Ambivalence 

2005年06月22日(水) 19時37分
見せてあげたい、分け合いたい。

でも新しい生活をめいいっぱい楽しみながら築いてほしい。

でも忘れないでいてほしい。たまには恋しく思ってほしい。

やっぱり、彼にも見せてあげたかった。

May It Last Forever 

2005年06月22日(水) 19時34分
彼があの日かけてくれた魔法が、

褪せることなく、変わることなく、

これからも続いていってくれますように。

To All the Precious People 

2005年05月31日(火) 12時49分
たとえことばが違っても、私達には共通の思い出と仲間と経験と、

なによりも互いを想い合う気持ちがある。

頻繁には会えなくても、それはきっと問題ではない。

少しずつ歩み寄って、共鳴していこうね。

The Meaning of Two 

2005年05月07日(土) 11時44分
あなたと共有したいものが、私はこの世にたくさんあるのに。

あなたはそう思うことないのだろうか。

ふたりだったら、楽しいことは2倍、悲しいことは半分になれたらと思うのに。

Good-bye to Love 

2005年05月06日(金) 16時01分
さよなら いつか全て分かち合える
迷路のような毎日の中
いつかはきっと仲良く生きてゆける
生活とか環境とか



Today and tomorrow
すべて受け止めて分かった
Somebody 喧嘩もしたけれども
Lonely day 二度と会えないかもしれない
だけど自由だけ残った 抜け殻のようにね

Where we began 

2005年04月30日(土) 14時09分
物語は確かに、ここで始まりの一歩を進めたのに、

今はそれが結末に向かっているのか、展開を続けているのかが分からない。

きっとまたここに一緒に来たい。もし、それが最後の日になるのだとしても。

Approach to Treasure 

2005年04月26日(火) 18時24分
大切なものは目に見えなくて

だからこそ、見つけたと思ってもたやすく見失ってしまうけど

そこにあると信じられる気持ちが鍵になるのかもしれない。

The Message -2- 

2005年04月21日(木) 20時15分
大切な人を喪うということはきっと、

その痛みと引換えに生きていく意味を知ることだ。

その悲しみと引換えに、生きる素晴らしさを知ることだ。


今日はきっとまた、誰かの誕生日。

今日この空のどこかでまた、新しい命が生まれ、

そして誰かの大切な人の命が空へと昇っていったのだろう。

The Message 

2005年04月19日(火) 0時57分
あなたはもう、どこにもいないけれど

でも見るもの触れるものすべてにあなたは生きている。

もしもあなたがいなかったら、

今こうやって考えている私もここにはいない。

いつかはきっと私も、あなたのいるところに行ける。

だからそれまでは・・・


あなたを、愛しています。

それ故に、私は私を取り囲むすべてのものを愛する強さを持つことができる。

Warmth of Your Hand 

2005年04月17日(日) 23時47分
いつか、彼を失う日が来たら、

私はこんな穏やかな寂しさと切なさを抱いて生きるのかな。

それとも、世界はこんなに色彩あふれて見えなくなるのかもしれない。

そんなことを考えて歩いた、うららかな日曜の午後。

2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sakura331/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakura331
読者になる
Yapme!一覧
読者になる