妊娠30週 近場で一泊

October 03 [Tue], 2017, 0:01
体外受精で第二子妊娠中。
30週になりました。


先週末、家族3人で小旅行に行ってきました。
第二子が産まれたらしばらく身動きが取れないだろうということで、日帰りでも行けるような距離の温泉地に一泊旅行しました。
実はショウが産まれる前にも旅行に行ったのです。
その時は妊娠30週前だったかな?
飛行機を利用したまあまあ大掛かりな旅行でした。


私が尊敬する産婦人科の宋美玄先生は妊婦の旅行に警鐘を鳴らしていらっしゃいますが…。
『産まれてからでも旅行はできますよ』ともおっしゃっていますが、現実問題難しいし、気も遣うし、行動範囲も限定されますよねー。
ということで、第一子の時は旅行先の病院を調べて、今回第二子の時は日帰りできる距離、つまり何かあったら慣れた病院に駆けこめるように、計画しました。
結果、なにごともなく楽しめたので良かったです。


宿は特に『子どもに優しい』と謳っているところではありませんが、部屋風呂のあるところを選びました。
この部屋風呂が思いのほか良かったです!
ショウを入れるのにも楽だったし、私も時間も人目も気にせず入れました。
お腹が大きくなると、とかくガニ股になりがちだし、お風呂上がりも自分のペースでダラ〜としたいもの。
部屋風呂ってこんなにいいものだとは思いませんでした。
今までも部屋風呂のある宿に泊まったことはあったけど、その良さを活かせてなかったんだなぁと思いました…。
まぁ結局は翌朝すいている時間に大浴場にも行きましたけども。


食事は食事処で。
私が部屋食が好きではないので、この点もこだわりました。
畳にテーブル・椅子が基本形だったようですが、普通の座卓にしていただきました。
我が家からバンボを持って行ったので、快適な食事タイムでした。
親の食事からの取り分けでしたが、めっちゃよく食べてくれて良かったです。
親は急遽天ぷらを追加…。
やはりお食事の美味しいお宿は嬉しいですね。


スタッフも皆さん優しくて、快適な旅行でした。
周りに観光するところがあまりないのが唯一残念な点ですが、宿で相当快適な時間を過ごせるし、何より近いのでまた機会があれば行きたいです。


家族3人リフレッシュできました〜



妊娠28週

September 17 [Sun], 2017, 22:52
38歳で、凍結胚盤胞(体外受精由来)を移植して、28週です。
39歳になりました。


経過は順調です。
長男の相手で、日々手一杯。
言うことを聞かないパワーに付き合うのも、三度の食事を用意するのも(かなりいい加減だけど)、掃除洗濯も大変ですが、
ここへきて季節の変わり目…。
初めての熱を出しました。
おそらくこの間の託児でもらってきたんじゃないかな。
なんか鼻水多いな、と思ったら翌明け方に38度後半の熱発。
起床頃には37度台になっていましたが、青っ洟、続く下痢…。
まぁ一番しんどい時が眠ってる間で良かったような。
食欲もあるし、活気もあるし、軽い喉風邪で済みました。


友人に一連の経緯を話したら、「うちもこの間熱出したよ。子どものこととなると冷静さを失うよね」とのお返事。
あらー。私は極めて楽観的だったわ
もっと焦るべきなのかなー。




第2子はもっとほったらかしになる予感…。

義母に報告

August 28 [Mon], 2017, 4:31
体外受精 凍結胚盤胞移植
二人目
25週


先日、義母に妊娠を報告してきました。
お腹は、どんな服を着ても「妊娠」て分かるくらいに膨らんできたので、街中でばったり会ったりして(市内に住んでいるので、まれにそういうことがある…)「もしかして妊娠?」と訊かれて報告となるよりは、ちゃんと場を設けて言った方がいいと思いまして。
我々家族と義母。息子は基本的に人見知りしないので、たまに会う義母にもにこにこと抱っこされて、親は気が楽です。


会って早々「二人目を妊娠しまして…」と伝えたら、「うわー!良かったねぇ!嬉しいわー」と涙ぐんで喜んでくれて本当に良かったです。
年齢的に私達にとって最後の子どもになると思うのですが、そのことも気にしてくださってたようで、余計に嬉しかったようでした。


でも気になったのが「ショウくんにとっても、妹か弟ができるのはいいことよね」という言葉。
私は、ブログでも何回か言っていますが、「上の子のための下の子」という考え方が好きではありません。一般的な考え方はそうなのかもしれないし、結果的にそうなるとしても、下の子は下の子自身のための子!と考えたいです。
義母は周りを考えないで発言することが時々あります。子どもに関することだけじゃないのですが…。
息子妊娠中も「あ、男の子?じゃぁ次は女の子がいいんじゃない?」とか、息子が産まれてからは、まだ二人目なんて全然考えられない頃に「ショウくんもお兄ちゃんになりたいって言うかもね」などと、デリカシーのない発言がありました。
これらは私や夫に対する嫌味でもなーんでもなく、天真爛漫ゆえに本心からの発言なのです。裏がないからこそ余計に、言われたこちらの心の整理が大変だという…。まだ嫌味を言われるよりよっぽどいいのでしょうけど。


まぁそんなこんなで義母への報告が終わりました。
週明けには久しぶりに義姉達(2人います)に会うので報告してきます。なんと義姉のうち一方が近々離婚するのだそうで、その話を聞くために集まるようなものなのに、私はのんきに妊娠報告なんて…

21週目

August 01 [Tue], 2017, 19:53
お腹が結構出てきました。
しゃがむのが大変になってきました。
でもまだ仰向けに寝ることもできるし、息子を抱っこするのもさほど苦ではありません。
これからどんどん不自由になるんだろうな。
高齢妊娠&子育ての大変さはここにある気がします…。


ところで、今回2人目妊娠したことをまだ義母や義姉に話していません。
どちらにも月に2、3回は会うので、そろそろ言った方がいいと思うのですが…。
1人目の時もそうでしたが、夫がなるべく言いたくないようです。


確かに私も義母にはギリギリまで言いたくないです。
義母は口が軽くて誰彼構わず言いふらすから。
あと息子(1人目)のことも一応可愛がってくれてるけど、どうしても外孫(義妹の子)にばかり関心があって、悪気なく義妹の子の話ばかりするから。うちの子に興味あるフリされるのも嫌だなと…。
なんだか1人目の時も同じようなこと思って書いてた気がしますね。


ただ、我が家はただ今マイホーム計画中で、夫の実家の隣に建てる予定です。敷地内同居。
家の打ち合わせに毎回実家の応接間をお借りしていて、それで顔を合わせる機会が多いのです。
さすがに義母の方から「あれ?妊娠したの?」と訊かれるのは避けたい…。
うーむ、難しいところ…。


ちなみに義母は嫌味を言ったりすることは一切ないので、応接間も気持ち良く貸してくれます。工務店の方へのお茶も用意してくださるし、本当にありがたいです。
私も手ぶらで行っちゃったりするダメな嫁です

不妊は病気か?

July 25 [Tue], 2017, 11:17
たびたび話題になるこの命題。
『不妊は病気か?』について。


結論から言うと、私は病気ではないと思っています。
もちろん背景に卵巣嚢腫や精管閉鎖など治療しなければならない明確な疾患がある場合は、不妊「症」と呼ぶべき範疇だと思いますが。


不妊の状態でも、それは「子どもが欲しい」と思った場合にだけ治療を考慮するという特殊な状態。
子どもが欲しくなかったり、パートナーがいなかったりすれば、問題になることはありません。
日常生活にも影響ないですし。
「不妊は立派な病気で、だから治療には補助金が出たりするんです」と言っている専門家もいましたが、私は違うと思っています。


私は体外受精で一人目を出産、現在二人目を妊娠していますが、「病院」で「治療」はしましたが、「闘病」した意識はありません。
きっと不妊治療をしている夫婦は皆さんそんな感じじゃないかな?


赤ちゃんを望む人たちみんなに赤ちゃんが来てくれますように☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松山さくら
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1978年9月1日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像松山さくら
» 義母に報告 (2017年09月03日)
アイコン画像unico*
» 義母に報告 (2017年08月29日)
アイコン画像松山さくら
» 出血!6週後半に起こった大事件。 (2017年05月03日)
アイコン画像kanon
» 出血!6週後半に起こった大事件。 (2017年04月24日)
アイコン画像松山さくら
» 高温期が続いています。 (2017年04月14日)
アイコン画像unico*
» 高温期が続いています。 (2017年04月10日)
アイコン画像kanon
» 友人の不妊治療 (2016年09月23日)
アイコン画像松山さくら
» 復帰について (2016年08月03日)
アイコン画像kanon
» 復帰について (2016年08月02日)
アイコン画像松山さくら
» 産まれました! (2016年03月05日)
Yapme!一覧
読者になる