麗しのDメロ 

2017年01月24日(火) 19時27分
ど〜ん!アツミです

「Dメロ」、それは「大サビ」とも言う。

アツミはこの「Dメロ」が好き。なるべく自分の曲にはDメロをつけたい!とも思っている。

通常、曲は、Aメロ、Bメロ、サビ(Cメロ)と言ったように区切りがある。

J-POPなどでよくあるのは、1番がAメロ、Bメロ、サビ、2番がAメロ、Bメロ、サビ、もう一回サビを繰り返して終わる、というパターン。

そういえば、昭和歌謡は3番まである曲も多い。あれはすごいと思う。アツミの場合、だいたい1番で言いたこと書いちゃって、2番の詩を書くのに悶絶することがよくある。それを3番とか、、、

話を戻すと、そんなひとつの曲の中に、1度しか出てこないメロのラインがある場合がある。だいたい2番のサビの後とかに。

それが「Dメロ」。大サビ。

解りやすく言うと、斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」だと

「♪僕らを乗せて〜 メロディーは続く〜♪」

この部分が大サビ、Dメロ。1度しか出てこない。

アツミはこのDメロをこよなく愛している。ゆえに、自分の曲ではDメロが出てくる曲も多い。

このDメロは、作詩と作曲を同じ人がやっている場合についていることが多いと思う。

作詩者と作曲者が違う場合、作曲者がワンコーラス分だけメロを作って、曲の構成は作詩者に委ねることが多々あると思う。

そうすると、作曲者が最初からDメロをつけること考え、Dメロがついているデモが作られている、もしくは詩が先行で詩自体にDメロにしたい部分があり、「これはDメロで!」とこだわりを持って作曲者に訴える余地があるなど、作詩者と作曲者がけっこうツーカーにやり取りしなければ、Dメロはつきにくい。

Dメロは、作詩と作曲を同じ人がやっている場合の特権に近いようなものがあると思う。

これと同様に、1番と2番の曲の構成が違う曲も然り。アツミの曲なら「あい」や「かさぶた」、「びいだま」、「メタメリズム」など。

「かさぶた」なんかは、もはや、1番2番で区切るのもおかしい感じの曲になっている。何でこんな曲の構成になったのか自分でもよくおぼえていないけど、仮に「かさぶた」が、作詩がアツミで作曲が別の人だとしたら、アツミが作詩によってこんなぐちゃぐちゃな構成にしたら、作曲した方に怒られそうだ。

「メタメリズム」は、サビ始まりで、2番のBメロの後にサビが来ないでDメロがついており、最後Aメロで終わるという、作詩作曲アツミ曲の最たるものかもしれない。

そしてDメロは、その曲で一番言いたいことがそこで歌われることが多い。ぎゅぎゅっと短く。

さっきの和義さんの「歌うたいのバラッド」は不器用な男子から女子へ届けるせつない愛の曲だけど、その大サビの「♪僕らを乗せて〜 メロディーは続く〜♪」で、もうすべてがそこで語られていると思う。

このいとしさとせつなさと心強さ!このキュンキュン具合!Dメロはすばらしいのだ!Dメロバンザイ!大サビさんありがとう!

おめーごときが音楽語るんぢゃない!という異論は甘んじて受けます。滝行のように。。。



★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

友達が少ない 

2017年01月21日(土) 18時47分
ど〜ん!アツミです

アツミは友達が少ない。これは幼き頃から一貫している。

こんなところは一貫しなくていいわけだが、広く付き合うような器用さが自分にないから仕方がない。

大勢のグループで仲良く過ごす、ということもあまりしてこなかったように思う。大勢で過ごすのはどちらかと言うと苦手。気の合う友達2、3人と楽しくできればそれでよかった。

そんな中、学生時代の「軍団」(12人)は、アツミにとって奇跡とも言える。

軍団は、アツミの曲「びいだま」の主人公で、学生時代のバスケットサークルで知り合った、男女6人ずつの仲間。そう!アツミが月1で飲んだくれる友人と言えばこの人!ちょ〜さんもその中の一人。この社交性がまったくないアツミを手なづけた一人。

軍団は、アツミにとって唯一大勢で群れた、群れることができた仲間であろう。この学生時代の軍団との時間は楽しかった。

今でも軍団は繋がっている、、が、軍団のLINEはボスのオンステージ状態とも言える、、、、。

誰か、ボスに愛の手を、、、。

アツミは実は飲みに行くのもどちらかと言えば得意ではないのかもしれない。いや、楽しいんです。行けば楽しいんです。だけど飲んだ日の夜、家に帰り着くと、余分なことを言ってしまったんじゃないか?と心配になって、いろいろ後悔するのだ。自分に自信がないのだ。なんてめんどくさい性格だろうか。

そう!アツミが幹事のお食事会や飲み会に今まで参加した皆さん!それは相当アツミが逢いたかったんだと思ってください!そうなんです!アツミが逢いたかったのだ!

こんなこと書いたら、ますます誘われなくなるかなぁ〜。いや、大人は寂しがりなんです、誘ってほしいんです。ってどっちやねん!いやはや、自分、MAXめんどくさい性格!!

そうして培ったのは、ひとりの時間の有意義な過ごし方。これは実に有意義に、いや、他人から見れば痛いような過ごし方?でも自分的には本当に有意義に過ごしている。どうやって過ごしてるかって?

それは秘密の花園

これだからできる曲は、そりゃ、ひきこもりソングとか言われちゃうよなぁ〜。

でも、大丈夫です。荒れ狂う東京砂漠の片隅で、アツミは妄想して、強く、生き抜いています!


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

やりたいことと売れること 

2017年01月18日(水) 19時38分
ど〜ん!アツミです

音楽活動を始めて、事務所に所属した頃、いろんな人にさんざん言われた言葉。

「やりたいことと売れることはなかなか一致しない。やりたいことは売れてからやったほうがいい。」

そう言われ続けて、そうかもしれない、と結構長い間思っていた。でもどうしても解せなかった自分は、やりたいことだけやってきた。

だからアツミは売れていない、のか?

でも、やりたいことをガマンして、必ず売れるとは限らない。

すべては「今」なのだ。今は確かにそこにあって、信じることができる。今やらないでいつやる!

「今でしょ!」

林先生のこの言葉はすごい。

やりたいことをやるのが好きなんだ。これがないと自分はトホホだ。実につまらない。幸いにも、そのやりたいことがお金になり、生活になる環境が小さいながらもある。ここに今のところはしがみついていくのだ。

楽しいこと、好きなことにしがみついていくのは、やりたくないことをやるよりやりがいがある。そしてしがみついてきて思ったことは、そのしがみつきが時に、10年くらい前の自分だったら思いもしなかったような光景を目の前にする時があって、その時の幸せたるやハンパない。

やりたいことだけをやって売れたアーティストはすがすがしい。それは尊敬の眼差し。羨望の眼差し。

決してここに書いたことが、正しいなんて思ってなくて、人それぞれいろいろあって。こうやって書くことで自分を励ましているのだろうな。そう思う。やりたいことやって自分を楽しくしていこう!と。それで周りも楽しく思ってくれたら嬉しい。

今年幼なじみから貰った年賀状に、「アツミサオリの活躍が自分の励みだ」と書いてあった。

そう、自分が頑張る、楽しむことが、誰かの励みになるのだと思ったら、自分はいいこと(音楽活動)させてもらってるな、と思った。

2017年、今年も楽しむために、自分は精一杯もがいていこう。

足りなかったらごめんね。楽しいと思えることを精一杯やるけどもね。それでもよかったら、お付き合いください。


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

シュークリーム 

2017年01月16日(月) 19時16分
ど〜ん!アツミです

シュークリームを食べている。ミニシュークリーム12個入り。

この12個入りミニシュークリームは実に罪深い。

1個入りのシュークリームは、全体的に「これだけで〜っす!」と見たまま受け取れ、1個を食べ終わればそこで終了。しかし12個入りミニシュークリームというのは、1個が小さいので、「見て!このフォルム!こんなに小さいのよ」と誘惑し、知らぬ間に12個全部食べており、1個入りのシュークリームよりもはるかに太る成分を摂取しているのだ。

悪い女だ

このシュークリーム、自分も作ったことがあるけど、シュー生地を作るのがむずい。あの堺巨匠もなんども星を落としたという魔の洋菓子。

なのにだ、このファミマの12個入りミニシュークリームときたら、シュー生地がふんわり柔らかにカスタードとホイップのWクリームを包み、口の中でハーモニーとなって襲いかかるも、税込み228円というお手ごろ価格。

実に悪い女だ

シャ乱Qの「ズルい女」が脳内BGMに流れてくるほどだ。もしくは、中島みゆきさんじゃないがマリコの部屋へ電話をかけそうになるほどだ。

誰だ?マリコって。

あ!

そんな万里子さん(とてもお綺麗な方です)も出演する、2月11日のB-FESライブ、皆さんぜひお越しください!

差し入れなんて入りません。ファミマの12個入りミニシュークリームとか全然いりません。できたら冷えてたら嬉しいですとか言いません。決して言いません。バレンタインなんでチョコもいいなぁ〜、とか言いません。リンツのチョコとかいいなぁ〜。なんて口が裂けても言いません。はらどーなつが


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

アツミテレビライフ! 

2017年01月14日(土) 21時43分
ど〜ん!アツミです

何度も言うようだが、アツミはテレビが好きだ。

特にテレビドラマとお笑い番組はチェケラ!である。

そして、この1週間は、アツミのテレビライフにおいて、非常に重要な1週間なのである。

そう!この1週間はテレビドラマの初回放送がある。この1週間で様々なドラマの初回を見て、今後引き続き観るかを決めるという、アツミの向こう3ヶ月のテレビライフを左右する1週間なのである。

アツミの暮らしと体力的に、観ることができる連続ドラマはだいたい1クールで3番組くらい。

以前5番組になってしまい、ハードディスクはすぐにパンパン。あげくに睡眠不足となり、左目の下に見事なクマをこさえたこうなってしまっては不毛。もともこもない。そんなこんなで、連続ドラマはだいたい3番組にだんだんと絞られていく。

前のクールは、最終的に「逃げるは恥だが役に立つ」、「シェフ」、「家政婦のミタゾノ」の3つに絞られ、このドラマは最初から最後まで全部観た。言わずもがな、逃げ恥は、恋ダンスまで覚えるほどにハマった。実にいい3ヶ月だった。
(まだ逃げ恥を引きずるか、己よ。観てやってくれよ↓アツミ恋ダンス。)

https://www.youtube.com/watch?v=7KpI6S9lvpQ

今、アツミ宅で絶賛放映中の「スーパーサラリーマン佐江内氏」は、これはやばい。これは最終回までのお付き合いに違いない。エンディングのダンス、巷でまた流行ったりして!「下剋上受験」がね、これはやばいね、なんてったって、主題歌もアツミが心の中でストーカーを続ける斉藤和義さんってこれは最初からアツミの中ではすでにサラブレッド。

さぁ、楽しみだぁ〜!楽しみだぁ〜!

でね、お笑いファンとしては、そろそろ「爆笑レッドカーペット」やってもいいんじゃないかとね、思ったりしてね、どうだろう?そこんとこ?フジテレビさん、どうだろう?


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

妄想力 

2017年01月09日(月) 23時18分
ど〜ん!アツミです

「妄想は我が身を助く。」

自分で言うのもなんだが、アツミの妄想力は、目を見張るものがある。

幼い頃から、テレビや音楽が好き過ぎた少女は、一度好きになると飽きることもなく何度も何度もそれを繰り返し見聞きして、台詞も歌詞も身体の隅々まで沁みこませ、自分がその主人公になったような妄想で過ごすことが楽しかった。

たまにそれが本当の行動の中で再現され、母が「この子はなにをしてるのか?」とビビッていた。

また、身体に沁みこませる作業として、音楽の場合は、大量に既存の好きな曲の歌詞をノートに書きまくっていた。それを見た姉は随分と妹を心配したようだ。

「サオリは大丈夫なのか?」と。

そんな気味の悪い作業や行動が、今の音楽屋としての毎日でこんなにも役立つことになろうとは、誰が思っただろう。

歌詩を書く時、曲を書く時、底辺に本当の自分がありつつもそれを膨らませる時の妄想たるや、どれだけ作曲するのに役立っているか!

この乾ききった東京砂漠の片隅で、破片のように生きている私の心にさえも、妄想は時にとんでもない潤いを与える。そして、ごくごくまれに、特にここ近年は、その妄想が現実となったことも!!!

誰に気味悪がられようが、自分が好きならそれでいい。人生に無駄なものはないのである。

幼き頃の自分よ、グッジョブ!

妄想バンザイ!妄想は我が身を助く!




★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

男に生まれたかった 

2017年01月07日(土) 22時58分
ど〜ん!アツミです

「男に生まれたかった」と思うことがよくある。

「おいおい、サオちゃん、男はつらいよ。」と寅さんも言うだろう。

いや、あれだよ?アツミは”そのスジ”じゃないよ。一応心も女子。

でも、女子は面倒。なんとなくスカートをあまり履かないのもそんなとこにあるのか?と思うこともある。

男子の友達同士の付き合い方と、女子の友達同士の付き合い方は、男子同士のほうがアツいような?と勝手に感じている。そんなのが少しうらやましい。冗談交じりのシモネタとかもライブのMCとかで言えちゃう男子の歌うたいさんがうらやましいと思うこともある。

化粧もほんと苦手。。。

多分肌に合わない。一日化粧をしていると、その日の夜は目が痛くなって眠れないんだ。痛くてナミダをダクダク流しながら眠ることになる。だからなるべく化粧はしたくないけど、歌い手をやっている以上、そういうわけには行かないし。

おしとやか、とか無理だぁ~!

「それではみなさん、ごきげんよう。」とか、そういうイキフンは無理だ〜。

あ!結構、アツミの見た目、弱々しい女子と思われることが多いけど、それはまったく違うに〜。

歌うたいなんてやってる女子が弱々しいわけがない。弱々しかったら人前で歌えんもんね。

もちろん、男子も大変だと思う。女子みたいに誰かの肩を借りて泣いたり甘えたりできない分、強くいなきゃいけないし、守らなきゃならないものも多いと思う。

でもな〜、でもなぁ〜。

女子って面倒だ〜〜

トイレ混みすぎ〜!


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

2017年 新年の元気なご挨拶 

2017年01月03日(火) 22時55分
ど〜ん!アツミです

さっき、2017年初めての曲ができました。

まぁ〜、暗い曲です。部屋の隅で三角座りしてキャベツかじっていそうな感じです。

まぁ、アツミのデフォルト、別名「引きこもりソング」です。

あけましておめでとう!改めまして、アツミサオリです!
今年もよろしくどうぞお願い申し上げます。

と、書いてるそばから、マンション外でチェケラッチョな感じの楽しそうな騒ぎ声が聞こえてきます。
正直、、、、、、うらやましいです!そっちか。

みんなは年末年始どうしてた?

アツミは大晦日に地元、静岡の実家へ帰りました。

ヤスミンのみっちと一緒に。

年末年始にアツミ家にきたら、おせちの用意だの、大掃除を手伝わされてそりゃ大変。

そう、アツミ家はおせちを1からちゃんと作る、田舎の古いしきたりなんかをきっちり守る家なのです。

と言っても、どうしてもアツミ家に来たいと言いまして。

好きなんでしょうね、アツミのことが!(爆)

だよね〜!しょ〜がない、しょ〜がない、それはしょ〜がないっ!( ̄∀ ̄)

アツミ家に着いたらすぐに、母やみっち、兄一家と分担して玄関掃除に風呂掃除、トイレ掃除に栗きんとんに各種煮しめ、錦玉子に伊達巻などなどを作り、あっというまに紅白歌合戦のお時間。

笑ってはいけないと紅白歌合戦を交互に観て、紅白では、観ながら恋ダンスも踊りつつ、国民が「みくりさんが審査員となったのは恋ダンス要員ではないのか?あん?」とテレビ画面を恫喝しそうになったところで恥ずかしげにみくりさんが踊ってくれてすべてが許され、紅組が勝利で、正直全国民が「Why?」となったところで、石井達也さんが君がいるだけでの替え歌がすばらしかった速報を聞いて歯を磨いていたら、年が明けました。

翌日の元旦は、みっちと地元、福田(ふくで)の海へ。


福田海岸とアツミの後姿 photo by michi


アツミ、実家が海に近いのに、地元の海で泳いだことがない。
そう、実家付近の海は「遠州灘」といって、天竜川の水が流れ込んでいる場所なので波が高く遊泳禁止なのだ。

海は綺麗だった。ここの海は昔から変わっていない。夏に人が泳ぎに来ないので、ゴミもあまりなく、砂も綺麗。
ここから少し西側にある、浜松の中田島砂丘がテレビドラマなどの撮影によく使われるのもうなづける。

みっち、写真ありがとう!

みっちは、「私、写真うまいんだよ」と、自分で言っていた。はい、お疲れ。

夜には姉一家、通称、常夏一家も合流してお酒を酌み交わしながら、格付けチェックでGACKT様連勝を見届け、ゴキゲンな夜。

2日は、地元の親友、なあちゃんと逢ったり、みっちとお墓参りや初詣に行き、夜には東京へ。


アツミ家恒例、「新春書き初め大会2017」も無事終了。


そして今日から動き出したアツミ、さっき曲もできた。←今ここ。

この年末年始、一言で言えば、

雨が降らなかった奇跡!

どうだ!泣く子も黙る史上最強雨女を凌ぐ、アツミの晴れ女旋風!

2017年もよろしくお願いします!


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

2016年、ありがとう。 

2016年12月31日(土) 0時29分
ど〜ん!アツミです。

2016年も今日で終わり。2017年がやってきます。

2017、なんだかかっこいい響きだね。

2016年、アツミの中では、実験のような、改革のような年だった。

デビューして12年。常に何でもやってみよう!積極的にやってみよう!と、表向きは思っていても、実際は人見知りだし、自分が何かすれば、人に迷惑をかけるかもしれないとか思って動かなかったり、でもそれは本当は自分がめんどくさがりだからなんじゃないかとか、うだうだとした思いをず〜〜〜〜と続けていたような気がして、自分の性格がマックス面倒くさっ!といつも思ってて。

だからいつも自分に自信がなく、ライブじゃ未だ緊張するし、相変わらず、アツミのそばには自分のため息の屍がいつも転がり、「人生そんなもんだ。そんなにうまく行くわけはない。これが通常だ」と、半ば諦めのような思いがそこはかとなく漂ってて。

ぶっちゃけ、そう思ってるほうがラクだったんだね、ずるいから。

でも、去年の後半から今年の前半は、自分が奈落の底に落とされるような、と思ったら幸せがあったりのジェットコースターのような日々でいろいろ疲弊して、それが5月の三軒茶屋グレープフルーツムーンのワンマンライブで、それこそ氷山が割れるように何かが弾けて、考えが少し変わった。

なんだかあのワンマンライブは、魂が燃え尽きた。正直。強烈な達成感と強烈な幸せがあった。

それからはさらにどんどんやりたいことをやった。あきらかに人に迷惑がかからないことは、見た感じをどう受け止められようともやりたいことをやった。

さらに、迷惑かな?とちょっと判断に迷う部分も少しやってみた。迷惑だと言われたら今後絶対しないか、やり方を替えればいい。やらないよりはやるだけやってみるんだ、と。

それは、体力的にも精神的にも、今まで以上に自分にとっては簡単ではなかった。

でも、やり終えた後に、無反応のこともあったけど迷惑だと言われることはなかった。逆にいいね!と言ってもらえることが多かった。

なにより、やってみて、なんだか軽くなっていくようだった。

もっと早くに、もっと自分を信じていたらよかったとも思った。

何が言いたいのかというと、自分でもよくわかんなくなっちゃったけど、つらいことなんていっぱいで。でも、それを引き寄せてるのは結局自分なんだ。自分次第で何とでもなる。売れない歌うたいは正直きつい(笑)親不孝だし。だけど、家族に迷惑かけながらも、でも決して家族をおろそかにせず、自分の道を行こうと思う。当たり前じゃないから。歌えることは。

今年は、北海道、熊本、名古屋に大阪、京都に埼玉、神奈川、東京。大嫌いな飛行機も何とか乗り切って日本全国で歌えたこと、嬉しかった。アツミの音楽活動は小さな小さな規模かもしれない。それが今までやってきた自分の力。足りないよね、ごめんね。だけどそんなアツミのライブに駆けつけてくれるみんな、ありがとう。感謝しきれない。本当に嬉しい。今、流行りの火曜日にみんなとハグしたい(笑)

歌える限りは歌いたい。2017年も精一杯返していきます!アツミ、よろしくお願いします。

そしてみんな!2016年お世話になりました。本当にありがとう!よいお年をお迎えください!みんなの2017年が幸せいっぱいであるように★


この眼鏡はお気に入り。視力悪くないけどもね。

”ほぼ痴漢”に注意! 

2016年12月19日(月) 23時07分
ど〜ん!アツミです

今日、”ほぼ痴漢”に遭った。

この”ほぼ痴漢”とは、あきらかに胸や臀部を触ったりせず、一見して完璧な痴漢と言いにくいものの、あきらかに迷惑行為をしている人物を指して、アツミが勝手に言っている言葉。

実はこの”ほぼ痴漢”は、あきらかな痴漢より、何十倍もはびこっていると思う。実際、アツミはそう。

今日遭遇した”ほぼ痴漢”は、電車に乗り、アツミが長いすの端に座った時にすぐ横に座ってきた男性。ずんぐりむっくりとして、青い作業着を着て黄緑色の線の入ったリュックサック、黒髪の耳までの髪、マスクした40〜50代の中年男性。

横にその男が座った瞬間に、これは”ほぼ痴漢”だろうと感じたとともに、電車に乗る前から目をつけられてただろうな、とも思った。

アツミが座ってすぐアツミの右隣に座ったその男は、アツミのほうへあきらかな異常な幅寄せと左ひじをアツミの胸の前に突き出し、足をアツミの太ももからくるぶしまですべて強烈に密着するように座ったからだ。アツミの右肩から太もも、くるぶしに至るまで強烈な密着。それはアツミの右肩から足がしびれてくるほどの密着。

たまに恰幅がよいために、どうしても隣の人と密着しちゃう人がいる。でもそれとはまったく違う。男はそういう風に思わせようとしているのでしょうが、これは違う。あきらかにわかる。

いつもだったら、小心者のアツミは車両をかえるなどする。あきらかな具体的な触る行為がない以上、100%痴漢と言えず、鉄道警察へ突き出したところで、眠くて寄りかかっていたといわれればそれまでだからだ。

その男は座るとすぐに目を閉じて寝たふりをした。寝たふりとわかったのは、目を閉じていても、コチラへますます幅寄せを繰り返し、アツミが反撃したらますますひどくなった。しまいには男の左足の先がアツミの両足先の下へ入り、アツミの足の間に割って入った。アツミの胸に自然なように周りに見せかけて押し付けてくる男の左ひじを、アツミは自分の右手で力をこめて何とかよけるほどだった。

これはもう痴漢行為だと思った。と同時に、今、席を立ってそこに女の子が座れば同じ思いをすると思ったアツミは席を立つのをやめた。

左手で何とかカバンからスマホを取り出し、スマホにこう打った。

「あなたの行為は痴漢行為に相当します。警察に言いますよ?」

そしてその寝たふりしている男の左肩を強めに叩き、そのスマホの画面を見せるとすぐ、男は密着をやめ、足も腕も引っ込め、次の駅で急いで降りていった。

やはり痴漢であった。

こうやって書いてしまえば、何と言う事はないのかもしれない。でも迷惑をこうむっているほうは、どれだけの苦痛か。
アツミの前に立っていた数人の人は、おそらくその迷惑行為に気づいていただろう。「なんかおかしい」と。でもその人たちにしてみても寝ていてそうなっているという可能性がぬぐいきれず、確信が持てないため何も言えない。

”ほぼ痴漢”は何とでも逃げられるため、正真正銘の痴漢と同等にほんっとうにタチが悪い。

ここでお願い。

もし、電車などで「この人は迷惑をこうむっているかもしれない」と感じた時は、その犯人ではなく、被害をこうむっているだろう人に、「大丈夫ですか」と一声かけてあげて欲しい。それは勇気がいることだと思う。でも、犯人に何かいったら間違いの可能性もあるけど、被害をこうむっているだろう人に言うのであれば、本当に迷惑をこうむっているならば、どれだけその被害者が救われるだろうか。また、それは犯人への警告にもなる。

自分ももっと強くなりたいと思った。友人にこのことを話したら、「安全ピンで刺しちゃえば?」と言っていた。友人はツワモノである。

本当に、本当に痴漢は許せない!!!


★お知らせ★

『B-FES NATION SONIC vol.3 〜B-Girl's chocorate♡birthday2017〜』

六本木で出逢った3人が立ち上げたB-FESが早くも3回目の開催決定!
3人とも偶然にも2月生まれということで、バースデー&バレンタインライブをお届けします♪

日付:2017年2月11日(土・祝)
場所:川口SHOCK-ON
出演:美元智衣/ヤスミン/アツミサオリ
サポート:和乃弦(gt)、中林万里子(pf)、安倍モトアキ(per)
時間: OPEN 18:00/ START 18:30
チケット:前売り/¥3,000- 当日/¥3,500-

★チケット前売り予約★
チケットのご予約を mail@saori-atsumi.com にてメールでお承りいたします!
メールの件名に「2/11 B-FESライブチケット前売り予約希望」と記載して
1.お客様のお名前
2.チケット枚数
3.お客様のご連絡先(電話番号)
上記を明記して送信してください。折り返しご予約完了メールをお送りいたします。

★チケット予約時のご注意★
1.予約後、キャンセルをされます場合はmail@saori-atsumi.com までその旨をご連絡ください。
2.メール未着防止のため、パソコンからのメールのご予約をお勧めいたします。
3.ご予約メール送信後、 2日を経過しても返信がない場合、 メールのセキュリティ設定をご確認のうえ、
お手数でも再度送信いただきますようお願いいたします。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アツミサオリ
読者になる
アツミサオリ
誕生日:2月2日
出身地:静岡県磐田市
血液型:O型
シンガーソングライター。地元、浜松駅の地下道での路上ライブを経て、2004年5月26日にテレビアニメ「美鳥の日々」のエンディング主題歌、シングル『もう少し…もう少し…』でメジャーデビュー。ギター弾き語りでのスタイルを主軸に、精力的にライブ活動を行っている。
アニメ主題歌を多くリリースし、『びいだま』(「げんしけん」主題歌
)、『あい』(「くじびきアンバランス」主題歌)は様々なアーティストやファンに愛されている。
また、自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供も積極的に行い、テレビアニメ「侵略!イカ娘」のエンディングテーマはすべて楽曲提供している。2011年にはバンド「アツミサオリとピクニック」を結成。バンドでのライブも活発に行っている。
ムービーボード