【四季折々】にblogを使うことにしました。 気まぐれでこまめに更新できませぬことをご了承下さい。 (コメント/トラックバッグは設定しませんのであしからず。)

転がり抵抗 / 2009年06月01日(月)
やぁまたご無沙汰してしまった。
ついにニューモデルを町なかで見かけるようになりましたね。
あまり欲しいとは思いませんが、なおや氏のブログで初めて知った、排気でエンジンをあっためて暖機運転が始まるのを抑制する機構は確かにうらやましいかも。

さて。

先週カメムシの夏タイヤを初めて交換。
今年の春に冬タイヤから履き替える時にそろそろかなと思っていたけど、先日雨の日についに限界を感じました。

走行距離60000kmを越えたカメムシ。
1年のうち3分の1くらいは冬タイヤを履いているとして、純正のタイヤは単純計算で40000kmくらいもったことになります。

近くのD社のショップで新しいタイヤに交換するにあたって、転がり抵抗の少ないエコタイヤにしようかと思ったのですが、まぁそんなに違いもなかろうと特段指定もせずにお任せしました。
後で調べてみると、新しいタイヤは中に吸音スポンジが入っていて静音性がウリのタイヤでした。

昨日少し走ってみると、なんかすっごく違和感が。
クルマのタイヤでこんなに違いを感じたのって初めてです。
確かに静かではあるのですが、それよりも明らかに転がり抵抗が大きい。

カメムシに乗り換えてからというもの、燃費重視のプリ乗りの間で言うところの「滑空」運転がクセになっているのですけど、前のタイヤに比べて滑空時の抵抗が大きくて速度低下の大きさを体感します。
少し大げさに言うとブレーキ引きずってるような感さえあります。

あいやぁ、しまったなぁ。
次回交換までこのタイヤで頑張らねばならないかと思うと、記録へのモチベーションが下ります。
しかも路地なんかで、ただでさえ人や自転車の背後に近づく時に気を使うのに、タイヤ音まで静かになっちゃいましたし。

甘く見てました。転がり抵抗。
同じメーカーでもメーカーサイトの性能比較を見ると、転がり抵抗の少ない銘柄はタイヤのライフも抜群に長いらしい。
うううう。。。。。
純正のタイヤも別なメーカー(Y社)ですが、燃費貢献度が大きいタイヤだったことに今さらながら感心してます。
そりゃ燃費がウリのクルマですから、純正タイヤの選択は計算され尽くされてますわね>トヨタさん。

<メモ>
長い間悩まされていた停車中のブレーキの異音の原因が判明、解消されました。
原因追求のために一生懸命いろいろとやってくれたディーラーの整備のお兄さんありがとう。
怪我の巧妙か、ブレーキフルードまで無料交換してもらっちゃったし(^o^)
ここのサービスはいつもホント親切だし丁寧で気持ちがいいです。
 
   
Posted at 20:39 / PRIUSな日々 / この記事のURL
最長不倒更新 / 2008年10月07日(火)
9月に入ってから給油~給油間の走行距離1000kmを連発していましたが、ついに昨日1194kmという最長距離記録を更新しました。

1200kmまで粘りたかったけど、往復80kmくらいの場所まで行く用事があったので「大丈夫かな?」とも思いましたがちょっと不安で給油しちゃいました。
給油警告表示になったのが1140kmくらいの時でしたが、サービスブックには警告の時点で残量6リットルだそうです。
てことは20km/1リットルとしてもそれから120km走る計算ですから1260kmでEMPTYってことですかね?
やっぱ給油しといてよかったぁ。
ちなみにEMVの表示は28.1km/リットルでしたが(これもニューレコード!)、給油量は満タンで45.3リットル。
満タン法で行くと26.37kmです。
EMVの表示と満タン法ではいつも満タン法の方が数値が悪くて、人が給油するわけですので当然バラつきがありますが、コレまでの給油時の統計では平均して5%近く満タン法の方が燃費が悪い計算になっています。
メーカーの目論みによって多少好燃費に表示されるようになってるんでしょうか?
そういえば、燃料残量計700kmくらい走ってやっと半分なので「こ、これは1000マイル給油達成も夢じゃないのか?」などと淡い期待を抱かせますが、その後の減り方の早いこと。800から1000くらい(残量計のブロックがあと3つくらいのところ)までは本当に早いですね。これもメーカーの策略ですかな?

とは言え、多少下ったもののまだまだ高水準のガソリン価格の昨今、非常に助かってます。
しかしだんだん気温も下ってきて、もうすぐあの暖機運転頻発のシーズンになっちゃうんだろうなぁ。。。

<メモ>
1ヶ月ほど前に、オーディオの操作が操作パネルのボタン類ではできなくなる不具合が発生、しばらくはラジオの選局やボリュウムまで音声で命令してました(笑)
時間を見つけてディーラーに持ち込んだらナビゲーションシステムの一部でありまだ保証対象期間内ということで操作系を無償交換していただきました。
 
   
Posted at 21:35 / PRIUS NOTE / この記事のURL
冬の結果と反省 / 2008年04月03日(木)
すっかりさぼってほぼ一年ぶりの更新。
この一年間でほぼ26,000km走りました。仕事&プライベート兼用とは言え我ながらよく走ったなぁ。

昨年11月末の寒くなってきた時期に冬タイヤに交換。
先日サクラの開花宣言と共に夏用タイヤに履き替えましたが、冬用タイヤで走っていた期間の全走行距離は8123km。その間に使った燃料は400.63リットル。よって満タン法での冬期平均燃費は20.28。悪っ!!orz

1月まではエアコンも我慢したりしてけっこう頑張っていたけど、2月の寒さと窓の曇りに負けてしまいひどい時はリッター当り18km台を連発。2月16日には748km走って18.39km/リットルというワースト記録を叩き出してしまいました。(EMV表示でもリッター当り19km止まりです)

しかし、このところの暖かさでグングン改善。
次の給油は久々に1000km超えで行けそうです。

それにしても大揺れに揺れているガソリン価格。いったいどうなるのやら・・・。
 
   
Posted at 21:04 / PRIUSな日々 / この記事のURL
春来たりなば燃費向上! / 2007年03月29日(木)
久々の更新です。
冬の間はやっぱり暖気運転による燃費悪化で、給油時の平均燃費はずっとリッター当り22〜23kmでした。エアコンも極力使わないように頑張っていたのですけどね。

コツコツと蓄積した平均燃費数値が暖機運転が始まってみるみる減っていくのを見ると悲しいものがあります。
貯金といっしょで貯めるのは難しいが、減るのははやい・・・orz

しかし!
朝の気温が10℃を下回ることがなくなってきたここ数日。
俄然PRIUSの実力発揮!

昨日の夜満タンにして今日鳥取市まで往復して210km程走りましたが、ついにリッター当り30kmを超えましたよ!!


残燃料表示もまだ満タンのまんまです!
バイパス道路での準高速走行を強いられた場面や多少暖気走行もあったことを考えると、この先カタログ値越え(33km)も夢じゃないような気がしてきましたよー!!

 
   
Posted at 21:50 / PRIUSな日々 / この記事のURL
暖冬 / 2007年01月19日(金)
今年に入って山陰の冬らしい日が続いていた。
日が射さず、みぞれや雨。
寒いのは何とか我慢もできるが、窓が曇る。
曇り防止のために少し窓を開けるが、雨滴がボトボトと車内に落ちる。
PURIUSのサイドウィンドウ、あるいはバイザーの造りは、雨滴の浸入に対しての検証が不十分だと思う。
しょうがないのでエアコンを入れざるを得ない。
とたんに燃費落ち。

ってな感じで、ここんところの給油ごとの燃費はリッター当り22kmがやっとだった。

ところが今週は気温も高く天気が良い日が多かった。
先週末に満タンにしておいて月曜日に片道60kmを往復したら、リッター30kmをマーク!
暖かくてエアコンもあまり使わなかったからねぇ。
改めてエアコンの燃費に対する悪影響を感じたね。

今日も青空が広がって10℃くらいまで気温が上がった。
峠の下り、EMVモニターをあまり気にすることなく走ったけど、パーフェクト!!


最高だった月曜からは落ち込んでいるが、平均燃費もリッター25kmあたりをキープできてます。
 
   
Posted at 19:46 / PRIUSな日々 / この記事のURL
年末年始 / 2007年01月03日(水)
明けましておめでとうございます。って誰も見てないよな。
年末年始、伊勢まで行ってきた。
米子道、中国道、阪神高速、近畿道、西名阪国道、伊勢道とほぼ高速道路使用。
このコースは納車翌日に結婚式出席のために走って以来2回目であるが、燃費走行に対しての知識が無いままにクルーズコントロール使ったりして普通に走った前回と違って、燃費に気を遣いながら飛ばさずに走った。
伊勢でも初日の出やら神宮参拝と駆けずり回り、総走行距離約970km。
2名乗車&荷物でEMV表示平均燃費22.5kmはまあまあか。
米子道に入る手前で給油サインに変わったが、無事無給油で伊勢往復を達成。帰省費用が節約できて助かるねぇ。
 
   
Posted at 09:33 / PRIUSな日々 / この記事のURL
財布と免許にも優しいハイブリッド / 2006年12月20日(水)
先日タイヤをスタッドレスに履き替えた。アルミホイール込みで破格のお値段(^_^;)
一部掲示板などでスタッドレスに履き替えても燃費はそう落ちないという書き込みも見たりしていたのだが、やはり転がり抵抗が大きい感じは否めない。
今までスタッドレスに履き替えて夏タイヤに比べてこんなに乗り心地に違和感があったことは無かったんだけどなぁ。ゴロゴロとしたなんとも気持ちの悪い乗り心地である。

加えて気温低下とエアコン稼働率が上がったこともあって、平均燃費は私ごときの腕ではどうあがいてもリッター22km台半ばを行ったり来たり・・・。
冬場はこれが限界か。

しかし!燃費運転を心がけるクセがついたおかげで、先行車のいない道路などでも極端にスピードを上げることがない。
そのおかげでこれまでに3度のネズミ捕りから救われた。
PRIUSは、燃費以外にもお財布と免許に優しい実に良くできたハイブリッドである!!(笑
 
   
Posted at 16:26 / PRIUSな日々 / この記事のURL
ハイテクの中の旧感覚 / 2006年12月05日(火)
ここんところかなり冷え込んできた。
エアコンやヒータを入れることが多くなってきた。

とたんに燃費が悪化。満タン給油から500km走行した時点でEMV表示でリッター当り22kmをちょっと超えるくらい。

PRIUSはエンジン駆動を必要としない状態を考え出して、その状態のときに極力エンジンをオフにして燃費を稼ぐクルマである。
普段ならエンジンをオフできる状態なのにエアコンやヒータを入れているとエンジンが回る。
暖機運転が活発になってしまうのである。
市街地で短距離移動を繰り返して乗ったり降りたりしているとことさらである。
エアコンが燃費に与える影響がここまで大きいことに改めて気付かされた。
燃費の達人達は冬は暖気する時間が少なくなるようにフロントグリルのエアーインテークを塞いだりするらしい。

思い切って本日は朝の始まりからヒーターもエアコンもオフにしてみた。
外気温は6℃。
寒いがほとんど暖気運転状態にならない。
そして、しばらく走り回って十分にエンジンが温まってからヒーターを最少風力(Lo)でON。
いい感じである。ぐんぐん燃費も伸びる。

当然、しばらくは車内は極冷えであるが、まだ今はジャケットを羽織ったりしていれば凍えるほどではない。
考えてみりゃあ、昔の車はエアコンなんてなかったし、ヒーターがあっても目的地に到着する頃に温まってきたりするようなシロモノだったよなぁ。

ハイテクなクルマで味わうロウテクな感覚。これまた楽しい哉。

 
   
Posted at 21:58 / PRIUSな日々 / この記事のURL
道子ちゃんパワーアップ! / 2006年12月05日(火)
昨日とある待ち合わせの駐車場に予定時間よりかなり早く着いてしまった。
暇つぶしにグローブボックスからナビゲーションの取説を取り出してみた。
購入時にはあまりに分厚いマニュアルなので読む気が失せ、パラパラっとしか目を通してなかったのである。(老人にはありがち)

トークスイッチの説明の部分に目を通すと、出荷時設定の「標準機能」以外に「拡張機能モード」があるらしい。
このモードにしておくと、ナビ機能以外にいろんな事が言葉で行えることが判明。
現在時間や走っている道路の名前など以外にエアコンのオンオフから0.5℃単位の温度設定、オーディオのオンオフ、ラジオの局の選択、HDDに記憶されている曲のアーティストや曲名の選択までできる。
試しに「エアコン」と言ってみたら「エアコンをオンにします」と道子ちゃんが応えてからエアコンが始動した。ちょっとしたカルチャーショック。
 
 続きを読む…  
Posted at 21:09 / PRIUSな日々 / この記事のURL
区間好記録? / 2006年11月28日(火)
本日は幹線国道を130km程度走った。
往きはけっこう激しい雨。
雨の日にPRIUSの燃費が悪化するのはあちこちで言われているが、その原因はやはりタイヤの転がり抵抗が増すからなのか?
フロントガラスも曇るので往きはエアコンほぼ入れっぱなしの状態。

そんなこんなであまり期待してなかったけど、本日の走行区間での平均燃費はリッター26.3km。交通の流れも乱さずに走った割にはけっこう(自己)満足なレコードだと思ったり。
 
   
Posted at 18:41 / PRIUSな日々 / この記事のURL
P R
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.