さく先生とお出かけタイム

November 17 [Mon], 2014, 11:04
正直言うと、産後は専ら必要最小限の外出ばっかりなのである。
というのも、子供との外出中は必要以上に疲れてしまうからという当たり前の理由なのだが。

思えばさく先生が生まれてすぐの病院から退院したその日、車の中で泣きわめいた所から始まっていると思う。
さく先生は小さく生まれたせいなのかなんなのか母乳をしっかり飲むことができず、その時は搾乳して哺乳瓶であげていた。
そんなわけで、帰宅途中にコンビニの駐車場で荷物の中から搾乳器を探し出して車内で隠れながら絞り、授乳しなければいけなかった最初の試練。
直前に授乳させたのに、何でや!!

それ以降は夫が時間ある時にだけ外出を計画し、夫が運転、チャイルドシートの横に私が座ってあやすスタイルで何とかこなしてきているが、さく先生と私2人のお出掛けとなるとこれがとてもハードなのである。
遊んでるか昼寝のときに急いで準備をこなし、(姿が見えなくなるとすぐ泣く)できるだけハイテンションでチャイルドシートにスタンバイさせると機嫌よく乗ってくれる。
しかし、運転席に戻ろうとドアを閉めた瞬間に「隣にこないのかぃぃぃぃ!!!」とばかりに号泣。
下僕は運転をしないと目的地に着かないのです殿!!
最近では開き直って「生存確認にもなってちょうどいいじゃないか」と思うことにした。
(後部座席に後ろ向きにシートつけてるので顔が見えない)
義母は「支援センターとかに行ってママ友作ったりすればストレス解消になるんじゃないか」と心配してくれているが、その場所に到達するまでが既にストレスなのでそれよりは家でさく先生とラブラブしてた方が楽しいような気がしてくる。
育児書によればこの時期いろんなところへ連れ出したほうがいいと書かれていたので心苦しい所はあるのだが。
しかし私の母は「こんなちっちゃいのに外に連れ出して可哀想!ウイルスもらってきたらどうするの!」なスタンスの方なので両方の意見に翻弄されている毎日。

でも今日は!どうしても出掛けなければならないので!
私の冬服がないので買わないといけないので!
数年前のブログ見返してみたら当時も同じことを言っていたが、なぜ私は毎年冬服がないのだろう?
ふしぎ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たろ吉
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sakusaku398/index1_0.rdf