つれづれと流れてゆく日々。楽しい事があればいいな

2006年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakurarenran
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
テキスト22 / 2006年06月24日(土)
どうしてかな
こんなに 穏やかな日常なのに
なんでかな
幸せに決まってるのに
楽しいと思う時だって少なからずあるのに
だけど 一番は
一番の一番な場所も
時間も 空気と匂いも
ここじゃなくって
でも それはもうないから。

たとえば もう
あの場所を 一番だと思ってる人が
居なくなっても
少なくとも 私はそう
思い続ける。
それは
仕方のないことだと思う
 
   
Posted at 21:21/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト21 / 2006年06月24日(土)
すごく くだらないことに 思えて
顔を歪めた

気がつかないふりをしてたの

逃げ出す人を ただ傍観して
いらない いらないよ
っていう顔をして

だけど 本当は 逃げ出してなんかほしくなかった
もしかしたら 追い出したのは 私自身だね

同じことを今 しようとしてる
私が


とめればよかったね
ごめんね
 
   
Posted at 21:16/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト20 / 2006年06月20日(火)
せっかく 覚えた それを
忘れたくはなかった

いま するならば
少しは違う結果になったかな

そう なることをひたすら願うけれど
だけど いま そのこと を することは
まず ありえないから

忘れたくない
忘れたい
本当は
忘れたくないんだけれど
忘れたいときは
ほら 忘れられたなら
もう少し 心から
適応できる
きっと 疲れないし 楽なんだよ

だけど 私は
ずっと前から
めんどくさくて かったるいほうを
選んでしまったから

そのこと自体には後悔はないんだけれど

 
   
Posted at 22:16/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト19 / 2006年06月20日(火)
半径5メートル以内に誰も入ることのできない
そんな服装で 歩いてみたい
(でも、警察に職務質問されない程度に)

だって どうせそれが
私だなんて 誰一人きがつかないだろうから
 
   
Posted at 22:13/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト18 / 2006年06月20日(火)
そして 橙色にそまって
橙色の 大きな それは
やがて 真暗闇に変わるんだけれど

寒い冬に 冷たい人が作った川
つまり 最初から 最後まで
見渡すだけで 見えてしまう川
そこに 足だけを浸して
寒いってゆうのに
吐く息だって 白いのに
足だけを浸して

それから 叫んだ 台詞

また しようね?

そういったけれど
それはまだ実現されてない
(多分 これからも 実現されない)

もう 橙色に染まった空も
橙色の 大きな それも
真暗闇に変わってしまったのにね
 
   
Posted at 22:07/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト17 / 2006年06月20日(火)
楽しかったね

そう言ったとしても 何も返って来ない

こなくてもいいのいいの
それを その人たち 以外が言うのは
痛いから 誰も 言わなくっていいんだよ

 
   
Posted at 22:01/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト16 / 2006年06月20日(火)
うけうりの 言葉しか知らないくせに!!
本当の 意味なんて知らないくせに!!

全部 全部を棚に上げて

言い出す言葉は みんな 受け売りで
まるで 自分がすごいかのように

解せない ことを 言いまくる人たち
 
   
Posted at 22:00/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト15 / 2006年06月20日(火)
逃げたくない気持ちと
逃げたい気持ちは 
いっつも紙一重


だけど 本当は
逃げ出したくなんかしたくなくって

本当は
逃げ出す勇気すらないってことで

だけど 知ってた
本当は 大嫌いだって
(だってもう そのこと 以外ありえないから)
それから 知っているのは
隠す方法 気付かれないように
だけど それだけじゃなくって
時々 隠しきれない拙さも知ってた

逃げよう!!
逃げちゃおうよ!!
大丈夫、誰もとめたりなんかしないから
逃げ出してもその次の朝からもまた
隠す方法くらい いくらでもあるから

だから逃げようよ

(だけど 最後まで 逃げたくなかった)
 
   
Posted at 21:53/ この記事のURL
コメント(0)
てきすと14 / 2006年06月20日(火)
強く 強く握り締めて
紙は少し しめぼったい
だから それを投げたのよできるだけ遠くに
小さな箱をめがけて
(だけどそれは地面に落ちた!)
 
   
Posted at 21:50/ この記事のURL
コメント(0)
テキスト13 / 2006年06月19日(月)
だから 言ったのに
せめて あと一年でもあったなら
あと 一年遅かったなら
全てが変わりだしたかもしれないのに

今は 何を どう がんばれ ば いい?
 
   
Posted at 22:51/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!