またか…

March 06 [Wed], 2013, 11:52
もうすぐピアノの発表会があります
幼稚園の年少さんから参加している発表会。
もう何回目だ?もしかしたら、記念すべき10回目かな?
先生は、かえでには有名どころの曲を選曲してくれて、さくらにはすごく勉強になる曲を選曲してくれます。

かえでは譜読みが大嫌いだったから、なんかこの曲聞いたことある〜っていうかえでの興味を引く作戦だったのかなぁ。。。
そして、必ずかえでの得意技が盛り込まれた曲になってます。
今回は、ランゲの花の歌 と シューマンのトロイメライ です
かえちゃん、アルペジオが上手なので、花の歌を弾くたびに、ママより上手!!すごい素敵!!などと褒めまくってます。
豚もおだてりゃ木に登る作戦です


一方のさくらは、発表会後すぐにコンクールの曲を選曲して練習に取り掛かるため、どうしてもその布石になるような曲が多いのです
一般的にはあまり知られてない曲。
でも、練習していくうちに大好きになるし、先生は今のさくらのために色々考えて選んでくださったんだなぁって、ありがたく思う曲ばかりでした。

でも昨年の発表会では、初めて有名どころの曲を選んでいただきました。
小学校最後の発表会だから、ショパンの幻想即興曲をやってみようよって、先生が言ってくださって。
田舎の小さなピアノ発表会。
そこで、幻想即興曲なんて演奏したら、色んな親御さんからすごいねぇピアニストだったねぇって、ほめられまくりで、さくらさんとっても気持ちがよかったようでピアノへのモチベーションも急上昇でした
今聞き返すとひどい演奏なんですけどね。。。

で、今年。
先生が選んでくださったのが、ベートーヴェンの悲愴ソナタ1楽章。
さくらの大好きなベートーヴェン。
さくらの大好きな短調。
私がさくらぐらいのころは、明らかに分かりやすくて、綺麗なメロディーの2楽章のほうが好きだったんだけどなぁ。。。
昨年の周りの反応にすっかり気をよくしたさくらは、今年も期待しているようです。
どうかなぁ。。。悲愴1楽章。まぁまぁ有名だけど、うちのパパは知らないって言ってたし、例年通り、さくらちゃん、なんだか難しそうな曲を弾いてたねぇって反応かもね。





と、そんな感じで、学年末テストから解放されてからはピアノの練習優先の毎日。
連弾の部では、親子3人で連弾に挑戦するし、コンクール前みたいなピリピリ感はなく、笑いあいながら楽しく練習してたのに、事件です!!


かえでさん、右手薬指骨折  ちーん

3〜4週間のギプス生活だそうで。。。
発表会にはギリ間に合う。
けど、その間練習できないのはヤバい。
と、思ってたら、骨折箇所が第2関節なので、ギプスから少しだけ頭を出してる第一関節のみでピアノ弾いちゃってます
昔みたいに大げさな固定具で、包帯ぐるぐるじゃないのがせめてもの救い。
って、そういう問題でもなく、安静にしてなくてよいのだろうか。。。
痛くないと?って聞くと、

骨折3回目だからね!もう慣れた!!  

ってそういう問題でもなさそうだけど。。。

布絵本2

February 18 [Mon], 2013, 11:10
前回の記事から1か月も経っちゃった

今までは、事務所で、書類作成したり、電話番・FAX係って感じだったんだけど、最近は、旦那君と一緒に外回りもするようになりました
今日は、博多〜、明日は大牟田へ〜 って感じで、忙しくも充実した日々を過ごしてます

夕方、仕事から帰るとばたばたご飯の準備して、夜は夜で、娘たちの家庭教師状態
我が家の娘たち、塾に行ってません。
部活とピアノと勉強を両立させようとすると、塾に行く時間がないんだよね。。。
なので、私が勉強を教えるしかない。。。
でも、それがいい感じで親子のコミュニケーションとなってます。

英語で、be動詞+ing形 つまり現在進行形を習った時の話。

さくら:英語の授業でさぁ、アイ エヌ ジー けい ならったんやけどさぁ。。。
    たとえば 走るだったら running でしょう?
    どこにも K ないよね?
    なんで アイ エヌ ジー けい って言うんやろ?Kはどこ行ったん?

などと、おもしろいことを言ってくれます。


さくらと私の会話を聞いてるだけの かえでも変換間違い多いです。
例えば、植民地!
ヨーロッパの国々はアフリカを植民地にした っていう社会の勉強をしていた時の話。

かえでが、突然、「しょくみんち の仕事だけはしたくないね!」
とか言い出して、よくよく話を聞くと、彼女、植民地を食ミンチ だと思ってたらしい
どんだけ野蛮なんだよ、そのミンチ肉はどうなったんだよ、っていうか、そんなひどいことをさらっと言ってるママってどんだけ薄情なんだよ 。。。などなど もう、頭の中はパニックだったようです。

学生のころは、意味も分からずただ単語だけを丸暗記、公式だけを丸暗記してあてはめるだけ、あるいは計算方法を丸暗記してただけってことが多々あった私も、娘と一緒に勉強しはじめて、20年以上たって理解できることもあったりして、使わなくなった脳が活性化されてます


最後になっちゃったけど、この前の布絵本の続きです↓
パンダちゃんの口をファスナーで開閉できるようにして、食べ物を食べさせてあげれます





布絵本

January 17 [Thu], 2013, 18:48
先ほどかえでが敬語の勉強をしてて、そのプリントをちらっとみると、
食べるの尊敬語は?って問いに
おいただきになる と答えてました

担任の先生に ひざかっくんした〜アヒャヒャヒャヒャ
なんて、恐ろしいことを言う子です。
先生にもため口のようですし。。。
もうすぐ中学生になるんだし、ちゃんとした言葉づかいを覚えてほしいものです


寒いですね〜
北九州地方、今晩は雪が積もるかもだそうで、ちょっと心配です。
仕事柄、悪天候や風水害等には敏感になってしまいます


さて、この前の記事で、さくらはとっても器用って話をしたんだけど、
そんなさくらの傑作品が出てきました





夏休みの宿題で、布絵本を作ったの。
毎日毎日、ちくちくちくちく、ほんと根気よく作ってましたわ。。。

上の画像は、表紙と裏表紙です。
表紙は、朝ですよ〜窓をあけると、外はとってもいい天気〜ってな感じになっております。
対象年齢が3〜4歳(さくらの設定によると)ってことで、窓にはレースのリボンがついていて、
ちょうちょ結びの練習ができる仕掛けです。

裏表紙はマスコットのパンダちゃんが、夜になったからねましょ〜ってな感じで、
生活習慣を意識して作ったようです。

本を開くと、時計と、お洋服になってます。
時計の針はもちろん動かせるし、お洋服のボタンははずせて、
マスコットのパンダちゃんに服を着せることがでかける仕掛けです。
ポッケもちゃんとポッケになってて、ぬかりないです

もう1ページあるんだけど、そちらはまた今度



さくら作 うさぎさん弁当

January 08 [Tue], 2013, 10:28
先月、さくらの三者面談がありました。
まだ中1なので、成績や学校での様子、友達関係などの話をするんだろうなぁって思ってたら、
進路のお話でした

小学生のころは、ピアノに関する仕事がいいななんて言ってたけど、
今は、他にもっと自分にあった仕事があるのかもって思うようになってきたみたい。

でも、具体的にこれってのはないようで、私に、
さくにはどんな仕事があってるかなぁ って、アドバイスを求めてきます。

好きな事を職業にできて、さらにその仕事がさくらにとって天職だって思えるものだったら、
とても理想的なんですが。。。

さくらのすきなこと。
なんだろう

嵐、特にニノ。
ピアノを弾くこと。
ちまちました作業。
絵を描くこと。
勉強も嫌いじゃなさそう。
小さい子。
読書。

う〜ん今のさくらがこの世で一番愛しているのは、嵐のニノだなぁ。。。

冗談で、芸能人になったらニノに会えるかもよ?って言ったら、
真剣な顔して、それ、実は少し考えてるって言われたよ
シンガーソングライターとか女優とかアナウンサーとかに少し興味があるんだとさ。

芸能人うんぬんはおいといて、将来をあれこれ夢見ることができて、
その将来は希望に満ち溢れてて、13歳って年齢はとってもうらやましいですね

そんなさくらが作ったお弁当 ね?さくらはちまちま作業大好きなんですよ。
そして、とっても器用!!

心機一転

January 07 [Mon], 2013, 15:37
あけましておめでとうございます
今年は、さぁ!やるぞぉ!って、やる気スイッチを入れて、色んなことを頑張りたいです。

去年の私は、なんだかやる気がでなかった。。。
もともとめんどくさがりなのに、さらに拍車がかかって、全くやる気スイッチが入らなかった。

ずっと雨続きだったある日、朝起きたら太陽サンサン
こんな日は、洗濯日和だ〜、お出かけ日和だ〜、おうちに閉じこもってるのはもったいないぞ〜
って、なりそうなのに、(単純な私は、実際そうだったのに)
どうしたことか気分がのらない

イベントや行事の前は、めんどくさって思いつつも、どこか楽しみにしてる自分もいて、
どんな料理をつくろうかな?とか、娘たちにどんな服着せて、どんな髪型にしてあげようかな?とか
わくわくしてたはずなのに、やっぱりテンションがあがらない
決してブルーな気分ってわけじゃないんだけどね。

創作意欲もあんまりわかず、本ばかり読んでました。
貴重な自分の時間を、楽しいと思えずに過ごしても意味ないので、無理をせずに読書の時間にあててましたが、
今年はもう少しやる気をだして過ごせたらなぁと思います。

今日から本格的に仕事も始まりましたし、子どもたちは明日から新学期スタート
心機一転、自分に課題を与えつつ、張り切っていきます!


芸術の秋

October 24 [Wed], 2012, 15:56
11月3日 は文化の日ってことで、娘たちの学校でも、文化祭や学習発表会等の練習に励んでる時期です

さくらもかえでもピアノが弾けるので、重宝されます
さくらは合唱 「マイバラード」の伴奏をまかされてます。
普段、ベートーヴェンのソナタや、バッハのシンフォニア を練習してるので、初見で弾けるくらいでこちらは問題なし

問題は かえで だ。。。
かえでたちは、モーツァルトメドレーと題して、合奏や合唱、を披露するらしいんだけど。。。
こどもの数も減ってるし、ピアノをならってる子って昔ほどいないんだよね。
で、小さな時から習ってても、こんな田舎だと、きちんと指導してもらってる子の少ないこと。
結局、ピアノ演奏で戦力になれる子が、学年で2人しかいないらしく、かえでは、学習発表会で大活躍です。
きちんと弾けるようになれば。。。
逆に、弾けなければ、大恥をかきます。。。

かえね〜、ピアノは3曲弾くし、それ以外も、アコーディオンで出るけ、ほとんどの曲でるよ
トルコ行進曲は選抜チームなんよっていう、話は聞いていた。
まさか、その選抜チームが、かえでのピアノ + 打楽器数名 とはつゆ知らず。。。
かえでのピアノがとまれば、それはもう トルコ行進曲 ではなく、 パーカッションパフォーマンスになってしまうという。。。
おそろしい
本人、その自覚まったくないし。

ピアノの先生も巻き込んで、今、たまたまモーツァルトのソナタ(といっても、ソナチネアルバムにのってる簡単めなやつ)をやってるけど、その練習もとりあえずおいといて、学習発表会にむけての練習をがんばってます
たぶん。。。
学校から帰ってきて、手を洗ったら、すぐピアノに向かってるけど、聞こえてくる曲は、ボカロの曲だったり、嵐の曲だったり、アニメの主題歌だったり、たま〜にモーツァルトってかんじです



心臓病?

October 17 [Wed], 2012, 9:01
昨日は、さくらの心臓の検査に行ってきました

虫垂炎の術前検査で、たまたまみつかった心電図異常
さくらは見た目、顔色が青白く、唇の色も悪いし、なにより細すぎで、体が弱そうに見えますが、実は、病気で学校を休んだことはほとんどなく、見た目よりずっと健康な子です。
今まで、学校の検診等でひっかかったこともなく、今回みつかった心電図異常も、あの時はお腹が痛かったから、心臓がびっくりしてたんよね〜 なんて軽く考えてました。

検査前に病院近くのパスタ屋さんでお昼を食べようねなんて約束して、お出かけを楽しみ、検査は二の次みたいなのりでした。
パスタはとてもおいしくて、さくらも気に入ったみたいで、また今度〇〇病院に来るとき、ここでパスタ食べようねなんて、言ってました。
でも、今日の検査で異常なし〜ってなって、もう〇〇病院に来ることないかな〜って、笑いながら言ってたんだけどね。

検査結果。

異常なし ではありませんでした

やっぱり、心電図に QT延長 という異常が見受けられるらしいです。

ただ、こういう心電図の人は 1000〜2000人に1人の割合でいるらしく、そういう人みんながみんな、病気というわけではないということです。
心電図にQT延長の所見がある人のなかには、命にかかわるような心室性の不整脈を起こす人がいる。
で、その病気を、QT延長症候群 というらしいのです。

じゃあ、ただの体質で全く問題のないQT延長と、QT延長症候群の見分け方は?っていうと、これは、お医者さまでも難しいらしく、いくつかの指針があるらしいのですが。。。

1、家族に若くして突然死した人がいないか?
2、今までに失神発作を起こしたことがないか?

ってことが、目安になるらしいのです。(先生の話を要約すると、こういうことだと思うんだけど、私は医療従事者ではありませんので、間違ってるかもしれません。)

この2つが NOならば、とりあえずは、問題ないでしょうってことなのですが、さくらの場合はっきりとNOとは言えず。。。

それまでとっても元気だった親戚が、30代で突然死してます。
さくらにとっては遠い親戚。家族と呼べるかどうか。。。でも、血縁者ではある。。。

失神もしてます。その時は、起立性低血圧のせいだって思ってたけど、不整脈発作じゃないとも100%言い切れず。。。

要するに、今のところは、白に近いグレー って感じかな。。。
で、経過観察はした方がいいとのこと。

2か月後に、心エコーと負荷心電図 の検査予約がはいりました。

体育の授業や普段の生活に制限がかかったわけでもないし、まぁ、今の所心配なさそうだけど、すっきりしません。
さくら本人は、先生の話、理解できんかった〜。
とりあえず、2か月後にまた検査ってことだけわかった〜
また、パスタ屋さんにいけるね!やったね!!
って、喜んでました


で、本日のさくら。
昨日の心電図の負荷検査のせいで、足が筋肉痛なんだとか。。。
体育の授業とか、先生がみてないところで適当にさぼってるけど、負荷検査はさぼれなかったもんね〜。
看護師さんが、もっと頑張って〜とかって、休憩させてくれなかったし。
ひっさしぶりに、きつい運動した〜って言ってました


大丈夫か?

October 10 [Wed], 2012, 20:03
我が家の長女、さくら。
中学生になって、半年。

今日、学校から、帰宅するなり、


ママ、ママ、ママ、ちょっと、今日びっくりすること聞いたんやけど?


と、興奮している様子。


どうしたと?


って聞くと、




さくたち、明日から 中間テスト らしいよ!!!



って。

まじですか?

だから、2週間前から、学習記録みたいなの書かなきゃいけなかったじゃん?
1週間前から、部活休みだったじゃん?

おっちょこちょいで、ぬけてるとは思ってたが、ここまでとは。。。
3連休もよく遊んでたから、余裕だね〜って思ってたんだけど、テスト前っていう自覚がなかったんだね

でも、さくら、うらやましいくらいに記憶力っていうか、暗記力っていうか、いいんです。
授業で1回 聞くと、ほぼ覚えてるみたいで、単語帳とか、理科・社会の1問1答とか必要ないみたいなんです。

賛否両論、そんなのウソだ って人もたくさんいると思うけど、さくらの記憶力の良さは ピアノのおかげだと思います。
バッハの3声とか練習してるのみると、脳みそフル稼働だな〜って思うもの。


って、ことで、これから3時間ほど、さくらの勉強につきあいますかね

かえでの失敗

September 25 [Tue], 2012, 11:38
かえちゃん、昨日、学校で、 担任の先生 (20代前半 ♂) に、思いっきり大声で


ママ〜


って、話しかけちゃったらしい。

これははずかしいね

お父さん なら まだよかった。
性別違う上に、 お母さん ではなく、 ママ。

うちの姉妹、友達の前とかでも、恥ずかしげもなく パパ・ママ って言います。
さすがに、作文では、母 だったり お母さん だったりしますが。

はずかしかったら お母さんって呼んでいいんだよ って言ってるけど、別に全くはずかしくないんだって。
同じクラスにも、ママって呼んでる人結構いるし、ママはママやも〜んって。

でも正直、最近は、私が、ママって言われることに違和感を感じるんだよねぇ。
四捨五入すれば 40代 の私なのに、 ママ って どうよ?

虫垂炎の手術なんて、手術じゃない

September 24 [Mon], 2012, 16:15
盲腸の手術した っていうと、剃毛するだの、ガスがでたらOKだの、そういう都市伝説?がありますが、年頃の女の子でかわいそうだなって思ってたんだけど、杞憂におわりました。
そういうの全くなかったです。
そういえば、私の出産の時も剃毛はなかったなぁ。
腹腔鏡手術だと切るのはほんのちょっとだし、必要ないんでしょうね。
男性で、剛毛な方だとわかりませんが。。。

腹腔鏡手術で、切った場所なんですが、おへその横とおへその下と、おへその中 の3か所を切ったようです。
おへそ自体を切っちゃうなんて、びっくりですが、なるほど、傷跡が一切目立ちません。
さくらは、手術前と後で、おへそのさわり心地が違うなんて言ってますが、本人にしかわからない変化です。
おへその横とおへその下は、5ミリぐらいの小さな傷で、縫ってさえなく、術後も絆創膏程度のものが貼られてるだけでした。

すごいね、腹腔鏡!!

手術の次の日には、動き回ってよし!っていうか、歩き回れ!!ってことだったし、いきなりの普通食だし、あげくに、明日退院していいよ〜って。
手術の次の日に退院許可でました。

さすが若いだけあって、傷の回復・体力の回復はすっごく早いけど、でもね、さくらさん、もともと起立性低血圧症をわずらっておりまして、普段からめまいがひどいの。
で、丸1日以上寝たきりだったので、起き上がると、めまいでぐるぐる・吐き気はするし、頭痛はするしで、手術の傷の痛みより、こっちの症状のほうがつらいらしい。
ってことで、退院を1日のばしてもらいました。
それでも、3泊4日で退院ってすごいなぁ。。。

じいじが言うには、盲腸の手術なんて手術のうちに入らん!
1週間後なら、運動会もでれる!!ってのたまった。

うん、じいじなら可能かもね。
術後1週間で、徒競走1位になれそうだよね。

さくらは、術後、起立性低血圧症が一時的に重症化して、失神まで起こす始末。
歩くときも、無意識におなかをかばって、丸まって歩いてるし、術後1週間目の外来では体育OKもでたけど、運動会は見学させました。
でも、術後2週間目からは、体育の授業もしてるし、術前とな〜んにも変わらない生活をしてます。


そして、気づけば秋の気配。
家族みんな健康が一番 ってことを再認識しました。

でも、ひとつ気になることが。。。
さくら、術前の心電図の検査で異常あり だったんです。
要精密検査。
今まで、学校の検査でひっかかったことないんだけどなぁ。。。
そこの病院、小児循環器科 が有名な病院なんです。
まぁ、とにかく、盲腸が完全回復する1か月後に、心電図の負荷検査をするそうです。
詳しいことは再検査の時にってことで、詳しく教えてもらえなかったので、私なりに色々調べたところ、QT延長症候群っていう 不整脈を引き起こす病気を疑ってるらしい。。。

マラソンや水泳の授業中に、こどもが突然死する っていうのは、この病気のことが多いんだそうです。。。
急死の可能性 ってこわいんですけど。。。
杞憂におわることを祈るばかりです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けい
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
読者になる
ちまちま作業が大好き 最近は編み物にはまってます


2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE