決意 

2006年03月20日(月) 19時17分
毎日日誌をつけることにした。
摂食障害、過食を治して、肉体的にも精神的にも健康になりたいから。
きれいになりたいから。
6月にはハタチになる。そのときまでに、今の状態から脱していたい。
こんな醜いまま大人になりたくない。
もし無理そうだったら、また病院に行ってみようって思う。
こんな太った姿で行くのは死ぬほど嫌だけど、こんな醜い行動を繰り返してる自分はもっと許せない。
だから、そのために頑張るんだ。

もし、摂食障害で苦しんでる方がいらっしゃったら、お友達になりたいな。
一緒に頑張れる人がいるって大切だって思う。
学校の友達には言えない悩みや、親にはわかってもらえない苦しみを共有できるような気がするから。

今日いきなりこんなブログをたちあげてるんだから、まぁ想像は付くと思うけど、
私は一昨日昨日今日と、激しく過食をしました。
まぁ昨日はそうでもなかったけど(半日以上寝ていたので)一昨日は夜中3時ごろにちくわ一袋とチョコを沢山食べてみたり(そしてそのまま寝た)今日は朝から、ヨーグルト3個とか、ご飯大量とか、チョコ大量とか、なんかもうおかしくなってる。
明日から旅行で、私はそのために最低5キロはやせなければと意気込んでいたはずなのに、なんなんだこのざまは!!自分が信じられない。でも受け入れるしかない。
こんなデブになった姿で、高校の時の友達と温泉入るとか思うだけでものすごく萎える。
なんなんだろー自分。皆ますます綺麗になってるんだろうなー。あー辛い。
同窓会だって未だに怖くて一度もいけてない私です。最低。
今年の誕生日は皆が祝ってくれるって言ってたから、それまでには綺麗になるんだ。
旅行は普通太るーって心痛めるでしょ。私の場合、過食しない(はず)からむしろやせてもいいと思うんだー(´+ω+`)どーでもいいけど、明日から私、生まれ変わる!!!

さなの摂食障害史C10月〜現在 

2006年03月20日(月) 19時05分
結論からいうと、私の過食は多分今が今までで一番酷い状態です。
多分今の体重は53キロくらいだと思います。
先日計った時より増えていなければ・・・(自信ない)

大学後期は授業があまりなくて暇でした。そのせいで家にいることも多かった。
そして、ストレスの原因である、学年末テストの嵐もやってきます。お正月もクリスマスも色んな行事があります。久しぶりに体重計に乗って47キロという数字を見た私は、安心して、「ダイエットって意識しなくても痩せられるんだ」って思ったのがいけませんでした。多分。
過食がおそろしくひどくなりました。お酒も飲むようになりました。
人前では絶対食べません。皆には小食だねっていわれちゃうくらい。だけど隠れてたべるんです;
母が私のために買ってきてくれたベーグルセット、毎日一つずつ食べようって思いながら、過食衝動が来ると、一個みんなの前で食べた後に、こっそり部屋に2個くらい運んで口につめこんだりしました。
なぜか大量にチョコレートを買って、一気に食べたりしました。自分最低って思いながら、明日は絶対絶食するぞって誓いながら・・・。
だけど結局出来なくて、毎日ズルズル過食してました。運動もするのが嫌になってきました。全然歩かなくなりました。ジムにも行かなくなりました。
そしたら、53`になってたんです。いつからこんなに過食が酷くなったかよくわかりません。
だけど、最近は毎日が辛すぎて、皆に会うのが嫌過ぎて、外に出るのが嫌過ぎて、おかしくなりそうです。
だから、ここに日誌をつけることにしました。
ダイエットではなく、過食を治すってことを目標にして生活したい。
そのために頑張っていきたい。こんなのもう嫌。

さなの摂食障害史B春休み〜大学前期 

2006年03月20日(月) 18時56分
いざ受験が終わって、さぁダイエットって思ってるのに、自分の思うようにならない。
しかも太って醜くなってる、誰にも会いたくない、大学にも行きたくない。

最悪な精神状態の春休みでした。
皆で遊んだりもしたけど、心の中は憂鬱だった気がします。
だってそのときの私の体重は52キロ。
年末に皆と別れてから更に7キロも増えていたのです。
肉まんみたいになってる私は、みんなにどう思われてるんだろうってすごい気になったし、おしゃれも楽しくないし、もうしにそうでした。なのに過食もとまらない。お菓子食べないってことができないんです。
地獄だと思いました。

でも大学に入学して、少しずつ変わりました。
相変わらず、お菓子とか、時々過食っぽくものをつめこむようにして食べてしまうこととか治らなかったけど、はじめてのキャンパスライフで忙しかったこととか、そういうのがあって、夏には自然に47キロになってました。この調子だって思いました。もう過食ともおさらばして、スリムになろうって思いました。
摂食障害も治ったって思いました。
ちょうどこのころ、私は通院を勝手にやめてしまいました。
行きたいのは山々だったけれど、スケジュール的に無理だったのです。病院の先生が転勤になって、遠くに行ってしまったこともあって、偶然予約を入れなかった時以来、通うのをやめてしまいました。
そのせいだかわからないけど、9月末以降、私のなかの歯車が、再び狂いだすことになったのです。

さなの摂食障害史A高3〜受験終わり 

2006年03月20日(月) 18時54分
高3の3学期、学校がなくなってからは体型のことなんかで自分をコントロールする余裕はなく、お菓子ばかりを食べまくって勉強していました。実際はすごく気にしていて、毎日死にたい死にたいって思っていたけど、もうすぐ終わるって思って気にしないようにしていたんです。浪人になんてなったら、この苦しみがもう1年続くことになる、それだけは耐えられないって思って気持ちを切り替えてるつもりでした。
もうその頃から、体重計に乗るのもやめました。増えてるのは十分わかってたし、デブだって死ぬほど実感していたから。。。
今思うとこの時期からだけど、食べるのをやめられなくなりました。おなかいっぱいでも、食べ続けるのをやめられない、お菓子やパンやごはんを、詰め込むように口に運びます。親の前ではそんなことできないから、普通に食事終わったあと、台所からさりげなくいろいろなものを部屋に運ぶんです。最低だと思います。異常だとも思います。
そんなこんなでどうにか私は大学進学が決まりました。
ほんとに嬉しかった。やっと解放されるって思いました。
よし、やせるぞ、お菓子なんて一生食べないぞって誓いました。

・・・そのはずでした。
だけど、私はそのときにはもう、過食傾向にあったんですね。
お菓子を食べないでいてみると、手が震えたり、立ちくらみしたりしました。
普通にヘルシー食は食べているのに。
そして、お金を持っていたらそのぶんだけ、お菓子やパンを買ってしまうようになりました。

さなの摂食障害史@ 

2006年03月20日(月) 18時27分
自分を見つめなおすためにブログをつけることにします。
強がるのはもう沢山です。
このままじゃ、ダメになります。
だから、ここには、正直に、自分の状態と、気持ちと、姿を書き綴っていきたい。
周りに対して強がったり、友達に隠して明るく振舞ったり、そういうのだけでは私は、もうおかしくなってしまう。(実際十分おかしいですが・・・)

私は摂食障害です。
高1でダイエットを始めて、気づいたらはまってしまって、高2の夏には35キロまでやせ細っていました。その頃には自分でもおかしいってわかってました。このままでは絶対に受験乗り切れないって思いました。だから、治そうって思いました。色々食べることにしました。
はじめは辛かったです。
コンビニでチョコ食べたいって思っても、ノンカロリーのジュースしか買えない自分、お昼に菓子パン買おうって思うのに、結局梅おにぎりをひとつしか買えない自分・・・このときはまだ、拒食状態だったんだって今は思います。
でも、受験勉強に本腰を入れていくうちに、いつのまにか、ストレス解消法=食べることっていう構図が、自分の中に出来上がってしまいました。
はじめは一カケしか食べられなかったチョコが、気づけば3カケになり、あっというまに一箱開けてしまうようになり、お菓子ばかりを沢山沢山食べてしまうようになりました。
高3の時は、主食はろくに食べずに、お菓子ばっかり食べていました。それでも勿論どんどん太ります。高3の夏には45キロになっていました。そんな自分がだいっ嫌いでした。ものすごいデブになって、もう外歩くのとか嫌って思っていました。どうして受験なんてしなきゃいけないんだろう、どうして運動できずにこんなに食べてて、馬鹿みたいって、そんなことばっかり考えててぼろぼろでした。
それに、拒食状態の時は、精神的には自己節制力がマックス状態なので、勉強もものすごく集中して頑張っていました。(これは飢餓状態からくるものだって最近知ったんですが。)だけど、いったん少しその拒食状態から脱すると、今度は全く集中できなくなってしまって、それを紛らわすために、頑張って集中するために、甘いものを食べ続けるようになってしまったんです。
受験終わったら絶対食べないからって強く思うことでも、余計お菓子衝動に拍車がかかってたんだと思います。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さな
» 決意 (2006年04月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sanaling-days
読者になる
Yapme!一覧
読者になる