夏の行方 20120818

November 14 [Wed], 2012, 12:46
さて問題です
夏はどこへ行ったのでしょうか

何もかもを飲み込んでから
気づいたら
風は少しだけ
秋を含んでいました

重みや痛みを引きずりながら
私は日常に帰ろうとする

さて
私がもと居た夏は
どこへ行ったのでしょうか

何も変わらないように
変わっていないと言うように
街も人も
そんな表情でいきている

それは本当なのでしょうか

「今日も暑さが厳しくなります」
「熱中症にはお気をつけ下さい」

私が持っていた夏は
いつかの夏休み
ずっと
見つからなかった帽子のように
もう見つからないのでしょうか

さて問題です
夏はどこへ行ったのでしょうか

肯定願望

May 11 [Wed], 2011, 23:31
信じていただなんて
簡単に言うものじゃない

傷付いて
初めてわかる気持ちもあるから

信頼にまとわりついた
甘えや遠慮や要求や
ほんのすこしの自意識や

「人を何だと思っているの」

染み出してくる感情に
私を見てって
心の奥から声がする

条件付きじゃなく
損得じゃなく
それでいいって言って欲しかった

それだけのことだ

聞こえないふりを
見えないふりを
しなければならないことが
あまりにもたくさんありすぎて

耳をふさいで
目を閉じて
そうでなければ
気づいてはならない何かに
気づいてしまいそう

ひとつひとつ
その知覚が
内側に向けられる
焦燥
恐怖

どこに辿り着いてしまうのか
何を見つけてしまうのか

だったらせめて
一度くらい
それでいいって
聞きたかった

本当にそんな
小さなこと

だけどそんな
大切なこと

それさえあったら

笑ってくれなくていい
優しくなくていい
何をどんな風に言ったって
私は拾い上げたのに

『当たり前』

November 11 [Thu], 2010, 19:23
私が人に助けを求めないのは、求め方を知らないのもあるけど、人は人をすくえないと知っているから。すくえないとわかったとき、すごく傷ついて自信をなくすから。私はそうだった。あんな思いを誰かにさせるなんて、恐怖。

私は誰もすくえないし、すくってもらえるとも思ってない。良くも悪くも人はひとりだと思う。家族も友達も関係ない。すごく寂しく聞こえるけれど、15で気付いてしばらく経つから、私のなかではだいぶ『当たり前』。

私のための居場所なんてないし、自分のことは自分でどうにかするしかない。本読んだり、いろんなもの見たりして考えながら、私は世の中に生存する隙間を探しているんだと思う。

しばらくぶりのおひさしぶり

October 29 [Fri], 2010, 14:52
ツィッターで何を呟いていいのかわからない26歳、サキです。
こんにちは。

一人暮らしを始めてはや5カ月。
でも、うちにはテレビがありません。・・・ワンセグで足ります。
そもそもテレビそんなに見ないしねぇ。

会社には、お勤め4年目となりました。
しかし最近、会社に行きたくないよ病になりはじめ、ちょっといろいろ大問題です。
先輩に「人生間違えたんじゃない?」とか言われちゃうともう何にもする気がなくなります。
どういうことでしょうか。

ひとまず生存のご報告でした。以上です!

ぬくもりのゆくえ

May 14 [Fri], 2010, 6:17

  君と電話きった後 なんだか涙があふれた
  確かな言葉なんて 何一つ君に言えなかった
  誰かじゃなくぼくのため  誰かじゃなくて君のため
  どこかじゃなくここで  いつかじゃなく 今 この時を・・・

                                   (スガシカオ「サヨナラホームラン」より)


  久々の更新です。
  5年ぶり?に、まっとうな恋愛をするはずでしたが、
  そこは私のこと。結局ゆがんだ恋愛になりつつあります。
  一方通行ではないのが唯一の救いとなるのかならないのか。
  でも、彼の前だと私は泣けるというのは、それはすごいことだと思う。

  「いやなことがあったの?」「何かが不安?」
  たずねられても、私はうまく答えることができない。
  強いて言うなら自分が嫌で、生きていることが不安。
  でもそれは、「いや」とか「不安」とかいう言葉で片付くものでもなく。
  結局ただ、首をふった。
  私の言うことを、なんでもかんたんに信じすぎるのだ、彼は。 

  でも、「誰かじゃなく」「どこかじゃなく」「いつかじゃなく」
  私が生きている現在を、どうにか、壊さずにいけないものだろうか。
  私の中身が崩壊したら、きっとこの恋も終わってしまう。
  なんとか踏みとどまらなければと3カ月がんばったけれども、
  だんだん雲行きが怪しくなってきた。

  優しくされても、大事にされても、
  結局私の心の傷は10年前に端を発する。
  いつまで経っても、あのときあの場所に置いてきた自分を迎えに行けない。
  こんなに時間が経ってわかったことは、あれがきっと致命傷だったのだということ。
  じっくり時間をかけて、結局はあの記憶が、私を死に至らしめるのだろう。
  そう思うと、目の前にある温もりさえ、遠くなる。

  そしてまた、今年も5月がやってきた。

嫌いなら嫌いって言えばいいじゃない。

January 10 [Sun], 2010, 18:30
そこいらじゅうにあるものを破壊したい気分だ。

好きなものも嫌いなのも
きのうに置いてこられたらいいのに。
だってもう…好きだ嫌いだなんだって面倒で。
と、思いながらも心はそいつを追い続ける。
思い悩んで悩んで過ぎる。
うしろめたさなんかとっくに捨てた。
のみこめるだけはのみこんだ。
にげきれないとわかった日、私の中で何かが切れた。
言葉の端から私の中身が溢れないように。
えらんでえらんで歩いていること、気付かれないように。
なんでもまっすぐ向かえば叶うなんて信じてない。
いつまでも願えることなんかないって、知ってる。

告白

December 20 [Sun], 2009, 21:01
ただ好きなだけじゃなぁ…。のめり込むには足りない。最近そう思う。「絶対」の保証はないと知っているけれど、それでも信用したいじゃない?今そこにいる人を。今度はすれ違わないって思っていたいじゃない?そういうことだ、きっと。ほんの少しの希望が邪魔をする。

逃げてるよ。前にあなたに言われた通りさ。でも逃がしてよ。だって本当に傷ついたんだ。もう2度目はないよ。それこそ「絶対」ない。あろうものなら崩壊するのは関係じゃなくて私自身だ。

好きだと思う。
こっち向けって今までに何度か思った。きっと優しい人なんだろう。私が思う以上に。きっと世界が違うんだろう。私が思う以上に。だから怖い。足が竦む。

明日晴れたら…あの人に会いにいこうかな。元凶でもある私のはじまり。ただ笑ってくれたら良かった。あのときはそう思った。
でも今は、笑ってくれたところで何も癒えない気がして。新しい世界に踏み込んだ私には新しい元凶が必要なのかなってちょっと思う。

ボタンホールは余るのか?

November 21 [Sat], 2009, 22:38
年末に向けていろんな調整が動き出した今日この頃。
2月の人事異動にあたっていろんな画策が渦巻く本社…。
人の思惑ほどあてにならなくて恐ろしいものはないんじゃないか、
と思います。
どの仕事が「やらされている」のかなんて、聞かれても答えられません。
仕事用のスイッチが入れば、何でも主体的に手を出すし。

ただ、私が来年度も同じ支社にいる可能性は限り無く低いので、
せっかく仲良くなった皆様ともお別れです。
それを思うと今から気が重たくて寂しいです。
また1から関係の作り直し…。
全力で人との関係を作り上げてしまう私にとっては、賽の河原のようです。

帰れない?

October 26 [Mon], 2009, 21:44

 ぼんやーり童謡とか唱歌を調べていたんだけども。
 「仰げば尊し」って、2番あんまり歌わないのね。
 私の高校はほぼぶっつけ本番的に3番までフルコーラスで歌ったけどね。
 
 しかも、
 『身を立て 名をあげ やよ 忘るな』がひっかかるのでしょう?
 文部省的に?保護者的に?世の中的に?
 私、実はこの歌のここで泣いたんですけどね・・・。

 何といっても、サキ自身が「身を立て 名をあげ」なさい的教育を
 とっても小さいころから両親にされていたものだから。
 有名になりなさい。
 有名になれる子よ、あなたは。
 立派になってね。
 そんなんじゃ立派な人になれないわよ。
 立派な職業に就いてね。
 ただの会社員じゃだめよ。
 ・・・などなど。

 そういう下地もあったのだけど。
 でもサキの高校の先生たちは、本当に一生懸命サキたちを見てくれたから。
 とくに私はいろいろ事件に巻き込まれていたので・・・。
 そりゃね、そうするのが『先生』のお仕事なんだけどね。
 それでもわかるじゃない?熱意とか真心とかさ。
 それに応えなきゃ、って思ったんだよね、17歳の私は。
 この人たちのためにも、私はちゃんとしなきゃいけないなぁって思った。
 (そのとき浪人が決まってたんだけどさ・・・。)

 こんなんじゃ高校に帰れない、って思ってたんだよね。最近まで。
 もう何のことやらって感じかもしれないけど。
 でもさぁ・・・教育っておそろしいよね。
 「立派じゃないから帰れない」って素で思うもんね。

 「ちゃんと」ってなんだろうね。
 「立派」ってなんだろうね。
 「立派」じゃない私にはどんな価値があるんだろうね。

 なんだろね。

書は捨てない。多分。

October 19 [Mon], 2009, 22:46
10月も末です。
早いものですねぇ。
私は一体何なんだろうね?と、思い続けているサキです。
毎月1〜2回は必ず調子悪いんです。体もですが、主に中身が。

で、ここへ来て一人旅計画が持ち上がりました。
気分転換にちょっとどっか行くべ?!と。
行き先は今のところ九州です。
高校の修学旅行で行って、とても気に入ったお土地柄だったので…。
飛行機、好きじゃないんだけどなぁ…。
でも飛行機が一番はやいです。乗り換えとかないし(笑)
早めにチケット取れば、そんなに高くないし。

何が嫌って、離陸が嫌なんです…。
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ
いらっしゃいませ☆
ご来訪ありがとうございます。
ただいま管理人多忙につき
コメント返しが遅めになっております。
大変申し訳ないのですが
少々お待ちいただけると幸いです。
自己紹介
HNサキと申します。
社会人デビューしたばかり。
好きな音楽はスガシカオ・東京事変。
最新コメント
アイコン画像saki
» ぬくもりのゆくえ (2010年10月29日)
アイコン画像アスカ
» ぬくもりのゆくえ (2010年09月10日)
アイコン画像サキ
» 汝等の力を養うを旨とせよ。 (2009年02月06日)
アイコン画像かん
» 汝等の力を養うを旨とせよ。 (2009年01月27日)
アイコン画像サキ
» 悲しみ親和性 (2008年11月04日)
アイコン画像さまー
» 悲しみ親和性 (2008年09月03日)
アイコン画像まみこ
» 生存確認 (2008年08月15日)
アイコン画像アスカ
» 蝶々といっしょ。 (2008年06月08日)
アイコン画像サキ
» 狂い咲き? (2008年01月27日)
アイコン画像さまー
» 狂い咲き? (2008年01月18日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/sanagi0918/index1_0.rdf
P R