猫と鼠の恋の手当ての仕方 2話 〜美形!!〜

October 24 [Sat], 2009, 11:07
 「、、誰、、?」
 ネクタイが私と同じ色って事は、私たちと同じ学年って事だけど、
 見たことないいんだけど、、。転校生?でも何でココに??
 ・・サボリ・・?でもベッド1つしかないんだけどな〜
 どうしよ、、起こしちゃおっかな、、?
 「あの〜、、おきてくださ〜い」
 「・・ん。・・誰・・?」
 その人はゆっくり体を起こした
 うわっ!!!!///めっちゃ美形!!//
 「あ、えっと、私は小春。あなたは、転校生、、??」
 「うん、、」
 「何でココにいるの、、?」
 「君こそ、、」
 「、、サボリ、、//」
 「ップ、、w」
 「何で笑うのよ!!///」
 「いや、、なんとなく・・w」
 「ていうか、転校生はココにいちゃだめじゃん!!
 教室行こう!」
 「じゃあ、連れてって、、じゃないと動かない。」
 「、、わかった。行こう、、。」
 私は歩き始めると、転校生君は急に私の手をとった。
 「きゃぁ!!!!//////」
 「はぐれちゃうから。」
 このとき私は、大変な人にあってしまったのだ、、、。
                                
                                    3話へGO!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紅連
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月5日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
よろしくです!
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる