【 更新情報 】

スポンサード リンク

さんざしの育て方

さんざしという名前の植物を皆さんはご存知でしょうか?
さんざしは中国が原産で、りんごのような味わいの実をつけるそうです。
実自体もりんごをすこし小さくしたような形をしているのですが、さんざしはバラ科の植物ですので香りがローズヒップに近いものがあるそうです。
りんごの実を付けるバラと考えれば、なんだかすごくオシャレですよね。
そのさんざしの育て方ですがそれほど難しくはないようで、ガーデニング初心者でも大丈夫なようです。
りんごのような実を付けるといってもそれほど大きくならないので、盆栽のように小さな鉢に入れて育てると良いと思います。
5月頃に花が咲くのですが、その前の段階で害虫が付くことがありますが、虫除けの薬を使っておけば病気にならずに済むので、4月頃は少し注意してあげると良いと思います。
お花やさんで売っているところもありますが、楽天などでもさんざしを販売しているところがありますので、興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。
グーグルで検索すればもっと詳しい育て方が載っているサイトもありますので、少し調べてみると良いかもしれません。
基本的に表面の水が乾いたら水をやり、日当たりと風通しにさえ気をつけていれば難しくはないと思いますので、初心者の方にもオススメできますね。

さんざしの効能

さんざしには様々な効能があり、多くの栄養素を含んでいるためかなり注目を集めているそうです。
さんざしには必須微量ミネラルという、赤ちゃんの発育を促進させたり中年世代で衰えてくる精力の維持、老人の呆けなどにも効果のあるされる成分が含まれています。
これはどんな年齢の方にも効果があるということなので、人を選ばず使えるのは嬉しいですよね。
ポリフェノール類がさんざしには含まれていますので、女性の美容にも効果があります。
美容効果以外にもポリフェノールは活性酸素消去や坑酸化活性などの効果があり、疲労回復などの効果があるようです。
さんざしには天然クエン酸が含まれていますので、ポリフェノールとクエン酸の相乗効果によって疲れにくくなったり免疫力があがるなど、健康的な体質に改善することも期待できるそうです。
昔からさんざしは中国で漢方として利用されてきましたので、その効能は確かだといえるのではないでしょうか。
効果のある具体的な病名をあげるとすれば、血栓症の予防に効果があり、血中コレステロールを抑えてくれますので予防に繋がるようです。
コレステロールを抑えてくれる効果は高脂血症にも効果があるとされていて、多くの臨床報告もされているようなので安心ですね。

さんざしのドライフルーツ

さんざしの実はジュースにしたりいろいろな食べ方があるのですが、ドライフルーツになっているものはそのまま料理などにも使えますので人気があるそうです。
さんざしを家で育てている方は結構いるそうですが、上手くいかなかったり実を上手く付けてくれない方もいるそうなので、通販などで購入するのも良いのではないでしょうか。
家でドライフルーツを作ろうと思ったらそれなりの知識がいりますし、なによりめんどくさいですよね。
「いきいき長寿」というサイトではさんざしのドライフルーツが販売されていて、値段のほうもかなり安いのでオススメです。
食べ方もいろいろで、そのまま食べても美味しいですが、小さく切ったものをヨーグルトやサラダのトッピングとして使ってもいけるそうです。
健康にも効果があり、たんぱく質分解酵素が多く含まれていますので、食事のあとに1つ食べるだけでも違いがあるようですね。
ポリフェノールやビタミンCも含まれていますので美容にも良いですし、クエン酸などで疲労回復にも効果があるそうです。
1日1粒程度で良いので食べられないといった事も少ないでしょうから、一度試してみてはいかがでしょうか。
味も良いうえに健康にも良いですから、かなりオススメ出来ると思います。
P R
カテゴリアーカイブ