suki 

June 24 [Sun], 2007, 11:58
先週、多分壁が崩れたんだ。

雲の上の存在じゃなくて、
すごく近くなって。
身近になって。

だから、もぅ無理だ。

誤魔化せなくなってる。

今までどおりでいいなんて、きっともぅ無理。
都合よくてもいいって甘んじていられない。
かまってもらえるだけでいいなんていっていられない。


ワガママだから。
期待だけいっぱいしちゃうから。
きっとどっかで押さえてたんだ。

進みたかったけど、いいって思ってたんだ。

でももぅ無理。

好き。

ごめんなさい。
でも、好き。

dubious 

June 17 [Sun], 2007, 12:04
これって一体どんな関係なんだろうね・・・

一歩踏み出したら、
前に進めるのかな。
全て壊れるのかな。

なんだか、今のままでもいいんじゃないのって
ほわほわ、何も出来ないでいるよ。
でもこれって、やっぱり都合がいいのかしら・・・


飲みに行って、朝いっしょに過ごすのが
定番になりつつあるような・・・

今日、何もなかったら、どうするつもりだったんだろうね?

別にしたにいるのに、持ってくなんて。
来たかったの?って言いたくなっちゃうじゃん。
でも、きっと怪しまれてるよ?


少しずつ少しずつ、この場所に、
彼の範囲が広がっていってる。
心と同じように。

そばにいると、
不信感も何もかも飛んでく。
ここにいる存在だけ信じていればいい。

離れた途端、
むくむくと湧きあがってくるけど。


今日はちょっとだけ?わがまま言ってみた。
どう思ったんだろう?

でも、「またね」の言葉は、
信じてもいいんだよね?

矛盾 

May 14 [Mon], 2007, 21:23
眼鏡かけてるときのほうがよく笑う。
それは接客モードだからかもしれないけど。

素のときでも、普通に笑うんだろうけど、
話しながら笑ってるけど、

出来たら、あたしを見て微笑んでほしい。

まだ、笑顔以外の顔に余りなれてないのかな。
素の表情は、つかみどころがなくて、
ちょっと怖くなる。

でも、偽りは嫌なの。

どうしたらいいんだろう。

どんなあなたも、全て、
大きく受け入れられたらいいのに。

reasons of tears 

May 13 [Sun], 2007, 7:30
「意地悪するから」
なんて言っちゃったけど。

それだけじゃないよ。

そりゃ、
「それまでキスはダメ」なんて言うから。
悲しくて、悲しくて。
切なかったけど。

好きな気持ちが大きすぎて、
愛しい想いが溢れてきて、
涙にしかならなかったんだよ。

そんな時に、
どさくさに紛れて、
そっと、
名前呼び捨てにするなんて、
反則だ。

ずっとずっと、呼ばれたかった。
もっともっと、近くになりたかった。

ずるいよ。
こんなタイミングで。

だから、余計に
切なくなるじゃない。

甘美 

May 13 [Sun], 2007, 5:55
1秒前まで、
笑顔で、明るい声で、
「お!?ゴメンねぇ」って
言ってたくせに。

急に、
真面目な顔して、声のトーン落として、
人から見えないトコで、
「今日いっしょに帰る?」なんて。
殺す気ですか。


「じゃぁどっかで待ってて。」って
そんな風にいわれたら、
きっとあたし、
地の果てで、世の果てまでも、
あなたを待ってるんじゃないだろうか。


甘美な響き。
切り取って、永遠に残しておきたいくらい。

completely 

March 25 [Sun], 2007, 8:12
もぅダメだ。分かってたけど。
ホントはとっくに分かってたけど。

オチてる。


きっとどこかで期待してた。
夢なんだって思いながら期待してた。

夢なんかじゃなくて。

信じようって思ったけど。


やっぱり気になるのは亜貴のこと。
きっと違うって、思うのに。
疑ってしまう。

こんな時間に電話って誰?何?
いろんなことを知ってる人じゃないの?って。

醜い。


信じていればいいのに。
人のことなんて言えないのに。

きっともぅ完全にオチてるから。

夢か現か 

March 22 [Thu], 2007, 21:58
なんだか全てが夢か嘘みたいに思えてきた。
現実味がないんだよ。

だって!!あの大ちゃんとなんて!!


大ちゃんといっちばん最初に会ったのはもぅ3年位も前で。
あたしが夜のバイトを始めた時だった。
大ちゃんはあたしが入ったバイト先にいたらしいけど、
その時には上のお店にいて。
でも、諸用事で下に来てたりして、見てたし、
たまにうちらが上に行ったりして、すこーしだけはなしたこともあった。

その時から、カッコいい人だなぁ。笑顔がステキだなぁって思ってた。

でもそれからしばらくして、秋ごろに大ちゃんは上のバイトもやめてしまって、
それくらいしか接点のなかったあたしはそれから先の消息を知るはずもなく。


再び会ったのは、それからさらに半年とちょっとくらい経った後。

Hと飲みに行って、初めて連れて行ってもらったバーに大ちゃんはいた。
あたしはすごい興奮して、自己紹介とかしたのに、
大ちゃんのほうはといえば、全く覚えておらず、すごい悲しかった↓↓

それから、そのお店にたまーに行くようになったけど、
多分大ちゃんからしたら、ずっとHの連れの人、見たいな認識で、
なかなか名前も覚えてもらえなかったし。

それがここ半年ほど、ちょーーーーとずつ話したり出来るようになって。
それでもあたしはすごく緊張して。
仲良くって感じではあんまりなかった。

誰か他にも友達がいて、その子たちが親しく話してる間には入ったり出来たけど、
個人的にはやっぱり緊張しまくってて。

今年に入って、だいぶ砕けれるようにはなってきたけど、
ついこの間、オール明けに一緒に帰って。(家が結構近いから)
そのあとにも、今度は自転車で送ってもらって。
その日にケー番とか交換して。
まだ1週間も経つか経たないかくらいなのに。


なんでこんなことになったんだろう?

でも、最初からあたしには大ちゃんは好印象で、
多分ずっと緊張してたのも、へんなことして嫌われたくなかったからで。
それが恋愛かといわれたら、また微妙だけど、
本当に憧れみたいな感じで、好きだったんだと思う。

だから。

拒めるはずもなく。

まぁ多少強引にされたのもあるけど。


でも、あたしの方はそんな感じだけど。
どうして大ちゃんは?

きっと向こうにとって、あたしはそんなに大きな存在ではなかったはずなのに。


だから、全てが夢みたいで。
でも、夢ならいい夢だ。
おいしいじゃん。
あたしが傷つく必要もない。

そぅ。
向こうも酔っ払ってたし、
鳥目でよく見えなかったし、
そういうのが重なったんだ。

それでもいいじゃん。
いい夢じゃん。

大事な大事な、ステキな夢。

そう思っていればいいんだよ。

addicted...? 

March 22 [Thu], 2007, 17:28
考えちゃダメだって、思えば思うほど、
昨日のこと、ぐるぐる頭の中で回る。

思えば変な夜だった。
本能と理性が次々と入れ替わって。

普通に話もいっぱいした。
珍しく、大ちゃんが自分のことをたくさん話してた。
多分、ホントに珍しいんだと思う。
どうしたんだろうか。


「いつもどっか満たされないんだよね」
「常にぽっかり穴が開いてんの」

いつもどおり飄々としながら少し寂しそうな目で言った。
ナンパの常套句だといえば、そうなのかもしれないけど。


「オレ、気に入ってる子にしかこんなことしないよ?」

そりゃ、嫌いな人にはしないでしょうけど。
その気に入ってる子ってどぅなのさ。
別にすきって言われたわけじゃないし。


そしてあんなに手やらなんやら早いとは思わなかった。
男、なんだよね。やっぱ。
なんだかんだ言って。

そぅ、自分で言うとおり。


考えれば考えるほど、ハマっていってるに決まっているのに、
グルグルから離れられない。

もしかしたら、全部嘘かもしれない。
でも、あの言葉とまなざしを信じて、
まぁなるようにしてみてもいいのかもしれない。

そうやって少しずつ蝕まれていってる。

First Love 

March 22 [Thu], 2007, 0:54
♪最後のキスはタバコのflavourがした〜
 苦くて切ない香り〜♪

まず最初に頭に浮かんだのは
ヒッキーの歌だった。

最後じゃないんだけど。


実は見透かされていたんだろうか。
ずっとずっと、ひそかに気になってたことに。

優柔不断なあたしは、
そのうち押し切られそうで怖い。

そう、怖いんだ。

大人ってヤツ 

March 22 [Thu], 2007, 0:39
ありえないことが、現実になる世の中。

どうして?とかなんで?とかいろいろ聞きたかったけど、
聞くのも怖くて聞かなかった。

そういうのが大人なんだろうか。

わかんない。

無邪気に信じるのは子供なんだろうか。大人なんだろうか。

いつか訪れるかもしれない、『嘘』を受け入れる器を作って、
今は無邪気に信じられるならいいのかもしれない。

ただ、怖いのはあの人を傷つけること。
もぅ同じことは繰り返さないって決めたのに。
P R
↓click please↓
 0574 W.S.R

2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sandm/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sandm
読者になる
Yapme!一覧
読者になる