スノーデーで学校お休み 

2004年12月20日(月) 23時21分

雪が降ったので学校はお休み。ニューヨークの郊外、クリスマス前の銀世界のプレゼントに子供たちもはしゃいでる。

ライブ 

2004年12月20日(月) 10時29分

昨日はパパリンとアナとアウシジィスのライブだった。踊った踊った。お客はブラジル人のプライベートパーティー。ラストはサンバでキマリ。

出せば出すほど太る。 

2004年12月19日(日) 8時35分
パパリンのおじいさんの言葉。
自分の時間と才能を惜しみなく与えたなら自分が与えた分だけ必ず自分に返ってくる.
本当です。

クリスマス前、和むひととき 

2004年12月18日(土) 1時04分

買い物に行ったら綺麗だったのでパチリ。

昨日、6フィートのクリスマスツリーを買った。40ドルだった。木の香りが心地いい。飾り付け中。

パパリンの明日のライブ用のミュージックシート昨日ファックスで受け取った。やったことない曲もいくつかある。今夜はリハーサルに行くんだって。

家宝 

2004年12月17日(金) 23時05分

小2の次男の宿題は「家の家宝」をレポートすること。同じクラスのママに頼まれて彼女のおばあさんの形見の花瓶を写真にとってプリントした。アイルランド人なのでおばあさんの写真はアイルランドにあるって。わたしもそう、パパリンの家の家系図は貴重なものなので日本の家に置いてるし、新選組局長・近藤勇の直筆の手紙もある。
次男のこの宿題は絵を描いて、レポートしたものをポスターボードに貼って提出させよう。
この週末はパパリンのライブにアナ・ルーが参加する。マンハッタンのジンクバーなどでは御馴染みのシンガーだ。場所はコネチカット州で、ボサノバのライブをする。楽しみ。

サンタはどなた 

2004年12月17日(金) 4時49分
長女は今15歳、10歳くらいまでサンタを信じてた。
次男はパパ、ママがサンタって知ってるので11月末のサンクスギビングデーの翌日に行なわれる『アフターサンクスギビングデーセールー』の大安売りに子供たちを連れてった。クリスマス用のおもちゃ買い出しだ。大目玉はトーイザラスの朝6時から正午迄のスペシャルセールだ。店の人によると朝5時開店だそうだ。しかし、前の日は友人宅でサンクスギビングパーティーだったので5時に起きるのがせいいっぱい。でも、次男次女を起こして5時半に着くと出足は遅くリラックスして買い物出来た。長女はそんな買い物に反対意見。子供のファンタジーがないという。長女はもうおもちゃには当然興味のない年齢だが、次男にもサンタが本当にいると思って欲しいんだってもうしばらくは、、、。

ジョアンジルベルトに電話でうたってもらった。 

2004年12月17日(金) 3時56分

長女は4歳のときジョアンジルベルトに電話で歌を歌ってもらったことがある。わたしもジョアンと電話で話したのだが丁度そのころ長女がジョアンのイパネマの歌を歌っていたので「娘に歌を歌ってやってくれませんか?」とお願いしたら軽く歌ってくださった。私も電話に耳をすませて聞いたなァ。それは、アントニオカルロスジョビンの追悼コンサートのためニューヨークに来ていたときだ。
長女は今ハイスクールのtripに出かけている。3泊4日のコーネル大学でのバイオロジーの体験学習。自分のDNAをペンダントにしてもらってかえるのだと。あと、生きた牛の胃袋に手をつっこんだりするそうだ。

学校敷地内は禁煙ってことは。 

2004年12月16日(木) 23時49分
ハイスクールの校舎の正面玄関にあるサイン。
『ニューヨーク州の法律、学校敷地内禁煙』ってことは、敷地外ならOKということということ?朝、近所でスクールバスを待つ高校生タバコ吸ってた。放課後、学校の外でも。普通の子。先生もなーんにも言わない。それくらいのことでは。個人の自由?でも、高校生がタバコ買うと逮捕されるよね〜。なのに、なにがちがうのォ〜。

吸わない人はタバコの煙が苦痛。有り難い事に4月よりレストランの中も禁煙となった。お陰で、どこに遊びに行っても服がタバコ臭くなりません。

チョコっと。 

2004年12月16日(木) 5時30分
「クリスマスまで24個チョコレート」
子供たちの毎朝の楽しみ。宿題とかはやってなくても忘れて学校に行ける性格なのに、毎朝忘れずにその日のチョコを口に入れて「あと、9日でクリスマス?」。
 近所のメーガンちゃんにも「クリスマスまで24個チョコレート」をあげたら彼女はもう1セット持っていて毎朝2個ずつ食べてるそう。

ああ勘違い 

2004年12月16日(木) 0時44分
昨日,伯母からEメールが来た.
「この冬、日本に一時帰国できないのは残念だ」と。
そうなのです。私の仕事の切れも悪そうだし、パパリンの仕事のデッドラインは来週なのでそんなパパリンを残して私だけ日本に帰れません。それで、長男だけ帰国させることにした。
伯母にEメールを返信。
azul:「わかってください。サッカーのゴールキーパーが試合がすむまでゴールを離れられないように、ハウスキーパーのわたしも誰かを置いて家を離れられません。でも、近いうちに家族全員で戻ります。」
伯母:「azulちゃんがサッカーの試合に参加しとるのかと思ったら違うんやね.孫に話したらハウスキーパーって主婦のことだって笑われたわ。」
伯母さん、いいのよ。そんな勘違い私は日常茶飯事なのよ〜。

今.ニューヨークは15日の朝、雪がうっすら積もっていた。なんと,マイナス6℃。雪も結晶のままサラサラ状態。顔など空気に触れる部分は痛い寒さで息をするのもいやだ。寒さアレルギーでのどが痛くなる。子供にもマスクかマフラーで口を覆わせて外出しないと冷たすぎる空気は刺激が強すぎる。(これは、かかりつけのお医者様の助言。)

今日も一日寒さにもめげずがんばるゥ!
P R
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■プロフィール■
■名前■AZUL-ポルトガル語で青という意味
■趣味■samba,bossa nova を聞く
■仕事■パッケージその他デザイン
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sambany
読者になる
Yapme!一覧
読者になる