同居人

May 19 [Thu], 2011, 9:56

恋人の部屋に遊びにいった時のことです。彼は1Kのアパートに住んでいます。
部屋にはドアあってそこを開けるとキッチンです。
2人で夕食を食べて、そろそろ片付けようかということになりました。
彼はキッチンの部屋のドアを開けました。すると、なぜか、おばさんがいました。
私は、(え?)と、一瞬固まりました。彼は一人暮らしだったからです。
彼もおばさんに気がついたようですが別に驚く様子もありません。
(母親が来たのかな)と、ぼんやり考て、あ、そうだ挨拶しなくちゃと思って立ち上がりました。
すると、彼は、特に何事もなかったようにドアを閉めました。
そして2〜3秒経ってから再びドアを開けました。
おばさんはいなくなっていました。
「よし!!」
彼はそう言うと食器をキッチンに持っていきました。
(えええ、さ、さっきのおばさんは?)
私はあまりに手慣れた?彼の対応に怖いという思いもなく、自然な様子につられて一緒に食器を片付けました。
「あのさ、さっき、おばさんいたよね」
「ああ、たまにね。お前にも見えたんだ。でも、気にしなくて良いよ」
と、普通に言われたので(あ、そうなんだ)と納得してしまいました。

豊中市でお得にダイエットエステを体験しよう!
堺市でお得にダイエットエステを体験しよう!
茨木市でお得にダイエットエステを体験しよう!
和泉市でお得にダイエットエステを体験しよう!
守口市でお得にダイエットエステを体験しよう!
東大阪市でお得にダイエットエステを体験しよう!
岸和田市でお得にダイエットエステを体験しよう!
泉佐野市でお得にダイエットエステを体験しよう!
神戸・三宮・元町でお得にダイエットエステを体験しよう!
姫路市でお得にダイエットエステを体験しよう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たな01
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
花園 花野 秋の田 秋の水 冬の山 枯野 冬田 水涸る 氷柱
http://yaplog.jp/sakur101/index1_0.rdf