ついに見つけた。 

November 23 [Wed], 2005, 17:22
ガーンという衝撃だった。 
 
今まで、なんとなく描いていたものが形になった気がした。 
 
「一次情報を取材するブログ。」  GripBlog  

ドメインも取ったし、デザインソフトウェアを買う貯金もできた。 
 
アメリカ・カリフォルニアで、自分なりにはじめてみようと思う。  
 
有言実行 ・・・数少ない私の得意技。 

児童レイプ 

November 12 [Sat], 2005, 12:03
幼児の性的虐待のリサーチペーパーで 
資料集めをしてたらこんなのみつけました。
U.S.A オンラインチャットルームでの実態。

Online Predatorの中には、高校教師、ユダヤ教の指導者(ラビ)、
ERの医者までもいました。
普段の生活では、収入も安定して、家族もいる人たちなのになぜ・・。
その怪奇なチャットの様子と、捜査されたときの言い訳などは
こちらのサイトから見れます。
(写真をクリック)


 病んだ大人は本当怖いわぁ。

未来のCSULB 

October 19 [Wed], 2005, 12:46
Reportingのクラスで、CSULBの次期校長候補の一人 
Wilson G. Bradshawさんについて調査しました。 

  黒人として生を受けた彼の家庭環境、 
政治への関心、キャリア、そして、今までどれだけの額の
Fund Rasing(資金調達の活動)をしてきたかを徹底的にリサーチ
 
彼が去年まで校長だったミネソタの大学は、生徒の平均年齢が32歳
生徒の数はCSULBの3分の1、そしてすでに社会で活躍
している人たちが通う大学。
そんなギャップがある中で、彼がどれだけ資金調達に貢献できるか、
他民族で有名なマンモス校CSULBの校長しての度量はあるのか・・
という点を中心に、ディスカッションしました。
自分の通う大学の組織部分に目を向けるって
大事ですよね。自分だけじゃできなかったと思います。
誰が校長になるかによって、私たちの授業料や
授業の質にも影響してくるんですものね。
生徒の気持ちを良く考えて金取りに走らない大学にしてほしいものです。


家に帰ってきて、ネットビジネスで成功するにはのサイトを読みました。
成功する人っていうのは常に5年、10年先を見込んでますね。
ビジネスの基本はやっぱり顧客のニーズにどれだけ答えられるか。
やっぱこれに尽きるみたいですね。 
リンク先のグラフによると、オンラインショッピングでは、
図書・雑誌が一番人気ですね。 
ホテル・旅行予約も、将来伸びそうな分野のようです。
ディズニーランドの近くに住んでいるのだから、日本人旅行客向けに
タクシーサービスなんかどうだろう。ホテルで困ったときに通訳して
あげるっていうのもビジネスになるかなぁ?
なんて、テスト前日に考えることじゃないかぁ(笑)

日曜日の過ごし方 

October 16 [Sun], 2005, 4:50
今日の朝、Los Angels Timesが届いた。
先日、新聞の勧誘にきたメキシカンの少年から買ったんです。
新聞なんて読んだことないくらい若い男の子が
新聞を売ろうと説明してくれる姿に心打たれた私。
(少年の必死な勧誘は同情を誘います
15週間$15っていう一番安いパケットのものを買ってあげました。

実際、ジャーナリズムのクラスで新聞を読むように
催促されたから、これもなにかの縁ですね。

早速ペラペラと目を通しましたが、広告の量にびっくり
チラシをすべて取り除いたら、中身は意外に薄い!?
それでもさすがLAで一番メジャーな新聞だけあって、
時事、ビジネス、スポーツ、文化、アート、コミック、不動産、旅行・・・
かなり徹底的にカテゴリーわけされてます
日本ではないことだよね。
Internationalっていうカテゴリーがないのが残念でした。
国際的なニュースは全部時事の方に載ってるみたいでした。

いつもはオンラインでニュースチェックの私なので、
紙の新聞はかさばるし読みにくい。
何度もいうようだけど、広告が多いから、実際の記事の
存在感が薄くなっちゃってる気がする。
文字より画像の方がインパクトが強いからだね、きっと。

来週からも週一で配達される予定。
毎週日曜日はしばらく家で新聞読みに徹します。
そのうち手についた新聞臭がとれなくなるかも!!?

JICAからの尊い命 

October 13 [Thu], 2005, 8:27
去年あたりから、小泉首相のメールマガジンを読んでます。

政治をわかりやすく国民に伝えようという基本的な考えに
個人的には大賛成です!!
私はこのマガジンをきっかけに日本の政治のプレゼンテーションを
することができたし、今では毎日のニュースは政治から読むように
なりました。日本人の若者は政治に無関心だと
いいますが、興味を持つきっかけがないだけだと思います。

郵政民営化はもちろん、年金、国連へのかかわり、牛肉輸入、
国の借金などは直接自分たちにかかわる問題です。

日本の政治に興味がでると、他の国の政治はどうなんだ?とか
世界経済はどうなんだ?などとどんどん興味が広がっていくもの
なんですよね、オモシロイ

今日の記事では、JICA(国際協力機構)から派遣された、
楢原覚さん一家が巻き込まれたパキスタンの地震被災について
書いてありました。

--日本政府は、直ちに国際緊急援助隊を派遣し、テントや毛布、浄水器など
2千5百万円相当の援助物資を現地に届けました。日増しに大きくなる被害
の状況を受けて、2千万ドル(約21億4千万円)の無償支援を追加して実
施することも決定しました。
国際緊急援助隊は、救助チーム49名、医療チーム21名、警察、消防、
海上保安庁、医師、看護師、薬剤師などのメンバーからなっています。余震
がつづき物資が不足する厳しい環境の中で、早速任務にあたってくれていま
す。日本のNGOの方々も現地に入りました---。

(小泉首相のライオンはーと より)


それにしても、援助物資の資金の額がすごいですね。 災害になると我が先とばかりにお金や支援を送るのが 日本のすごいところです。加えて国連の予算負担額もありますし、
これから日本は、どれだけ国債を増やしていくのでしょうか。

ちなみに国債はこのスピードで増えているようですよ。

この数字みてたら心臓痛くなってきた・・

レストラン記事 

October 11 [Tue], 2005, 9:34
今月号のSweet Orangeに私の取材したレストラン記事が
無事に編集→掲載されました。

ロス・オレンジカウンティ(サンディエゴ)エリアに
住んでいる方、是非目を通してみてくださいね

 

ボランティア 

October 08 [Sat], 2005, 10:38
また、学校行きましたよ。

ボランティアしてきました。
夜に学会のパーティがあるみたいで、それのテーブルセッティング。
これも昨日の日記に書いたインド史のクラスのExtra creditでです。
100人くらいいるクラスなのにね、
土曜にわざわざ足を運んでたのはウチラくらいっすよ。
全部で10人くらいしかいなかったもん。
この前のペーパー、Off Topicでエッセイ書いちゃったもんで、
10ポイントのExtraでも、私にとっては大事なんです!!!
必死なんです!!

メキシカン女性に指導されながら、
テーブルクロスひいたり、キャンドル並べたり、
せかせか頑張ってきましたよー。
おかげで一仕事終わった頃には、
ジーンズの股部分裂けてましたね・・・とほほ。
車の中で気づいて、必死で隠そうとしてたら、
隣のスポットに車を止めたおじちゃんにジロジロ見られてしまいました。
そりゃ、停車した車の中でプライベートな部分をいじってたら怪しいですよね。

帰りに学校の近くのカフェでお茶&勉強してたら、
机シェアしてもいい?って白人のおじちゃん寄ってきました。

僕はDivorcedしてるんだ、このカフェには娘と息子と一緒に来たんだ。

なんて、子供がいてもおかまいなしに話かけてくるおじちゃん。
持参したパソコンの中の写真を色々見せてくれました。
アカデミーで4ヶ月ジョージアにいたんだ。とか、
今はHuntingtonの友達の家に泊めてもらってる。とか、

まぁ、よく話します。

日本・中国・アメリカの経済の話して、散々盛り上がり
宿題は半分しかできなかったけど、なかなかおもしろい会話でした。

学校通いの週末 

October 07 [Fri], 2005, 10:09
金曜夜6時@ロングビーチのキャンパス。

勉強好きがカフェテリア付近で勉強している以外に
人は見当たらない。33.000人在籍のCSULBも週末はこんなもん。

週末渋滞をくぐりぬけて学校に来たのは、
Student Theatreでのスクリーニングを見るため。
インド史の授業のExtra creditで、このエッセイ書くのね。

The making of mahatma
(ガンジーの半生をつづったドラマ)

それにしてもインド人の話す英語、わかんねぇ
パリスヒルトンに何故か少し似ている
ガンジーの妻役の人、英語の訛りひどすぎです。
現地アメリカ人の生徒からもブーイングが。

おなかぺったんこだった妻、5秒後自然分娩してるし!
エンディング音楽流れた後にだらだらと話が続き、結局2時間半も続いたし!
子役は、プロの子役じゃなくて、明らかにその辺の
インド人の子供使って撮影したカンジ。

全く一貫性のないB級映画でした。

クラスで仲良くなった友達と上に書いたような
グチをいいながら、夜道を帰る。彼女、私

10時からは香港人の友達と初のクラブ@オレンジカウンティ。
家から3分のところにあるThe Boogieに行ってきました。

軽く500人くらいはいたんじゃないかなぁ。4つのバーと5つのダンスフロア。
女の子2人で遊びにいったから、男の子がうじゃうじゃ寄って来る。
まるで磁石のようです。
人で詰まったフロアで踊ってたら、いやでも人の体にあたる。
皆盛り上がってるから楽しかったけど、
HARD ONしたモノを押し付けてくるのだけはやめてください!!
さすが18+のところだけあって、皆若かったデス。

☆23歳のバースディ☆ 

October 02 [Sun], 2005, 15:17
Irvine Spectrumモール内にあるCheesecake factory

23歳のお誕生日会しました。



2週間前に誕生日だった友達と、優花の合同バースデーランチ

友達2人がサンディエゴからわざわざ遊びに来てくれました

思っていたシュリンプパスタと違うものが出てきて一瞬へこんだけど、

皆と久しぶりにバカ騒ぎできて楽しかった

ウェイトレスさんがバースデーソングうたってくれたよ

ずっと欲しがってた映画、大好きなスタバのギフトカード、

愛のこもったScrapbook、感動のバースデーレター。



いい友達に囲まれて優花は本当恵まれてます

本当友情ってダイジって再確認できた日でした。

ダブルーCさん、Yちゃん、本当にありがとね

Film festival 

October 01 [Sat], 2005, 16:42
JETROが主催する映画フェスティバルに参加してきました。
将来映画業界で活躍することを夢見る若手フィルムディレクター
7人の8作品。1作品は10分くらいのショートフィルム。
音楽ビデオから、おとぎ話、外国人俳優さんを使ったドラマ系、
クローン人間をモチった作品など、バラエティに富んだテーマ。

アメリカ生活が長くなって、ハリウッド映画に慣れきって
しまった私とルームメートにとって、日本人が作った映画は新鮮味がありました。

台詞がおかしいほど少ないし、メッセージが遠まわし、
結末がピンとこないカンジ・・・そんな日本風な運びを久しぶりに見ました。

パニックルームからアイディアをもらった?と思われる
監禁された男の人の話が私のお気に入り。
時間の経過がよくわかるサイドからのショット。
主人公の俳優さんの演技が光ってたと思います。
あの人素人さんとは思えなかったけど・・どうなんでしょう??

ターゲットを日本人にしたというのがわかりやすく出ているのが
1番目の作品。カロリーメイトをかじるあのCMの少年の男の子の役は
日本人だからこそ笑えました。潜在的に笑いを誘うっていうのは
ハリウッド映画でもよく見られますよね。そういうのがわからず
笑えないのが日本人としては悲しかったりするんですが、
今回は全く逆の体験をしたカンジです。会場に来ていたアメリカ人
さんには何がおかしいのかわからなかったはず。

2時間にわたる映画を見たあと、Aero Theaterの周りを
ウィンドウショッピング。やけにベビーグッツの店が多いエリアでした。
1日何も食べてなかったので、新鮮組ガーデナ店によって、
しゃぶしゃぶ おつまみ系を中心に安く夕食を済ませました。


軟骨からあげ・ネギ鶏肉・ウナギのちまき
半分くらい食べたあとなので、あんまりいい写真じゃないですが・・笑


最後は最近すくすく育っている
飼い猫・ホリーの珍劇10コマをお楽しみくださいませ