フジミ絵 

April 03 [Mon], 2006, 11:16
半腐れな私が描いたフジミシリーズ悠季のお絵描き
ついでに某「トリブラ」の漫画から
ブラザーペテロの模写
似てない・・・

さくら貝 

April 03 [Mon], 2006, 10:18
3月31日は沖縄では「浜狩り」といって女性の「桃の節句」の変わりにみたいに、海へ潮干狩りにいくそうだ。
某所でそういうのを読んで、あほたちといっしょにいってみた。
徒歩5分ぐらいのところに海がある。
さすがに潮干狩りはムリだったが、うみに手をつけてみた。

新月にお祈りをするといいそうだが、その日にもお祈りをするといいそうだ。
潮干狩りの変わりに何か貝殻でも拾って返ろう、と思ってさくら貝をさがした。

なにかごちゃごちゃと貝のくずばかりが見え、見つからない。
こんなとこにさくら貝なんてあるわきゃないと半ばあきらめていたところ、なんとしたのあほその3が、見つけたのである!

もちろんあほその3はさくら貝なんて見たことはない。
赤い色でも塗ってるんじゃないか、と思ったといって渡してくれたのはまぎれもなくさくら貝だった。

こんな小さなことでもすこし幸せだった。

ちょっと実際的なことを 

March 29 [Wed], 2006, 22:19
考えてみる。
あまりにも動揺してしまって、変なことを書いてしまったのだが、そんなそこのその主催者に霊視されたことがあるからといって、私がそこのHPについてあまりよろしくない感想や思ったことをここに書いたからといって、それが影響するわけはないのだ。
そこをのぞいていたのは私だけではないだろう。
私以外の人が私と同様の感想を抱いた事だってありうるし、それを本人にメールで送った事だってありうるのだ。
まえに私がそこで発言したのはジャンヌ・ダルクのことについてだった。
神の意を受けてそれを実現するために行動した彼女が、人間によって捕らえられ殉教の憂き目に会う。
それについて、管理人が神に対しての不満みたいな事を書いた掲示板で、イギリスにとっては彼女は敵であり、当時の状況はしかたがないみたいなことをかいたような気がする。
それについての私へのコメントはしばらく放置で、そのあと、「あなたは霊視すると海のそばにいる人」みたいなのがついたのである。
なんだろうこれ?
肩透かしどころかしらないところから水をぶっ掛けられた気分だった。
たぶん向こうにとっての私の発言もそうだったのか。
霊的なメッセージを受け取る人は、自分の中の知識や情報でそれを翻訳する。
受け取ったものはあくまでその人間自身の色や性格によって味付けされている。
そういうメッセージは、あくまで自分自身の受け取りたいものの範囲でしか吟味できなくなるのではないか。それは自分の枠。傾向。信念。学んできたもの。
その中に現実世界をゆがみなく見ることができる自己の厳しい訓練というものがなかったら、それは自分というものによって受け取ったものが「自分に都合がよく」ゆがんでしまう。

メッセージをゆがみなく受け取り、真摯に受け止めることができたあと、自分の指針として行動すればよいのだ。

それにしても、メッセージを受け取るということには、いろんな落とし穴があるんだな〜。

そこは自分が受け取ったものを公開する事についてなにか思うところがあったらしい。
自分の為に受け取っているのだろう。いや、いいんだけどね。あたりまえのことだから。

どこかでつながってるのか 

March 29 [Wed], 2006, 20:10
いや、こわいとおもった。
どうもどっかでつながってるらしい。
こわいよ。
確かにもうきってしまったほうがいい。
いったん路が開くとリンクって続くのか。

万が一(だ〜れもいないと思うのだが)ここをのぞいている人がいるとすればなんのこっちゃらわからないと思うのだが、例の精神世界のHPが行方不明になっている。
私がここに書いたことと関係あるのかな。
こわい。
霊的なことって怖い。
いったん霊視されると、リンクって続くのか。

それとも私がいまだにそのリンクを存在させているようなことをしてるのか。
一番確率が高いのはただのぐうぜんねっ!

と、同時に、

わかったことがある。

おそらく

そこの主催者と私は”水と油”らしい。
それにしてもリンクのきりかたってあるのかな。

009竜の眠り 

March 29 [Wed], 2006, 19:41


ふかくふかく
なおふかく
眠りにつくことができたなら

なんか思うこと。 

March 05 [Sun], 2006, 14:19
ネットで某オカルト啓示系のHPをみて、思ってしまった。
こういう啓示とか、神様とかアカシックレコードとかをのぞけてるひとって・・・。
こういう人の感覚はもう一段上の神の視点に近いからなのだろうか。

私が腹が立ったのは(そう、腹が立ったのだ)

ふと、のぞいた某所のBBS

地震を日本で止めてる人がいる。

というコメントに対し、

天災で 人の数を減らすのも限界があるから、別の方法になりつつある、

ということをそこの管理人さんは

かいていた・・・・。

ええ、たんたんと。

ご自分は数を減らされることはない側だからあっさりと書いているのか?

いくら神様の怒りか計画かは知らんが、それはないだろうが!
べつに神様がそう考えてたっていいのよ。
だって人間じゃないから。

でもね、この人は同じ人間でしょう?
なんでそんなにたんたんと

あたりまえ

みたいに書けるのよ。

・・・・みなきゃいいんだけどね。
もうそこいくのやめようかな。そこは日本という国に対しても嫌いなのかばかにしてるみたい。
これもあくまで自分の感覚なのだが。

じつは前にそこで発言して、しばらく放置された挙句、(ま、そこのBBSに書かれてる事に真っ向から反対したことかいたんで荒らしみたいな感じだったのかな・・・)件の方から霊視してみたら海のそばの人だ、みたいなことを言われたのだが、よくみるとなぜかそこのBBSで設置している県とかの設定が栃木になっていましたわ。栃木って、確か海なし県だっけ?
ちゃんと自分の県を設定したはずなのに、なぜか栃木になっていた。
ま、確かに海のそばだけど。・・・身に覚えないけど、うそつきみたいやんけ〜!

勝手に霊視なんかするない!失礼やんか。
と、いうことでこの方は前々からHPで書かれていることも、ちょっと傾向が私とは違ってて反発してたらしい。
でも、高次元とかアカシックレコードとか啓示とかいわれると、え、ほんと?みたいに感じちゃうんだよねえ?
だってこちとらそんな能力もないから。
みなきゃいいのよみなきゃ。
と、いうことでいくのやめよう。
今回でふんぎりがついたわ。




下降する炎と上昇する水 

March 04 [Sat], 2006, 13:15
・・・というのをとあるオカルトホラーのラノベで読んだことがある。

はねつき 

February 21 [Tue], 2006, 10:11

あるとき突然に下手の横好きだが天使の絵をかきまくったおぼえがある。
それでも、いっこうに羽のや体がうまく描けなくて歯噛みした。
いま、なんとなく観察したり、他人の書いた天使の絵を見てわかってきたようなわからないような・・・。

エンジェルオラクルカードというものを知り、早速買ってみた。
昔からタロットは好きだし、大アルカナだけで占いまくっていたこともある。

そのなかのBLESSINGSというの題の絵を描いてみた。
模写したわけではないので全く似てはいないが。

意味は英語版のためいまいちわからん。

めぐりあい 

February 20 [Mon], 2006, 23:07

ダ・ビンチ・コード 

February 20 [Mon], 2006, 22:08
ダ・ビンチ・コード上巻
を、うちのアホその3が1週間前に借りてきて読んだその日。
私は久し振りに金縛りにあってしまった。
このところなかったのになんで?
なにをやってもとけん。
全体的にぐいい〜とおしてきている感じがなんともキモかった。
これはもしかして「ダ・ビンチ・コード」を、読んだせいなのか、とへんな深読みをしてしまった。
実は、前にチャットをしていた時にこの本の話題が出て、(そのとき私は未読)内容が秘密結社のことというので、つい、某フリーメーソンとか、某ローゼンクロイツとかの話題を出した途端、画面が真っ白になり、全員飛ばされてしまったのだった。
偶然とはいえ、気持ち悪かった。
今日、ダ・ビンチ・コード下巻を借りてきて読もうと思っているが、また何か起こるのではないかと戦々恐々している。な〜んておもっていると、よくないかもねえ。
この前、また金縛りになりそうだったので、そのおしてきている物体?を少し両手に挟んでつぶした。
つぶせるらしいので、今度もつぶせるものならつぶしてやろうと思っている。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像
» 輪君再び (2005年10月25日)
アイコン画像ノリコ
» 輪君再び (2005年10月25日)
アイコン画像★ぽ★
» ありがとう (2005年09月30日)
アイコン画像ノリコ
» ありがとう (2005年09月30日)
アイコン画像★ぽ★
» ありがとう (2005年09月29日)
アイコン画像ノリコ
» ありがとう (2005年09月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sanukinoruru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる