リゾートのすごし方 

2005年10月30日(日) 21時31分
先日、連休を利用してバンコクから車で4時間のホアヒンにいってきました。
タイにきてから、リゾートにいく機会が増えましたが、ずいぶんすごし方も変った物だと思います。
最初はシュノーケリングなどのマリンスポーツやオプションツアーに出かけた物ですが、今はホテルでゆっくりするのが定番です。
欧米人はよく、プールサイドのパラソルの下で本をよんだりしていますが、回数を重ねる毎に私達もそれに近いすごし方をするようになりました。
そして、スパでマッサージしてもらったり、食事をゆっくりとったり、とにかくゆったりとした時間をすごします。
今回行ったホアヒンはもともと、あまり海に入るという感じではなく、リゾートの選び方も、海のきれいなところというよりは、ホテルの部屋や設備がいいところと言う感じになってきました。
プール付きの部屋で、お風呂も露天というなんとも贅沢な部屋で、ゆっくりしてきました。

新記録(2) 

2005年10月10日(月) 18時06分
次に心がけたのは、ボギーを軸にスコアを考えること。
今までは、ダブルボギーを中心に以下にスコアをマイナスできるかで、100をきりたいという思いがありました。しかし、そうするとどうしてもダブルボギーが多くなってしまいます。
そこで、ボギーを軸に考えることにしました。要するに90を目指すゴルフになるわけですが、それを目指して、ミスをしてようやく100を切れるんだな、と実感しました。
例えば、400ヤードのパー4。私は飛距離が無いので、400ヤードを2オンするのは至難の業です。よって、よくても3オン2パットになってしまいます。ボギーを軸に考えると、400ヤードのパー4はスコアを下げることはできませんから、守りのゴルフになるわけです。つまり、ドライバーも2打目も無理せず打てば良く、怪我をしないことが重要になってきます。
昨日も3オン2パットの連続でしたが、それでいいわけです。中には運良く1パットで入ることもあるでしょう。

そんな感じで、昨日は自己ベストの97(過去98 今年の2月)を記録することができました。過去のベストはかなり運に助けられましたが、昨日のは確実な97でしたので、大満足です。

新記録(1) 

2005年10月10日(月) 17時46分
ご無沙汰してました。
最近、このブログはゴルフの記録みたいなものになってきましたが、今回もゴルフの話題です。
昨日、二人で行ってきました。Sさんのご両親と一緒に行ったバンパコンリバーサイドです。ここはフェアウェーが広くて気持ちよくラウンドできます。

この日は二つの課題を持ってラウンドに望みました。

一つは、スイングのリズム。
これは先週NHKで見た日本女子オープンの中継で得たヒントです。
宮里藍選手は、低身長ですが、ドライバーの飛距離は260ヤード以上ですね。
彼女のスイングを見ていると、実にバックスイングはゆっくりです。
そして、一気に腰から切り返してヘッドを走らせている。
このリズムは見習うべきだと思いました。
素振りの結果、私のリズムは1、2、3、4です。
1で、左ひざを右ひざにひきつけます。こうすると腰がまわしやすくなるのです。
2で、左手主導でバックスイングをゆっくり始動します。
3までかけて、トップを作っていきます。
1で腰がまわしやすくなっているので、トップまではスムーズにできます。
そして4で腰から切り替えして行きます。
やってみてわかったのですが、やはり4の腰から切り返すの部分は練習が必要です。
ただし、これはドライバーのティーショットから、20〜30ヤードのアプローチまで同じように適用できます。おかげで60ヤード以内のアプローチは全てオンしました。

(つづく)

パター 

2005年09月11日(日) 18時48分
Sさんのお父さんから、パターを頂いた。
ODYSSEY 2BALL。
使い始めたばかりで、まだ距離感はよく分からないが、操作性は抜群。
何が違うのかよくわからないけれども、精神的な要素が大きいゴルフにおいて、この理由のない安心感は重要です。

今日は一日家にいて、練習マットで試し打ちをしました。
今日の目標はマットの端からカップインさせる事。
ショートは禁物という気持ちでやりました。

やっているうちに、このパターに指向性の良さを活かすには、以下のようなパッティングがいいように思われました。
@ボールとカップ(狙い方向)にフェイスを合わせる際に、左手だけでグリップを持つ。
A右手を添えるが、クラブの重さは左手で支える。
Bヘッドを地面から浮かす時も左手で浮かす。
Cバックスイングも、左手で真っ直ぐ後ろに押し上げる。
Dスイング中は、あごを残す感覚で、バックスイングと同じ触れ幅だけフォローする。

これで、かなり安定するようです。

家族ゴルフ 

2005年09月05日(月) 15時40分
昨日、Sさんのご両親と家族ゴルフなるものに行ってきました。

朝方は曇りで、ゴルフとしてはいいスタートになりました。
Sさんのお母さんは、今回がゴルフデビューです。
この日のデビューのために練習を重ねてこられました。
スタートはイン。このゴルフ場のインのスタートホール(10番)は、いきなりクリーク水越えです。
練習場では、7番アイアンとウェッジとパターを練習していましたが、ドライバーは初めてとのこと。
まぁ、だめでもともと、やってみようということになりました。

そして、スタート。
私、お父さん、Sさんとなんとか何事もなく?ティーショットを終えて、お母さんの番です。
正直、ちょっとドキドキしました。
素振りをして、記念すべき初ショットは、見事に水のクリークを超えました。
1ホール目は、アイアンショットがトップしたものの、2ホール目以降はかなりまっすぐ前に飛びはじめて、初めてのラウンドはまずまず楽しい良いものになりました。

先程、何事も無くティーショットを終えたはずのお父さんの球は、しかし、いきなりロストになってしまいましたね。キャディーが見ていなかったんですね・・・
その後は、まずまず快調にラウンドして、前半46。
最初は、100を切れればとおっしゃてましたが、なんのなんの、90を切るのも夢じゃない。
後半は、バンカーからのロングショット(恐らく170ヤードくらい?)をグリーンオンさせて、バーディーチャンスを作ったりと、ますます好調キープ。
なんと、最終直前の8ホール目までで、35!このままパーで上がれば40です。
余計なプレッシャーは禁物と、黙っていましたが、上がってみたら最終9で、44。
ちょっと残念でしたが、見事にTotal90で自己ベストとのこと。(ロストがなければ、89)
次回金曜日が楽しみです。

Sさんは、アプローチに課題を残したものの、ティーショットが今日はまっすぐ飛んでいました。
私もティーショットが好調で、パー3でピン傍30cmくらいのところに寄せて、久々のバーディーをとりました。スコアも99と久々の100切り。後半ハーフは48で自己ベストです。

金曜はどうなりますやら。

切り返し 

2005年08月11日(木) 23時43分
スイスの話はちょっとお待ちください・・

今日、またゴルフの練習に行ってきました。
先日のコンペで、ウマい方とラウンドし、その中で得たヒントを確認するのが今日の課題です。そのヒントとは、バックスイングの時の切り返しです。
今までも、切り返しのタイミングは下半身でとるということはわかりかけてきましたが、何か今ひとつしっくりくるものがありませんでした。
実はここのところ、3ラウンドくらい調子をくずしていて、ひっかけ病にかかっていました。
その原因は、他の人と一緒に練習に行ってみてもらってわかりました。
バックスイングの際に、腰がしっかり回っていなかったのです。
まわすために、今までは左足かかとをあげて対応していましたが、この縦の動きはゴルフの回転方向とマッチしませんでした。その人のアドバイスは、左ひざを右ひざに寄せる、という物でした。
確かにこれは効き目がありました。

そして、臨んだコンペ。
最初のうちは、ウマくいかず・・・でしたが、あることに気が付きました。
腰をまわすだけでなく、右腰にかなり強い張りを感じるようにまわすことが大切だと言うことです。
これは、今まで悩んでいたバックスイングのトップを決めるものでもありました。

今日はとにかく、ゆっくり腰を回し、右腰に張りを感じたところで、切り返す。
腰を左に一気に切り回す。
最初はうまくいきませんでしたが、だんだんタイミングがわかって来ました。

注ぎのラウンドでは、右腰の張り、をテーマにしたいと思っています。

swiss 

2005年07月28日(木) 23時07分
Sさんが、スイスに行ってきました。
ルツェルンの街

とても美しそうです。
つづきをお楽しみに。

パター 

2005年07月24日(日) 10時27分
先日も書きましたが、最近グリーンオンする位置がピンから遠いため、パターが課題です。
私がもっているパターは昔ながらの物です。
パターはまずは距離感だということを、会社のシングルの先輩に聞きました。
曰く、『前後に5mずれることはあっても、左右に5mずれることはない』とのこと。
さらに、『穴を中心に半径1mの円を考えて、そこに入れる』
できれば、『中心よりも向こう側に届くように打つ』
そうすれば、最初に読んだラインが正しければ、カップインもしくはOKの範囲内に到達する、というアドバイスです。

さて、最近の悩みは、この距離感です。
私の距離感はパターの振り幅でコントロールしています。
あとは振り子の原理です。
距離をある程度歩幅などで測っておいて、あとはそれにあった振り幅でスイングする。
しかし、ロングパットはこの振り幅が大きすぎて、スイングの幅と軌道が必ずしも安定しないのです。
ウマい人を見ていると、狭い振り幅でウマく寄せています。

昨日、日本からの来客があり、夕食をお供しました。
私が行っている会社の社長はもともとはシングルだったツワモノです。
他の人もパターはうまそうで、話題はオリンピック。
ポイント80台の人もいて、大変な盛り上がりです。
皆さん、人に教えるのがお好きで、パターも設備投資が必要だと。

いわゆるマレット型というヘッドが後ろに大きく張り出し、ゴルフボールのような円が二つ描かれたものを薦められました。
当然ヘッドが重いため、運動量が大きくなり、振り幅が小さくても距離が出る、慣性が大きいためスイングも安定する。
宮里藍選手も使っていますね。

どうしようか、考えています。

最近 

2005年07月24日(日) 10時15分
最近、テロや地震、大事故など大きなニュースが多いですね。
これらを聞いていてい思うことは、バンコクはこうした危機に直面しやすいということです。

テロですが、ロンドンでは地下鉄・バスが狙われました。
シャルムエルシェイクでは観光用のホテルや市場が狙われました。
ちょっと前になりますが、バリのディスコも狙われたことがあります。
これらは全て観光都市バンコクに当てはまります。
地下鉄は開通しましたし、観光客が訪れる観光スポットやナイトバザールなどの市場もあります。各国人が集まるディスコなどもあります。
そして、バックグラウンドとして、深南部の問題があります。

おそらく大きな地震はありませんが、もしあれば耐震構造になっていない鉄筋コンクリートの高層ビルは総崩れでしょうね。

だからといって、何ができるというものでもないでしょうが、他人事でないという意識だけは常にもっていることが重要ではないかと思います。

タイの祝日 

2005年07月23日(土) 10時31分
昨日22日はタイの祝日でした。
Budhist Lent Dayという仏教関係の祝日です。
祝日を利用して、
8:00からゴルフに行ってきました。メンバーはSさんの友達のKさんとSさん、Mの3人。
気楽にラウンドできたこともあり、風邪があってさほど暑くなかったこともあり、
皆さんまずまずのスコアでラウンドできました。
Sさんは117、Mはベスト2位の100です。

ちょっとスコアを分析してみましょう。
98がベストですが、この時はグリーンオンまでが66、パターが32でパターでの取りこぼしが全くありませんでした。
今回はグリーンオンまでが62、パターが38でパターの調子が決してよくありませんでした。
今後の最大の課題はパターでしょう。
それは、私の平均はだいたいダブルボギーですが、その内容が変わってきたからです。
今まではアプローチに課題があり、例えばパー4では4オンが多く、2オン3オンは少なかったのです。そうすると最後にグリーンの近くからオンする際にピン傍に寄せることができました。
最近は3オンする機会が増えましたから、70〜120ヤード位からグリーンオンするようになっため、ロングぱっとが増えたのです。
ゴルフとは面白い物で、スイング改善による距離延長がかならずしもスコアに繋がらないのですね。
ただ、今のスイングになってからは今日の100がベストスコアで、ほぼこのスイングで今後は安定させていきたいと思っています。
ドライバーのティーショットも道具のお陰で大怪我することが無くなりましたが、もっと安定させたいですね。

ゴルフが終わってから、なんと初めて足裏マッサージに行って来ました。
家の近所ですが、非常によかったです。
元来マッサージが嫌いな私でも気持ちよくうけることができました。

そのあと、お土産のワインを持参してイタリアンで夕食。
Kさんの旦那さんも合流してくれ、楽しい一日になりました。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sandmfamily
読者になる
Yapme!一覧
読者になる