初心忘れるべからず。。。 

2010年01月14日(木) 0時00分


 久々に言葉を紡ごうと思った。

 現状にあぐらをかいている訳にもいかない。
 にも拘らず、焦りが足りない自分がいたから…。


 最後にここに記事を投稿してから2年以上の月日が経っていた。
 その間に20代も半ばになり、周りの友人は家族を築いてゆく。
 当然、皆働き出し、それぞれの道を進んでいる。

 なのに、
 自身の心は甘えという余裕でいっぱいではないのか?

 確かに、困難な資格に挑んではいた。
 しかし、いつの日からか怠惰な日々を過ごす事が多くなっていた。
 最初の頃のがむしゃらに夢を追いかけていた日々が失われている事に気付いた。

 否、
 ずっと前から、気付いていた。
 気付かないフリでこの何年かを無駄に過ごしてきたのだ。

 ようやく、昨年の試験で資格の取得には成功した。
 ようやく、夢への第一歩が開ける。そう、思っていた。

 しかし待っていたのはリーマンショックからの超就職氷河期。
 試験に合格したものの肝心の働き口が見つからないジレンマ。

 新たな試練?自己を成長させるチャンス?

 いや、違う。

 これは今まで自分に甘え、環境に甘えてきた自分に対するツケが表面化しただけなのではないだろうか。
 やれる事だけをやり、大切な事をおざなりにしていた自分に対する罰。

 今顕在化している問題と全力で向き合い、やるべき事を確実にこなしてゆく。
 そこから、やっとスタート出来る。

 今はまだマイナスの地点に立っている。
 やりたい事を目指すまえにやるべき事がある。

 自分と向き合うこと。
 自信と確信に満ちた日々を送ること。


 そこからが、自分の新たなスタート。

きっと、きっと。 

2007年08月21日(火) 4時44分


眠れない、こんな日は


いつかの自分を思い出すより
これからの自分を思い描こう。


どんなに悔やんでも時間は戻らないから
今を悔やまない時間にしよう。



きっと、大丈夫。






今日が、素敵な一歩になりますように。






たった一度の
夏だから 輝いて燃えて

それぞれの目の前の
それぞれの景色を
信じて歩ければ

注意書き。 

2007年07月07日(土) 7時07分
 

 ここには某ブログで綴っていた戯言やなんかを纏めて放り込んで放置する為だけのものって事で…

今は大切な物語。 

2007年06月02日(土) 0時00分




 彼女を見ていて、ふと、小学生の頃を思い出した。
 彼女とダブる、一人の少女。

 彼女はとても可愛かった。
 でも、だからこその悩みがあったのだろう…

 学校という、限られたコミュニティーの中で、
 小学生にはとても、とても大きな空間で…

 彼女が有していた、心の闇。
 彼女から感じた、孤独感。

 あの頃の、直接的で、残酷な言葉。
 彼女に向かって放たれた、悪意の言葉。

 今、彼女から紡がれる、数々の言葉。
 吐き出される、苦悩の言霊… 


 駆け巡る思い出。
 何故、今なのだろう。


 今気付いた。今まで気付かなかった、気付けなかった。


 僕は、彼女に恋していたんだね。

 
 
 幼い心に芽生えた感情。 
 その正体に気付くには、僕は少し小さすぎたのかな…


 
 自分から逃げられずに
 ずっとずっと苦しかった
 /
 爆破して飛び散った 
 心の破片が
 そこら中できらきら光っているけど
 いつの間に私は
 こんなに弱くなったの


 
 今は、大切な物語…



有限虚無 

2007年01月18日(木) 1時02分
 
 言い表すことの出来ない虚無の中で

 満たされぬ虚像と妄想に蝕まれる心…


 「今の僕に何が出来る?」

 問いかけには答えは出ないまま

 ただ過ぎてゆく刻


 「何がしたいのか」

 そんな事を考える余裕も無く

 ただ過ぎ去る風


 もういいだろう?

 そんな自分に満足するふりは

 本当は知っているんだろう?

 甘さの訳を


 それすらも、生温い。


 さぁ、続けようか

 この限りある終わらない逃避を

幸せ 

2006年11月18日(土) 4時48分

幸せになるのって、難しい。

でも、不可能じゃないからこそ

その「幸せ」に向かって人は頑張れるんだね。

退屈という名の、幸せ。 

2006年11月18日(土) 4時47分

「いってらっしゃい」って見送ったその後で
暖かな日差しに誘われて出る、小さなあくび。


それが私の、幸せな「退屈」

やりたいことと、出来ること… 

2006年10月12日(木) 1時56分

 やりたいこと、やらなければならないこと。

 したいこと、出来ること。

 やりたくないこと、出来ないこと…



 いろんな感情に支配された心を動かすには、どうしたらいいんだろう。
 
 一番大切な時期を飛ばしてしまった私には、その方法がわからない…

優しさの形 

2006年09月22日(金) 3時57分

大人になる事が幸せを減らす事じゃない。

何事にも冷めた物の見方をするようになる大人になんてなりたくない?

じゃあ、年を重ねる度に涙もろくなるのは何故?


この涙は、私が成長した証。

大事に育てよう。年齢という名の、優しさの形を…

永遠の謎掛け 

2006年09月11日(月) 22時30分

この身の期限が分かっているなら、その時まで私はあなたにその全てを捧げよう。

だから私はあなたにその全てを捧げたりなんかしない。

そう、もう少し興じていよう。誰にも解けない、その永遠の謎掛けを…


2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像уцкo
» 自分だけの母の日。 (2006年05月15日)
アイコン画像уцкo
» 謹賀新年 (2006年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakurai_ver
読者になる
Yapme!一覧
読者になる