M&Aに対する時代に沿った見方

November 21 [Thu], 2013, 14:47
昔から企業経営にあたっている方の中には「M&A」という選択肢を勧められたときになかなかそれに積極的になれないことがあります。

それはいったいなぜなのでしょうか。きっと昔からのイメージとして「M&A」というのは企業乗っ取りとか非常に強引なものという印象が強いのかもしれませんね。

ここでぜひとも考えたいのはそのM&Aに関する正しい見方というものです。きっと皆さんの役に立つことですのでしっかり時間をかけて考えてみましょう。

まずM&Aというのは法律で求められている企業活動の一つなんです。さらに日本の市場においても企業発展に役立っているという事実を見過ごしてはいけません。

世界に目を向けるとこのM&Aというのは本当に長い歴史を持っています。ですから日本の経営者であられる皆さんがもしこのような動きについていけないとしたらきっと日本の経済成長というのは滞ってしまうのです。

さらに皆さんの経営者としての「責任」ということを考えてみましょう。当然のことながら企業を守るのが皆さんの仕事ですね。

しかし株主を本当に満足させるには「結果」を「利益」という仕方で出す必要があります。ですからこの点でM&Aを利用しない手はないのです。

M&Aによって得られるものはなんでしょうか。まず、膨大な労働力ですね。さらに販売網や技術といういったものもあります。

ここ数年、利益が思うように上がっていなくてもこのM&Aが企業のカンフル剤というなることを十分に考えておかなくてはいけません。

さらに株式上場をしているのであれば、自分たちがいつそのM&Aの対象になるかも分かりません。ですからM&Aに関してしっかりとした知識を身に着けておくことが必要です。

企業サイズの小さい会社はその買収資金も比較的少額で済むため、M&Aの市場で非常に人気があります。

このような企業買収にほとんど精通していないと今まで築いてきたものをあっという間に奪われてしまうかもしれません。

しっかり自分からM&Aを行い、得た資金で多角経営を目指すということも今の経営者に求められることなのです。ですからぜひ近年行っている日本での企業買収や合併のニュースを今一度振り返ってみてください。

そこには皆さんの企業がつぎの時代を生き延びていく色んなヒントが隠されているのです。まもなく、M&Aについていけない会社はますます立場が弱くなっていくことでしょう。

今からそんな会社の一部にならない準備が必要なのです。

税理士事務所の規模とサービス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sandora4238
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sandora4238/index1_0.rdf