『イン・ハー・シューズ』 

September 14 [Thu], 2006, 21:23
イン・ハー・シューズ
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 131分
監督 カーティス・ハンソン
製作総指揮 トニー・スコット
原作 ジェニファー・ウェイナー
脚本 スザンナ・グラント
音楽 マーク・アイシャム
出演もしくは声の出演 キャメロン・ディアス 、トニ・コレット 、シャーリー・マクレーン 、
マーク・フォイアスタイン 、ブルック・スミス
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonより(あらすじ)
誰もが羨む美貌を持ちながらキャリアも資格も学歴も無いマギー。それと正反対の悩みを持つ姉のローズ。二人は対立し、マギーは祖母の住むフロリダへと向かうが…。キャメロン・ディアス主演の感動ドラマ。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
キャメロン・ディアスってなんとなく好きじゃなかったんですが、

この映画を観てなんか好きになりました。

役どころとしては、ホントどうしようもないキレイなだけで中身がない人なんだけど、

そのうち、苦手なことを克服しようとしたり、自分に出来ることを見つけていくその姿がなんかステキだった。

落ち込んでいる時に観ると元気が出るかも♪

『大停電の夜に』 

September 12 [Tue], 2006, 22:58
大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2005年
製作国・地域 日本
上映時間 132分
監督 源孝志
脚本 相沢友子 、源孝志
音楽 菊地成孔
出演もしくは声の出演 豊川悦司 、田口トモロヲ 、原田知世 、吉川晃司 、寺島しのぶ
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonレビューより(あらすじ)
街が突然大停電になったら、その時あなたは誰と一緒にいたいですか?
クリスマスイヴ、最も輝く聖なる夜に、東京が突然大停電になった。様々な想いを抱える12人の男女が真っ暗な中で見つける<本当に一緒にいたい人><本当の愛>とは? 光が消えた夜だから、本当の想いを伝えたい・・・。
かつての恋人を待ちつづけるバーのマスター。妻と恋人の間で揺れる会社員。「ある迷い」に悩む主婦。大切なものを失った元ヤクザ。過去を捨て、新しい結婚によって心の幸福を求めた妊婦。未来のない関係に「さよなら」をするOL。遠い上海の恋人に想いを馳せる中国人研修生。初めての恋のときめきに戸惑う天体マニアの少年。病気を患い希望を見失っている人気モデル。秘密を抱える老婦人。そして、街行く人の幸せを願いつづけるキャンドル・ショップの女店主・・・真っ暗になって、キャンドルに火を灯した瞬間、あたたかな光が想いを勇気に変える。はじめて大切なことに気づいた12人の男女が、いままで予期しなかった想いに向かって、走り出す。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
オムニバス映画っていうんでしょうか?

こういうの。

たくさんの短い話を見ている感じでした。

でもそれぞれの話の中の人たちには、それぞれ接点があって、

ちょっと違えば大変な事態に陥りかねない。

それをうま〜くかわし、いい感じにほのぼのとした雰囲気の映画でした。

のんびりした気分でまったりと観れます。

12月リリースDVD 

November 30 [Wed], 2005, 22:03

『50回目のファーストキス』 

November 13 [Sun], 2005, 11:06
50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 99分
監督 ピーター・シーガル
製作総指揮 マイケル・ユーイング 、ダニエル・ルピ 、ジェイ・ローチ
原作 −
脚本 ジョージ・ウィング
音楽 テディ・カステルッチ
出演 アダム・サンドラー 、ドリュー・バリモア 、ロブ・シュナイダー 、
    ショーン・アスティン 、ダン・エイクロイド
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonレビューより(あらすじ)
交通事故にあって以来、記憶障害で短期の記憶を維持できず、一晩眠ると忘れてしまうルーシー。そんな彼女に恋したヘンリーは、毎日彼女にアプローチしてはフラれる日々を繰り返す。しかし、彼女の中に変化が訪れていた。恋はルーシーの病を治すことができるのか…。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
「ありえない話だわ〜」といってしまえばそれまでなんだけど、私はラブコメ好きなので、 こういう、笑えるとこもあってちょっと泣けちゃう話は、ついのめりこんでみてしまいます。

ドリュー・バリモアがとてもかわいい
相手役のアダム・サンドラーもヘンリーは彼しかいないわって感じです。

ちなみに私のお気に入りは、ヘンリーが勤めている水族館にいるペンギンやセイウチ達です

『バタフライ・エフェクト』 

November 06 [Sun], 2005, 11:13
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 114分
監督 エリック・ブレス 、J・マッキー・グルーバー
製作総指揮 ケイル・ボイター 、リチャード・ブレナー 、トビー・エメリッヒ 、
        ジェイソン・ゴールドバーグ 、デヴィッド・クリンツマン 、
        アシュトン・カッチャー 、ウィリアム・シヴリー
原作 −
脚本 エリック・ブレス 、J・マッキー・グルーバー
音楽 マイケル・サビー
出演 アシュトン・カッチャー 、エイミー・スマート 、ウィリアム・リー・スコット 、
    エルデン・ヘンソン 、メローラ・ウォルターズ
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
あらすじ(Yahoo!より)
幼い頃、ケイリー(エイミー・スマート)のもとを去るとき、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、「君を迎えに来る」と約束した。だが時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
アシュトン・カッチャー主演作。
公開時のCMですごく気になっていた作品だったので、早速観てみました。

エヴァンのように過去に戻って人生やり直したいと思う人はたくさんいるだろう。
あの時こうしていたら・・・これをあの人に伝えていたら・・・そんな風に考える。
エヴァンは過去に戻れる方法を見つけ、何とかして幸せになる方法を探す。
でも、助けたいと思う人が幸せになる一方で、今度はまた別の人が傷ついてしまう。
どうしてなのか・・・。最終的にエヴァンは、一番つらい選択をせまられることになるのだけれど。。。

観ていてとても切なくなりました。
みんなが幸せになるというのはとても難しいことだし、大事な人を守ろうとしてもうまくいかないこともある。
なんだかいろいろ考えてしまいました。

11月リリースDVD 

October 30 [Sun], 2005, 9:29
11月5日リリース
宇宙戦争
宇宙戦争


11月16日リリース
ハウルの動く城
ハウルの動く城


11月21日リリース
四日間の奇蹟
四日間の奇蹟


11月23日リリース
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

『ローレライ』 

October 22 [Sat], 2005, 17:43
ローレライ スタンダード・エディション
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2005年
製作国・地域 日本
上映時間 128分
監督 樋口真嗣
製作総指揮 島谷能成 、関一由 、千草宗一郎 、大月俊倫
原作 福井晴敏
脚本 鈴木智
音楽 佐藤直紀
出演 役所広司 、妻夫木聡 、柳葉敏郎 、香椎由宇 、石黒賢
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonレビューより
1945年8月、ドイツ降伏後日本海軍に収容された戦利潜水艦「伊507」。海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐は、この艦の艦長に、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を任命。原子爆弾を積んだ敵輸送艦を撃沈するミッションを与えた。
 軍属技師として乗艦している高須によれば、伊507にはドイツ軍が開発した特殊兵器「ローレライ・システム」が搭載されているとのことだが、その全貌は高須にしか知らされていなかった。
 アメリカ海軍の執拗な追跡と攻撃の中、艦内で叛乱が勃発する。時を同じくして、広島と長崎に原爆が投下される……そして3発目の原爆を積んだB-29が、既に南太平洋上のテニアン島で出撃準備をしていた。その出撃阻止のため、ローレライ・システムを搭載した伊507は、テニアン島に向けて進んでいく。 かくして戦史には残っていない、日本海軍最後の戦いが始まった……。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
戦争ものは苦手なのですが…(^_^;)
だから原作も読んでないです…。
最初のほうは、戦争もののなんだかよくわからない用語が飛び交って ちんぷんかんぷんでした。
でもこの映画は、ファンタジーの要素が入っている感じです。
だってありえないもの…ローレライ・システム…。
内容は、人物設定が分かってくると面白くなってきました。最後のほうは役所さんの演技に感動しながら観ました。
話の終わり方もよい感じで終わったので、とりあえずは満足してます♪

最後に…テレビのCMで流れているのとは、少し違う印象を受けました。

『NOLA〜ニューヨークの歌声〜』 

October 10 [Mon], 2005, 7:49
NOLA~ニューヨークの歌声
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2003年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 97分
監督 アラン・フルスカ
製作総指揮 −
原作 −
脚本 アラン・フルスカ
音楽 −
出演 エミー・ロッサム 、メアリー・マクドネル 、スティーヴン・バウアー 、
    ジェームズ・バッジ・デール 、トム・クリストファー
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
あらすじ
養父と母親に嫌気がさし、自分の夢のために家出同然にニューヨークに来たノラ。
早速カフェでウェイトレスのアルバイトを始める。
アルバイトを続けていたある日、カフェがあるビルのオーナーでもあり、高級デートクラブのオーナー、マーガレットの目にとまり彼女の秘書を勤めることになって・・・。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
『オペラ座の怪人』のエミー・ロッサム。この映画では、等身大の18歳の女の子を演じています。歌っているシーンがあるのですが、彼女の声はとてもきれいだなぁと新ためて思いました。
あと、『24 seasonV』に出ているジェームズ・バッジ・デール(チェイス役の人)が出てます♪
話は、よくある話という感じかな。わたしは、こういうの好きですが・・・。複雑な話がすきという人には向かないだろうなと思います。

『最後の恋のはじめ方』 

October 02 [Sun], 2005, 21:24
最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 118分
監督 アンディ・テナント
製作総指揮 ウィンク・モードーント 、マイケル・タドロス
原作 −
脚本 ケヴィン・ビッシュ
音楽 ジョージ・フェントン
出演 ウィル・スミス 、エヴァ・メンデス 、
    ケヴィン・ジェームズ 、アンバー・ヴァレッタ 、ジュリー・アン・エメリー
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonレビューより
恋愛下手の男女にアドバイスするデートコンサルタントのヒッチは、小太りの男アルバートから依頼を受け、美人セレブとのデートのアドバイスをしていた。その仕事と同じ頃、バーで出会った新聞記者のサラにひとめぼれしたヒッチ。アプローチするも自分の恋となると失敗ばかり。それでもいい感じにふたりの親密度は増していったが、勘違いからサラはヒッチに激怒してしまい、アルバートも巻き込む騒動に…。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
ウィル・スミス主演のラブストーリーです。
デートコンサルタントという変わった職業の男性を演じています。
劇場公開時のCMを観たとき、ちょっと意外だなって思いました。
だって、私の中でウィル・スミス=アクションヒーローみたいな感じのイメージがあったから。
こういう恋愛ものも出るんだなぁみたいな・・・。
話は、さわやかなラブコメです。
ヒッチの不器用ぶりがほほえましい(?)かんじで、話は進んでいきます。
なんだかヒッチを応援してしまいたくなるお話でした。

『オペラ座の怪人』 

October 01 [Sat], 2005, 16:36
オペラ座の怪人 通常版
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ/イギリス
上映時間 140分
監督 ジョエル・シューマカー
製作総指揮 ポール・ヒッチコック 、オースティン・ショウ
原作 ガストン・ルルー
脚本 ジョエル・シューマカー 、アンドリュー・ロイド=ウェバー
音楽 アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演 ジェラルド・バトラー 、エミー・ロッサム 、パトリック・ウィルソン 、
    ミランダ・リチャードソン 、ミニー・ドライヴァー
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
Amazonレビューより
パリ、1870年代、オペラ座では“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事件が続いていた。リハーサル中の事故で、プリマドンナの代役を務めることになったクリスティーヌは、その初主演のステージで喝采を浴び、幼馴染みのラウルと再会。だが、その喜びも束の間、仮面をかぶった謎の怪人・ファントムにオペラ座の地下深くへと連れ去られる。クリスティーヌは、ファントムを亡き父が授けてくれた“音楽の天使”だと信じ密かに慕ってきたが、地下の隠れ家で仮面の下に隠されたファントムの正体を知ってしまう…。
- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -
全編にわたりほとんどの台詞が歌によって構成されています。
その歌声は皆さんとても上手で、鳥肌ものです。
ファントムのクリスティーヌを想う気持ちは、傍から観るとなんだかゆがんでいるようで、ちょっと怖くなりました。
でもこの映画を観終った後なんともいえない切ない気持ちになりました。
しばらくボーっとしてしまうそんな話でした。
■プロフィール■
名前:ハナ
趣味:DVD鑑賞・音楽鑑賞
休みの日にのんびりとDVDを観て楽しんでいます〜。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メロメロパーク
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sala_star_123
読者になる
Yapme!一覧
読者になる