桜の木の下で思い人を待つ

November 16 [Tue], 2010, 15:29
文化にも深くかかわっている。昔は緑が生え、在宅を始める時期に咲くため暦代わりに使われていた。平安時代以降は桜は花の代名詞のようになり、春の花の中でも特別な位置を占めるようになった。和歌や俳句などでも良く取り上げられる題材であり、室町時代に成立した能の西行桜では桜が人を引き付けることが書かれている。現在でも多くの創作で取り上げられている。花を見ながら行われる宴会は花見として知られる。

花見は戦国時代の頃には民衆に楽しまれていて、古くは平安時代から花見の風習はあったみたいです。
お花見は日本の風情の一つとして根付いてるので楽しむ心を忘れないようにしましょう!