産後ダイエットについて

産後ダイエットでは、妊娠中の大きくて重いお腹をしっかり支えるために、ついてしまった下半身の脂肪。
出産してお腹のぽっこりは戻らないし、お肌はプヨプヨでむくみやすくなってしまった・・・。
それに体力が回復しなくて、貧血気味・・・。最近、抜け毛が気になって・・・。

というような産後のママのお悩みをお助けできるように
産後ダイエットの方法や様々な情報を紹介していきたいと思います。

産後ダイエットとは

産後ダイエットとは、妊娠・出産で産後太りしてしまった身体を、
食事・栄養・体操等でシェイプアップして、
産後6ヶ月以内に妊娠前のスタイルに戻すダイエット方法のことをいいます。

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)が活発になり、赤ちゃんに栄養を与えようとして、
食欲が旺盛になり、脂肪が蓄積されやすくなります。
また、妊娠中は運動ができませんので、どうしても消費カロリーが少なくなったり、
筋肉が減少することで、太りやすくなってしまいます。

妊娠中の体重増加の目安は8キロ程度が理想ですが、
痩せていた人は10キロ以内、太っていた人は5キロ以内が目安とされています。

妊娠中に太った脂肪は、通常の脂肪とは違い、水分が多いさらさらな状態の脂肪といえます。
この脂肪がさらさらな状態の時を逃さずに、
産後ダイエットを成功させると、そのあとのスタイルを維持しやすくなります。
逆にいうと、産後6ヶ月以内にダイエットに成功できないと、
なかなか体重が戻らなくなり、あとで苦労することになるようです。

 

産後太りの原因はどういうところにあるのでしょうか?
原因を知ることで、産後ダイエットが成功する近道になると思いますので、
いくつかの原因をあげてみたいと思います。
産後太りの原因としては、妊娠中の影響が、産後まで残ってしまうことが多いようです。

  • 基礎代謝量の低下
    妊娠中は、どうしても運動不足になりがちで筋肉量が減少しています。
    減少した筋肉のかわりに、脂肪の割合が増え基礎代謝量が低下しています。
    産後の体は、カロリーを消費しにくく、太りやすい体質に変化している可能性が高い為。
  • 食生活の変化
    授乳することで、摂取カロリーの多くは新生児に与えられます。
    その生活習慣が残り、授乳期が終わっても
    そのままの食事を続ける方も多く、そういうケースは当然、
    摂取カロリーがオーバーしてしまいます。
  • 骨盤のゆがみと開き
    出産の際、骨盤は開きます。開いた骨盤の矯正を行わずに、
    開いたままでは、骨盤の中には胃や腸が落ち込み、下腹部が大きく出たり、
    お尻が大きくなりやすく、体脂肪率が増えるたりするようです。
  • 腹筋のゆるみ
    妊娠期間の長い間、伸びた状態になっていた腹筋は、
    出産後も元の状態にはなかなかもどりません。
    腹筋は本来、内臓を守る役目をしているのが、その機能を十分に果たせなくなるため、
    身体は皮下脂肪を蓄えることによって内臓を保護し、
    産後おなかの周辺に脂肪がつきやすくなるようです。
  • 以上のような点が産後太りの原因に挙げられるようです。
    これらの原因をふまえ、産後ダイエットがどういうものかを、紹介していきたいと思います。

    産後ダイエットとは、妊娠・出産で産後太りしてしまった身体を、
    食事・栄養・体操等でシェイプアップして、
    産後6ヶ月以内に妊娠前のスタイルに戻すダイエット方法のことをいいます。

    妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)が活発になり、赤ちゃんに栄養を与えようとして、
    食欲が旺盛になり、脂肪が蓄積されやすくなります。
    また、妊娠中は運動ができませんので、どうしても消費カロリーが少なくなったり、
    筋肉が減少することで、太りやすくなってしまいます。

    妊娠中の体重増加の目安は8キロ程度が理想ですが、
    痩せていた人は10キロ以内、太っていた人は5キロ以内が目安とされています。

    妊娠中に太った脂肪は、通常の脂肪とは違い、水分が多いさらさらな状態の脂肪といえます。
    この脂肪がさらさらな状態の時を逃さずに、
    産後ダイエットを成功させると、そのあとのスタイルを維持しやすくなります。
    逆にいうと、産後6ヶ月以内にダイエットに成功できないと、
    なかなか体重が戻らなくなり、あとで苦労することになるようです。

    産後ダイエットを行ううえで注意しなければならないのが、
    普通のダイエットとは違い、カロリー抑えることでダイエットをすれば、
    基礎代謝をさらに低下させて、痩せにくいカラダになってしまいます。

    産後ダイエットで大事なことは、妊娠中の運動不足などにより、
    妊娠前に比べ衰えてしまった筋肉の回復と、歪んでしまった骨盤の矯正、
    落ちてしまった「基礎代謝」を元に戻すことが一番大切なこととなり、
    また、失われがちなカルシウム等の補給も視野に入れて、
    栄養バランスを考えた食事をしっかりと摂らなければなりません。

    では、これからは実際に産後ダイエットはどういうことを行えばいいのかを
    いくつか例をあげて紹介していきたいと思います。

    産後ダイエット 方法には、前出の産後太りの原因であがった、
    それぞれの要因にそった、産後ダイエットの対処法(アプローチ)が必要となってきます。
    当然、個人個人でもその要因は違いますので、
    ご自身の産後太りが、どのような要因で起こったものなのかをチェックしてみてください。

    基礎代謝の低下による要因
    産後ダイエットだけに限った事ではないが、ダイエットをするにあたって
    まず、気にしなければいけない事として基礎代謝・新陳代謝がある。
    基礎代謝とは運動によって消費するエネルギーではなく、
    通常の生活において消費されるエネルギー量の事をいう。

    ダイエットの原理でいえば、日々、消費するカロリーよりも、
    食事などで摂取するカロリーの方が少なければ痩せるという事になりますので、
    産後ダイエットを成功させるには、食事で摂るカロリー以上に
    消費するカロリー量を増やす必要があります。

    出産で衰えた基礎代謝・新陳代謝を上げ、活発な状態に戻すために、
    体操やマッサージで体の様々な部位に刺激を与えることからはじめます。
    最初から急激な運動をするのではなく、ウォーキング等の
    あまり体に無理のかからない軽い運動からはじめてみてください。
    家にこもりっきりではなく、赤ちゃんを連れて外にお散歩に出るだけでもかなり違うので、
    徐々に筋肉をつければ基礎代謝がアップし産後太りも防ぐことが出来ます。

    また、良質のタンパク質を摂り、筋肉をつける事が産後ダイエットには重要で、
    タンパク質は、肉類よりも魚から摂った方が脂肪が蓄積されにくいといわれています。


    具体的に効果のある方法はこちらから・・・