春になりましたね〜 

2005年04月09日(土) 22時59分
さくらのつぼみが日に日にふくらんでいる。
長く寒い冬を、小枝にしがみつくようにして耐えつづけてきたのが、
きょうこのごろはふっくらと色づいて、花ひらく日の喜びを春風に託している。
桜花らんまんを待って浮かれるのもよいけれど、色づくつぼみを仰いで、
その耐えてきた日々をそっとねぎらうのも、また人間らしい思いやりであろう。
人の歩みの花ひらくのも、長く辛い忍耐の末にあるのかも知れない。
だからこそ、耐えぬいた人生の開花を見るとき、人は惜しみなく賞讃をおくる。
しかしまた、未だ花ひらかず、じっと人の世の寒風に耐えているささやかな歩みに対しても、心をこめたいたわりとはげましを与え合うのも、人間だけができる思いやりの世界であろう。
人の心が乱れてくると、ともすれば耐えることを忘れ、讃えることを忘れ、
いたわりとはげましの思いやりも忘れがちになる。
そして人の世の乱れはさらに増す。
せっかくのこの季節、さくらのつぼみを仰いで、しばしわが心を省みたい。


って誰かが言ってました。すごい!! いい事言いますね。

花見の季節ですね、あまり暴れすぎませんように・・・
暴飲暴食は控えめに・・・
ゴミはもって帰りましょう・・・
道端に栄養をあたえないように・・・
けど、かなり楽しそう。。。

転びすぎかな。。。 

2005年03月25日(金) 0時35分
「七転び八起き」という諺がある。
何度失敗しても、これに屈せずふるい立つ姿をいったものである。
人生は長い。世界は広い。だから失敗もする。悲観もする。
そんなとき、この諺はありがたい。
だが、七度転んでも八度目に起きればよい、などと呑気に考えるならば、これはいささか愚である。一度転んで気がつかなければ、七度転んでも同じこと。
一度で気のつく人間になりたい。そのためには「転んでもただでは起きぬ」心がまえが大切。この諺は、意地汚いことの代名詞のように使われているが、先哲諸聖の中で、転んでそこに悟りをひらいた人は数多くある。
転んでもただでは起きなかったのである。意地汚いのではない。真剣だったのである。
失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたほうがいい。真剣ならば、たとえ失敗しても、ただでは起きぬだけの充分な心がまえができてくる。
お互いに「転んでもただでは起きぬ」よう真剣になりたいものである。



同じ失敗はかなりの確立でおこしております。しかもこまごましたものばかり。

まったく・・・ 成長していない最近かも・・・ しかも簡単に起きてるかな・・・
もうちょっと真剣になろぉーっと。
早く元気になーれ。

ヤプログはじめました。。。 

2005年03月20日(日) 22時37分
今日は初めてヤプってみました。
とりあえずこの間、友人から気に入った詩とか、記事のメールを配信される一人に参加しました。

ので、ちょっとのせてみますね。
これから送られてくるのは 詩人、偉人、経営者などのものなどらしいです。

ぱさぱさに乾いてゆく心を人のせいにはするな。
自ら水やりを怠っておいて。
気難しくなってきたのを友人のせいにはするな。
しなやかさを失ったのはどちらなのか。
苛立つのを近親のせいにはするな。
なにもかも下手だったのは私。
初心消えかかるのを暮らしのせいにはするな。
そもそもが、ひよわな志にすぎなかった。
駄目なことの一切を時代のせいにはするな。
わずかに光る尊厳の放棄。
自分の感受性くらい自分で守れ、ばかものよ。



今日の朝。
電車が少し遅れてきてイライラしてました。もう少し早く起きればよかったのに・・・

売店にて。
雑誌買ったときに、おつりが560円なのに、100円玉を5枚.10円玉6枚 渡されてがっかりしました。
小銭の数が増えたただけなのに・・・


明日は早く起きよーっと。






2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像亜希子
» 転びすぎかな。。。 (2005年03月25日)
アイコン画像E
» ヤプログはじめました。。。 (2005年03月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sangpon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる