チャイルドシート付き自転車用レインカバー 

2014年08月30日(土) 11時02分
雨の日や寒い日だって自転車でお出かけできます。
これから寒くなる季節には、大変便利なアイテムです。
寒さ対策に良い商品です。
装着方法も簡単です。

ファスナーが片面ほぼ全開に開くので子供もスムーズに乗り降りできます。
正面の開く窓もお天気良い日は 開けて走ると気持ちいいようです。

バイクの寒さ対策にネックウォーマー 

2009年01月28日(水) 8時11分
グローブの下に重ねて着用することで、さらに寒さを防ぐのがインナーグローブ。

重ねる、ということで動きにくいようなイメージですが、薄手のタイプが多く、

使用に際し不具合を感じにくくなっています。


特に防水素材であるゴアテックスを防風に利用したものが人気です。

薄手でも暖かいものがあるので、人によっては3シーズングローブとあわせて使う場合もあります。

寒風から指先を守るウインターグローブは冬の必需品です。

特に指先は冷えやすいため、グローブはクオリティの高い物を選びたいところです。

ネックウォーマーも重宝します。

最近ではHCF 伸縮性柔軟起毛新素材 など伸縮性に優れた特殊ナイロン素材で出来たもの・・

肌面には柔軟起毛素材を使用しているのでとってもあったか・・

汗を素早く吸収して乾燥させるので、ヒンヤリ感がありません。

保温性に優れた新素材のネックウォーマーもバイクに乗る方たちに人気です。


>>ゴアテックス


バイクの寒さ対策はインナーで 

2009年01月28日(水) 8時07分
冬用装備の中でも注目はインナージャケット。

近年素材面で大幅に進歩しており、チタン素材やゴアウインドストッパーなどを使い、
薄手で軽量でも暖かい商品が多数発売されています。

冬用ジャケットのインナーに着るだけでなく、レザージャケット等と組み合わせることで、
通年の使用も可能です。
また、一般的なコートの下に着る事も出来ます。

上から重ね着するオーバーパンツは見た目抵抗があるという方や、
更なる重ね着で防寒性を増したい人にお勧めなのががインナーパンツです。

体に密着する防寒生地を使い暖かさをキープします。

街乗りなどは、オーバーパンツよりこちらの方がお勧めです。


>>インナージャケット


欠点としては、一度はいてしまうとすぐに脱げない所です。

冷風を通さないパンツを重ね着する事によりで、下半身を寒さから守ります。

特に長距離走行時には効果があり、疲労度が変わってきます。


バイクの寒さ対策 ジャケット 

2009年01月27日(火) 23時07分
いよいよ冬が近づいてきました。車と違いむき出しで走るライダーにとって、
厳しい季節の到来です。

しかし、寒いからといってバイクをやめてしまってはもったいない。
寒い季節には、防寒用品で寒さ対策を整えるのが肝心です。技術の進歩もあって、
日々防寒用品は進化しています。

今まで以上に快適に過ごせるはず。

まだ揃えていない方は今のうちに調べておいた方が無難です。

ジャケットは重ね着をして寒さをしのぐ方法がありますが、
それでは動きにくくなる上、脱着が面倒です。

快適さや動きやすさを求めるなら、冬用のジャケットがお勧めです。

最近では防水・透湿機能だけでなく、防風素材や発熱繊維を使用しているジャケットもあり、
下は薄着でも寒くないような高機能なものが多く商品化されています。

冬用装備の中でも注目はインナージャケット。

近年素材面で大幅に進歩しており、チタン素材やゴアウインドストッパーなどを使い、
薄手で軽量でも暖かい商品が多数発売されています。

冬用ジャケットのインナーに着るだけでなく、レザージャケット等と組み合わせることで、
通年の使用も可能です。
また、一般的なコートの下に着る事も出来ます。


>>ジャケット



車の寒さ対策 

2009年01月27日(火) 23時05分
車の寒さ対策といってもいろいろあると思うのですが、
寒い地域の方はよく知っているのではないでしょうか。

まず、寒さについて対策するとなれば屋根付きのガレージに止めることが一番大事で、
外に駐車したままだとフロントガラスが凍ってしまいますし、
雪が多いと埋もれてしまいますよね。

雪に関しては屋根付きのところに駐車する以外特に方法は無いと思うのですが、
フロントガラスの凍りつきについては屋根のない駐車場でも出来ることがあります。
それはダンボールや毛布を被せておくことで、このおかげで霜がつかないですし
温度も下がり過ぎないですよね。

まあ、それだけやっていても凍ってしまうときは凍るのですが、
そんなときはお湯をかけると簡単に溶かすことができます。
ここでよくある失敗としては水をかけて溶かそうとすることで、
水をかけてしまうと逆に凍りついてとれなくなってしまうので注意が必要です。

寒さに慣れている人は大丈夫だと思いますが、
慣れていない方は意外と知らないようなのですこし気をつけたいですね。

車の寒さ対策はちょっとしたことの積み重ねでできますので、
ワイパーを上げておいたり運転前にエンジンを温めるといった
基本からしっかりしていくことをオススメします。


寒さ対策の知恵 

2009年01月27日(火) 22時52分
実家などに住んでいる方はエアコンがあったりこたつがあったりして
寒さ対策も気にしなくても良いと思いますが、
一人暮らしの方は節約もかねて寒さ対策がかなり重要ですよね。

金銭的に負担が重くては意味がないですから、
負担の軽い方法をすこし紹介してみたいと思います。

まず、簡単な方法としては家の中でマスクや手袋をつけて過ごすことで、
手袋は防寒具として当然ですがマスクも顔がかなり暖かいです。

マスクはエアコンをつけていない家庭ならつけていても良いと思いますので、
顔が寒いと感じる方にはオススメの方法ですね。

家の中でダウンジャケットを着ている人もいるようですが、
ナイロン製のものだとガサガサして邪魔に感じる方も少なくないと思います。

そんな方は綿入り半纏などにすると暖かいし
邪魔にもなりませんのでかなりオススメできますね。

基本的に日本に昔から伝わっている服というのは結構暖かいものが多いので、
多少ダサいとか思っても気にしなければ良いと思います。

家の中ですので誰が見てるわけでもないですし問題ないですね。

布団で寝ている方はカーペットの上に布団を敷いて寝るとかなり暖かい思いますが、
強すぎると逆に暑すぎるので注意してください。

寒さ対策はいろいろ方法がありますので、
自分が良いと思った方法を試してみることをオススメします。


>>メンズファッション


P R