[新生の希望] 希望に生きる者として新たにされえる恵み 

April 22 [Sun], 2018, 6:00
2018年4月22日(日)
ペテロの第一の手紙 1章3〜7節

「神は、・・・わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ、あなたがたのために天にたくわえてある、朽ちず汚れず、しぼむことのない資産を受け継ぐ者として下さったのである。」(3〜4節)

イエス・キリストの十字架による贖いを信仰によって受け取った者は、聖霊によって新しく生まれるという恵みに与ります。
それまでは神を知らず、どこに向かっているのかわからないような生き方の者でした。
しかし、イエス・キリストの十字架によって罪と死の支配から解放され、やがて天にて「朽ちず汚れず、しぼむことのない資産」を受けるという揺るぎない希望に生きる者へと変えられたのです。
地上での歩みには、様々な試練が伴います。
けれども、キリストにあるならば、私たちはいつでもその希望を握って歩むことができるのです。

私たちの目の前に置かれている一つ一つが、天の栄光へとつながっています。
それこそが私たちの生ける希望です。
この希望によって今を生きましょう。

<明日の聖書箇所 ペテロ第一 2:1〜10>