深海冷蔵庫 

October 07 [Sat], 2006, 11:55

こんな簡単に決められない あなたの事は痛いまま

aikoの曲は、いつも私の心を揺さぶるよ。
「彼女」、結構失恋ソングが多いね。
女心を歌わせたら間違いなくaikoの右に出る者はいないでしょ。

北海道旅行と近況 

September 21 [Thu], 2006, 23:22
9月6日〜8日まで、彼と北海道旅行に行っていました!

札幌のホテルに泊まり、市内観光や旭山動物園に行くツアーに参加したりととっても楽しかったです
北海道テレビがツアーに同行するというドッキリな出来事もあり、しかもちゃっかりインタビューにも答えました(笑)
「お二人は新婚旅行ですか?」って聞かれちょっと浮かれちゃった〜。
ま、とりあえず言ってみただけだろうけどね!笑

しかし北海道いいね〜、すごい楽しかったよ!
今回は札幌・旭川・富良野と堪能したから、今度は小樽とか函館とかも行って見たい☆
やっぱり北海道の醍醐味といえば大自然だものね!!

そんなこの旅行で嫌な出来事といえば、私が女の子の日にあたっちゃったのと天候がよくなかったことかな。
天候はね、まぁ降っても小雨程度だったし最後の日は晴れたからいいんだけど、女の子の日がね〜…。
お腹痛いし、常にイライラしてしまってたし、最悪なタイミングでしたね。
てゆうか私去年のハワイアンズでもなってたよね。
タイミング悪…。
イライラしている所為で彼のする事すべてにカチンときてしまって、言わなくていいことまで言って険悪になったり…
喧嘩までいかずともプチ言い争いみたいなのが結構ありました。
今思えば全部私が一方的にムカムカしてただけなんだよなぁ。
本当申し訳ないよ…。
でも最終日にはだいぶイライラも収まってたので、仲良く帰路につきました。

途中池袋でカフェに入ってお話してたんだけど、その時が彼と居て一番楽しい時間だったかもしれない。
思い出を振り返って二人で話して、デジカメ見て笑い合って。
デジカメで変な顔の彼を見て私がケタケタ笑っていたら、
「楽しそうだね〜。デジカメひとつで平和になれるね。」って言われました(笑)
すいません…(笑)
ほんとはそんな他愛もないことが楽しいんだよ。



最近ようやく彼が一人暮らしのことを真剣に考え出してくれました。
やっぱりこないだまでは国家試験が大変だったから余裕がなかったんだね。
そこでもまた申し訳ないな、と感じました…。

前まで会いすぎてたから感覚が麻痺してしまってたこと、少しの時間でしか会わなくなった今わかることが見つかってきた気がする。

会ったときに抱きしめられることがどれだけ胸がせつなくなることか、思いだしたよ。

この恋のゆくえ 

August 26 [Sat], 2006, 20:10
今日めっちゃ久々な地元友達に会いました。
いろんなお話聞けて大満足。
私やっぱり友達と恋愛トークするの好きだわ。

最近、『夢は結婚』と思うのは幼稚なことなんだろうか、と悩んであまりおおっぴらに人に話すのはやめていたんだけど、今日のお友達は結婚を夢見ていて、とても安心した。
私的にその子は、夢をちゃんと持っていてそれを実現させてきた子、というイメージが強くて。
そうゆう子が「結婚したい。結婚して仕事をやめて、一人の人の為に生活していきたい」と言ったのを聞いてすごく嬉しくなっちゃった。
ああ、私だけじゃないんだな〜って。
一人の人の為に生きてゆきたいと思うのは、やっぱり女の子なら誰でも夢見ることなんだ。

永遠の恋を願う 

August 24 [Thu], 2006, 22:28
とある恋愛系掲示板でいろんな恋の悩みの書き込みを見たけど、世の中みんな同じだね。
私にはあまり人と付き合った経験がないからわからなかったけど、今の彼氏のような男はこの世にたくさんいるってことを知ったよ。
そして私のような想いを抱えるひともたくさんいるんだということを。

そんでいろんなことを考えてしまった。

結局… 

August 18 [Fri], 2006, 21:52
別れませんでした(笑)

別れた気でいたのは私だけだったみたい…。
まぁもちろん簡単に戻ったわけじゃないし、話し合いはちゃんとしたけど。
安心に越したことはないんだけどね…拍子抜けしました。
あー友達に「別れた」って言ったままだー

でも下の記事は消しません。
このときの気持ちを忘れたくないので。

安心しきってまた自分勝手な性格が顔を出さないように、たまに読んで自分を抑えよう。

最後のおはなし 

August 13 [Sun], 2006, 20:29
別れってあっさりやって来るもんなんですね。
1年8ヶ月付き合って、楽しい思い出もたくさんあったはずなのに、少しのズレでこんなにも簡単に人と人は縁を切れるものなんだと実感しています。

悲しいし、嫌だけど、あそこまで言われて、今はもう頑張ってすがる気にはなれない。
でも悔しいけど、彼の言うことは当たっている。
昨日は確かに感情的になりすぎて、反発しまくったけど。
一晩経って冷静に考えたら、やっぱり私が悪い。
私とあの人の、恋人に対しての価値観がまったく違うのなんて、前から何度も話し合ってきたことだったから、いまさら問いただしてもしょうがなかったのに。
頑張ればもっと私に会いたいって思ってくれるって信じてやってきたはずなのに、私には全然努力が足りなかったね。
気が利かない、確かにそのとおりだよ。
自分の融通ばかり通して、それで解決したような気持ちになって、本当私って自分勝手。
性格の悪い彼女だったね。
よくあれで今まで我慢してくれたなって本当心から思うよ。

でももういまさらそんなこと言ったって信じてもらえないよね。

彼の中ではもう私は好きの対象にも入ってないだろうな。
悲しいけど、納得してしまう。

旅行の申し込みをしてしまったから、別れるにしてももう一度だけ連絡がくると思う。
そのときに彼がもう限界だって言ったら、嫌だけどやっぱりちゃんと別れてあげようと思います。
最後くらい、好きになってほしいから。

ごめんね。
今までどうもありがとう。
性格の悪い女で本当にごめん。

ぐちぐちぐち…。 

August 11 [Fri], 2006, 21:36
このブログには恋愛の楽しいことや悩みなんかを書いていきたいと思ってるんだけど…

限界!

どっかにグチらなきゃやってけない!

というわけで、愚痴ります。

恋愛あんまり関係ないです。

恋愛感情 

July 29 [Sat], 2006, 12:11
最近、恋愛をしている人の幸せなブログ読んでいると、なんだか無性に「私って今いい恋愛してるのかな?」って思ってしまう。

というより「今の彼と付き合っていて幸せなのかな」の方が正しいかな。

彼と笑い合ってるときは他の誰といるときよりも楽しいし、最初の頃とは想像もつかないほど一緒にいて気楽な存在になってる。
だけど些細なことで怒る私に、彼は度々別れを切り出し、私が引き止めなければそれはそれで有りだと考えてる。
そんな風にいつ地雷を踏むかビクビクしながら一緒にいて、私は楽しいのだろうかって。

最初の頃は二人、別れっていう選択肢なんてなかった。
それは私だけでなく、彼にもそうだったと思う。
それが今じゃこうだもん、結局のところ一年半ちょっと付き合ってみて彼に私は合ってない様な気がしてきた。
実際彼もよく別れるって言い出したときは「合ってないんだよ」って言うし。
置き去りにされたこともあって、それを悪いと思ってないような男に性格合う女なんているの?って聞きたくなった。
でもまた会って、盛り上がって、ひとしきり笑った時に「もうしばらくはこれでもいいかな」って思っちゃってるんだろうな、私は。

決断が鈍いんだ、いつも。

彼はきっといざ別れるとなったらあっさり別れるんだろう。
それはもう、つい5分前までキスしてたとしても。

私がすがり過ぎなのかな。もうこれ以上はないって勘違いしてる?
別れてみたら意外とスッキリしたりしてね。
次に付き合う人は今の彼じゃ考えられないぐらい本当に素敵だったりして。
私にとって今の彼はほとんど初めての彼氏で、世間を知らなさすぎるのかもしれない。

今が別れ時なのかなぁ。

生活における恋愛の位置付け 

July 09 [Sun], 2006, 23:48
とあるブログで、
「私は友達よりも恋人のほうが大事。そしてそれは私にとって自慢である。」
的なことを書いてる人が居て、その潔さがある種カッコイイと思った。
と同時にでも友達にはなりたくねーなとも思った。笑
そうゆう人って大体彼氏もそうゆうタイプなんだよね。
お互いがそうだから、それで生きていけるってゆーか。

うちの彼は言わないけどたぶん友情が一番なタイプ。
同じくらい大事だよとは言うけどね。
いざとなれば私のことは多分ばっさり切れると思うし。
だから私もなるべく彼に依存しないようにしてる。
恋愛至上主義ではあるけど、それしかない世界は作りたくない。
友達ってやっぱり大切だもの。
親友です!って言い切れる子がいるかは微妙なとこだけど、お互い会いたくなって定期的に会ってる友達はいるし。
それに私は友達同士で集まってわいわいやってるあの楽しさが大好き。
だからなるべく誘われる飲み会とか参加したいと思ってる。
それが彼の家に泊まりに行く金曜の夜とかでも、飲み会優先している。
彼もそれに対して文句とかは言わないし。

…ま、あんまり友情に関して寛大すぎるのも寂しいときもあるけどね。
同期4人私以外みんな男って状況で一人の家でオールしても何も言わなかったりするのは若干問題かなって気もするし。笑

ま、何にせよ彼氏が一番それ以外はおざなりってゆう人間にはなりたくないな。
実際友達に一人いるけど、そうゆう子(笑)
うまく両立できたらなによりです。

もう、どうしようもない 

June 25 [Sun], 2006, 14:28
昨日の夜彼と一瞬会って別れたんだけど、そしたらもうどうしようもなく一緒に居たくなってしまった。
結局彼の仕事が翌日早いから(お店に6時半にはいなきゃいけなかったらしい)泊まりに行くのはナシになったんだけど。
なんかこう、衝動的にどうしても一緒に居たくなる気持ちが湧いたのにビックリした。
いや。違うな。
本当は私の性格上それが本来なんだけど、素直にそう思ってもそれが通るほどもう楽な生活をしている訳じゃないこと、悟っているから。
抑えてた感情が昨日は素直にでてきたんだろうな。
まぁ土曜だったからね。
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakurano-toki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる