森川だけど隆(たかし)

March 11 [Sat], 2017, 19:13
看護師の職場といえばホスピタルというイメージがだれもが思うことでしょう。しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、病院だけでは有りません。
保健所で保健師と連絡をとりあって地域の住民の健康上の様々な対応をするのもナースの役割です。また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、だいたいの医療行為を看護師がおこないます。

ツアーや修学旅行等にご一緒し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をする看護師もいます。
結婚をしておりおこちゃまのいる方は土曜日曜の休日があったり、夜の勤務のない勤め先を乞うているものです。



病院以外の場所で勤務するには、それぞれのケースに適する専門の知識を習得している認定看護師や専門看護師資格があると、雇われやすくなります。


看護師免許を得るには、何通りかのパターンがあるでしょう。看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。

試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(二年以上の修業期間、1700時間以上の年間授業時数、試験などによる成績の評価と課程修了認定という条件を満たせば、専門士という学位を取得できるでしょう)(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して勉強するという条件があります。
看護師になるための試験は、毎年1回為されています。
看護師の数が不足している日本には嬉しい兆候として、今のところ看護師試験受験者の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、キープしています。
看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、決められたレベルの得点をあげれば試験に合格できるのです。
看護士の求人情報は何件もありますが、願望通りの条件の求人があるワケではありません。看護師資格をもつ方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。


できる限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う人が多いはずです。
理想的な転職先で働くためには、情報の蒐集が重要になります。ナースの転職を成功させるには、今後のことを考えて早めに行動することが必要です。そして、何を重視するのかを考えておくべきでしょう。
この先どうなりたいかを明らかにして、その将来設計に合った転職先のデータを少しずつ蒐集して頂戴。収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって妥協できない条件も心づもりをしておきましょう。日本全国の看護師の年収は平均437万円くらいです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。日本の看護師の一年間の収入は平均すると約437万円です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院と比較して高く、福利厚生も完備しています。

準看護師だと、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴琉
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる