みくだりはん 

December 21 [Fri], 2007, 3:33
突きつけられた



クリスマス会いたいっていうから来ていいよと言ったら


年あけ中旬に帰るって言ったのに


納得しないパートナー


離婚がよぎる
つかテロップでずいぶん流れてるよ(苦笑)


あなたにわかるはずもないだろう

やっぱり東京人とうまくなんていかないんじゃね?
ましてやボンボンなんて


荒波越えたとか、あなたの親は言ったけど、そうか??
はっきり言って人との付き合いかた学んでないよ


我が儘が通ると思ってるじゃんか
人のこと馬鹿にしやがって


人が下に出てるのに
いっぱい言いたいことあんのにさ


気づかなすぎ


来なくていいや


父親がいなかろうが子は幸せに暮らせるもの


このまま冷えきったらマヂで役所やな


どうせ浮気されて終りやし

それなら別れた方が泣かなくて済む



所詮男なんてそんなんだな
信じた私が馬鹿だった

もうダメぽ 

December 21 [Fri], 2007, 1:33
堕ちる
堕ちるでやんす


久しぶりに裏ブロ発動す


ここで愚痴らんとやってけん


マヂ欝になりそうだからブログで発散しまくり〜ぬ


パパイララァ.。o○


ヲタなことも書いて行こう


ただの記録イズムな聖亜のブログ再スタートv(・∀・*)


男なんてくそったれやセセセセセセ

ニコニコさん(1) 

October 09 [Tue], 2007, 11:22
久しぶりにまたもや復活。
最近は動画探すのに時間費やしたりしてます。
広く見られても構わないのを今後アップしてみますね!!!

ちなみに最近のブームは初音ミクだよ


機動戦士ガンダム00のOPをエヴァっぽくした
(心よ原始に戻れ)

やっぱりコテコテ感がアニメには合うのかなぁ、なんて。


なんかヤバイ初音さん。削除されそうとか??どうなの??


【ニコニコ動画】新世紀エヴァンゲリオン MAD作品
クオリティ高い!!!!
つか黒地に白線のってこの人書いて起こしたのかな???違うか?


【ニコニコ動画】初音ミクにスーパーマリオをやらせてみた
画像は動きませんが、なんか味があっていい!

力尽きまんた 

May 26 [Sat], 2007, 2:46
死んだ。。。


サイトの中身を詰めようと思いながら、何故か外枠のタグ作りに懸命になりすぎて
こんな時間。

最悪だ。

明日。。。

といっても今日こそ中身を詰めたい。


関係ないけどauユーザーなわけだけど、もっと薄くならんかね。。。
写真とメールとwebさえ使えればあとはいらんよ。
リスモとかいらん。
なんでもかんでも付けすぎたのが仇となってる気がするのだ。

もっとシンプルにって時代がきてるきがするんだよね。
それかもう、PCみたいにカスタマイズさせて。

疲れた 

May 23 [Wed], 2007, 17:36
なんか疲れた



自転車漕いで旅したい



庭先の石を拾って石壁に投げて遊ぼうか



困ったなストレスの箱(キャパ)があと少しでまんぱんになりそうだ。


いやいやそもそもストレスじゃないと思えばいいんだ。




助けてくれるのは…… 

May 21 [Mon], 2007, 19:38
結局人でなく


音楽でしか癒されないのかもしれない


風景も
想像力も
ストーリー性も


音楽にはあると………思う


さてはて、そうは思ってはいても、私も私の周りも人と人との繋がりで構築されているわけで、あがいてもあがいても逃れられないわけで。


1つずつ解決しなければならないと思う。
過去があって今があって未来がある、そんな当たり前のことに感謝できる日がきてほしい。


何気ない日常がどんなに大切か気づいてほしい。
大変な時こそ、そんな日常を思い出したい。


今まで気付かなかった些細なことに、どうか気付きますように…………

夢をみた 

May 15 [Tue], 2007, 12:16
キモイ


吐気がするほど夢見が悪い


リフレインするし



■ホラー仕立て
登場人物は芸能人か同級生(あやふや)
私は傍観者


廃屋のマンション地帯に乗り込め、みたいな企画
その周りには穴あきの高い山に海もある。

男と子供の焼死体をマンションから落ちてくるのを見た人物がいたので、調べてみることに。

まぁその昔マンションは火事になりたくさんの人が亡くなったそうな。

それにはあまり触れず、山と海に興味を持つ。
海では岸まで泳げ
山は頂上目指せ
デス。

山に上がるには途中途中ある穴に惑わされつつ頂上に。見晴らしはいいが、どんよりした空気
海では…………岸まで泳ぎきる人もいるなか、事件が起きた。
ボートよりグレードアップしたフェリー?がある一ヶ所でグルグル周り、救難信号。
いなくなった(溺れた)という声が山にも聞こえる。
慌てて下山するも横穴ばかりで来た道がわからず適当に降りると全然違うとこに出てしまう。目前には田園風景。

田んぼにおっさんがいて、マンション方面に行く行き方を聞き、皆急いで向かう。ってとこで一度終わり、

二度めは雨上がりとリポーターが上に記した場所のバーチャル体験をする、という模様。
火災時からの再現なのでリアル。
普通に焼けた人とか出てくる始末。
で、裏庭みたいのを通ると海に行ける山道の入口についたとこで目が覚めた。



最近悪夢ばかり見るんだよね。


気持ち悪いし寝た気がしない



あううう 

May 14 [Mon], 2007, 0:35
サイトをちゃんと開設したくて色々やっていると時間がない。

しかもネタが出てこない。


困った。。。。。。



倖田來未の1000の言葉が結構お気に入りになりました

こんばんわん 

May 09 [Wed], 2007, 0:45
いやぁすっかりヲタネタも尽き、珍しいニュースを調べる時間もなくなってしまいました

まったくもって日常の面白みが少なくなってしまいました。

FF10-2をやってる場合じゃありません。


本当はこの連休中に「いろはにほへと」最終話までみる予定でしたのに、PCがヘタレで途中まで。。。
本当にあと少しだったのに。
バッカヤローです。

ラスト2回見ればすっきりんこでしたのにね。


さて、本日は久しぶりにクラッシクな気分なので聴いてる音楽感想ということで。
うはー。久しぶりすぎて涙出ちゃいますな。


しかもアメリカはサマータイムの関係で時間帯が1時間早まっていたから、曲目探すのに苦労したよ。
探してもないんだもの。
ま、しばらくしてから理解したけど、ややこしいね。


Robert Schumann :Carnaval
Andrei Gavrilov (piano)
アンドレイガヴリーロフ(ピアノ)


Johannes Brahms :Variations on a Theme by Haydn
Bavarian Radio Symphony Orchestra
バイエルンラジオシンフォニーオーケストラ
Sir Colin Davis (conductor)
コリンデービス卿(コンダクター)


Georg Philipp Telemann :Don Quichotte Suite
[G・テレマン]
Orchestra of St. Luke's
聖ルークオーケストラ


シューマンは華やかで、まさにカーニバル!と感じました。
あんなにスラスラ弾けたら楽しいだろうなぁぁ。

ブラームスはテーマ(主題)が幾つも変容していく面白い曲。意外とHrの活躍があってビックリ。
と思ったけど、よくよく考えたらブラームスじゃん。
おいしいところをよくくれるブラームスさんですもん、当たり前か(笑)

テレマンはチェンバーと弦楽のみ。たまに古典を聴くと飽きないかも。
単純なんだけど、本当に単純ではないんだよねー。
響き命の古典さんです。

にしても本当このPCどうしちゃったの?
途中で切れる切れる。
ウィルスかな?


死去 

May 03 [Thu], 2007, 23:42
はうぁぁぁ。
久しぶりにPC開いたら何か表示文字がやや歪んで見える。
何で?

目が慣れてないぁらかな?


では本題。
かなり後手後手になってしまったけど。
お仕事でPCいぢってニュース見たら絶句


4/28 ロストロポーヴィチ氏が死去
という記事を発見。マジで頭真っ白。
とうとう聴きに行った演奏家が亡くなってしまう、という時に居合わせてしまった。。。
ポッカリと時代に穴があいてしまった気分


多分氏を知ったのはN●Kの「音楽にできること」という各回、著名な演奏家が音楽が出来ることとは何か、ということを語ったり、取り組んでいることをドキュメンタリータッチで追っている番組でだったと思う。
でも、もしかすると、ラジヲで聴いたのかもしれない。
記憶はもう、曖昧だけれど、いつの間にか記憶に刷り込まれて、忘れることはなかった。

そして遂に、機会が訪れたのだ。
氏と、氏の盟友である小澤征爾の演奏会に大学2年か3年生の時に行くことができたのだ。
場所は・・・・・・。オペラシティだったような。(ここもまた曖昧になっている)
サン=サーンスのチェロコンツェルトにいたく感動し、涙がこみあげたことは今でも鮮明に覚えている。

でもそのとき、きっと最初で最後に聴く氏の生の音色じゃないか、とも思っていた。
高齢であることが1番の理由だけれど、その演奏する姿が魂からの演奏に思えたから。
「アリガトウニホン」みたいなメッセージを勝手に感じた・・・・・・・・。
それが私にとっての本当のお別れになるとは。。。


∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

氏はもう、全てを出し尽くして天へ還ってしまったのだろうか。
自身のドキュメンタリー映画を完成させ、ホッとしてしまったのだろうか。
わがままを言うと、また演奏する姿を見たかったな。
氏の盟友・小澤征爾もやっと復帰したから。
また2人のタッグで心熱くしたかったな。
きっと彼はかつての仲間と語らって、自由に演奏してるに違いない。



氏のニュース記事
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
http://yaplog.jp/sakura_bluesky/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる