みんなへ。 

2015年11月09日(月) 1時05分
とんでもなく久し振りに、日記を読みました。
みんな、元気にしてるのかしら?


まりこさん、げんきですか?
良明と、幸せに暮らしてくれていますか?
あなたがたの、その後が気になって、でも幸せに暮らしてくれていたら、それだけで本当に嬉しいです。

佐久間、あの頃、支えてくれてほんとありがとう。
空の上は、快適ですか?

アラスミメンバー、まりな、いまも付き合いあるわけですが、なかなか会えなくなっちゃったね(笑)

まるも、かども、さくのお墓参りいってくれてんのかな?


ねぇ、匡宏さん。みんな。
わたしは元気です。

10年後なんてこないと、思っていたあの頃。
この日記の最初に来る文を書きました。

とても久し振りに開いたこの日記は
もう、10年も前の日記です。
10年も、たちました。

匡宏が死んで、10年。
喜田が死んで、10年。
さくが死んで、8年。

とても長い時間が過ぎた気がします。


わたしは、いまは元気に暮らしています。
夫ができ、娘ができ、仕事も、もうすぐ管理職になるくらいです。


いまは、大好きなひとたちがいます。
相変わらず、人に恵まれた日々です。
未来を進む、自分の娘もできました。

匡宏さん、わたしは、生きています。
いまでも。

いらっとすることはいくつもあるけれど、
わたしは幸せです。


ごめんね!



この日記を読んで
あの頃を思い出して
思うところはあるけど
わたしももう30になりました。
大人になりました。

わたしはいま、幸せに生きています。


あなたと過ごした日々は、忘れないけど

これからの日々を、大事にいきようと思います。



ことしは、21日、
体育館にいこうと思います。
行けたら、ですが。



たくさんの思いでと
出会いと
幸せを
ありがとう。

ここで、最後にします。


貴方と、まりこさんと、良明と、あの頃支えてくれたみんなに。
愛をこめて。

このブログは 

2015年03月20日(金) 13時30分
管理人さくらなみが徒然なるままに書いている欝日記です。

誰にもいえない行き場のない想いを書き溜めています。

なので内容は暗いのばかり。

読んでいる人まで伝染してしまうやもしれませんので、だめな人は普通のにっきへどーぞ。
http://yaplog.jp/erinko-diary/

だいすきなだいすきなあなたへ 

2007年11月21日(水) 6時30分
2年間
ずっとおそれてて
迎えたくなくて
でも結局
迎えてしまいました。


明日から、私は、あなたの年上になります。


まだ学生の私は、同い年になっても年上になっても、あの時のあなたの苦しみが、分かるようで分からないけど、きっとあなたも私の苦しみが分からないだろうから、おあいこです。


2005年11月21日
早朝

あれから2年経ちました。





匡宏さんへ


元気ですか?
仙台はもう初雪が降ったみたいです。早いね。

もう2年も経つんだね。
とうとう日数、おいこしちゃいます。
誕生日、1日違いだから、一応まだ年下かな。

みんな相変わらず、元気にやってます。
あの頃心配してくれていた東京での生活も慣れて、ごはんもいろいろ作れるようになりました。
新しい友達もたくさんできました。やさしすぎる友達に囲まれて、本当に幸せに過ごしています。
涙も流さなくなりました。と、いうより、流せなくなりました。そのうちまた感情戻ってくるのかなぁ。

来年からは私も社会人です。
今は卒業するために必死で単位とってます。この姿をみたら、本気で馬鹿にするんだろうねー…
まぁ、これからまた、いろいろな経験をして、いつかまた会ったら話してやる予定です。楽しみにしてて。


いまでも、変わらず毎日考えて、一番愛してるのは匡宏さんだなって思います。
なんかもう、ホントごめんね。あきらめ悪くて。

やっぱり会いたいです。
すごくすごく会いたいです。
温かい匡宏さんに、触れたいし、話したい。
せめてちゃんと目を見て、笑って、バイバイが言いたいです。
2年越しのまた明日が来てほしいです。


とりあえず、私はそんな感じ。
匡宏さんはどうしてますか?
返事、ほしいな。夢の中でいいから。
いつか、返事きかせてください。楽しみにしてます。
また明日ね。おやすみなさい。

変わらず、愛しています。

また明日 

2007年10月21日(日) 18時29分
1983年3月19日に生まれた貴方は、2005年11月21日に自ら命を絶った。
1985年3月20日に生まれた私は、2007年11月22日の朝、貴方の年を完全に追い越す。
ずっとずっと先のような気がしてたのに、あと1ヶ月だ。

貴方の時間は2年前から止まったままで、2年なんてほんの一瞬で、2つ年上だった貴方は、今はもう同い年。22歳から年を重ねることをしなかった貴方は、もう1ヶ月すれば私の年下になる。



ごめんなさい。

私が貴方を殺した。
泣く権利なんてない。

ごめんなさい。



今ここで笑ってる自分が憎い。
貴方の後を追えない自分が憎い。

こんな私に愛されてる貴方が、酷く悔しい。



2年間、私は堕ち続けた。きっと、貴方がそばにいたら、蔑むだろうね。そうでなくとも憎いだろうに。
それでも、罪悪感をやりすごすには他の方法も知らないみたい。ただ、忘れたいだけなのかもしれないし、自分の性分なのかもしれないけどさ。


どんなに忘れようとしても、浮かぶのは最期、暗い部屋で、冷たくて、背の高さを忘れる、よこたわる貴方。
長かった一日の最後。


怒る顔、笑う顔、泣き顔
低い声
長い指、大きな手
高い背
貴方の匂い

たくさん覚えていたはずなのに、どんどん忘れてしまう。
こんなに愛してるのに。
あんなに愛してたのに。



死んだから美化してるんじゃない。
あんな終わりだったから想い続けてるわけじゃない。
あんな酷い人だったのに、それでも好きで、大好きで、離れたくなかった。今でも一緒にいたい。

だから追い詰めた。



あと1ヶ月。
ずっと年下でいたかった。
まだ、今ならまだ年下でいれるからいっそ今のうちに貴方の所へ行ってしまおうか。

と思っても、勇気はない。
それを勇気と呼ぶのかもわからないけど。



また明日、おやすみなさい。

最後の言葉の返事は
午前4時2分

バイバイ(^_^)ノシ



ごめんね、いまでもやっぱり貴方が大好きです。
何度さよならを言っても、まださよならできない。
ほかの人を愛そうとしても結局もどってきてしまう。
ただ、すがりついて、不幸な少女演じてるだけなのかもしれないけど。
でもやっぱり、もどってきてしまう。


最後の最後にあった、あなたの愛してるは、本気か分からない。
でもね、
少しでも愛してた?
それだけ知りたい。



貴方と見たかった、貴方が見なかった明日は、1ヶ月後に来る。
貴方を想いながら、約束したはずの明日を見るよ。



ひとりにしてごめんね。
私はまだ逝けない。
未来があるって気づいたし、過去に戻っても仕方ないって思うようになったから。

これからも、誰かを好きになっては、やっぱり貴方と比べて、戻ってくるとおもうけど、なにせ私だし。
だけど、誰といても、どこにいても、やっぱり探してしまうのは貴方だけだと思う。
ねぇ、匡宏。

ごめんなさい。
好きになってごめんね。
けど、本気だったってことだけ、どうか忘れないで。
いつか、本当に貴方を越せる人に巡りあえたらいいな。
いないと思うけど。


今でも、心から愛する貴方へ。

最近は 

2007年05月25日(金) 2時23分
ずいぶん書かなかったのは、最近おちなくなってきたから。
なんとなく、いろんなことに整理がついてきたんだと思う。
いいことなんだろうけど、すごく切なかったりもする。
でもこの調子で、なんとかやっていけたら、未来をみていけたらいいな。

あと半年で、たーにゃんの歳をおいこすね。

[untitled] 

2007年01月18日(木) 1時47分
あの頃の私たちは

4人とも純粋で
4人とも悪役だったんだと思う。


みんながそれぞれに純粋に恋をして
手にいれたくて
くるんしんでた。


そしてみんながまちがいを犯した。


でも私たちには、ドラマみたいな幸せな結末はなかったね。



残ったのは
永遠の後悔と
想いと
苦しみと。




もう恋なんてしなくていい。

私たちは永遠に片思いで終わるんだ。

誰ももうきっと手に入らない。



それが私たちの結末。

[untitled] 

2006年12月26日(火) 2時41分
死んだら何も考えなくてすむんだよね。

それもいいかも。





夢も見ずゆっくり寝たいな。


もう疲れたよ。




全部自分の撒いた種だけどね。

宮の挿入歌 

2006年12月24日(日) 12時30分
また昨日のように 君が恋しくなる
会いたい夜は 長くなるばかり
君のことばかりが 頭に浮かんでくる
考えただけで 涙がでてくる
ぬぐっても 止まらない涙が
2人の思い出が 大きくなるにつれて
つらさが増す

僕がもらったものは 後悔しかないけれど
何もやれなかった 君が消えるのが怖い

愛しています
僕は愛しています

君から教わった たくさんの言葉の中で
この言葉だけを 口ぐせのように僕は独りで つぶやいている

ごめんなさい
本当にごめんなさい
この言葉を 今さら言っても遅いけれど
やはり君だけを 待ち続けたい
明日には 戻ってくるようにと




とても、同じような事を考える。

宮、みてると、あの頃を思い出す。


私は誰だろう。



いつかまた、笑って4人で会える日がくるといいのに。


絶対ありえないけど、またみんなの笑顔に会いたい。

[untitled] 

2006年11月21日(火) 22時54分
なんだかんだで、いっぱいいろんな人に会えて、今日はちょっと救われた。



ありがとう、みんな。







ためすぎないように、なんとかいきていくよ。







いろんな人にありがとう。




ごめんなさい。






ありがとう。

[untitled] 

2006年11月21日(火) 9時26分
ただひろさん、元気ですか?


空の上はどんな所ですか?


こちらは相変わらずです。






あの時、一緒にいこうといってくれたあなたを、ひきとめた事、いまになってひどく後悔しています。

なんでひきとめちゃったんだろうね。

一緒についていってあげればよかった。





いまはもう、前以上に未来をみる気力がないよ。








ねぇただひろさん。



ごめんね。





いろんな事、全部に後悔しそうだよ。




ごめんね。




ごめんね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくらなみ
読者になる
2005年、私はいろいろな意味でとても濃い年を送りました。

もともと仲のよかったふたつのカップルが、両方破局し、その中で交換をするよう新しくできたふたつのカップル。
そこには四角関係でどろどろして、昼ドラにも負けないストーリーがありました。

そして急にとびこんだ、別れて間もない元彼の訃報。

そして更に、四角関係や就職に疲れ果て、私たちに遺書をのこし自殺した彼。


彼と付き合っていた当時から続く、このブログは、そんな彼ら宛ての、責めと、手紙と、懺悔のブログです。
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» このブログは (2008年10月21日)
アイコン画像ヨシオ
» このブログは (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» このブログは (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» このブログは (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» このブログは (2008年10月08日)
アイコン画像チャーリー
» このブログは (2008年09月30日)
アイコン画像南雲
» このブログは (2008年09月20日)
アイコン画像火星の後継者
» このブログは (2008年09月15日)
アイコン画像せぶん
» だいすきなだいすきなあなたへ (2008年06月18日)
アイコン画像ネオニート
» だいすきなだいすきなあなたへ (2008年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる