あなたを見て

June 23 [Sun], 2013, 23:40
すぐに分かった。

分かってしまった。

あんなにたくさん人がいたのに。

私は昔からあなたを見つけるのが得意だった。
どんなに遠くでも、後ろ姿を見ればすぐに分かった。

しばらく会っていないから、もう分からないと思っていたのに。


あなたはまた別の人と歩いていたね。

でも私、前みたいに嫉妬心がわかなくなったの。
そんなことどうでも良いと思えるようになってたの。

本当は、ずっと分かってたんだ。
どんなに想っても、叶わないこと。

でも、好きだったの。
どうしようもなく大切で、絶対大事にしたい人だった。


あなたと結ばれないことが悲しいとか、苦しいとか、
そんな感情はもうない。
もう、通り越した。

ただ、あなたが幸せなら、
それでいいの。
それで十分。

私はきっとこの先もあなたを嫌いになんかなれない。
ずっと好きなまま。

もし、私に好い人ができて、
結婚しても、きっとそれは変わらない。

恋人とか友人とか関係なく、
いつまでもいつまでも、
大事な人。

ありがとう。
こんな気持ちを教えてくれて。

ありがとう。
私の一方的な気持ちを見てくれて。

どんなに感謝しても足りないくらい。










愛しています。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:san
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/san1582/index1_0.rdf