今日の変な夢

September 11 [Fri], 2009, 12:49
今日は変な夢を見ました。

私の部屋で

友達3人と寝ていました。

私はベットの隣の隣です。

ベットの下から幽霊でそう

とか思っていると、

ベットの横からクローゼットのほうへ

女性の幽霊が通りました。

すると隣で寝ていた友達Aが

狂変し、目を真っ赤にして

私を殺そうとしてきました。

私は必死に抵抗して

友達A を突き飛ばしました。

すると友達Aは

テレビを見始めました。

ほっとしたのもつかぬ間、

今度はベットで寝ていた

狂変した友達Bに

殺されそうになりました。

友達Bは私の上に

馬乗りになり、

殺そうとしてきました。

しかし、抵抗していると

友達Bの背後に

友達Bのお母さんが、

刃物を振り上げていました。

友達Bはそのままお母さんに

背中の心臓らへんを一刺し。

友達Bは殺されてしまいました。

私の上で殺されてしまったので

私は動けません。

なので友達Bの血で

私もさされて血出てます

みたいな感じにして

死んだフリをしていました。

しかし、友達Bのお母さんは

信念深く、私の背中を

思いっきり刺そうとしてきて

包丁の先っちょが

背中に当たった瞬間

夢から覚めました。



飛び起きて、怖くなって

思いっきりカーテンを開けました。

起きた時刻は6:17。

眠いけど眠れず、

そのまま7:00くらいまで

ゴロゴロしていました。

その後、リビングで

横になったら

また寝てしまいました。

するとまた、夢を見ました。



今度は家族でなぜか

スーパーアリーナで

野球観戦。

そんなにお客さんが

いるわけではないのだけれど、

家族5人で座ってみていました。

この夢はこれで

終わってしまうのですが

もう1つ夢を見ました。

地球が最後の日といわれる日に

私は存在しました。

そこで変な人たちに

追われていました。

するとKくんがチャリに乗って

現れました。

『早くのりなよ』って。

雨が降っていたので私は

Kくんの後ろに乗って

傘を差してあげました。

Kくんにつれていかれた場所は

地球が滅んでも生き延びれるという

施設の近く。

『此処から先へは

俺はいけないから。』

そういって私をおろすと

K君はまたどこかへ

去っていってしまいました。

私は施設の中へ入りました。

施設の中なのに

外にいるみたいな感じでした。

すると、誰かに手を引かれて

走りました。

彼氏のAさんでした。

何でだろうって思いました。

でも、Aさんは私の事を

知らないみたい。

でも、

最終的には

思い出してもらえました。

地球最後の日。

そこで目が覚めました。

あー疲れた。

夢の中で疲れるとか

厄介だわ



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sand-of-time
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる