東証、4営業日ぶり反落 円安一服、終値91円安

June 21 [Wed], 2017, 18:03


 21日の東京株式市場は、外国為替市場での円安の一服を背景に売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反落した。終値は前日比91円62銭安の2万0138円79銭。

 東証株価指数(TOPIX)は5・69ポイント安の1611・56。出来高は約16億3400万株。D10媚薬

 前日の米国市場で、原油先物相場が下落した影響を受け、ダウ工業株30種平均が下落した。

 東京株式市場はこの流れを受けて石油株や鉱業株、証券株などが売られ、下げ幅は一時100円を超えた。ただ鉄道株や建設株などは堅調で、平均株価は底堅い動きを見せた。蒼蝿粉