げーむどうじん 

December 02 [Tue], 2003, 8:54
毎度おなじみ中野ブロードウェイをぶらぶらしていると、
まんだらけのゲーム屋さんにこのような看板が。

「同人誌 BGM入荷しました」

うそーーー!?
慌てて店内に入り、ブックコーナーを捜索してみるとありました!
BGMvol.1からvol.8までとアマチュアラインが数冊。
BGMとは1984年から1988年までの3年半の間に8冊が刊行された、ゲーム評論の祖というべき同人誌です。
見城こうじ氏(株式会社ノイズ代表取締役)と手塚一郎(小説家・スタジオベントスタッフ所属)の2人がメインとなり、ゲームのシステム、ゲームマニアのあり方、メーカーへの提言など多岐にわたる評論を掲載していました。「XEVIOUS」の開発者である遠藤雅伸氏による、ナスカ7万点ボーナスやファントムなどの明確な説明が掲載されたことなどは、今からしても画期的なことでした。
そもそも見城氏はこの頃のナムコのやり方にひどく腹を立てていたようで、毎回ナムコに対する辛口な姿勢を崩しませんでした。そこにナムコの開発者がページを与えられ、意見を寄せられたということは、同人誌BGMの公正さを際だてたといえるでしょう。

その後、見城氏はナムコに入社しちゃうんですけど。

お値段BGM1000円、AL800円でした。
なかなか絶妙な価格設定であるといえましょう。
買えなくはない。でもちょっと高い。
しかし、ここまでの古同人誌はまず市場に出てこない。
BGMだけでも1000円×8冊の8000円かぁ。
まてよ、うちに何冊かあったなBGM。
でも、ここで帰って確認してたんじゃ売れてしまうかも…
うーーーーーーーん。
やめた!

駅まで戻る道すがら、どうにも頭から離れません。
もやもやもや。
えーい、買っちゃえばいいじゃん!
まんだらけへとリターン。
あれ、俺が持ってるのって何号だったかな?
表紙を見ると、たぶん2号と8号を持っていた気がする…。
とりあえず、この2冊だけ買わないで置こう。
6000円でございますチーン。

ウチで確認。
あーーー2号持ってないし、4号だぶってるし!
明日、2号を買いに行くか。

次の日行くと残りのBGMもアマチュアラインもなくなっていました。
……やっぱり。

敗北 

November 30 [Sun], 2003, 22:43
すいませーん、食べきれなかったですー。
聞いてみたら、ライスだけで700gだそうです。
「ウチのスタッフ、血気盛んだから少し多めに盛っちゃうんですよね」
とか言ってましたが、つまりはお店スタッフと俺との真剣勝負だったのですね!
負けました。

てーか、あれ700gどころじゃないだろ!?
ココイチだと600gは平気で食いますよ俺。

今度は8分盛りにします。

がつーん 

November 30 [Sun], 2003, 22:30
こないだカレーを食ったですよ。
西新宿の「もーやんカレー」。
じゃがいもとか食い放題のおいしーカレーですよ。

お腹減ってたので大盛りの上のメガトン盛りっての頼みましたらば。
でてきたのがコレ。

その上にあるのはカミさんの頼んだ8分盛り。

はみこそ 

November 28 [Fri], 2003, 8:37
まいどよくオチますなヤプース。

よおやくユージンのSR「ファミコン編」が再販されました。
速攻回しまくり。コンプ(シークレット除く)。

こ、これはよくできている!

ひさびさに興奮したぜー、ふう。

cm 

November 16 [Sun], 2003, 11:38
現在放映中のKIRIN「FIRE」のCM。
走行中の列車に宇崎竜堂、岩城浩一、世良公則の3人が乗り込むというやつです。
このCMで、落ちそうになった岩城を助けた後の世良公則が、どうも女々しいっつーか、彼のキャラに合わない感じがするのですが。

カミさんは賛同してくれないのですが、みんなはどう?

http://www.beverage.co.jp/product/cm/fire/

日々テレビに向かってツッコむサラダなのでしたー<今日のわんこ風

えふえふ11 

November 15 [Sat], 2003, 1:52
ちょっと前に家のPCを新調したとき、そのパワーを体感したくて「FFXI for Windows」を買ってみました。
知り合いに「新しいマシン買ったならやれやー!」と激しく勧められたのもあり、やってみたわけです。
しかし、いざ始めたのはいいが、ゲーム中でやれることが多すぎて眩暈を起こし、急に面倒くさくなって、わずかレベル5で終了の危機を迎えていたのです。
そんなとき、「Continue」などをつらつら読んでいたら、スチャダラパーのボーズの連載の中に何度か「これでFFXIにハマった!」という本が出てきて、ちょっと気になっていました。
それは、FFXIでの冒険を綴った「ファイナルファンタジーXIプレイ日記 ヴァナ・ディール滞在記」(エンターブレイン/永田泰大・著)という本。
先日まんだらけに行ったら、たまたま売ってたので買って読んでみることに。

うむむ、楽しそうじゃないですか…。
ちょっぴり小心者で優しい永田さんが、自分のペースでまったりとヴァナディールを旅をしながら感じたことを綴っていくというファミ通.com連載のコラムをまとめたモノです。けっこう分厚い。

あー、そういえば、自分は少し焦りすぎだったかなー。
キャラクターメイキングも勢いで決めちゃってるし、町の人の話もろくに聞いたりしてないし、装備も検討せずに戦いに行って戦い方もよく知らないのに敵に挑んでみたり、あげくにフィールドとホームポイント(戦闘不能になったら戻るトコ)行ったり来たりで経験値たまらないスパイラルに陥ったり。
そのあげくに「やーめた」ではイカンよな。イカン。

考えを改めまして、「わからないコトを楽しむ」というスタンスで再出発することにしました。

もーホントわかんないことだらけですが、考えを切り替えたらなんか楽しくなってきた。
単純だ。

ざっかん 

November 14 [Fri], 2003, 11:24
http://www.interviewz.tv/mid/chiba/chiba.html
なんだこれ。
こんな伏せ字にするくらいなら最初からゴソッと取って載せなきゃいいじゃん。
本人は包み隠さず話してたつもりなんだろうけどさ。 
これはつまり
インタビューされる人→考えなしに話しすぎ
原稿に起こした人→考えなしにそのまま起こした
チェックした人→修正箇所をカットする指示しか出さなかった
修正した人→文章の言い回し変更とかボカシを使わず、伏せ字で処理した<なにか「怒り」とか「恨み」とかあるのかもしれん
掲載にGOを出した人→「これじゃなんかヘンだし怪しいだろ?」ってことを指摘しなかった
ってことかしら。

あどば 

November 13 [Thu], 2003, 1:41
ゲームボーイアドバンスでテレビが見られるステキ極まるジョリーグッドグッズ「アドバンTV」。
しかし、SPには未対応だった!
発売時にはSPなど影も形もなかったんだからアタリマエ!
しかしゲームテックはやるときゃやるメーカーです。
SPも接続可能にする「アドバンTV接続アダプター」が緊急発売であります。

十中八九常用しないけどひょっとしたら便利かもでも実は役立たずかも的アイディア周辺機器大好きなボクリンはすかさず購入し、光速の25%ぐらいでお家に戻って、カオスうずまく押入から永久の眠りに入ろうとしていたアドバンTVを引っ張り出し、説明書も読まずにフィーリングで接続するのでした。
アダプターをこうこっちの端子のスリット滑らせて、SP本体をこちらのスリットに…。
むむ、なんとなく合体ロボの雰囲気を漂わすとは心憎いのう。

うわーい、映った映った。
バックライトがあるとテレビも明るく見えるなー。
こりゃい・い・で・す・な!


一通り試したらすっかり興味を失ったボクは、アドバンTVをSPごと押入にそっと戻すのでした。

 

November 09 [Sun], 2003, 23:36
浅草のおおとり神社の一ノ酉。
すごい人出で帰りたくなりました。

風の噂に聞いたところでは二ノ酉にはV6が来るらしいですよ。

東コミ 

November 09 [Sun], 2003, 23:34
レッドスネークかもーん!

叙々苑の壺漬けカルビでたー!
2003年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saladbar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる