がっかりさせて 

October 19 [Wed], 2005, 22:36
アナタをがっかりさせてごめんなさい。
嫌われるのはとても悲しいけれど、多分嫌いになったでしょう?
もう話もしたくないのかもしれません。
アナタ以外の人にもたくさん迷惑をかけていることもわかっています。
ごめんなさい。
でもこれが私の精一杯でした。
もうそこには行けなかったのです。

心が、怖いと思う気持ちが、ここまで引きずるものだとは思わなかった。
ふと気まぐれに訪れて、私の動きをとめるものとは知らなかった。
そのたびに私は、嘘つきになっていくのです。

たぶんアナタは 

October 08 [Sat], 2005, 21:45
たぶんアナタは、一生遠くにいる人だから
遠くで元気で楽しくいてください
決して悲しいことにとらわれすぎたりせず
明るいこと楽しいことばかりではない毎日を
それでも何気なくすごしてください
そしていつか私がアナタに会えたなら
笑ってくれるといいのだけれど
あの頃のようにバカだなって
言ってくれるといいのだけれど
いつまでもいつまでも
アナタは私の大好きな人です

泣きそうなとき 

August 27 [Sat], 2005, 20:05
泣きそうなとき
心が辛くて、何ということもなく苦しいとき
どうしていいかわからない重たいものが心の中にあるとき
喉元をうろうろしている感じがすると
胸を見えないナイフで刺されるような感じがするとき
胸を見えないナイフでざくざく刺しているような感じがするとき

ただひとつの呪文は「大丈夫」
何度も何度も繰り返す
大丈夫大丈夫
私は大丈夫
胸の中から暗いものを吐き出して
明るい光を飲み込もう

胸の中の小さな光は
きっといつも消えずに輝いているから
大丈夫
暖かく穏やかに小さく小さく輝く光
どんなことがあっても決して消えない

夢を見た 

August 07 [Sun], 2005, 20:04
 夢を見た
いつも夢は覚えていないことが多いけれど、
今日の夢はとてもはっきりとしていた。
なぜか誰かに追われていて、逃げている夢だった。
なぜかあなたはずっと隣にいて、ぎゅっと手を握ってくれた。
夢なのに。
夢にあなたは出てきて、そっとそばにいてくれて。
でも、それは夢だから、なのかもしれないけれど。
それでもぎゅっと手を握ってくれたこと、
忘れない。

出会ったコトバ 

June 29 [Wed], 2005, 0:44
そして誰と誰であっても、今、会えるのは奇跡の時間。
今度だとかまだだとか次でいいや、だとかは、家族でさえないかもしれない、それがほんとうだからだ。
〜「引っこしはつらいよ」 よしもとばなな〜

気がついたら 

June 27 [Mon], 2005, 22:52
気がついたらどんどん髪が長くなって、
もうすぐ背中の真ん中くらいまで届きそうです。
あなたと初めて会った去年の春は、肩に届くくらいだったのに。
お元気ですか?
私は、元気です。多分。

出会ったコトバ 

June 27 [Mon], 2005, 22:38
(ゴールデンレトリバーをなでて)
ほんとうにその子はしっぽを振って、あかの他人の私の悲しみをなぐさめてくれた。
それがあの犬種だ。天使に一番近い犬だろう。
〜「引っこしはつらいよ」 よしもとばなな〜

いつか 

June 26 [Sun], 2005, 22:54
いつか出会うあなたのことはよくわからないけれど、
きっと目がよい人だと思う。
視力がいいということではなく、
いろんなことをしっかり見る、そんな目をしている人。

いつかあなたに出会ったら、
わたしはあなたのことがわかるのだろうか。
あなたはわたしを見つけてくれるのだろうか。

出会ったコトバ 

June 26 [Sun], 2005, 22:49
今の色を、今見なくてはすぐに飛び去って違う顔になってしまう。
 〜SLY 吉本ばなな〜

コトバのカケラ 

June 26 [Sun], 2005, 22:40
sananaのコトバのカケラです。
好きなコトバ、嫌いなコトバ、出会ったコトバ、紡いだコトバ
多分たくさんのコトバのカケラたちが、自分を取り巻いている。
それを大切にひろいあつめて織り上げていきたいと思います。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sanana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる