

作詞・作曲 前野健太
監督: 松江哲明
撮影: 近藤龍人
編集: 今井大介(jay film)
出演: 今村沙緒里

第六回下北沢映画祭: http://shimokitafilm.com/archives/320
*Aプログラム* 
シモキタJUNCTION 〜ここが音とアニメと映画の交差点〜

上映日程:10月11日(土) 17:00〜(開場16:30)
上映会場:下北沢THREE(2500円+1drink )


・テレビ NHK Eテレ『0655』

おはようソング 『きょうの選択』MV出演 9月〜

『0655』:http://www.nhk.or.jp/e0655/

【更新】

・HP『今日のお相手★』

ゲスト:音楽家の内橋和久さん

第三回最終回
『それぞれが独立して”いいもの”をつくっているか?』
http://saorix.jimdo.com/today-s-partner-%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9B%B8%E6%89%8B/

・映画『橙と群青』

「Kisssh-Kissssssh映画祭2014」にて上映されます!
上映日程:9月20日(土)10:30〜/15:00 9月21日(日)12:45〜
上映会場:向丁自治会館
Kisssh-Kissssssh映画祭2014:http://kisssh-kissssssh.com/

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=mQjhWdX3Fck

『橙と群青』福岡インディペンデント映画祭2014にて「90分ムービー部門グランプリ」を受賞しました!
上映日程:8月10日10時15分〜・8月12日14時〜
会場:福岡アジア美術館
福岡インディペンデント映画祭:
http://fidff.com/

監督・脚本 赤羽健太郎
出演 岸建太朗
   中村朝佳
   小林ユウキチ
   今村沙緒里ほか

・CM『FUJIFILM X-T1写真家ハービー・山口篇』

http://www.youtube.com/watch?v=-4SsxiZllqI


『越のルビー音楽祭 お話とピアノでつづる「音の絵本」コンサート』

日時:2014年8月3日(日)

第1部
朗読×ピアノ×サンドアートによる『リトルピアニスト』
原作:宮下奈都/作曲:笠松泰洋
朗読:今村沙緒里
サンドアート:SILT
ピアノ:仲谷理沙

第2部 ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』
ピアノ:大谷研人、谷口佳奈香

*公演終了しました。ありがとうございました!


『お話とピアノで贈るコンサート』

日時:2014年6月29日(日)

第1部
『ぼくね、ほんとうはね。』
原作:川本真琴
サンドアート:SILT-clarte-【シルト-クラルテ-】
朗読:今村沙緒里
ピアノ:大塚玲子、服部桂奈
監修・構成・作曲・編曲:笠松泰洋

第2部
『2台のピアノと打楽器のためのソナタ/バルトーク』
ピアノ:川村文雄、大宅さおり
パーカッション:山崎智里、平岡愛子

*公演終了しました。ありがとうございました!

・言葉と音の実験室 vol.3
『アイ・アム・アリス!』

文:桑原茂夫
言葉:今村沙緒里 音:内橋和久

2014年6月5日(木)・6日(金)
19:00開場 19:30開演
@ポスターハリスギャラリー
前売り:2500円 当日:3000円

http://posterharis.com/2014_05_Alice.html

*公演終了しました。ありがとうございました!

・言葉と音の実験室 其の弐
『密会』今村沙緒里×内橋和久

ームーンライト・シャドウー
 よしもとばなな作

2014年2月4日(火)
19:00開場 19:30開演
@ポスターハリスギャラリー
前売り:2500円 当日:3000円

http://posterharis.com/2014_02_kotobatooto

*公演終了しました。ありがとうございました!

・言葉と音楽の実験室
 -1st session-

『ひとりぼっちのあなたに』
 今村沙緒里×内橋和久

2013年11月24日(日) 
18:00開場 18:30開演
@ポスターハリスギャラリー
前売り:2500円 当日:3000円

*公演終了しました。ありがとうございました!

・DVD発売

寺山修司没後30年/パルコ劇場40周年記念公演
『レミング〜世界の涯まで連れてって〜』
11月下旬から発売中!

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=jUzIJlCf91Q

PARCO STAGE SHOP:http://www.parco-play.com/web/play/special/lemming_dvd/


・舞台

お話とピアノでつづる音の絵本コンサート『ぼくね、ほんとうはね。』

公演日程 2013年8月4日(日)
開場/14:15 開演/15:00
場所 ハーモニーホールふくい小ホール
料金 全席指定:2,000円
車いす席:1,600円

第1部 ピアノ×サンドアート×朗読がコラボするHHFオリジナル・ステージ!
監修、脚本指導、選曲 笠松泰洋
原作 川本真琴
朗読 今村沙緒里 
ピアノ 大塚玲子 服部桂奈
サンドアート SILT/bell

第2部 2台のピアノと打楽器のためのソナタ/バルトーク
ピアノ 川村文雄 大宅さおり
パーカッション 平岡愛子 山崎智里

ハーモニーホールふくい:http://www.hhf.jp/www/hhf/index.jsp

*公演終了しました。ありがとうございました!

寺山修司没後30年/パルコ劇場40周年記念公演
『レミングー世界の涯まで連れてってー』
公演日程:2013年4月21日 (日) 〜2013年5月16日 (木)
名古屋公演(中日劇場):
2013年5月25日(土) 開場16:30/開演17:00
大阪公演(シアターBRAVA!):
2013年6月1日 (土) 〜2013年6月2日 (日)
作:寺山修司
演出:松本雄吉(維新派)
出演:八嶋智人 片桐仁 常盤貴子 松重豊
花井京乃介 廻 飛呂男 浅野彰一 柳内佑介 酒井和哉
鹿内大嗣 金子仁司 KEKE 高木 健 金子紗里 
あやちクローデル 高安智実 高田郁恵 今村沙緒里
笹野鈴々音 万里紗

PARCO STAGE HP:http://www.parco-play.com/web/program/lemming/
*全公演終了しました。ありがとうございました!

・映画
2012年東京国際映画祭 
日本映画・ある視点部門
http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=205
『何かが壁を超えてくる』
榎本憲男監督 レイラ役


【出演作品】

・舞台
2014『リトルピアニスト』宮下奈都作 今村沙緒里(朗読)
2014『ぼくね、ほんとうはね。』再演 川本真琴作 今村沙緒里(朗読)
2014『アイ・アム・アリス!』今村沙緒里×内橋和久
2014『密会』-ムーンライト・シャドウ- 今村沙緒里×内橋和久
2013『ひとりぼっちのあなたに』今村沙緒里×内橋和久
2013『ぼくね、ほうんとうはね。』川本真琴作 今村沙緒里(朗読)
2013『レミング』寺山修司作/松本雄吉演出(維新派)
2013 韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.6『朝鮮刑事ホン・ユンシク』ソン・ギウン作/浮島わたる翻訳/広田淳一演出
2012『四谷怪談』
斎藤雅文脚本/竹邑類演出
2012『愛さないの 愛せないの』
作品:中島みゆき 寺山修司
構成・演出 今村沙緒里
2011『カスケード〜やがて時がくれば〜』 岩松了作/演出
2010日韓合同公演『リア』
岸田理生作/金亜羅演出
2010『禁煙の害について』
危口統之作/演出
2010『赤い靴』
奥秀太郎作/演出
2009『ジュリエット』
笠松泰洋作曲/演出
2009『椿姫』 
笠松泰洋作曲/演出
2009『95kgと97kgのあいだ』清水邦夫作/蜷川幸雄演出
2008『95kgと97kgのあいだ』清水邦夫作/蜷川幸雄演出

・映画
2014年『橙と群青』
赤羽健太郎監督
2012年『何かが壁を超えてくる』
榎本憲男監督
2012年『夢の力』
岸建太朗監督
2010『すべては海になる』
山田あかね監督

・CM
FUJIFILM『X-T1 写真家 ハービー・山口篇』2014年3月〜
ネスレ『SPECIAL.T』2014年3月〜
カルビー『OTONA RICH』2013年8月〜
明治『ボーノチーズ』

・MV
『ねぇ、タクシー』作詞・作曲前野健太 松江哲明監督

・モデル
『宇野亜喜良60年代ポスター展』 ライブペイントモデル

・広告
THERMOS ライフストーリー 
http://www.thermos.jp/calendar/lifestory.html

*お仕事のお問い合わせは、HPのCONTACTからご連絡ください*
http://saorix.jimdo.com/