給食費未払い3年の両親 

2005年02月05日(土) 20時00分
***

車掌がトラメガを捨てたワケ 

2005年02月05日(土) 19時59分
***

命とは何だろう・・・?金八先生、涙の授業 

2005年02月05日(土) 19時58分
***

事件続発3B混乱 

2005年02月05日(土) 19時57分
***

鶴本直・決心の旅立ち 

2005年02月05日(土) 19時56分
 あらすじ


新しい年を迎えた桜中学。始業式はまだだが、3年B組の生徒たちは補習を受ける者あり、塾の合宿に行く者ありと、来月に控えた高校受験の準備態勢に入っています。
ある日、金八(武田鉄矢)のところに3年B組の康二郎(薮宏太)がやってきました。ある女性に恋してしまったという。しかし、後にその相手を知った金八は驚くことに…。

坂本家では、乙女(星野真里)が養護学校の青木(加藤隆之)を夕食に招待すると言い出し、金八は大慌て。金八はなんとかその場を逃れようとするが、青木と食卓を囲むことに。青木が坂本家を訪れたのは…。

そんななか、桜中学に卒業生の鶴本直(上戸彩)が突然現れます。性同一性障害の悩みを抱えていた直が卒業してから、まもなく3年。直は自らの決断を金八に報告し…。

父親の事情で深く傷ついた崇史(鮎川太陽)は、偶然、しゅう(八乙女光)が母・光代(萩尾みどり)から暴力を受けるところを目撃してしまう。


ヤヨちゃん語録

「ききたい。」
―――康二郎が思いを寄せる相手に、3Bは興味津々。伸太郎に『聞きたいか〜い?』と言われてヤヨちゃんも返事。

「がんばって。」
―――大人しく(? 補習を受けていた康二郎ですが、やっぱり我慢できず、その人の元へ。3Bはほとんど康二郎と一緒に慌てて出て行ってしまいますが、ヤヨちゃんは座ったまま。取り残された乾先生もヤヨちゃん達のために補習を続けます。

中3の父 小6の母 

2005年02月05日(土) 19時55分
 あらすじ

小学校のクラス担任をする桜中学の卒業生・伊丸岡ルミ(松下恵)には悩みがありました。クラスに妊娠しているらしい女子がいて、その対応に困っていたのです。話を聞いた金八(武田鉄矢)と養護の本田先生(高畑淳子)は、教え子であるルミの力になってやりたいと彼女に会いに行き…。 

ある晩、3年B組の伸太郎(濱田岳)が金八に相談があると自宅にやってきました。小学6年生の妹・アミ(枚田菜々子)と一緒です。アミは妊娠騒動の当の本人と友達で「相手は、うちのお兄ちゃんだって言ったの」と金八に言い…。

また3年B組では、ある話がきっかけでしゅう(八乙女光)が騒動を起こします。その場にいた発達障害の弥生(岩田さゆり)がパニックを起こし…。


ヤヨちゃん語録

「おはよう。」
―――お母さんと一緒に、落書き消しにやってきたヤヨちゃん。ヤヨが来るのを心待ちにしていた3Bの皆に。

「たのしいよね。」
―――しゅうと孝太郎の喧嘩で、パニックを起こしてしまったヤヨちゃん。サッチー、シマケン、伸太郎、直明達3Bは、壁の落書き消しにヤヨちゃんを誘います。しゅうと孝太郎が謝りに行くと、笑顔でローラーをコロコロ動かしながらこう言ったヤヨちゃんでした。しゅう達も笑顔。

「ねぇねぇおかあさん、わかってよ・・・」〜本を音読〜
―――パニックを起こして帰宅したヤヨちゃんを先生が尋ねると、お気に入りの本を音読中。先生にあてられて読んでいるつもり。

しゅうの母の秘密 

2005年02月05日(土) 19時54分
 あらすじ

和田教育長(長谷川哲夫)と金八(武田鉄矢)は、教育関連企業の部長・板橋香奈(木野花)に面会に行きます。板橋こそ桜中学に来年度から迎え入れる予定である民間校長の第一候補者で…。

3年B組では、幼なじみの丸山しゅう(八乙女光)を心配する稲葉舞子(黒川智花)が金八のところに相談に来る。金八は舞子からしゅうの家庭事情を聞き…。

桜中学では受験シーズンを目前に控え、3年生の三者面談が順次行われています。その日の三者面談のスケジュールを終えた金八は、帰りにしゅうの家を訪ねてみることに…。


ヤヨちゃん語録

「うしろのしゅうがいなかったから、さみしかった。」
―――国語の授業。今日は皆で恋の詩(うた)をつくりました。家庭の都合で休みが続いていたしゅうが、学校に出てきて嬉しいヤヨちゃんがつくった恋の詩です。


【番外編】 3B恋のうた

「はっきりしてよ。私と玲子 どっちなの?」 ―――恋する浩美が崇史に。

「傍にある 大きな背中 抱きしめたい」 ―――浩美に対するライバル心むき出しの玲子。

「夕焼けよ あの娘(こ)の前で赤くなる 僕を隠してくれはせぬかと」 ―――金八先生も大絶賛、典子の恋のうた。

「切っても切れない 僕とあなたと参考書」 ―――ガリ勉哲史の、玲子に対する恋心。

「お前 来なけりゃ 俺 泣くぞ」 ―――紹介された詩をちゃっかり盗作する伸太郎。ヤヨちゃんに向けて。

友情が芽生える時 

2005年02月05日(土) 19時40分
 あらすじ

金八(武田鉄矢)は帰宅途中に、孝太郎(竹内友哉)らしき少年をみかけます。
高笑いしながら夜の道を走って行く孝太郎。どうやらシンナーでハイになっているらしく、金八は孝太郎を心配します。

また、普段から和晃(村上雄太)の家に入り浸っている孝太郎は、和晃の母・律子(柳岡香里)から煙たがられているのですが、ある日、律子の怒りは頂点に達して…。

 一方、崇史(鮎川太陽)の父・靖史が経営する貿易会社・小塚物産に覚せい剤密輸の疑惑がかけられ、警察の捜査が入り…。


ヤヨちゃん語録

「あいてる。」
―――いつも通り、登校中にヤヨちゃんへ飛びかかる(? 伸太郎達。社会の窓が開いているのに気づいたヤヨちゃんが一言。 伸太郎:『あっちゃー』

「しずかにしてください。」
―――授業中にも関わらず、和晃の母が教室へ入ってきて、孝太郎を怒鳴り散らし、先生に抗議。不安そうな表情を浮かべていたヤヨちゃんは立ち上がり、笑顔で注意。

しゅうの愛する父 

2004年11月26日(金) 19時52分
 あらすじ

父親が経営する会社で起きた覚せい剤密輸疑惑の一件から、崇史(鮎川太陽)は学校を欠席するようになります。心配した金八(武田鉄矢)が崇史の家を訪ねるが、崇史は誰かと出かけたらしく…。

スペシャルオリンピックスのトーチラン本番の日がやってきます。この日のために練習を重ねてきた弥生(岩田さゆり)は、金八や乙女(星野真里)、母・昌恵(五十嵐めぐみ)や3年B組の仲間たちが見守るなか、伴走する養護学校の圭吾(加藤隆之)とともに走り出す。

執拗にしゅう(八乙女光)を追う二人組・河合(甲本雅裕)と下部(畠中正文)は、再びさくら食堂に現れます。そこには、トーチランを終えて食事をしていた3Bの生徒たちがいて…。


ヤヨちゃん語録

「みんな、ありがと。」
―――ヤヨちゃんのトーチランも無事終了。最後まで一緒に走ってくれた3Bのみんなにお礼。

からだという本 

2004年11月19日(金) 19時31分
 あらすじ


文化祭の興奮もようやくおさまった桜中学。通学路には今日も変わらず元気に登校する生徒たちの姿がありました。ただ孝太郎(竹内友哉)だけは大麻での一件に懲りた様子はなく…。

そんなある日、卒業生の広島美香(小嶺麗奈)と高鳥よし江(水間ちづる)が金八(武田鉄矢)と養護の本田先生(高畑淳子)を訪ねて桜中学にやってきました。よし江が大きなバッグに入れて持ってきたのは性教育の教材として作られた2体の人形。金八の教え子で今は小学校の養護教諭をするよし江は、手作りの人形を使って性教育を行う養護学校の先生に感銘を受けて自らも人形を製作したのですが、それを問題行為とする学校や親たちの動きがあったため、人形を一時預かってもらおうと金八と本田を頼ってきたのでした。


ヤヨちゃん語録

「じゃーん。」
―――朝の10分間読書。ヤヨちゃんのカバンには大きい絵本が入っていました。ヤヨの元へ集まってきた3Bに、絵本を見せてあげるヤヨちゃん。嬉しそうに『じゃーん。』
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像のんか
» 史上最低の3B! (2005年02月04日)
アイコン画像ともこ
» 史上最低の3B! (2005年02月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sanbie-yayo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる