たーちん VS 鹿

February 23 [Thu], 2017, 9:37
先日、年に一回は行くようにしてる奈良公園に行って来ました。
毎年毎年、たーちんの反応が違ってて面白いのです。




今回は、鹿せんべいをあげるのをめちゃくちゃ楽しみにしていました。


夫が鹿せんべいを購入。
群がる鹿。
夫から新しい鹿せんべいを丸ごと束で受け取ったたーちん。


瞬間。
がぶり。




束ごとほぼやられてしまいました!!




泣きそうになるたーちん。


その後、夫が残りを受け取ったものの、すぐにせんべいはなくなり、たーちんが凹んでいるので新たに購入。




鹿の少ないところへ移動。




順調にせんべいをあげるたーちんと夫。
とはいえ、たーちんはかなり怯えつつな感じ。


ちなみにわたしは、ただそれを見守ってるだけです。
なぜって、犬猫アレルギーだから基本的に動物に近寄りたくないし、可愛いとかあんまり思えないので、、、。本音。(だからって別に嫌いなわけではない。興味が全くないだけです。)




そんなこんなで、せんべいがなくなり、もうないよってポーズを取った瞬間。


事件は起こりました。




一頭の鹿が、たーちんに襲いかかったのです!!




ゆっくりとスローモーションで倒れるたーちん。
逃げる鹿。




幸いにも、ダウンの上から胸の辺りを前脚で蹴られただけで、外傷はなく。
倒れた場所も、少し小高くなってたので、激しく頭をぶつけてもおらず。




たーちんは、半泣きでしたが。
心にはだいぶ傷を負ったみたいです。


毎年行ってた奈良公園。
赤ちゃんのときは、ニコニコ笑顔でベビーカーに乗ってて、鹿を撫で撫でしてました。
ヨチヨチ歩きのときも、自分で鹿に寄って行ったり。
少しわかるようになってからは、完全に怯えてたり。


色々な思い出がある奈良公園ですが、
残念ながら今回で終了の予感。


もう二度と行かない!
絶対に行かない!


だそうです。


たーちん、記憶力がすごいので、たぶん忘れないと思います。
中学生くらいになったら行けるかなぁ。
小学5年生で奈良に遠足行くらしいけど、大丈夫かなぁ。
















夫、鍵でパニック

February 06 [Mon], 2017, 6:55
久しぶりの夫ネタ。


ずいぶん前のことですが。
家族で買い物に行くために、車に乗ろうとしたらスマートキーが作動しない。電池切れです。
実は前日に、夫が一人で出かけようとしたときにもそうだったので(そして外出を諦めていた)電池切れというのはわかっていました。そして、わたしは対処法を調べていたので、どうすればいいかを知っていました。
でも、夫の態度がすこぶる悪かったので教えてあげなかった(笑)。

夫は「スペアがある」の一点張り。最近、何をどこにしまったかという記憶があやふやになってきているわたしに、スペアを探せ、と。
どうにか見つけたもう一つのスマートキーを持って、ドアを開けた瞬間。
ビー!ビー!と警報音が!
焦った夫。パニックです。


スペアキーも電池が切れていたみたい。


わたしは、前日に調べて知っていたので、
「キーをエンジンボタンに押し当てたらいいよ!」とアドバイス。
警報音は鳴り止みましたが、画面にはキーが見つかりませんと表示。
「どうしよう?車動かへん」と、夫。


パニックは続く。(笑)



「電池替えたらいいやん」と、わたし。


でも、替え方わからへん、できへんと、まだまだパニック中の夫。


「簡単に替えられるから大丈夫」と諭すも
「電池ないやん。どんな電池かもわからんし」とまだまだまだまだパニック。


蓋開けるし、
マイナスドライバーかコインで簡単に開けられるし、
開けたら電池わかるし、
コンビニそこやから。
コーナンもそこやから。


落ち着いてー!
頼むから落ち着いてー!





一旦家に戻り、マイナスドライバーを用意した夫。
「ネジ穴ないし、、、」
とか言ってましたが、理解したようで、パコっと開けて、電池を確認し、コンビニへ。




無事に、キーは作動しました。




いまの時代、スマホがあるから、なーんでもすぐに調べられるし、なーんでも載ってる。
たーちんの袴の着付けだって、夫がYouTube見ながらやったんだし。


便利な世の中です。


なんで、それを活用しないかな、夫。



夫は、小ばかにするなっていうけど、
小ばかにされても仕方ないよ。
だって、前日にトラブったんなら、その時点で調べておくべきだし、
調べてないくせにわたしの言うこと全然信用しないし、
そんで、アタフタし過ぎやし。


バカさ加減にうんざりだよ〜




そんで、
こんなことをブログで公開するなって怒ったって、知らないわ。ふふ。


お腹が痛くて痛くて

February 02 [Thu], 2017, 11:54
先週のこと。
水曜日、朝からなんかお腹が変。
張ってるような違和感が。
それは時間を追うごとに痛みになっていきました。
でも仕事してたし、小が出過ぎな感じだったので、膀胱の調子が良くないのかなと思ってました。
帰宅頃には、お腹全体が痛くて。お腹全体がめちゃくちゃ空腹な感じの痛さ。
それでも、たーちんお迎え行って、夕食作って食べてお風呂も入って。夫にはLINEして、たーちんと一緒に寝ました。
その頃には右の脇腹に痛みが集中。
調べてみたら虫垂炎にピッタリ当てはまる症状でした。


翌朝もやっぱり痛くて、でもその日の午前中はどうしても仕事を休むわけにはいかなかったので、出勤。
歩く度に痛い。
体をまっすぐにして歩くことができない。


これ、やっぱりヤバイやつだなと確信して、午後から早退させてもらって、近くのクリニックへ。
即、虫垂炎と言い渡され、ここじゃ手術も入院もできないからと、総合病院を紹介されました。


入院か〜〜。
月曜日は幼稚園のお遊戯会だし、それまでに退院できるやろか?
明日お弁当だけど、どうしようか。
実家の母に来てもらおうか。
いろいろどうしようか。


一旦家に帰って、洗濯物を取り込み、下着と歯磨きセットなどの軽い入院準備をして、タクシー呼んで病院へ。


救急対応してくれて、問診、エコー、CTに血液検査。点滴もしました。


結果、、、憩室炎というやつでした。
大腸にできる憩室というやつが炎症を起こしてると。
全身状態が悪くないということで、抗生剤をもらって自宅療養になりました。
入院じゃなくて良かったー。


夫には早めに連絡していたので、仕事を早退してもらい、たーちんのお迎えと、わたしも迎えに来てもらえました。


後日、経過観察で病院に行ったのですが、虫垂に近いところに憩室ができており、そこが腫れて、虫垂も少し腫れていたらしい。




翌日金曜日は出勤したし、洗濯もしたし、たーちんのお弁当もしっかりデコ弁にしたし、自転車で送り迎えしたし、晩ご飯も作って、ちゃんとやったのですが、今から考えると相当無理してました。
めっちゃ痛かったし、絶食しなきゃでほぼ食べてなかったし。ゆーっくりな動作だったし。
金曜日がかなりヤバかったです。。。
入院したかったかも、、、と思いました。


土日は、夫が全部やってくれて、ゆっくり休ませてもらいました。
ただただ眠たくて。寝てばっかりしていました。


日曜日には痛みもほぼなくなり、月曜日のお遊戯会は無事に出席できました。


それにしても、病気って恐ろしい。
これから歳をとるごとに、もっといろんな病気を体験するのかも知れません。
今まで以上に健康に気をつけていきたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホイミ
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
結婚9年目?! 夫と3歳の息子との三人暮らし。 ごくごく普通のありふれた毎日です。
最新コメント
アイコン画像ホイミ
» 夫、鍵でパニック (2017年03月09日)
アイコン画像男前と言われている旦那
» 夫、鍵でパニック (2017年03月07日)
アイコン画像ホイミ
» たーちん VS 鹿 (2017年02月25日)
アイコン画像サユリ
» たーちん VS 鹿 (2017年02月25日)
アイコン画像ホイミ
» 夫、鍵でパニック (2017年02月23日)
アイコン画像はじめまして☆
» 夫、鍵でパニック (2017年02月19日)
アイコン画像ホイミ
» 夫、鍵でパニック (2017年02月17日)
アイコン画像サユリ
» 夫、鍵でパニック (2017年02月17日)
アイコン画像ホイミ
» お腹が痛くて痛くて (2017年02月04日)
アイコン画像サユリ
» お腹が痛くて痛くて (2017年02月03日)
※スパムコメントが急に増えたので、承認制にさせていただきました。申し訳ございませんが、こちらで当ブログに関係がないと判断いたしました、コメント等は削除させていただきます。※
Yapme!一覧
読者になる
P R
script*KT*
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ