タイで犬に噛まれた! 猫にひっかかれた!? さて、どうしよう??

April 21 [Fri], 2017, 7:00
2017年の年明け早々、酔っぱらって隣の店の猫にちょっかい出して、夜中に病院に行く羽目になりました。
何年か前の年末に酔っぱらって犬に顔を噛まれたおにいさん(旦那)のことを笑えなくなってしまいました。
でも私の場合、傷はほんのちょっとひっかかれただけで大したことはないのです。
ただ、数日前に子猫が1匹死んだのを目撃、他の猫たちも弱々しくなって姿を見なくなっていたので、念のため狂犬病予防の注射をしてもらったのでした。


猫に罪はないのだけど・・・


近所のバンコククリスチャン病院に行きましたが、さすがによく心得たもので、さっさと会計して(1,650バーツ)、注射ブスブスして終わり、まるでコンビニに立ち寄ったくらいの気軽さですべてが終わりました。
あ、いえ、終わっていません。
狂犬病の注射は日を置いて全部で5回受けなければなりません。
すでに予防接種を受けている場合でも、噛まれたら改めて3回受けなければなりません。
おにいさんの時は、2本目が日本滞在中で、ワクチンがないとか休診日だとかでさんざんたらい回しにされ、あげくに1万5千円も払ってましたので、タイで治療が完了するのはありがたいです。

狂犬病は、未だ有効な治療法はなく致死率ほぼ100%という恐ろしい病気で、世界では年間5万人以上が死亡しています。
犬に限らず猫、コウモリ、ネズミやリスも感染源となり、噛まれるだけでなく、ひっかかれたり傷口や粘膜をなめられても感染します。
私はもう問題ないわけですが、ちょっと調べたら興味深いネタが出てきましたので狂犬病について書いてみます。


実は子犬が危ない



■■■ タイにおける狂犬病 ■■■

タイの保健省が2017年1月に発表した2016年の国内狂犬病患者数は、13人でした。
バンコク含めて東西南北タイの全地方で発症しています。
1980年には370人、1990年に185人、1992年に狂犬病予防法が施行され、2012年に4人、2015年が5人と減少しました。
2020年には撲滅宣言をすることを目指していたようですが、なぜか昨年は、急激に増加しました。
危機感が薄れたようで、今後の増加も危惧されています。

それでも世界の他の国に比べれば、ずいぶんと努力してきたことがわかります。
たとえば、2016年の厚生労働省の発表によると、中国は2,635人、インドは7,437人、インドネシア1,113人、ミャンマー681人、フィリピン592人、ベトナム360人、カンボジア190人などとなっています。

ただ、昨年のニュースにビックリするものがありました。

「狂犬病のイヌ食べる タイ東北で12人にワクチン接種」(Newsclip)という見出しです。

知らずに食べたのかと思ったらそうでもないのがさらに驚きです。
村で死んだ犬が狂犬病と思われたので、頭を当局に送付して体を埋葬していたらしいのですが、若者たちがわざわざ掘り返して煮物にして食べたというのです。
送られた犬の頭部からウイルスが検出されたため、保健省が慌てて即全員に注射したようです。
それにしても狂犬病かどうかに限らず、原因不明で死んだ動物の肉を食べちゃダメですよね〜。
というか、犬を食べること自体がどうなんだか・・・。

この場合、ワクチン接種まで日数が立っているけど間に合うのでしょうか。
24時間以内に注射を打ったにもかかわらず、顔を噛まれた子供が死亡したケースがあります。
脳に近いほど危険なようです。
狂犬病の潜伏期間は9日〜数年と言われています(大半は1〜3ヶ月)。
発症前に検査して診断することは不可能だそうで、何の処置もしなかった場合、長いこと不安を抱えることになるのがいやですね。

猫も食べないでください...


■■■ 日本の場合 ■■■

国内での感染例は1956年以降見られませんが、海外で感染して日本で発症して亡くなったケースがあります。
1970年にネパールで犬に咬まれた旅行者が帰国後に死亡しました。
2006年には京都と神奈川でそれぞれフィリピンで犬に咬まれて帰国後に発病、死亡しました。
京都の感染者は、受診時点で脳炎症状を発症していて詳しい事情は不明ですが、神奈川の感染者の報告があります。
噛まれたのは8月末、11月9日に風邪のような症状でA病院へ。
11月12日水が飲みにくくなり(恐水)、風が不快(恐風)になってB病院を受診、脱水症状があったので点滴をして帰宅。
11月13日、幻覚症状があり再度B病院へ、狂犬病の症状が確認されて入院、11月22日死亡が確認されました。
こうして読むと恐ろしさを実感しますね。


■■■ 病院に行くべきか?■■■

狂犬病は恐ろしい病気ですが、だからといってむやみやたらに動物を避ける必要もありません。
どんなことでも「上手に怖がる」ことが大事です。
WHOの発症予防の目安は、下記の通りとなっています。

カテゴリー1(危険性なし)
動物に触れたり、餌を与えた。動物に傷のない皮膚をなめられた。 
→ 接触歴が信頼できるものであれば処置必要なし。
 
カテゴリー2(低い危険性)
動物に直接皮膚をかじられた。出血を伴わない引っ掻き傷やすり傷ができた。 
→ ただちにワクチン接種を開始するが、10日間動物が健康であるか、剖検して狂犬病が否定された場合は中止する。

カテゴリー3(高い危険性)
1ヶ所以上の咬傷や引っ掻き傷ができた。
動物に粘膜をなめられた。動物に傷のある皮膚をなめられた。
コウモリとの接触。 
→ ただちに抗狂犬病ガンマグロブリンとワクチンを開始するが、10日間動物が健康であるか、剖検して狂犬病が否定された場合は中止する。

これでいくと私はカテゴリー2になるので、猫が元気ならもうやめてもいいことになるようです。
ただ、過去に勝手に3回でやめたせいで発症したケースというのがあるらしいので、一応、受けておこうと思います。
そういえば、蛇に噛まれたらその蛇を殺して持っていけといいますが、犬にかまれた場合もその犬を持っていけばわかるとか!? でもその時点が潜伏期間だったらやはりわからないと思うのですが・・・??


タイではのんびりさせてもらってます。


ちなみに狂犬病は、英語でrabies、タイ語ではโรคสุนัขบ้า(ローク・スナック・バー)と言います。
いずれにしても英語もタイ語もわからなくても、傷口見せたら絵でも通じるでしょうから、躊躇することなく近くの病院に飛び込むことをおすすめします。


僕はちゃんと注射してますよ!


ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ


ドリアン 好き? 嫌い? 食べました?

April 19 [Wed], 2017, 7:00
好き嫌いが分かれるという意味では、パクチーどころではないでしょう。
いろんな意味で王様です。

ドリアンは、マレー諸島原産で、「Duri」はマレー語の「棘」、「an」は「もの」という意味で、つまり棘のある果物という意味になります。
世界には、約30種のあるとされていますが、栽培は主に東南アジアに限られています。
外皮に大きな鋭い五角錐の棘があり、とても素手で持ち運べるものではありません。
抱えるわけにもいかないので、果柄を持つか、特製の紐で縛ることになります。



ドリアンは、日本に持ち込みができる数少ない果物ですが、よほどの物好きか商売しようという人でなければ、丸ごと運ぶことはないでしょう。
剥いたものを運ぶ場合はニオイが気になりますので、あらかじめ冷凍したもの運ぶといいです。
一度、成田の検疫所にドリアンを申告したら、その場で開けて見せてくださいと言われたことがあります。
ドリアンですよ? 本当に開けていいのですか? と念を押しながら何重にもくるんだ新聞紙をめくりました。
やはり…(>_<) 
あまりの臭さに係官と苦笑してしまいました。
再び新聞紙で包むのがなんだかむなしく、以来、運んだことはありません。

しかし、商売で運ぶ人はたしかにいるようで、日本でまるごとのドリアンが売っていることがあります。
最近は、スーパーでも購入できるとか。
以前は、1個1万円くらいしていましたが、小さいものなら数千円で買えます。


こんな風に枝からいきなりニョキ


ドリアンが嫌いな人の何よりの理由は、あのニオイでしょう。
ホテルや乗り物は、ドリアンの持ち込みを禁止しているところも多いです。
そういえば、何年か前に日本で、119番にガス漏れの通報があって消防隊員がアパートに乗り込んだら、そこの住人がドリアンを食べていたというニュースがありましたね。
最近は、無臭ドリアンの開発もされているそうです。

食べてみたいけれどニオイがダメという方には冷凍がおすすめです。
また、比較的ニオイの少ないモントーン種という品種がタイでは人気です。
20年前に食べた、あるいはマレーシアで食べたことがあるけどダメだったという方も、最近出回っているモントーン種なら大丈夫ということがあります。
他にクセの強いチャニ―種、ニオイがきついがコクがある高級品種のガンヤーオ種があります。



ドリアンは、「果物の王様」と呼ばれていますが、もともとは、とても栄養価が高く、王様が精力増強のために食していたので「王様の果物」と呼ばれたという説があります。
実際にカリウムやマグネシウム、ビタミンBなどが豊富で、栄養をとりたい貧血気味の方や疲れ気味の方、妊婦さんにおすすめです。
逆にメタボや持病のある方は食べ過ぎには注意してください。
カオニアオドリアンなどは自殺行為に近いかと…。


初めての時はこの一口食べるのがドキドキ


また、「アルコールと一緒に食すと危ない」とよく言われます。
腹の中で発酵するだの、血糖値や血圧が急激に上がるだの言われますが、科学的に証明されておらず、死亡例の報告もないからと、日本のネットでは鰻と梅干と同じような迷信だなんて書いている人もいます。
実際に試したけれどなんともなかったと偉そうに書いている人もいます。
自分が大丈夫だったからと迷信だと否定してしまうのは、なんとも無責任な話ではないでしょうか。
体質や量の問題もありますが、実際に心臓がバクバクしたり、腹部膨満感や吐き気がしたり、体が暑くて眠れないとか、ベットでのたうちまわったという話はよく聞きます。
体の弱い私の友人は、お酒を飲んでもいないのに一切れ食べただけでドキドキしてきたと言っていました。
胸焼けを訴える人もよくいます。
また、知り合いがドリアンチップスが美味しいからとボリボリ食べていたら、一瞬にして顔中に吹き出物ができて大変だったと言っていました。
やはりドリアンは、恐ろしい…。
「悪魔の果物」という別名があるのもうなずけます。
私はやはり多くのタイ人が言うように、とにかくアルコールを前後に摂取したり、アルコールを飲まないからと何個も食べたりするのはおすすめできません。
せいぜい2房くらいにとどめておいた方がいいのではないでしょうか。
ただ、とにかくせっかくタイにいるのですから、一度は、トライして欲しいと思います。
ハマらない程度に。

<参考: 「果物の王様 ‐ドリアンの植物誌・天国の味と地獄のにおい‐」 渡辺弘之著 長崎出版>


ラヨーンの果樹園で採れたてを食べると格別に美味しい!



ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

マナオはライムだけどマナオなの

April 16 [Sun], 2017, 7:00
暑い時にはスッキリさっぱりしたものが欲しくなりますね。
今回は、タイにはなくてはならないマナオをとりあげます。
マナオは、タイレモンと呼ばれることもありますが、レモンではなく、熱帯アジア原産のライムのことです。
日本に入ってくるライムはレモンが小さくなったような形ですが、タイのマナオは、メキシカンライムと呼ばれる丸くてこぶりで酸味の強い品種です。

<ライムの逸話>
ライムと言えば、ビタミンCにまつわる歴史上の有名な話があります。
大航海の時代、船乗りは壊血病に悩まされました。
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見の航海では、180人のうち100人が壊血病で亡くなったと言われ、とても深刻な問題でした。
長い間、その原因がわからずにいましたが、野菜や柑橘類が有効だと推測され、ライムや漬物をたくさん積んで、やがて壊血病の死者をなくすことができました。
実際に壊血病とビタミンCの関係がわかったのは、1900年代になってからです。
英国海軍がみなライムジュースを飲んでいたことから、アメリカ人は、スラングでイギリス人のことを「Limey(ライム野郎)」と呼ぶそうです。
それほどまでにライムは重宝されていたわけですね。(ちなみにドイツ軍はライムではなく、キャベツの漬物を重宝したので「kraut(キャベツ野郎)」と呼ばれていたとか。)



<ビタミンC>
ビタミンCは、免疫力をアップさせて風邪の予防になり、コラーゲンの生成を助けるので美肌効果があります。
さらに活性酸素を除去して老化予防、アルコール分解を助けて二日酔い予防など、うれしくなるような効能がたくさんあります。そ
の他に鉄分やカルシウムなどのミネラルの吸収促進効果があります。

暑くなると汗や尿での排泄が増え、日焼けや睡眠不足でのストレスでも大量に消費されます。
ですから暑い時期にはビタミンCが不足がちになるので、意識して積極的に摂りいれる工夫が必要となってきます。
タイの食事にはマナオがついてくることが多いですが、元気に過ごすためのタイ人の知恵でもあるのでしょう。
飾りとして眺めないで、しっかり絞って摂取してください。
マナオには、さらに殺菌・防腐の効果も期待できますので、高温で腐敗がすすみやすいタイでは、やはり重要な食材といえます。

<ビタミンC摂取のコツ>
水溶性のビタミンCは、残念ながら体内に蓄積しておくことはできません。
朝たっぷりのマナオジュースを飲むのは素晴らしいことですが、数時間で排出されてしまうので、1日数回意識して摂取する必要があります。
もちろん野菜や他の食材から摂ることもできますが、調理など手間を多くかける必要があったり、水洗いや加熱によって減少することがあります。
ですから絞るだけでてっとり早くビタミンCを補給できるマナオはおすすめなのです。
サラダでも肉でも魚でもご飯でも、食事の時にマナオ汁をかけて食べ、飲み物にもマナオを絞って飲むという習慣をつけましょう。
一時期、ビタミンCはシュウ酸に変化するので、摂取し過ぎると結石ができやすいと言われていましたが、最近は、この説は否定されています。
自然の食品から摂取するビタミンCは過剰摂取の問題はほとんどありません。
サプリメントもたくさん出ていますが、せっかくマナオがたくさん手に入るのですから、食品から摂りたいですね。


値段の違いがよくわからず、、、マナオにも目利きが必要らしい


<クエン酸>
マナオのもう一つの大きな魅力はクエン酸です。
睡眠不足や疲れのせいでクエン酸の働きが悪くなると、乳酸が蓄積されることになり、疲労を感じやすくなります。
クエン酸は、乳酸を水と炭酸ガスに変えて体外に排出する効果があり、たまりにくくする効果があります。
うれしいことにタイで手軽に手に入るマナオには、酢やレモン以上にクエン酸が含まれています。
つまり、マナオは、疲労回復(防止)効果のあるビタミンCとクエン酸がたっぷり含まれているうれしい食材なのです。

<マナオの保存>
ここまでおススメしてきましたが、実は、猛暑期にはマナオの値段が高くなってしまいます。
できれば市場などでまとめて安く買って保存するのをおすすめします。
保存は、光と乾燥が大敵なります。
ポリ袋かタッパーに水を少入れて密閉して冷蔵庫で保存すると3週間くらいは持ちます(水は時々かえてください)。
また、スライスして冷凍してもよいでしょう。
マメな方なら絞って製氷皿に入れて冷凍すれば、水や紅茶、ジュースに入れてちょうどいい酸味を楽しめるでしょう。


まとめ買いといってもさすがにこの量は・・・


<まとめ>
なんとなく女性におすすめというイメージの強いマナオかもしれませんが、実は、ビタミンCとクエン酸の働きでタイにいる日本人男性になぜか発症確率の高い「痛風」や「結石」の予防にも効果があります。
どちらも水分を多く摂る必要もありますので、やはりマナオジュースがベスト! ということになりますね!!

<参考サイト: ウィキペディア、旬の食材百科、栄養健康サイト、大塚製薬、日経ヘルス、サプリメント大学>



街でよくみかけるマナオ売り なぜかサトー豆と一緒のことが多い


ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

今さらでもありますが、、、ココナッツオイル

April 08 [Sat], 2017, 7:00
ココナッツオイル、ブームの時に買ったという方、今でも使っていますか〜?
私は、一部の料理にはまだしっかり使っています。
スポーツジムでシャワーの後に使おうとロッカーに入れてたのですが、エアコンが効きすぎててかたまって使えない…(;'∀')
たまに髪のパックに使ってますが、、、本当は、うがいを続けたいのだけど、新しく買い足せないままになってます。

この記事は、2015年2月に書いたものですが、読み返してみたら「〜だそうです」という語尾がやたらに多くて、いい加減なこと書いてんじゃないの〜? と自分に突っ込みをいれてしまいました。
そんな記事ですが、よろしければお目を通してみてください。


ココナッツ取り名人

=====
ブームとなっているココナッツオイル。
先日も日本のテレビでダイエット効果があると紹介されて、急に周りでも騒がしくなった気がします。
日本では品切れな状態だそうで、お土産にすると喜ばれること間違いなしです。
でも、ココナッツの独特の香りが苦手という人も多く、そもそも何がそんなにいいの? と思われる方もいるでしょう。
そこで、流行りにのってしまうのもなんなんですが、知っておくというのは大事なことです。
使うかどうかは別にして、ココナッツオイルについて解説してみたいと思います。

そもそもココナッツオイルとは、ココヤシからとれるヤシ油のことです。
アブラヤシからとれるパーム油もヤシ油と呼ばれ、よく混同されることがありますが別モノです。
また、購入の際には「エキストラバージン」オイルを選んでください。

<ダイエット効果>
先日テレビで紹介されて、私の友人もとびついていきなり実行していますが、なかなか痩せられずにストレスがたまってきているようです。
理屈としては、中鎖脂肪酸は体に蓄積せず、すぐにエネルギーに変換され、代謝をアップし脂肪を燃やしやすくしてくれるということと、お通じをよくして腸の働きを調える効果があるということのようです。
1日大さじ2杯を毎日取り続けるとお腹周りの脂肪が落ちたとか、いつも通り食べていたけど痩せたなんて話もありますが、やはり油は油、カロリーは高いですから、摂取するなら何かを減らした方がよさそうです。
バターやマーガリンをココナッツオイルにするとか、ドレッシングや調理用油で使うとか、砂糖を減らしてココナッツオイルで甘味を補うとか、そういう工夫が必要な気がします。
番組では炭水化物を減らすよう指導していますが、炭水化物を減らしたらココナッツオイルをとらなくても痩せるんじゃないですかねぇ…。

<脳の活性化、アルツハイマー病、痴呆の改善や予防に>
この効果が注目されるようになったのは、アメリカ人女性医師Mary T Newportが執筆した「Alzheimer's Disease: What If There Was A Cure? The Story of Ketone. 」、日本語訳本「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能」という本が出てからです。
アルツハイマー病は、脳の糖尿病とも呼ばれるそうで、脳にエネルギーを送るグルコースが使えなくなることで起こります。
そのグルコースの代わりにココナッツオイルに含まれるMCTオイルを摂取することで、脳が活性化するとのことです。
まだまだ研究の余地はあるようですが、大いに期待したいですね。
1日大さじ2杯のココナッツオイルを朝昼晩3回摂取すればいいとのことで、私も両親にぜひとも飲ませたいところですが、さて、独特の香りを受け付けるかどうか?と、カロリーが問題ですね。

<その他の健康効果>
ココナッツオイルに豊富に含まれているラウリン酸が抗菌・抗酸化作用が強く、甲状腺機能低下症改善作用、善玉コレステロールを増やす効果、糖尿病予防、心臓病のリスク軽減、免疫力向上等のさまざまな効果が期待されています。
口から摂取するには、スプーンで直接飲む他に甘味を利用して料理や菓子作りに使ったり、飲み物に入れたりというのもあります。
ココナッツオイルは酸化しづらいことも特徴で、加熱料理にも利用できます。

<肌に塗る>
保湿効果があるので、風呂上りなど乾燥した肌に塗るといいですし、全身に塗るのにクリームより塗りやすくていいです。
もちろん顔にもOKです。
アトピーや敏感肌の方にもおすすめという記事もあります。
また、マッサージオイルやシェービングクリームとして使えます。
ベタベタしそうですが、肌への浸透力がすごくすぐにしっとりします。
一応、日焼け防止効果も少しあるみたいですし、焼き過ぎた時に肌を休めるのにもいいようです。
さらに虫刺されや切り傷にも効果があるとか?

<髪や頭皮に>
洗髪前に頭皮マッサージに利用したり、パックしたりするといいそうです。
抜け毛を防ぎ、美しい髪を作ってくれるそうです。
整髪料の代わりにも利用できますが、つけすぎるとベタベタになります。

<うがい>
寝起きや夕食前など空腹時にココナッツオイルでうがいするといいそうです。
オイルを口に含んで15分くらいぐちゅぐちゅしてペッ。
オイルプリングという健康法でインドで伝統的に行われてきました。
デトックス効果があるそうです。
他に口臭予防や歯周病、虫歯の予防にもなり、歯のホワイトニング効果もあるとか。のどが痛い時にも効果があるそうです。

日本では本屋にココナッツオイル関連本が積みあがっているそうです。
ネットでもいろいろ出てきますので、興味がある方はどうぞ。
私は、とりあえず肌と髪に使ってうがいをしています。
人によって合う合わないがありますし、使う量や頻度によっても効果はいろいろということはご承知くださいませ。


オイルのあと、ウォーターのブームもきましたね。



ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

ガパオはガパオでもカエルのガパオ

April 06 [Thu], 2017, 7:00
先日、ガパオ(ホーリーバジル)の話を書きましたが(コチラをクリック)、ちょうどガパオ炒めを食べたのでアップしてみます。

ただし、、、タイトルにあるように、カエルのガパオ炒めなので、食材の写真が出ます。
そういうのがキャー! っていう方は、見ないようにご注意ください。

見たくないのに見えちゃったじゃないのー! という方のために、別の写真を前にもってきてみようかな。
これは、同じ日に食べた豚の顔のヤム(タイ風ピリ辛サラダ)です。
なんだか、この記事だけを読まれたら、ゲテモノ屋かと思われそう??
いやいや、健幸料理の店なんですけど(;^ω^)



カエルのガパオ炒めの料理は、こんな感じです。



実はこの料理、私も参加している宴会テーブルに出したのですが、私が席に座る前に消えておりました。
みんな、美味しい、美味しいとパクパク。
なので、この写真も友達から拝借。

そしてそして、ナント!
カエルの皮まで食べられちゃうんですね〜。
スリン県出身のスタッフが「皮も食べますか?」と聞いてきてビックリ。
いや、そりゃ、食べられるものは、ありがたくみんないただきましょー!
・・・ということで、出てきた料理がコチラ。



あら、美味しいじゃないの! 
パリパリしてせんべいみたい。
上のガパオ炒めもそうですけど、言われなきゃカエルだと思わないで食べちゃいますね。
鮭の皮のパリパリ焼きとか言われたら、そうかと思っちゃう。

では、そろそろいいですか?(苦笑)



ぷりっぷり、お尻かと思ったら太ももですね。
なんていう種類のカエルなんでしょう?

私は、食材となる動植物を「かわいそう」とはあまり思わないようにしています。
本当は、ちょっとそう思うこともあるんですけど、私たちは、命をいただきながら生きているんだということをよく肝に銘じて、「かわいそう」より「ありがとう」と思うことにしています。
その方が、私に食べられる子たちもむくわれるのではないでしょうか。


まな板の上の鯉…ではなく蛙


ナンテ言いながら、この写真、面白がって撮っているでしょーと、動物愛護の人に言われたら、ちょっとそれも反論できないか・・・スミマセン(;^ω^)

タイの東北地方や隣国のカンボジアやラオスでは、ふつうに蛙を食用として食べています。
日本でも中華や台湾料理屋に行けば食べられることがありますね。
ヨーロッパでも食べられているようで、むしろ日本人がどうしてあんまり食べないのかな? という感じです。
骨の多い鶏肉といったところか、、、好きな人は、鶏肉より美味しいといいます。
低脂肪で高たんぱく、ビタミンB類や鉄なども豊富だそうで、イマドキのダイエッターにおすすめの食材ともいえます。

食べたいけど料理は・・・という方は、あらかじめSALADeeにご注文ください!
買わないけど、売ってるところを見てみたいという方、タラートツアーにご参加ください!

健幸料理倶楽部へのお問い合わせは、
saladee.aosawaアットgmail.com (アット=@に変えて) または、081-836-6350 青澤までどうぞ!



ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ


ラープとナムトックって!?

April 02 [Sun], 2017, 7:00
グリコのラープ味が発売されたのは、いつだったでしょうか。
結構、衝撃的でした。
ビールによく合って、お土産にも最適。
以来、タイ限定味が数々と出されていますが、ラープ味を超えるものはまだないように思います。
(私自身は、発売当初に食べ過ぎて、パタリと食べなくなりました。)

ラープは、東北(イサーン)地方やラオスの料理で、豚肉が使われるラープ・ムーが代表的です。
「豚挽肉のスパイシーサラダ」などと訳されていますが、他にも鶏、アヒル、ナマズ、キノコなど様々な材料との組み合わせがあります。
タイ料理の特徴である「酸っぱい」と「辛い」のバランスが抜群で、しかし甘味は抑え目、炒ったもち米粉の粒々感が楽しく、ハーブたっぷりの刺激的でありながらさわやかな料理です。

 
イサーン(東北)料理店のラープ・ムーとナムトック・ムー


一見、肉肉しい料理ですが、脂は少なめで数多くのハーブが入っています。
赤タマネギ、長ネギ、パクチーファラン(棘葉コリアンダー)、ミント、トウガラシ、マナオがどっさり。
中でも私的に驚きなのは、ミントの使われ方です。
それまでミントというのは、飾りでちょこんと使うハーブというイメージしかなかったのですが、驚くほどたっぷり入っているのに、苦味を感じることなくさわやかに食べられるってスゴイなあと感心しました。
ミントには、消化促進作用があり、食べ過ぎや飲み過ぎで胃の調子が悪い時に消化を助けてくれます。
スッキリするのは、お口だけではないのです。
乗り物酔いの防止にもなるので、車や船に乗車する時にミントガムをガムを噛むのは理に適っています。
また、鎮静効果があるので、イライラを鎮め、心身のリラックス効果やウツの改善が期待できます。
不眠を解消するとも言われます。

接待やゴルフの時にタイ料理で肉料理が食べるなら、コームーヤーンより断然ラープ・ムーがおすすめですよ! 
ちなみにラープと同じような料理にナムトックがありますが、こちらはひき肉ではなく、肉の薄切りを使っています。
材料は、ほぼ同じなのですが、最近の私の好みは、ナムトックです。
当店のナムトック・ガイは、辛さ抑え目の上品でさわやかな料理に仕上がっていますので、ぜひお試しを!


サラッディーのナムトック・ガイ(チキン)

ラープ・ヘッ(キノコ)もあり!



ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

トムヤム どこまで食べたらいいの!?

March 31 [Fri], 2017, 7:00
今回の豆知識は、タイ料理の基本のきとも言えるトムヤムです。
世界3大スープの一つとも言われる世界的に有名なスープです(ただし、ブイヤベース、ボルシチ、フカヒレなど何が3大なのかは諸説あります)。
辛くて酸っぱいいかにもタイらしい料理ですね。
「トムヤムクン」が有名になりすぎて、海老が入ってなければトムヤムクンとは言わないと知って驚いた記憶があります。
タイ語がわからなければ無理もないことです。
一応、解説しておきますと、トムは煮る、ヤムは混ぜる(主に辛いもの)、クンは海老のことです。
同じスープでもチキン入りはトムヤム・ガイ、豚肉入りはトムヤム・ムーとなります。
SALADeeには豆腐を入れたスープがあるのでトムヤムトーフと呼んでいますが、うどんを入れるとトムヤムウドンとはならず、ウドン・トムヤムとなるようです。(タイ語ムズカシイ…)


サラッディーのトムヤムクン


日本料理は、基本、食べられないものをお客に出すということはないですね。
それが当たり前だと思っている日本人は、トムヤムに入っているハーブを首をかしげながら食べることになります。
几帳面な方は、「失礼なことを聞くようですが、残してもいいものなのでしょうか」とこっそり相談(?)されることもあります。
いえ、全然失礼ではないんですけど。。。
接待など、初めてトムヤムを食べる方には、恥をかかせないよう「いろいろ入ってますが、かたいのはふつう食べません」と、一言教えてあげるといいですね。
たまに「いや、食べられるよ、美味しいよ」と自慢げに話す方もおりますが。

そもそもハーブ類をのぞいたら、食べられるものがとても少ないトムヤム、ハーブを取り除いて供してくれたらいいのに・・・とも思うのですが、このハーブが肝心なのです。
ハーブの風味を楽しむとともに、たくさんの効用を得るために、ギリギリまでハーブを味わうという感じでしょうか。


市場で売られているトムヤムセット


一般に入っているのは、レモングラス(タクライ)、コブミカンの葉(バイ・マックルート)、ナンキョウ(カー)、トウガラシ(プリッキーヌーという品種が使われることが多い)、ライム(マナオ))、赤タマネギ(ホームデーン)、パクチー、ナンプラーなどなど。
これらが味のベースとなって、そこに食べられるものとして(?)フクロダケやエビ、チキンなど好みの具が入ります。

レモングラスとコブミカンの葉、ナンキョウが食べられない3点セットと私は勝手に呼んでいます。
もちろん食べて毒なわけではなく、食べられるものなら食べてもいいし、その方が確実に効能を得られるのでしょうが、別に美味しくもなくかたいのです。
ナンキョウは、キョーレツなショウガという感じでしょうか。
しかしこの3点セット、お茶と同じで口にいれなくてもスープとして飲むだけで多くの効能が期待できるのです。

少し前の研究ですが、平成12年12月に京大、近畿大、ガセサート大学が、「トムヤムクン」に極めて高い抗がん作用があると発表しました。
タイの消化器系がんの発生率が、日本をはじめ他のアジアや欧米諸国に比べて半数以下だったことに着目し、研究がすすめられたそうです。
これは、正確には「トムヤムクン」ではなく「トムヤム」であって、海老に限らないと思いますが・・・。
とにかく、上記の3点セットがポイントのようで、どれもビタミンCやβカロテンをはるかにしのぐ抗酸化作用の高い物質が含まれており、がん細胞を抑制する作用もあるというのです。


クロントイタラートにて


トムヤムだけでなく、タイ料理にはこの3点セットがたくさん用いられていますし、それ以外にもトウガラシやニンニク、タマネギ、パクチーやバジルなど、どれも抗がん作用、抗酸化作用、解毒作用がたっぷりです。
タイ料理を食べる時は、じっくりハーブ類を眺めてみてください。
いかに多くのハーブを上手に使っているか感心します。
こうしたハーブたっぷりのタイ料理、塩分と糖分、油に気をつければ、とってもパワフルでヘルシーなのです。
そんな目であらためてトムヤムを味わってみてください。
辛いのが苦手な方は、SALADeeにいらしていただければ、辛さ抑え目のトムヤムを味わえます。
おすすめはやはりトムヤム・トーフですが、裏メニューとしてウドン・トムヤムもお出ししますので、この記事読んだよとお伝えください。


ランチセミナーで作ったトムヤムご飯


フリーペーパーのDACOにヤマモリの宣伝記事を書いているのですが、レトルトのトムヤムクンについても書いたことがありました。
よろしかったらこちらもご一読ください。
(クリック↓)
「ハーブ各種の効能と共に タイ料理の真髄を味わう トムヤムクン」



ランキングアップにご協力を~!(↓)
にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:☆青☆
  • 性別:女性
  • 誕生日:1967年
  • 血液型:O型
  • 現住所:国外
  • 職業:その他
読者になる
1996年末に来タイ、以来、タイの移り変わりを見ながら、自身も紆余曲折しつつタイの野菜・果物の勉強を続け、2012年に健幸料理の店「SALADee」をオープン。「幸せな毎日は、心身の健康から、心身の健康は、正しい食事から」をモットーに、ヘルシー&ハッピーな「健幸料理」を広めるのが夢です。店や料理教室の宣伝を交えながら、日常のつぶやき、お役立ち情報などを発信していきます。
ポチッ! にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ソーニャ
» チェンマイ産大根でほっとする煮物 (2016年01月11日)
ヤプミー!一覧
http://yaplog.jp/saladee/index1_0.rdf